人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

2mol/L塩化ナトリウム水溶液が200mLある。この水溶液を作成するのに必要な塩化ナトリウムは何グラムか?
(早急に教えてください!)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>2mol/L塩化ナトリウム水溶液が200mL


 何モルの塩化ナトリウムが必要か?
>必要な塩化ナトリウムは何グラムか?
 それは何グラムか?

 このくらいは自分で答える!!!

重要なポイントは、塩の場合は式量で考えるということだけ
【引用】____________ここから
1. モルは、0.012 キログラム(12グラム)の炭素12の中に存在する原子の数と等しい要素粒子 (elementary entities) を含む系の物質量である。
2. モルを用いるとき、要素粒子を指定する必要があるが、それは原子、分子、イオン、電子その他の粒子、またはこれらの粒子の集合体であって良い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[モル - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AB … )]より
    • good
    • 0

質問文がテストや学校の宿題そのままではない事を祈ってお答えすると,



先ず2mol/Lの塩化ナトリウム水溶液という事は1Lあたりに2molの塩化ナトリウムが溶解しているという事.
この水溶液が200mLあるなら,その中に含まれている塩化ナトリウムのmolは
2mol/L×200mL=0.4mol

次に塩化ナトリウムの分子量は幾らかを決める必要があります.
分子式で書けばNaClですね.
もしNaやClが何g/molと記述されていないなら,取り敢えず58.44g/molとします.
0.4mol×58.44g/mol≒23.38g

計算の方法は先ず式に単位を含める事.
計算する時には数値だけではなく,単位も計算する事.
また有効数字(桁数)も合わせる事.

最初の"2mol/L×200mL"というのも"mol/L×L=mol"となっていて,答えの単位がちゃんとmolになる事が分かります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(≧∇≦)

お礼日時:2016/07/21 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。 ただし分子量N

0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。
ただし分子量NaCl=58.5とする。

答え:2.34g

導き方を教えてください><

Aベストアンサー

0.4mol/L は、1ℓ中に0.4モル入っているということなので、分子量NaCl=58.5✕0.4=23.4gが
1ℓ=1000㎖ に、入っていることになります。

問題の水溶液は100㎖なので、100/1000=1/10 となるので、 23.4✕0.1=2.34gとなります。

参考までに。

Q0.5mol/Lの塩化ナトリウム水溶液を250ml調製するのに必要な塩化ナトリウムの質量を求め、調製

0.5mol/Lの塩化ナトリウム水溶液を250ml調製するのに必要な塩化ナトリウムの質量を求め、調製法を述べよ。塩化ナトリウムの分子量は58.5とする。

この求め方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

「0.5mol/Lの(塩化ナトリウム)水溶液を250ml」調製するために必要な溶質(溶ける物)の物質量は
0.5mol/L×250ml/1000=・・・
※モル濃度に体積をかけたものが物質量(濃度の単位によっては、質量などの場合もある)
「塩化ナトリウムの分子量(正確には式量)は58.5」なので、必要な塩化ナトリウムの質量は
式量[g/mol]×物質量[mol]=・・・
です。
それぞれの意味を単位を含めて理解していれば簡単な問題です。
計算は自分でやってみましょう。

>調製法を述べよ。
上記の質量を正確に秤取り、250mlメスフラスコを用いて調製する。
実際に完全に目標とする質量の物質を秤取ることは困難であるため、実際に溶かした量から「正確な濃度を表示する」ことあるし、「ファクターを用いて表示する」こともあります。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

Q化学 問題

メタン(CH4)が完全燃焼して、二酸化炭素と水が生成する反応について、次の問に答えよ。
(1)この反応の化学反応式を表わせ。
(2)メタン3.5molが完全燃焼するのに酸素は何mol必要か?
(3)メタン4.0gが完全燃焼すると生じる水は何gか。
(4)0℃、1atmで5.6Lのメタンが完全燃焼すると生じる二酸化炭素は何Lか。
(5)0℃、1atmで10Lのメタンと25Lの酸素が完全燃焼した。燃焼後、メタンと酸素のどちらが何L残ったか。
解答お願いします。

Aベストアンサー

(1) CH4+2O2→CO2+2H2O

(2) (1)よりメタン1molが燃焼するのに酸素が2mol必要なので3.5×2=7.0mol

(3) C=12g H=1.0gとすると、メタン1molは12+(1.0×2)=16gなので、メタン4.0gは0.25mol
メタン1molが燃焼すると2molの水が生成されるので、生じる水は0.5mol×18g=9.0g

(4) メタン1molが燃焼すると、二酸化炭素1molが生じるので、生じる二酸化炭素は5.6L

(5) 10Lのメタンが燃焼するのに必要な酸素は20L。従って酸素が5L残る。

Qこの濃硫酸のモル濃度(mol/l)はいくらか

市販の濃硫酸の質量パーセント濃度98.0%,その密度は1.84g/cm3である。
この濃硫酸のモル濃度はいくらか
この濃硫酸の規定濃度はいくらか
この濃硫酸を水で薄めて1.00mol/l希硫酸500mlを作るには、濃硫酸は何ml必要か。

Aベストアンサー

モル濃度とは1L中のH2SO4の物質量です。
ですから、体積を1Lに設定して計算するとわかりやすいです。

1Lの濃硫酸の質量=1000×1.84=1840〔g〕
そのうち98%がH2SO4だから、
H2SO4の質量=1840×0.98〔g〕
H2SO4の分子量は98だから、
H2SO4の物質量=1840×0.98/98=18.4〔mol〕
溶液の体積は1Lだから、18.4〔mol/L〕

規定度はあまり使わなくなった言葉ですが、酸の場合はH+のモル濃度です。
硫酸は2価ですからモル濃度に2を掛けます。

濃硫酸に水を加えてもH2SO4の物質量は変わりません。
1.0mol/Lの希硫酸500mLに含まれるH2SO4は
1.0×500/1000=0.5〔mol〕
したがって、x〔mL〕の濃硫酸にH2SO4が0.5mol入っていればいいです。
18.4×(x/1000)=0.5

Q溶解度の問題の質問です。

硝酸カリウムは、水100gに20℃で32g、40℃で64g、60℃で109g溶ける。


問 40℃の硝酸カリウム飽和水溶液100gを60℃に加熱すると、あと何gの硝酸カリウムを溶かすことができるか。

解答には、
40℃の飽和水溶中の硝酸カリウムの質量をx(g)、60℃でさらに溶ける硝酸カリウムの質量をy(g)とする。

x/100=64/100

x+y/100-x=109/100

と出てるのですが、x/100=64/100 の式は40度の飽和水溶液の式であり、溶解度は64gと与えられているのに、xとするのでしょうか。
このあたりがよくわからないので解答お願いいたします。

Aベストアンサー

>x/100=64/100
この式は誤りです。意味のない式です。

溶解度の問題はいきなり式をたてようとしない方がいいです。まず与えられている溶解度の数値(参照用のデータ)と実際に用意された溶液についての数値とを表の形にまとめます。参照用のデータと用意された溶液の数値とがどのように対応するのかで混乱してしまえば先に進むことはできません。変化する量と変化しない量との見極めも大事なことです。式はどの部分の関係を抜き出すかによって変わります。溶解度の式という一つのものはありません。


    40℃          60℃   
    (参)   (実)     (実)    (参)            
溶質  64      x →   x+y   109 
溶媒 100  100-x → 100-x  100
溶液 164    100 → 100+y   209

・参照データと実際の数値は温度が同じであれば比例します。
・40℃から60℃に温度を上げた時、溶媒(水)の量は変化しません。溶質(KNO3)の量だけが変わります。

(1)まず40℃の飽和溶液で溶質の量を求める必要があります。
表からわかるようにx:100=64:164です。
64:100にするのであればx:(100-x)になります。
これからxがわかりますから水の量もわかります。この水の量を変えないようにして溶質の量をx+yに変えるのです。
(2)水の量が求まれば
(x+y):(100-x)=109:100

>x/100=64/100
この式は誤りです。意味のない式です。

溶解度の問題はいきなり式をたてようとしない方がいいです。まず与えられている溶解度の数値(参照用のデータ)と実際に用意された溶液についての数値とを表の形にまとめます。参照用のデータと用意された溶液の数値とがどのように対応するのかで混乱してしまえば先に進むことはできません。変化する量と変化しない量との見極めも大事なことです。式はどの部分の関係を抜き出すかによって変わります。溶解度の式という一つのものはありません。


    ...続きを読む

Q3mol/l 塩酸の調製の計算

3mol/lの塩酸を60ml作りたいのですが塩酸を何mlいれてよいかわかりません。
この途中式を入れて教えてください。学生実験ですので塩酸は市販のものを使うと思います
どうかお願いします。

Aベストアンサー

小学校5年生の割合を復習しましょう。
[割合] = [ある量]/[基準の量]

 なお、3mol/lではなく、3mol/Lです。
 濃塩酸の比重と濃度は1.18,36.0%とします。
 3mol/Lの希塩酸の密度は1.0とする。

>3mol/lの塩酸を60ml作りたい
 希塩酸60mLの質量は60g、濃度3mol/Lなので
 これに含まれる塩酸のmol数は、3(mol/L)×0.06(L) = 0.18(mol)

 0.18(mol)の塩酸の質量は塩酸の式量から、0.18(mol)×36.5(g/mol) = 6.57(g)
 濃塩酸の質量濃度が 0.36(w%)なので、割合の式から
  [ある量]/[[割合] = [基準の量]
  6.57(g) / 0.36 = 18.25(g) が塩酸の質量

 この塩酸の密度が1.18ですから、割合の式から
  [ある量]/[[割合] = [基準の量]
  18.25(g)/1.18(g/mL) = 15.5(mL)

 よって15.5mLの濃塩酸に水を加えて60mLにすればよい。

 問題自体は小学校の割合の単元レベルです。大事な事はモル濃度(Mと書くこともある)の意味、比重(密度)と体積の関係だけです。

・化学と言う言葉でパニックにならないこと
 ()で囲んだ単位を常に気にかけること。単位に解き方のヒントがある)

小学校5年生の割合を復習しましょう。
[割合] = [ある量]/[基準の量]

 なお、3mol/lではなく、3mol/Lです。
 濃塩酸の比重と濃度は1.18,36.0%とします。
 3mol/Lの希塩酸の密度は1.0とする。

>3mol/lの塩酸を60ml作りたい
 希塩酸60mLの質量は60g、濃度3mol/Lなので
 これに含まれる塩酸のmol数は、3(mol/L)×0.06(L) = 0.18(mol)

 0.18(mol)の塩酸の質量は塩酸の式量から、0.18(mol)×36.5(g/mol) = 6.57(g)
 濃塩酸の質量濃度が 0.36(w%)なので、割合の式から
  [ある量]/[[割合] = [基準の量]
  ...続きを読む


人気Q&Aランキング