『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

よろしくお願いいたします
自家用車のタイヤを、スノーにはき替えないといけません
一番困るのは、夏にタイヤの空気が抜けていることです
2kg/㎠から3kg/㎠の圧が入ればいいと思います
欲を言えば、ナットを空気圧で締める機械も使えたらいいのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私はアマゾンでAir Family 静音オイルレスコンプレッサー SSL-24 24L


を約2万円で買いましたが、このタイプなら車の空気入れにも問題無く使えますし、
ちょっとした掃除などにも使えるので1台あれば何かと便利になるのではないでしょうか?
後輪タイヤも付いているので片方を持ち上げて移動も出来ますし。

私の場合は、その様な用途の他に、
趣味というか遊びで、エアブラシ塗装などもしたかったので
これを購入したのですが、塗装などの用途でも使えるので
もしかしたら趣味が広がる事もあるかもしれませんよ。

ただ、その様なタイヤの空気を入れたり、
ナットを締めるという沢山の事を一度に行うとなると、
コンプレッサーの圧縮空気の容量が足りなくなるはずなので
コンプレッサーにコンセントを差した状態で
それらの作業をする必要が生じますが
車の近くまで延長コードを引っ張って来れる環境ですか?

もし、車庫や駐車場にその様な環境が無い場合には、
何度もコンプレッサーを移動させて家に持って行き、
コンセントに繋げてタンクに圧縮空気を補充して・・・となるので
逆に面倒くさくなる可能性もあります。

なので、もしコンセントが近くに無い状態の時は、
ナットを締めるのはエアーではなく、
充電式のインパクトドライバーなどを使って(先端をドライバーではなく、ナット用に変えれば良いので)
コンプレッサーの用途を減らす事も考えておく必要があります。

とりあえず、質問者さんの環境次第で可能性は無限だと思いますので
コンプレッサーが欲しいと思うのであれば、
私が買ったようなタイプのコンプレッサーが値段的にもタンク容量的にも
初心者には丁度良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
参考になりました

お礼日時:2016/11/12 20:07

タイヤの空気入れは低スペックのものでも十分いけますが、インパクトレンチだとちょっといいのが欲しいです。


ホイールの締め付けトルクですが、一般的には110Nmぐらいの指定が多いです。(12mm、21HEX)

廉価版のインパクトがこちら
http://www.straight.co.jp/item/15-1810/

コレですと6キロぐらいの圧が必要となります。

最低でも1馬力クラスが欲しいですね
http://www.straight.co.jp/item/17-6019/

ちなみに安いインパクトだと締め付けはトルクがばらつくので緩め専用ぐらいに思っていたほうが無難です。
途中までインパクトを最低出力で使ってラストはトルクレンチで・・・というのが無難です。

コンプレッサーははホームセンターなどでもう少し安いものを買って、インパクトはAC100v仕様のものを別途、というのもdiy向けですけどね
http://www.straight.co.jp/item/17-405/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2016/11/12 20:02

スタンドで空気を入れるのではダメですか?



エアーインパクトレンチなん、あまり使わないと思いますので、楽したいなら、ホームセンターなどに売っているタイヤ交換用の電動インパクトレンチにした方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電動という、手がありましたね
ありがとうございました

お礼日時:2016/11/12 17:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンプレッサーの法定耐用年数について

コンプレッサー(空気圧縮機)の法定耐用年数は

何年になるのでしょうか?

どなたか教えてください。

取得価格は1,500,000円になります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンプレッサーは何らかの製造ラインの一部に組み込まれているものでしょう。
コンプレッサーは、通常、工具(特定の製造ラインに組み込まれておらず、持運び可能なもの)と考えられるようなものではありませんから、単体での法定耐用年数はありません。
そのコンプレッサーが使用されている製造ラインに適用される法定耐用年数で償却します。

耐用年数別表第2で、どの装置に該当するかを確認して下さい。

何を作っているか具体的に教えていただかないと、正しい耐用年数はわかりません。


人気Q&Aランキング