今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ペット保険かけていて実際どんな時に使いましたか?

猫を飼う予定なのですが初めてなのでどんな時に入院通院するのか想像がつきません

ペット保険についてはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ペットの保険」に関するQ&A: ペット保険・加入前の病気で症状があったため支払いできないと言われた

ペット保険」に関するQ&A: ペット保険

診断 動物」に関するQ&A: 痴呆の診断を受けて動物病院から睡眠導入剤が出ました。昨夜11時に飲ませたましたが20時間も起きません

ペット保険高齢」に関するQ&A: 高齢犬のペット保険について 今まで病院にお世話になることはほとんどなかったのですが、年をとるといろい

看護診断」に関するQ&A: 今、病欠中で仕事をお休みしています。 看護師ですが、うつ状態と診断され病欠中で仕事をお休みさせて頂い

ペット保険安い」に関するQ&A: ペット保険、最近色んな会社がありますが どこがオススメか教えて下さい 出来れば掛け金の安い方があり

保険 看護師」に関するQ&A: 現在、転職期間中です。退社直前に看護師の妻が就職し社会保険に加入、前社で扶養から抜き忘れています。

猫保険」に関するQ&A: ペット保険について 野良だった猫を飼っているのですが、最近、具合が悪く、病院に通っています。ペット

保険 ショップ」に関するQ&A: 端末 ガラケーを他で買ってもドコモショップで 保険加入はできるんですか? 新品、中古でも?

安いペット」に関するQ&A: 一人暮らしでペットを飼いたいのですが、まだ学生ということもあり、なるべく安くて手間のかからないペット

A 回答 (4件)

猫は 病気になりやすいか判りませんけど



猫を飼ったら

猫を連れて健康診断へ動物病院に行く 
保険について受付の方が説明して貰える。
保険パンフレット置いてあります。
その保険なら略間違いないです。

私の場合、診察券と保険証セットで病院で預かってもらってました
犬でしたので、毎月2回は通い、診察をしてもらいフェラリア薬や肛門腺絞るだけでも病院で

そこらで何か食って

お腹開けた事があり その時はお得だと思った
    • good
    • 0

動物看護師です。



私はペット保険を扱う側、更に自分も猫を飼っているので使う側にもなりました。

人間には保険がありますが、動物には飼い主さまが自ら加入しないと保険の恩恵は受けられません。動物病院は完全に飼い主さまの自己負担であり、動物病院によって価格設定が違う自由診療の世界です。つまり10万円かかれば、10万円飼い主さまが支払うということになります。

自分の猫の例を挙げますと、うちの猫は心臓と腎臓の先天性疾患があります。ペットショップで買った時は至って健康とのことでしたが、いざ2歳を迎えた日に健康診断に行くと「これは先天性疾患」と診断されました。ペットショップで購入時、ペット保険に入っていたので若干ヒヤリとしたのを覚えています。理由は「先天性疾患などすでに病気を患っている動物は加入が出来ない」ことがあるからです。勿論、保険会社によって対象となる病気やグレード・加入条件の差はありますが、保険は「健康な時に加入するもの」であり「何か起こってから加入は不可能」に近いです。
うちの猫は3歳の時、謎の下痢と嘔吐を繰り返して5日間入院しました。入院費・治療費・検査費・薬代を合わせ、その時の支払額は約5万円。保険に加入してこちらが5割負担でしたので、この額になりました。保険に加入していなければ恐ろしい額を請求させるところでした。
更に翌年は異物を飲み込み入院。やんちゃな猫なので、パッと目をはなしたスキの出来事。結局、ウンチと一緒に出てくれたのでよかったのですが…消化器官に引っかかり最悪の場合、手術ということもあります。

最近の飼い主さまはペット保険に加入されている方を多く見受けられます。勿論、飼い主さまそれぞれ事情があるのでペット保険に加入していないからといって責められることはありません。
ですが、私が接してきて感じることは・・・ペット保険を不必要とする飼い主さまは、ペットが病状が悪化してから連れてくることが多いです。頻繁に連れて行けば診察代や薬代などお金がかかります。なので、とりあえず様子を見てみよう・・・と放置してしまうことが良くあります。しかし悪化してからでは、頻繁に通うよりも更に多くのお金がかかってしまうことがほとんどです。我々は「そんなにケチるならもっと早く診せにきて欲しい」というのが本音です。
一方、ペット保険に加入されている飼い主さまは自己負担分が少ないので、気軽に頻繁にきて下さいます。なので早期発見、早期治療ができ、金額も結果的には抑えられます。

ペットショップでお迎えする場合、ほとんどがペット保険の加入を勧められます。勿論、そこで加入するしないは自由です。更にそこのペットショップと提携している保険会社も様々ですので、ココだ!という保険会社があれば加入を見送って、改めてご自分で加入されると良いと思います。

保険会社によっては人間の保険会社がオマケとしてペット保険を取り扱っている場合もあります。ただし、あまりにも安い金額のペット保険には落とし穴があります。補償してくれる病気が少なかったり、ワンちゃんネコちゃんで多く見られる病気は対象外だったり、保険料や補償金額がコロコロ変動したり・・・保険会社としてあまりよろしくはありません。まずはご自分でいくつかペット保険の資料を読んで見て、しっくり来るものをお選びするのが良いと思います。

もし不安でしたら、補償内容や補償範囲について保険会社に直接聞いてみるのも手です。
更に健康診断の時にでも獣医師や動物看護師でも良いので、ワンちゃんネコちゃんがかかりやすい病気や犬種猫種による特定疾患も聞いてみると良いです。それがしっかりカバーできている保険会社を選ぶのが鍵だと思います。

お役に立てたかどうかわかりませんが、じっくり検討してみて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
とても参考になりました
加入検討して二社から資料取り寄せました!

お礼日時:2016/11/02 05:51

10歳になるチワワを飼っています。


ワンコちゃんとニャンコちゃんで違うかもしれませんが。。。
ワンコを飼い始めた時に動物保険に入りました。
1歳の頃で年間3万円ちょいの保険料で半額自己負担という保険でしたが、一度も使うことがなく無駄になりやめました。
その後、5歳になる頃も下痢とかの病気にはなりましたが年間1万円未満の診療代ですんでいたのでやめて正解と思っていました。
でも、高齢になるにつれ病気が心配なのと、手厚い治療をしてあげたいので再度加入をしました。
6歳から加入したので保険料が高く年間5万円近くですが治療費の半分は自己負担です。
10歳になった今もさほど病気をすることがなく、今はやめるにやめれない状態です。
最近聞いた話ですが、ペット貯金で毎月3,000円することで、ペットの寿命までの治療費は補えるそうです。
もちろん、病気をするしないの差はありますが。
次回わたしもペットを飼ったときは、ペット貯金をしたいと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
昔は今ほど保険保険って言われてなかった気がします
もしものための保険ですがそれでもねぇ…

お礼日時:2016/11/01 20:40

答えにはならないのですが


私も猫を飼っていて考えています。
しかしネットで見たのですが
実際に病気が発症する年齢の頃には
適応されていないとか
年がいってから入ると
保険に入る前からの
病気だったのではないか?など
何かとスムーズに保険適応にならないと
情報を得ました。

実際にどうなのかはわかりませんが
その記事を読んでから躊躇ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
迷いますよね…
安いものもありますが、それでも悩みます

お礼日時:2016/11/01 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペット保険についての考え

ペット保険についての質問です。

ペット保険についてざっと調べたところ、結構会社によって色々と加入条件(先天的な病気など)や年齢などの制限がありました。
そうなると、もしも自分のペットをペット保険に入れたいと思ったらエイズなどの病気を持っていたので加入できないとか、高齢なので入れないとか問題が出てくると思うのですが、実際のところ、健康なペットの場合通院が必要になるのは晩年になることが多いだろうし、エイズの場合にしてもエイズ関連以外(怪我とか)の医療行為が必要になることもありますよね?
そういった場合、ペット保険って意味があるのだろうか?と疑問に思ってしまいます。 
ペット保険についての在り方、必要性等について皆さんの一般的な考えを教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは。

先天性疾患や年齢制限など、ペット保険はまだまだ改善される余地が多いですよね。

が、個人的には、基本的にペット保険加入は必要というか、いざという時の強い味方だと思います。

一般に、高齢になってからのほうが罹患率が高く、医療費もかかると思われがちですが、決してそんなこともないです。

長年ボランティアのお手伝いをさせていただいており、数多くの猫を保護し、見て参りました。
野良ゆえの疾患や感染を差し引いても、若い猫の罹患率は決して少なくはなかったです。
乳癌、腎不全、下部尿路疾患、甲状腺異常、心筋症、などなど、あらゆる疾患、そして怪我。
保険に加入していなければ、当然医療費は全額持ち出しです。入院・手術となるとまさに羽根が生えたようにおカネが飛んでいきます。
以前犬も飼っておりましたが、この子は加入していなかったため、治療に定期ひとつ解約しました。重度疾患や怪我の場合、ペット貯金はあったほうがまし、程度のものでしたね。

エイズキャリアなど、どうにもならないケースを除き、経験上保険は加入しておいたほうがベターだと思います。

ただ、どの保険会社を選ぶかは非常に重要かつ慎重な選択が必要ですね。
例えば、腎不全や尿結石など、慢性化・再発しやすい疾患になった場合、その年の給付金は支払われても、翌年の更新(ペット保険は大半が一年毎の更新です)を断られたり、更新できても該当疾患は給付対象外など、これでは何のための保険かわかりません。
私が調べた限り、慢性化・再発しやすい疾患も更新・給付してくれるのは、アイペットとペット&ファミリーの二社くらいです。掛け金、年齢制限、保障プラン、会社倒産の場合の対応など、どちらも一長一短あります。

「うちの子は健康だから」「何かあったらその時はその時、なんとかなるでしょう」は、ペットも人間もそうそううまくいかないケースもままあります。
友人の某有名クリエイターは、滅多に受けない健康診断で脳腫瘍が見つかり、癌保険に加入していなかったため、全額自己負担になりました。入院・手術はもちろん、オフィスの様々な経費、スタッフの給与など、占めて三千万。二回手術したので更に倍。10年以上経過した現在も莫大な治療費を払い続けています。

CMの謳い文句じゃないけど、やはりなんだかんだで保険は必要、そして保険選びが本当に要、あくまで個人的経験からですが痛感しております。
そして加入しない飼い主さんは、いずれくるであろう不測の事態や介護などに備え、心構えと現実発生する少なからぬ金銭的備えなど、万全をもって対策に臨む、それが命を預かる重さと義務であると思います。

こんにちは。

先天性疾患や年齢制限など、ペット保険はまだまだ改善される余地が多いですよね。

が、個人的には、基本的にペット保険加入は必要というか、いざという時の強い味方だと思います。

一般に、高齢になってからのほうが罹患率が高く、医療費もかかると思われがちですが、決してそんなこともないです。

長年ボランティアのお手伝いをさせていただいており、数多くの猫を保護し、見て参りました。
野良ゆえの疾患や感染を差し引いても、若い猫の罹患率は決して少なくはなかったです。
乳癌...続きを読む

Q外耳炎の治療期間とペット保険

10日ほど前、耳をめくると少し赤く、
茶色の垢が薄く付いていました。
掻いたりすることはありませんでしたが、病院に連れて行き、
今日も再度診察を受けました。
もう赤みは取れて、次週また様子を見るとのことでした。
 
外耳炎は一度なったら、治りにくいし再発しやすいと言います。
治療期間もとても長いのでしょうか?
症状としては幸い軽い方だと思います。
これからの手入れで変わると思うのですが、
外耳炎って、深刻な病気なのでしょうか?

ペット保険に入ろうかと思っていた矢先の出来事で、
ますますその必要性を感じてしまいました。
もし加入した場合、
外耳炎に対しては治療費は出ないのでしょうか?

ペット保険は日本アニマル倶楽部を考えています。
この会社の会社の情報がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

他社の保険に加入していますが、基本の約束ごとはたいていみんな同じですので、コメントします。

人間の保険と同じで、加入前に既往病歴の告知義務があります。
ですので、おっしゃるとおり今回の外耳炎に関しては出ないと思います。その上耳か皮膚の制限(何年かは保障しない等)が加わる可能性もありますが、嘘をついて加入した後、告知義務違反が発覚したときにはそれまで払った保険金も戻ることなく、一方的に解約されてしまうおそれがあります。ここで保険を討論してもしかたがないですが、将来の不安を保障するのが保険というものなので、すでに問題あるものを補填するものじゃないですから。。。

しかし、実際問題として、人間の保険と違いペットの場合は病院を変えてしまえば追跡は難しいと思います。ちなみに人間の場合は告知義務違反はほぼ発覚します。(うちの家族が保険の調査員なのでこれは本当です)

でも、病歴が有る場合はすべて主治医に把握した状態で診察・診断をしてもらいたいので、私ならすべて告知をして加入すると思います。どこでどんな病気がつながっているのかわかりませんし、黙っていることで病状の悪化を招いたら絶対後悔すると思います。

ペット保険も色々種類が出ていますので、よく検討されることをお勧めします。会社によって保障対象範囲が結構違います。ちなみにうちはペットショップで買ったときにそこのショップがやっていた保険に加入したのですが、正直ほとんど元は取れていません(^^;)
でも病気になるより喜ばしいことだと割り切ってます♪

他社の保険に加入していますが、基本の約束ごとはたいていみんな同じですので、コメントします。

人間の保険と同じで、加入前に既往病歴の告知義務があります。
ですので、おっしゃるとおり今回の外耳炎に関しては出ないと思います。その上耳か皮膚の制限(何年かは保障しない等)が加わる可能性もありますが、嘘をついて加入した後、告知義務違反が発覚したときにはそれまで払った保険金も戻ることなく、一方的に解約されてしまうおそれがあります。ここで保険を討論してもしかたがないですが、将来の不安を...続きを読む

Qペット保険について

ペット保険への加入を考えているのですが、加入条件として、年齢が無制限になっているものは無いでしょうか?
また、多くのペット保険では、不必要な予防接種などを加入条件としているのでしょうか?
回答お願い致します。

Aベストアンサー

「愛犬の友」の最新号の中に
ペット保険の比較記事があったので
ぜひ読んでみてください。

ただ・・・継続加入以外では
ある年齢以上(たとえば10歳など)になっていると
加入できない保険がほとんどではないでしょうか・・・。

予防接種やワクチンの有無は
加入条件にはないと思いましたが・・・。
(自信がありません)

Qペット保険に詳しい方に質問です。

現在1歳のミンチュアダックスを飼っており、ペット保険を検討しています。

色々インターネットで見ているのですがどこがいいのかさっぱり分かりません。
「ここはどぅ?」ってゆうおすすめペット保険会社があれば教えて下さい。

ちなみにいいなぁと思ったのは

もっとぎゅっと保険 http://www.motto-gyutto-hoken.co.jp/
日本ペット共済  http://petlife.or.jp/
アイペット   http://www.ipet-ins.com/

です。

アニコムは少し高いなぁと感じました。

Aベストアンサー

確かにアニコムは少し高いです。

私もペット保険は加入前にかなり悩みました。

ちょっとした嘔吐や下痢とかでも対応してくれるペット保険がいいなぁと

思ってて、電話でかなり聞きましたよ。

やはり大切な家族なので少しでも安心を手に入れたいですもんね。

私は最終的にアリアンツか日本ペット共済にしぼりました。

どちらもワクチン補助があったり昔からの老舗だったりで魅力的でした。

掛け金もアニコムに比べたら安い方でしたし。

一番は保障内容じゃないでしょうか?いざ病気になって保険入っているのに出ないってなると

意味ないのでホームページで何が出て何が出ないのかが詳しく載ってるのでみた方がいいと思いますよ。

今では5回ぐらい使っているので十分元は取ってます^^;ペットは健康保険がないですからね~

参考までに載せておきますね。

日本ペット共済http://petlife.or.jp/

アリアンツhttp://sonpo.allianz.co.jp/pet/index.html

参考URL:http://petlife.or.jp/

Qペット保険

良いペット保険と悪いペット保険の違いは何ですか?

Aベストアンサー

すごいざっくりの質問ですよね~!
保険会社も色々あってどこが良い、悪いっていうのはありません。

それぞれの会社に特色があります。

例えば有名なアニコムはその場で人間の健康保険制度のように3割負担や5割負担の適応がされる制度があります。
一回で支払う金額が少なくてすみます。他のペット保険やペット共済の会社は一度全額負担をしてから
後で請求して回収します。

アニコムは利便性はありますが毎月の掛け金が非常に高いのが難色です。
後で請求という手続きが苦でなければそれ以外の保険会社が良いでしょう。

同じ保障内容ですので・・・

他にも通院だけの保障のペティーナもあります。

最近人気があるのはワクチン補助があるペット保険ですね~
有名な所は日本ペット共済です。

ここは掛け金が非常に安くワクチン補助もあるのでかなり良いと思います。

知り合いも入っているらしいです。

ですので良い悪いというよりは保障内容などで決めるのがいいでしょう。
色々な所の資料請求をして比較して決めみてはいかがでしょうか?

アニコム http://www.anicom-sompo.co.jp/
日本ペット共済 http://www.petlife.or.jp

すごいざっくりの質問ですよね~!
保険会社も色々あってどこが良い、悪いっていうのはありません。

それぞれの会社に特色があります。

例えば有名なアニコムはその場で人間の健康保険制度のように3割負担や5割負担の適応がされる制度があります。
一回で支払う金額が少なくてすみます。他のペット保険やペット共済の会社は一度全額負担をしてから
後で請求して回収します。

アニコムは利便性はありますが毎月の掛け金が非常に高いのが難色です。
後で請求という手続きが苦でなければそれ以外の保険会社が良...続きを読む


人気Q&Aランキング