塩酸(1→2)や硝酸(1→4)などの()内の数字はいったい何なのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本薬局方・通則の定義



「溶液の濃度を(1→3)、(1→10)、(1→100)などで示したものは、固形の薬品は1g、液状の薬品は1mLを溶媒に溶かして全量をそれぞれ3mL、10mL、100mLなどとする割合を示す。また、混液を(10:1)又は(5:3:1)などで示したものは、液状薬品の10容量と1容量の混液又は5容量と3容量と1容量の混液などを示す。」

塩酸(1→2)ならば、塩酸1mLをとり、水を加えて2mLとしたものという意味です。

ちなみに、塩化ナトリウム(1→100)とかであれば、塩化ナトリウム1gを水に溶かして100mLとする、という意味になります。
    • good
    • 3

(1→2)などでは、既に回答されているとおり、1容量のものに水を加えて2容量とするということですネ。


●●のエタノール溶液(1→2)の場合は●●にエタノールを加えて操作します。同様に溶媒名が書かれている場合は指示通りの溶媒を加えます。何もかかれていない場合は水を用います。
薄めたエタノール(1→2)、薄めた酢酸(1→20)などのような表現では水を加えればよいのです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

確か、塩酸1容積をある溶媒で希釈して2容積にする意味だったと思います。


硝酸の場合も同様です。
例えば、1Nの塩酸1mlを蒸留水を用いて2倍に薄めて最終的に2mlにする
時など、その様に書いたと思います。この時加える蒸留水の量は約1mlと
いうことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食塩水と塩酸の比重

 食塩水と塩酸の比重を濃度別にグラフか表で教えてください.あとできればプラスチックの代表的なものの比重も教えていただけるとありがたいです.

Aベストアンサー

 ご質問の意図は何でしょうか。比重は温度にも依存して変化しますので,ここに書くのは困難だと思います(グラフは書けませんから,各数値を書き込まねばなりません)。

 確認してませんので実際に載っているかどうかはわかりませんが,「化学便覧」や「理科年表」等をお調べになるとあるかも知れません。

Q硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキンは何か。

硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキン(蓋の裏についる白くて丸い板みたいの)はなんですか?
シリコン? ポリエチレン?ポリスチレン?ポリプロピレン?テフロン?
それと、硝酸をエタノールが入ってた褐色のよく洗った瓶に保存しても大丈夫ですか?
希硝酸を作ったはいいものの、希硝酸入れようと思っていた、空の硝酸の瓶を割ってしまい、たまたまエタノールが入ってた褐色の瓶を見つけたのでそれに入れることにしました。硝酸の瓶じゃないからといって光で分解されたりしませんよね・・・(ーー;)

                              長々と申し訳ありませんm(_ _)m

Aベストアンサー

多分、低密度ポリエチレンだと思います。
簡単に言うと、タッパウェアのフタの部分と同一素材です。

容器自体はポリプロピレンや高密度ポリエチレンなどの比較的固い素材が使われます。
しかし、すべてがこの素材だけではフタと本体の接触面積が少なくて、液漏れします。
そこで、柔軟性のある低密度ポリエチレンを使うことで、容器とフタの接触面積を
増やしています。
一部のペットボトルのフタにもこのようなパッキンが使われています。

瓶は、褐色であればたいていはOKです。
ただ、ワインの瓶などには「褐色もどきビン」があり、これでは意味が無いです。
薬品の入っていたビンならば、酸化鉄などによる発色で本当の褐色ビンでしょう。
要は紫外線を防げると、光による分解反応が抑えられる訳です。

希硝酸程度でしたら、光のあたらない場所であって長期間の保存で無いのならば、
透明なビンでも使えます。
今は、透明ビンと褐色ビンの製造コストが大差ないので、全ての薬品に
褐色ビンを使う傾向があります。

Q比重を使った熱化学の計算

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(44.5×5.00/40 + 56.5×5.00/40)×1000(j)

Q=4.18×(1995+5.00)×?℃

では間違いですか?
そもそも比重となんなのか・・・
検索してみても「基準物質と比べた密度比」「密度と比重は違う」「比重は単位を含めた数」などとでてきました。・・・ちんぷんかんぷんです。

「1Lの塩酸(比重1.05)の質量は1.05kg」と書いてあった文があったので,
比重の単位は(kg/l)なのかとも思いましたが・・・
基準物質によって単位が変わるなら,上の問題での比重の単位はどうなるんでしょう。

教えてください。(+o+)

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(4...続きを読む

Aベストアンサー

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容ですが次のようになりますね。
初めに調製した塩酸溶液に含まれる塩酸の物質量は塩化水素のモル質量が36.5ですから
3.55 / 36.5 = 0.0973 mol
水の量は 1995 - 3.55 = 1992 g
加えた水酸化ナトリウムの量は5.00gですから物質量は
5.00 / (23.0+17) = 5.00 / 40.0 = 0.125 mol
溶液中に含まれた塩酸に比べて加えた水酸化ナトリウムの量は多く、中和した水酸化ナトリウムの量は0.0973 mol となります。また、中和反応によって生成した水の量は
0.0973 * 18 = 1.75 g
そこで発熱量の件ですが初めに水酸化ナトリウムが水に溶ける時の溶解熱を求めます。
水酸化ナトリウム0.125 molが溶解するのですから
0.125 * 44.5 *1000 = 5563 J
中和反応に使われた塩酸や水酸化ナトリウムの物質量は 0.0973 mol ですから
0.0973 * 56.5 * 1000 = 5497 J
したがって発生した総熱量は
5563 + 5497 = 11060 J
この溶液に含まれる水の量は
1992 + 1.75 = 1994 g
水1gの温度を1℃高めるのに必要とする熱量は4.18 Jであるので
この溶液に含まれる水を1℃高めるのに必要な熱量は
1994 * 4.18 J
したがって11060 Jの熱量がすべて水の温度上昇に使われたとすれば
11060 / (1994 * 4.18) = 1.33 ℃初めの温度が25℃ですから中和反応後の溶液の温度は26.3となります。

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容です...続きを読む

Q(さっき質問したんですが;)硝酸銀に塩酸・・

えっと;
自分なりに考えてみたんですけど
0.1mol/Lの水溶液に
0.1×0.5=0.05 molの硝酸銀があるから
そのまま10mlのときにしてしまえばいいんでしょうか。泣

反応式全然使ってません;
AgNO3+HCl→AgCl…?
こんな感じですか?(

Aベストアンサー

化学反応式は,化合物のモル数を考えるときにとても重要となります。
反応式の係数比がモルmol比になるからですね。
硝酸銀と塩酸の反応式は,chickenkatuさんの通りです。
 AgNO3 + HCl → AgCl + HNO3  1:1:1:1の比
この反応式から,わかることは…AgNO3 1molから,AgCl(白色沈殿)が1molできる ですね。塩酸は充分に(過剰に)あるので,AgNO3のモル数が沈殿のモル数になります。したがって,AgNO3が 0.1mol/l の濃度が10mlあったので,この中のモル数は,0.1×10/1000=0.001mol。沈殿AgClの生成も0.001molだから,これをgになおしましょう。
1molの質量は,式量をかければいいので,AgClの質量gは
0.001×(AgClの式量)で,これに1000をかければmgですね。(^^)/

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。

Q塩酸(α=1)と酢酸(α<1)を比較すると、酢酸のモル濃度のほうが大き

塩酸(α=1)と酢酸(α<1)を比較すると、酢酸のモル濃度のほうが大きいのはなぜですか?

Aベストアンサー

済みません、質問が「意味をなしていません」。
水素イオン濃度と酸の濃度の比のことを言っていらっしゃるのでしたら、解離定数Kaについて高校の教科書を読み直して下さい。

Q比重について

「希塩酸は塩酸の濃度が約10w/w%溶液である。希塩酸を作るためには、濃塩酸と水を体積比1:3で混合する。希塩酸の比重を求めよ。ただし、水の密度を1.0g/cm3とする。」という問題なのですが、考え方と答えがわからないので教えてください。

Aベストアンサー

例えば400mLの希塩酸を作りましょう。
すると濃塩酸100mLと水300mLを加えます。
濃塩酸の中の塩化水素の濃度は100mL×10wt%なので10g
400mLの希塩酸中に塩化水素10gが含まれていますから、410g/400mL
が密度になるはずです。

Q1)硝酸銀+クロム酸カリウム 2)硝酸銀+食塩 この化学反応式を教えてください

1)硝酸銀+クロム酸カリウム

2)硝酸銀+食塩

この化学反応式を教えてください

Aベストアンサー

2AgNO3 + K2CrO4 → Ag2CrO4 + 2KNO3
AgNO3 + NaCl → AgCl + NaNO3
です。

Q濃度と密度と比重の関係

(1)密度0.01g/cm^3の食塩水のwt%とモル濃度、
(2)比重が1.18,濃度が36wt%の濃塩酸のモル濃度、
 をもとめたいのですが、いまいち関係がわからなくて、それぞれの単位は分かっているのですがうまく変換できなくて計算ができません。どなたか求め方を教えてください。

Aベストアンサー

(1)#1さんがおっしゃってるとおりこの密度はありえません。ちなみに密度のみからwt%とモル濃度を求めることは不可能です。

(2)#1さんの回答は間違ってますね。ちょっと詳しく書くと↓こんな感じになります。
このHClの1Lに含まれているHClの量は、
1000*1.18*0.36=424.8(g)
塩酸のモル重量は36.5g/molですから、
424.8(g)/36.5(g/mol)=11.6(mol)
となるわけです。

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング