グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

親から譲渡を受けた株を売却した場合の税について教えてください。
次の前提の際に税金はいくらになるのでしょうか?
(前提)
親の取得価額 80万円(証跡がわかる書類あり) 一般口座
自分の譲渡時取得価額 40万円 一般口座 (贈与税は110万円以下なので無税)
売却時の価額 ケース①50万円  ケース②70万円  ケース③90万円  ケース④120万円
年間の他の収益は無し

(ご照会)
◆ケース①について
親が取得した金額より30万低いので無税  か  譲渡時より10万収益があるが20万以下なので確定申告不要で無税  のどちらでしょうか?
◆ケース②について
親が取得した金額より10万低いので無税  か  譲渡時より30万収益があるので30万での確定申告が必要  のどちらでしょうか?
◆ケース③について
親が取得した金額より10万高いが収益が20万以下なので確定申告不要で無税  か  譲渡時より50万収益があるので50万での確定申告が必要  のどちらでしょうか?
◆ケース④について
親が取得した金額より40万高いので40万での確定申告が必要  か  譲渡時より80万収益があるので80万での確定申告が必要  のどちらでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 税金がいくらになるかは回答不要です。
    ご回答は、(ご照会)のどちらの考えになるかだけで結構です。

      補足日時:2016/07/31 18:15

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ケース②の場合で、配当所得が25万の場合、


>通常は確定申告対象となりますが、
>損失が10万でてるので、通算され益は15万となり
>確定申告不要ですよね。

理由は違いますが、確定申告は不要です。
配当所得は一般口座か源泉徴収有り特定口座に
関わらず、申告分離課税が源泉徴収されます。
かつ、
ケース②では譲渡損失が出ているので、
確定申告が不要なのです。

というか、この場合、配当所得から引かれた
税金を余計にとられて損していることになります。

25万×20%=5万
(所得税3.5万復興税略+住民税1.5万)
源泉徴収されており、
確定申告して損益通算することにより、
25万-10万=15万
15万×20%=3万
(所得税2.25万復興税略+住民税0.75万)
となり、所得税1.25万還付
住民税0.75万還付となります。

配当所得は総合課税で申告しなければ、
損益通算できます。
http://faq.smbcnikko.co.jp/smbcnikko/web/faq/det …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良くわかりました!!ありがとうございました!

お礼日時:2016/08/03 00:09

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1465.htm

配当所得と譲渡所得の間では損益通算できませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/08/03 00:09

親から40万円で購入したのでしたら、取得価格が40万円になります。


親から贈与を受けたとしたら、親が取得した際の取得価格を引き継ぎます。
ご質問では「贈与税は110万円以下なので無税」とされてますので、親から贈与を受けたのですね。

すべてのケースで売却価格から取得費80万円と売却手数料を引いた額が株式の譲渡所得となります。
1、ご質問者が自営業などで確定申告書の提出をされるのでしたら、「3」及び「4」の場合には申告書に記載します。
2、ご質問者が給与所得者で年末調整を受けられる立場でしたら、譲渡所得金額が20万円以下なら「あえて確定申告書の提出をしなくても良い」です(所得税法第121条)。

3、配当所得があり確定申告書の提出をされるのでしたら、上記の所得税法第121条は該当しませんので、すべての所得の申告が必要となります。
 つまり、譲渡所得が例え5万円であっても確定申告書には記載して提出する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ケース②の場合で、配当所得が25万の場合、通常は確定申告対象となりますが、
損失が10万でてるので、通算され益は15万となり確定申告不要ですよね。

お礼日時:2016/08/01 01:13

贈与されたのであれば、購入価格が引き継がれます。


◆ケース①について
親が取得した金額より30万低いので無税
◆ケース②について
親が取得した金額より10万低いので無税
◆ケース③について
親が取得した金額より10万高いが収益が20万以下なので確定申告不要
◆ケース④について
親が取得した金額より40万高いので40万での確定申告が必要

ケース③は他の所得も合わせて20万以下ならです。
他にも配当所得があると思いますので念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!! すっきりしました!!

お礼日時:2016/07/31 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非上場株の売却の件 教えて下さい!

父の残してくれた非上場会社の株式があります。聞くところによれば、会社に買取請求をすれば額面でしか買い取ってくれないとか。少しでも高く処分できる方法はないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって額面という概念がなくなりましたが)以下になることもあります。

なお、今回のように株主の一方的な都合での、株式の会社への買取については商法上規定されているような株主の権利ではありませんので、買取請求を行ったとしてもその買取が必ず認められるものではありません。

そうなった場合には第三者に売却(譲渡)するという手段しか残されていないのですが、非上場会社の場合株式に譲渡制限がついていることがほとんどなので、当会社の取締役会の決議が必要になります。が、譲渡先をnantot2014さんが既に決めていて、会社に「譲渡承認請求」を行った場合には、会社は取締役会を開いて
1.譲渡を認める
2.その株式を買い取る
3.別の譲受人を指名する
のいずれかを2週間以内に通知する必要があります。これを行わなかった場合には譲渡が認められたとみなされ、nantot2014さんの希望する譲渡先に株式を譲渡することができます。

以上ですがご参考になりますでしょうか。

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって...続きを読む

Q株の売却方法を教えてください。

以前勤めていた会社で持ち株制度を行っていました。(1000株有り単位株主です。)
子供の進学の為この株式を売却したいのですがどうすれば良いか全くわかりません。教えてください。株券は手元に有ります。株価は800円前後です。

Aベストアンサー

まず証券会社に口座を作り、そこへ株券を持ち込んで(郵送でも可)売り注文を出せばよいでしょう。株券が証券会社に到着しても何日かは(会社によりバラつきがあり)売れませんので、お金が必要なのであれば早めに行動した方がいいと思われます。またネット証券は口座を作るまでに数日かかりますのでご注意を。


人気Q&Aランキング