焼酎ファンです。

とは言え、ワインも飲めば日本酒も飲み続けてきたので、一応味が解ると思います。

自分たちが飲み始めた赤霧島は初期はとても美味しく、お気に入りでした。

時期で言えばもう10年近くなるのかな? 7~8年前かな? 味が急に落ちてそのへんの3流焼酎とあまり変わらなくなりました。


続いて獺祭です。

今年は店頭に並ぶと言うことで、買ってみたのですが、こちらも酷い味の劣化。

これじゃぁその辺の清酒に毛が生えた程度、とても好んで飲む酒では有りません。
マイ美酒から外れてしまいました。

残るは、2種類、みんなが知らないから未だに大量生産していない1種と後は誰もが知る魔王のみ。

とここで皆さんに質問です。
なんでこんなに味が劣化していくのでしょうね?

大量生産になった瞬間、飲む価値もない味に墜ちてしまいました。
残念でたまりません。

また、旨い焼酎をご存知の方、お勧めを教えて頂けませんか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    回答ありがとうございます。

    残念ながら、違います。

    確固とした理由は有りますので・・・

    それよりも、回答一択で味に慣れた舌のせいにする意図と考え方が意味不明ですね。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/08/25 09:55
  • うれしい

    なるほど、そういう裏話・・・じゃないですけど規格外の話が聞きたかったです。

    ありがとうございます。

    しかし、規格外とは・・・思い切った戦略ですね。

    まぁ、1企業とすれば逞しさは必要でしょうが、肝心な商品の味が落ちては本末転倒ですね。


    また他の焼酎ですが、私も、森伊蔵、魔王、村尾、伊佐美は全て飲みましたが、魔王だけは残しています。

    理由は飲んだときの雑味が少なく、余計な事を考えずに済むからです。

    面白いお話、ありがとうございます。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/08/25 10:29

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

もう一つの可能性を忘れていたので追加します。



昔の獺祭・・・・山田錦は多分兵庫県産が主体。製造時期は秋~春、高級品は真冬の寒造り。蔵の内外において酒造有害菌が最も少ない時期に仕込むと開放発酵のの弱点を補えるのです。どこの酒蔵でも1~2月に仕込んだ酒の品質は一番いいという事実。仕込み本数が限られるので造りに気合が入ります。

現在の獺祭・・・四季造り。冷房蔵の中で年中造っています。どういことが起こるか?。蔵疲れ(休みなしで作り続けると醸造に害を与える細菌が増えること)起きているかもしれません。これを避けるには蔵の中に入る空気を除菌する、蔵内は床、壁、天井、設備を常に殺菌し空気も湿気を取り殺菌し続けることです。これは相当困難です。人口環境の四季蔵で寒造りの品質を現代の設備で達成するのはコスト的に困難。

獺祭さんには反論があるかもしれません。質問者さんが味が違うと思う原因の可能性です。
なお、磨き2割3分はくだらないことするなと思っていましたがこのレベルの酒は外に存在しません。私が唯一脱帽した酒です。
    • good
    • 3

No8です。

お礼頂きありがとうございます。浦霞も宮崎ではなく、宮城 塩釜の
蔵元です。ここの、「浦霞 禅」は是非お勧めします。それと「無鑑査 一の蔵」です。
今まで一番美味しいといいますか、香りが凄かったのは、バブルの頃の山形の出羽桜の
大吟醸です。フルーツの香りが充満して凄いなと思いましたが、暫くしたらそれは消えて
価格だけが残りました。驚きました。10年同じ品質が維持できない蔵元は潰れます。

日本の発酵は、種麹が澱粉を糖に変えて更にアルコールまで持ってゆく作業です。西欧の発酵は
ブドウ糖や麦芽糖が出発点ですが、日本の酒は澱粉が出発点です。これが凄いのです。
この違いは使う微生物が、西欧は酵母、日本は麹です。

バッチ重合と連続重合を検索して頂いてありがとうございます。基本的には発酵はバッチ
で行うべきと考えています。終点を決めなければいけないからです。それまでは微生物の
頑張りをどう管理するかです。江戸時代でも酒造りは東日本以北の冬でした。温度管理が
季節に依存する時代はそれで雑菌の繁殖を防いだのです。ですから私は、今でも静岡以南の
日本酒はあまり好きではありません。雑味が入りやすいのです。(山廃仕込もその対策です)
同じことが焼酎発酵にも言えると思います。更には焼酎は蒸留でアルコール濃度を確保します。
これもバッチ蒸留と連続蒸留があります。ウイスキーはバッチ蒸留です。効率は連続蒸留の
方が絶対に経済的に優れています。甲類はこれです。

そんな訳で嗜好品としてどれだけ手間をかけるか、手間=コストです。それと規模を追って
企業としての存在感を示すかの狭間だと思います。

同じことが、名物ラーメン店にも言えます。15人のカウンターでやっていた店が規模を追って
支店や全国展開して破滅して行きます。経営者としてお客さんの注文に応え続けることと、規模
で、どうだとの存在感を示したい欲求と難しい問題です。
腕時計でも正確さに優れるクオーツが、スイスの機械式100万円のが良いといわれる世界もある
のですから驚きです。

嗜好品・工業製品 これからの日本の生き残りのキーワードかもしれません。
話題を頂きありがとうございました。ボケ修復に頑張りました。
    • good
    • 1

日本酒で品質が落ち着いているのは、浦霞、一の蔵、ハ海山 辺りかなと思っています。


理由は判りません。獺祭は、高いので東京では飲んだことがありません。岩国に知り合いが
居るので、行った時には呑みますが、安い2合瓶ですのでそんなに驚いた味ではありません。
日本酒は流通と保管で品質は動くと思います、同じ銘柄でも???の時もありました。

芋焼酎は香りを楽しみますが、咽喉ごしはロックですので良く判りません。音痴ですね。
芋では一升瓶の明るい農村を好んでいます。

発酵は生物の営みですので、原料や管理雰囲気である程度のばらつきはあると思います。
高分子の世界で言う重合と同じかと考えています。バッチ重合と連続重合では同じものは
出来ないのです。ある管理幅での品質管理で出荷しますが、微妙な違いはあります。

発酵でも発酵時間は短縮できないので量を増やすために増産設備に投資すれば、
利益を圧迫する償却費が計上されますので、計画数量の出荷をしないと赤字に
なる事もあると思います。その辺の事業管理の問題もあるのではないでしょうか。
酒を工業製品と考えるかあくまで嗜好品と考えるかが問われているのでしょう。

昔ある銘酒で騒がれた樽買いもあるのかなと想像しています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
浦霞(宮崎)、一の蔵(宮城)、ハ海山(新潟)ですか、ハ海山は飲んだ記憶があり、美味しかったイメージです。
個人的には西日本のお酒、浦霞を飲んでみたいと思いました。

そして味ですが、他のお酒でもそんなに違いますか、みなさん味には敏感ですね、
またバッチ重合連続重合ですか、早速検索してみてみました。
そう言う違いも出てくるんですね、勉強になります。


芋焼酎は香りを楽しむの文字通り、香りでおおよその味の想像できたりもしますよね、たまに期待を裏切ってくれるパターンとかもありますが・・・・。

個人的にはもちろん原料のフルーティーさも出せていて、尖ってないまろやかなタイプが好きですね。
フルーティーさと言えば、昨今の女性向け商品が頭をよぎりますが、そう言う意味で女性は敏感で味が解るのかも知れませんね。

また、私自身、農産物・海産物すべて色んな味を併せ持っていて、それがそのままイメージ出来れば【美味しい】と判断してるのかも知れません。
そのお酒の中のこの部分・・・などと言う表現や説明が出来れば面白いでしょうね、今度勉強してみようと思います。

お酒の生産事情ですが、消費者である私は、旨い 不味いしか判断しません。
入り口はそこからですね。
その上で、酒場の会話が成り立っていくのですよね、もちろんそれだけでもありませんが・・・。

そして、嗜好品だと思います、安い工業商品でなければその殆どが酒蔵さんの努力の賜物なのでしょうね。
感謝して飲みますが、やはり味が肝心ですよね(笑 現金ですかねちょっと

反対に安い酒を飲むくらいなら、工業用アルコール飲んでおきます(冗談ですが 笑

お礼日時:2016/08/27 16:56

お酒は農産物が原料です。

気候などで品質は変わります。
日本酒の品質の基となるものは
原料の品種。品種の壁は越えがたい。
山田錦>雄町>五百万石・八反錦など・美山錦・その他酒造好適米>亀の尾など一般米
品種が同じであれば
山田錦の栽培地域
兵庫県特A地区>福岡糸島≧その他最近栽培し始めた地域
気候
昨年は気候があまり良くなく全国的に品質的にはやや不良

従って今売られている酒は若干質が落ちるかもしれません。そのような僅かな品質差を見分けられる消費者もおられるのはびっくりです。

良質米だけ買えるか?
農家も商売です。良質米だけ売ったら残りの米は売れません。何とか全量売りさばきたいわけです。良質米にそうでない米を混ぜたり、規格外米だけを酒造会社に押し付けることになります。米のできの悪い年はそれなりに全体の品質が下がります。
これは農家と酒造会社の事情で決まります。拒否できますが来年以降売ってくれるか分かりません。米が手に入らなければ酒は造れません。山田錦は米では珍しく売り手市場です。農家の方が強いのです。

ま、いろいろ大人の事情があるのです。

毎年絶対最高品質の酒だけを出荷できるわけではありません。絶対的な最高品質の酒を供給するのなら1升5万円10万円でしょうし、欠品の年もでるでしょう。日本酒ではそのような市場がありません。750ml何百万円もするワイン(うまいとは限りません)のような最高の酒は大金持ちが育てるものなのです。

あれやこれやも痘痕も靨で酒の肴に秋の夜長を楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

また詳しく教えて頂いて感謝致します。

恐らく消費者でも獺祭を初期に評価出来た人種は結構味にうるさいのではないかと思います。

農家と酒蔵の関係も理解できました、これからはもう少し感謝して頂きたいと思います。

酒の肴になりそうなお話、ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/27 16:27

お酒はし好品。

品質に絶対はありません。が、獺祭を素晴らしいという声は聞きますが逆は聞いたことありませんね。
有名銘柄の空き瓶に他の酒を詰め替えるのはよくある話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

巷の人たちが知る前から知っていますよ。

美味しい時期を過ぎて、味に敏感な人たちが言い始めたし、私も飲んでみて違和感があったんですよ。

それで聞いてみたら、原料を違う県で作り始めたという事です。

獺祭を素晴らしいという声は、数年前から皆が言い続けた結果です。

一般の人たちは噂で思い込みますからね、そして味の解らない人さえもいつまでも【○○は美味しい】などと言い続けるんですよねww


まぁ決して貶したいわけじゃなく、実際に味が落ちたと思ったんで、私が知ってる理由以外に情報が無いかと思って書き込んだんですがね。

お礼日時:2016/08/27 11:06

馬鹿舌のうほうが虚心坦懐。



獺祭は他に比類のない高品質日本酒。ケチ付けて滑稽な唯我独尊。
    • good
    • 8

規格外の話が出ましたが、「等外」のことですね。


酒造好適米に適さないお米を、捨てるのがもったいないので醸して作ったものであって、思い上がりでも何でもありません。現に通常のラインアップには載せていませんからね。
こういう例はハクレイ酒造の「ひょうたんからこま」にも見られるし、別のベクトルでは「アラ」と「セメ」をブレンドしてラベルを裏返して売っている例(裏鍋島)もあります。
それと素人が作っている話ですが、全てを機械化して杜氏の仕込みデータを全てコンピュータ制御することで、1年を通して安定した品質&杜氏に左右されない酒造りを目指した結果であって、素人という解釈は全く違います。
さて赤霧島ですが、ムラサキマサリの紅芋によって、従来の芋臭い焼酎のイメージから脱皮を図った商品展開で、人気が出ました。
元々品種としてそれほど採れないのに加えて、最近は紅芋系が各メーカーでも作られるようになって、過当競争が激しくなりました。
従来が5号瓶だけだったは芋の希少性があったためですが、その後1升も出てきて大量生産を余儀なくされました。
劣化というならば、もしかしたらそういう「仕込みの安直化」があったのかも知れません。
そういうこともあって、赤霧島はもはやプレミアムでも何でもなくなって、地位は茜霧島に移っています。
>旨い焼酎をご存知の方、お勧めを教えて頂けませんか?
焼酎に造詣が深いようなのでいい加減な銘柄は言えませんが、芋呑みの間で不思議と批判的な出ないのは伊佐大泉ですね。
個人的には地焼酎が好きで、さつま志布志湾、佐多岬がいいです。
魔王は黄麹ですが、黄麹は黒や白よりも仕込みが難しいと言われますね。
その中で、伊佐やはちょっと独特の味でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、等外と言う扱いがあるのですね、勉強になりました。

鍋島はよく居酒屋の看板などに書いてあったりします(九州)
飲む機会がありませんでしたので、今度飲んでみたいと思います。

また、コンピューター制御と言う大量生産の方法ですが、最近海外でもてはやされた【旨み】のような別の組成があって、それは機械には計測できない部分なのかも知れませんね。

なぜなら、赤霧島も獺祭も【なんか不味くなったな】と感じて発言すると【よく気付いたね、工場が増設されて原料の芋が・・・】とか【原料の山田錦を別の県でも作り始めて最初の年なんですよ】などと言う、おそらくそうであろう理由が出てくるからです。

【全く同じ】なら同じ味でしょうし、何かこう計測できない何かがあるのかも知れませんね。

また、何故か大量生産って美味しくないですよね。
やはり施設にお金がかかるから無駄にしてる部分があるのだろうと個人的には思います。

焼酎の種類を挙げていただき、ありがとうございます。

ぜひ飲んでみたいと思います。

お礼日時:2016/08/25 13:52

そうして消えて行った、かつて有名だったブランドはいくつもありますね。

 私が獺祭がおかしいと思ったのは、「規格外」と大書した製品を堂々と売り出したからです。 規格外品を訳ありや、off-gradeとしてひっそり売ることはよくありますが、その場合はブランドを隠したり、衣料品ならタグを切り取ったりして売るものです。「規格外」のものを自分のブランで堂々と売る(それもそんなに安くなく)その思い上がりにびっくり仰天でした。 大体獺祭なんて杜氏じゃなくて、素人が作っている酒です。 希少価値から評判になったのでしょうが、仰る通りもう駄目でしょう。 乙種焼酎も森伊蔵、魔王、村尾、伊佐美等々、泡盛では泡波など、希少で高価と言われるものをなんとか手に入れて飲んだこともありますが、どれも価格と味の釣り合いが取れません。 今では、甲種焼酎をいろいろ割って飲むのがメインです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お酒は生きもので、常に同じレベルで造ることは難しいと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
また人間の舌+脳(味覚)もマヒします。(毎日ステーキ例えば神戸牛を食べていると飽きて味が落ちます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、お酒の品質も一定ではないと言う事ですね。
努力し続けないと、良い酒は造れないのですね。


また、慣れの件ですが、多少の舌のマヒもあるかとは思いますが、お気に入りのマイ美酒は依然美味しいので、上記の2種は味が落ちたと判断しました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/25 10:05

心の持ちようだと思うんですけど。


舌が肥えるほど、不味い事を批判することを探求する人っているんですよ。
美味いものを探求すればいいのに。
馬鹿舌だった頃のほうがなんでも旨くて幸せだったはずです。
この回答への補足あり
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新山口駅周辺の「獺祭」が飲めるお店

失礼します。
6月下旬で山口県に行くのですが、「獺祭」を飲めるお店を探しています。
新山口駅周辺で「獺祭」が飲める居酒屋をご存知の方、教えていただけますでしょうか?

可能であれば、自分は1人なので入りやすい店(カウンター、静か)だと尚嬉しいです。

詳しい方教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

こちらが、獺祭の蔵元が紹介している獺祭の飲める店です。
http://asahishuzo.ne.jp/bar/ja/cyugoku/

山口県山口市小郡のあたりが新山口駅前です。

遅い時間であれば、日本酒バー オー・ド・ヴィなんて、よさそうですね。
http://sakebar.ikidane.com/tenposhoukai.html

萬天 山口店 (まんてん)だって、カウンター席がありますから、一人でもOKでしょう。http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35000447/

Qお酒(日本酒・ワイン・焼酎)のネット購入&ギフト

お世話になっている(お酒好き)方々に、お酒をギフトで…、
とネット検索している最中です。
ふと疑問に思うことがありましたので、こちらで教えていただきたく思います。

お伺いしたいのは、お酒の扱いについてなんです。

お酒はデリケートなもので、温度の管理が大切であるらしいのですが、
それらをネットで購入した場合に、配送トラックの揺れや温度などは心配ないのでしょうか?
お渡しする場所は、ご自宅でないので常温で差し上げねばならず、チルドでの配送は避けたいのです。

デパートなどの高級酒売り場などでは、冷蔵庫で保管されているものも見かけます。
おそらく商品ごとによって、常温OKとか低温で保存とかの区別があるのでしょうが…、
ネット上で特別な記載なく販売されているものは、どのように配送されるものなのでしょう。
また常温と低温、それを見分ける手段などがありましたら教えていただけますでしょうか。
可能であれば日本酒・ワイン・焼酎の別でお願いいたします。

Aベストアンサー

日本酒、ワイン、焼酎の中で一番温度に気を使うのは日本酒です。
日本酒の中でも、どういうものをギフトにするかで「常温」か「冷蔵」かが決まります。
即ち、「吟醸」「大吟醸」「生詰め」「吊るし」「斗瓶取り」「おりがらみ」「にごり」「亀口取り」・・・などの表記がある日本酒は、基本的に冷蔵配送がいいでしょう。
>ネット上で特別な記載なく販売されているものは、どのように配送されるものなのでしょう
ネットで販売している酒屋さんによっては、希望を聞く欄があって「常温」「冷蔵」「店の判断に任す」というような選択肢があって、チェックを入れる仕組みです。
そうでない場合は、備考欄に「冷蔵希望」とかをこちらで記入します。
冷蔵したらいいか分からなかったら、同じく備考欄に「そちらの判断で冷蔵も可」と記入すればいいでしょう。
ですが、おっしゃっているように、もし、先方が常温でしか受け取れない環境ならば、日本酒は避けた方が無難です。
(配達された日じゅうなど、そんなに時間を置かずに冷蔵できる自宅に持っていけるならば、その限りではありません)
ちなみに、焼酎は常温で大丈夫、通常のワインも基本的には同じです。
また、輸送時の「揺れ」ですが、梱包はきちんとしていることが多いので、まず心配することはありません。
ただ、これは私の経験ですが、過去に1度だけ宅配業者が瓶を割ってしまったことがありました。
100%安全かといえば、所詮人間のすることなので保障はできません。

日本酒、ワイン、焼酎の中で一番温度に気を使うのは日本酒です。
日本酒の中でも、どういうものをギフトにするかで「常温」か「冷蔵」かが決まります。
即ち、「吟醸」「大吟醸」「生詰め」「吊るし」「斗瓶取り」「おりがらみ」「にごり」「亀口取り」・・・などの表記がある日本酒は、基本的に冷蔵配送がいいでしょう。
>ネット上で特別な記載なく販売されているものは、どのように配送されるものなのでしょう
ネットで販売している酒屋さんによっては、希望を聞く欄があって「常温」「冷蔵」「店の判断に...続きを読む

Q獺祭は、磨きの度合いでもっと美味いのでしょうか

カミさんが宇部の実家に帰って、空港で獺祭「磨き3割5分?」を買ってきてくれました。
大変人気の酒らしくて在庫5本で一人一本だけということでした。

冷やして飲んだら美味いこと美味いこと。日本酒は、ワインでいうところのアロマが苦手で
ほとんど飲まないのですが、獺祭は爽やかな香りで飲んだあとに鼻にぬける香りさえ感じるほど
ほとんど上等なシャルドネを思わせる味わあいでした。

さて、そうなると次は2割3分、さらにはその上を飲んでみたくなりますが、その前に飲まれた
方のご感想をうかがいたくてお尋ねします。
よろしくお願いします。

Kjさん、よい酒をご紹介くださいました。ありがとうございました。

Aベストアンサー

獺祭の品質は相当よいですね。品質も安定していて割安感もあります。獺祭の品質の根源は山田錦という原料米にあります。山田錦は原料米の中で最高でこれに匹敵する米は存在しません。別ないいかたすればヘボ杜氏でも山田錦を使えば飲める品質になります。食用一般米でもかなりの高品質のお酒を造ることはできますが高度な技量が求められます。獺祭は達人杜氏の技量無しで工業的に作るデータによる製造をしています(社長が公言している)。
獺祭の香りは3種類の酵母を使った吟醸香(ワインの第2アロマ)です。香りの成分は日本酒の中でも特異な組成です。なお、この酵母は酒造業なら誰でも入手できる酵母です。特別なものではありません。
精米歩合は低いほど味わいが軽やかです。2割3分(正確には精米歩合23%というべき、尺貫法でいうなら7割7分となります)を無駄なことと思っていましたが獺祭の中の比較ではそれなりに高い評価ができます。これは単に精米歩合だけでなく他にも特別なことをしています。品質的には醸造技術があれば山田錦4割で十分です。でも世の中は馬鹿みたいなことを評価する人は多くいます。日本酒はワインに比べればバカ安だからこんなことが起こるのです。
ちなみに40年以上前はこのような吟醸のある酒は腐っているという人もいたのです。時代と共に嗜好は変化します。面白いですね。
余談40年前のワインも同じです。アロマのある酒は低評価でしたが今ではアロマの強い酒が大手を振っています。

獺祭の品質は相当よいですね。品質も安定していて割安感もあります。獺祭の品質の根源は山田錦という原料米にあります。山田錦は原料米の中で最高でこれに匹敵する米は存在しません。別ないいかたすればヘボ杜氏でも山田錦を使えば飲める品質になります。食用一般米でもかなりの高品質のお酒を造ることはできますが高度な技量が求められます。獺祭は達人杜氏の技量無しで工業的に作るデータによる製造をしています(社長が公言している)。
獺祭の香りは3種類の酵母を使った吟醸香(ワインの第2アロマ)です。香り...続きを読む

Q焼酎についてききたいです 普段、 芋焼酎が好きで、黒霧島 富乃宝山 権兵衛がお気に入りです。 他にも

焼酎についてききたいです

普段、 芋焼酎が好きで、黒霧島 富乃宝山 権兵衛がお気に入りです。 他にも幅広げたいと思い、明るい農村 を見つけました。 すごく気になるのでどんな感じか教えて下さい。

Aベストアンサー

明るい農村ですか。
無難ですが、黒麹と白麹をブレンドしてあるので、ちょっと黒霧島よりも軽く感じるかも知れません。
ちなみに黒麹はどっしり・濃厚系、白麹はあっさり・すっきり系、黄麹はフルーティと称されますから、そういう飲み比べも楽しいです。
私も芋焼酎を飲んでいますが、芋呑みの間から不思議と批判的な意見が出ないのが「伊佐大泉」です。値段の割にはおいしいと思います。
http://isadaisen.web.fc2.com/isa/info.html
あとは地焼酎。
基本的に地元でしか消費されない・流通していないものを言いますが、この中では「佐多岬」が秀逸です。
http://www.kinoshimaya.co.jp/products/detail187.html
「さつま志布志湾」はちょっと辛口かも知れません。
http://www.higoya.co.jp/fs/higoya/osm01

Qパパはなんだかわからない 獺祭

今週の週間朝日のマンガ「パパはなんだかわからない」のオチを教えてください。最後のコマの 「獺祭」は検索してわかったのですが、どこが面白いのかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おじさんがカワウソに似ていて、つまみを広げている様子から*獺祭を想像した。そこからさらに、先日、日本カワウソの絶滅宣言が出されたことを連想して、もの悲しい気分になったという話だと思いますよ。

*カワウソが自分のとった魚を並べること。人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところからいう。

Qトリスハイボール、ワイン、焼酎を飲んだ場合、どのくらいでお酒は抜けますか? トリスは500ml、ワイ

トリスハイボール、ワイン、焼酎を飲んだ場合、どのくらいでお酒は抜けますか?
トリスは500ml、ワインは一本、焼酎は500mlです。
回答お願いします

Aベストアンサー

ワイン1本飲んでるんだから、明日まではお酒が残るでしょうね。
今日のうちは絶対に運転しないことです。

一眠りしたからなんて甘い考えは絶対にやめておきましょう。

Q美味しい日本酒

美味しい日本酒を教えてください
先日親戚の家で日本酒をのみました

獺祭と十四代を飲み、初めて日本酒を飲んだのですが美味しかったので他にも飲んでみたいと思いました。

辛口と言われたのはあまり好みでないかな?という味だったのでそれ以外で美味しい、おすすめの日本酒を教えてくださいよろしくお願いします

Aベストアンサー

どの酒であれ、製造年月日が3か月以内のものを選ぶこと。
それから、取り扱いや温度管理のしっかりしている信用のおける店を選ぶこと。
信用のおけない店は、古い酒を定価よりも高く販売していて、「今日は奮発!!」と高い酒を買ってもおいしくないのです。
プレミアをつけないで定価で販売している店なら大体大丈夫。

獺祭や十四代とは全く違って、お米のおいしさを感じるようなお酒なのですが、能登の「天狗舞」って、おいしいですよ。
http://www.tengumai.co.jp/
山廃純米大吟醸、一升5000円の酒です、要冷蔵品です。
http://www.tengumai.co.jp/product/ginjo.html

あと、八海山は最近大量に生産されるようになったのか、よく見かけるようになりました。
スーパーのベルクなど、定価で販売しているところを探してください。
時々、2倍以上の価格で見かけます。
いろいろな種類があるのですが、どれでも美味しいです。
http://www.hakkaisan.co.jp/

米どころのお酒は大体美味しいですね。
さらに、水のよいところ。

どの酒であれ、製造年月日が3か月以内のものを選ぶこと。
それから、取り扱いや温度管理のしっかりしている信用のおける店を選ぶこと。
信用のおけない店は、古い酒を定価よりも高く販売していて、「今日は奮発!!」と高い酒を買ってもおいしくないのです。
プレミアをつけないで定価で販売している店なら大体大丈夫。

獺祭や十四代とは全く違って、お米のおいしさを感じるようなお酒なのですが、能登の「天狗舞」って、おいしいですよ。
http://www.tengumai.co.jp/
山廃純米大吟醸、一升5000円の酒です、要...続きを読む

Q約20年前に知人宅で飲んだスパークリングワインがどーしても飲みたいと思

約20年前に知人宅で飲んだスパークリングワインがどーしても飲みたいと思っているけど名前も産地も金額もわかりません。ワインに詳しい方教えてください。
特徴としては、たしかボトルの形が少し変わった形だった様な気がします。あと赤orロゼでした。
情報としては少ないと思いますが、「これじゃない?」っとピンと来た方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

 マテウスかなり前から市場に出ています 年代から推測すると このあたりかと 

参考URL:http://products.suntory.co.jp/wine/0000000587/0000001091.html

Q大吟醸をネットで買いたいのですが...

父に大吟醸の「獺祭」というお酒を送ろうと思います。
楽天とかで売ってますが、こういう大吟醸というのは
店の管理によって味が変わってしまったりするデリケートなものでしょうか?
楽天の店ではなく、高島屋とかで買った方がいいんでしょうか。どこで買っても同じですか?
お酒に詳しい人教えて下さい。

Aベストアンサー

大昔、お酒が特級酒、1級酒、2級酒と売られていた時代でしたら、大半の酒屋は大吟醸など扱ったことなかったですから、直射日光がガンガン当たるようなところに置いて、酒の色が変色してたりすることあったかもしれませんが、今は無いです。
「獺祭」は人気のお酒ですから、売れ残りの古いものもないでしょうから、味はどこで買っても大丈夫です。

Q焼酎についての質問なんですが、自分は「麦焼酎」をよく飲んでいます。

焼酎についての質問なんですが、自分は「麦焼酎」をよく飲んでいます。
中には癖の強い「麦焼酎」もありますが、ほとんどは、サワーにしたりできる様な焼酎だと思います。

逆に、一度、スナックで 飲まされて驚いたのは「芋焼酎」でした。
臭いが臭くて、何かやたら強く感じましたね。

麦に慣れている自分には厳しかったです。

さて、本題なのですが、「麦焼酎」と未知の「米焼酎」って、どんな味や臭いがあるのですか?

実は、西武ライオンズでも焼酎を販売していて、友人に頼まれたのですが、ネットで見る限り、「芋焼酎」と「米焼酎」しかありませんでした。

友人も麦を普段、飲んでいる様なのですが、購入するには、どちらが正解だと思いますか?

「米焼酎」を飲んだことないので、こちらで、御経験のある方からのアドバイスを聞いてから、購入したいと考えています。

焼酎をよく把握している方からのアドバイスをお待ちしています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に米焼酎と麦焼酎で比べたら、米の方が味がまろやかな感じがします。
麦が香ばしさがあるとすれば、米はミルクっぽい感じで、日本酒のアルコール臭を取ったような味にも感じます。
芋は一番癖があると言われますが、これも人それぞれで好きな人はこの風味こそが芋という感じではまる人が多いです。

ただ、焼酎といっても単純に「芋」「麦」「米」だけではなく、その前に「甲類焼酎」「乙類焼酎」という大きな区分けがあって、その下に芋麦米などの種類があるということです。
原料の香りや味を楽しみたいなら乙類焼酎かどうかをまず確かめた方がいいです。

さらにいえば、乙類であっても今度は「減圧蒸留」か「常圧蒸留」かの区分けがあります。
詳しいことは省くとして、まろやかな軽い味を楽しみたいなら減圧、しっかりした味を楽しみたいなら常圧をお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報