痔になりやすい生活習慣とは?

健康診断で、肝機能のzttが14と高く、中性脂肪が24と低めでした。他はすべて正常です。中性脂肪については脂質異常症なので主治医にかかってくださいとありました。時間を見つけて行くつもりですが、この二つの関連性、またはなにかの病気にかかっている可能性があるのか気になって不安です。調べられる範囲で調べてもピンとくるものがなかったので、投稿させていただきました。よろしくお願いします。

生活習慣として、食べるときと食べないときの差が激しいです。朝は食べないことが多く、昼はお弁当が面倒なのでヨーグルトのみ、夜はお米以外のおかずを食べたり、甘いものを食べます。野菜や魚は意識しないと食べないのでおそらく不足しています。食後は散歩に行きます。睡眠時間は六時間程度~なので、少なくはないと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

肝機能のzttは健康でも多少高くなることが有り、他の肝機能項目が問題なければそれほど気にしなくてもいいです。


(わたしも今年高かった。)

中性脂肪は食事に影響を受けやすい値で炭水化物の摂取量によります。
お米等主食になるようなものを食べていないようなので、値が低くなっていると思います。
 食生活の改善をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。ここ数ヶ月お米などの炭水化物をまったくといっていいほど摂っていませんでした。病院でも食生活の改善をすすめられました。肝機能についても、安心しました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/23 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝機能検査でのZTT値について

健康診断で、基準値が4.0から12.0とされているZTT値が、昨年は19で今年は16.8とありました。いちおう「再検査要」とは書いてありますが、この程度でわざわざ病院に行く必要があるでしょうか。

Aベストアンサー

ZTTは慢性の炎症の指標で、体内に何らかの慢性炎症がある可能性を示唆します。免疫グロブリンの異常がある場合にも、ZTTは異常値を示す場合があります。これまでの既往歴でZTTの説明がつくのであればいいと思いますが、特に思い当たることがない場合は、慢性肝炎や自己免疫性疾患、甲状腺疾患、慢性感染症などが隠れている場合があります。いずれも再検査は血液検査が最初だと思います。もちろん、調べた結果なにも異常が見つからないという場合も多いとは思いますが、この程度、という判断は危険性を伴うと思いますので、病院に行き検査を受けることをお奨めします。


人気Q&Aランキング