『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

お世話になります。
アルバイト先から「暇なので明日休んでください」と言われました。
そんなこと急に言われても収入が減るので困る旨を告げると、休業補償として25%支払うことでどうかとのこと。しかも明日だけでなく、これからも時々ありそうな雰囲気です。
ムカつくので辞めてやろうと思うのですが、相手の思うツボのようで悔しい!!

アルバイトとはいえこんな雇用主の勝手を受け入れなければならないのでしょうか?
なんかギャフンといわせる方法はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

下の方のご回答ですが・・・



ご質問・ご回答の一連の流れから、長期間経ってから、質問者を非難することに疑問を感じます。さらに法的な視点からのコメントではないことも残念です。アルバイトを使われる立場の方からのコメントであれば尚更です。

ご相談の案件については、労基法26条の休業手当について諸氏から助言があった通りです。他の事情も考慮しなければなりませんが、民法536条2項にも該当する余地が十分にある事案です。民法536条2項は、労基法26条よりも成立しにくいものですが、流石に「明日来なくてよい」は使用者の責任が大きいと評価できます。

民法536条2項の適用があれば、労基法26条に規定された賃金の60%ではなく、賃金の100%を請求できます。
    • good
    • 9

ハッキリ言ってアルバイトを馬鹿にしている態度が一番ムカつくよ!!


こんな時代なのに、働かせてもらえるだけ有難いと思わないの?
どこの職場だってあなたを雇わないといけない義務なんて無いんだから。

 >そんなこと急に言われても収入が減る
  我慢しているのはあなただけではない。
  皆言わないけど苦労してるよ。

 >ムカつくので辞めてやろうと思うのですが
  辞めたら無職になる可能性考えたことある?
  何度も言うけど、何もあなたを雇わないといけない義務無いんだから。

 >アルバイトとはいえこんな雇用主の勝手を受け入れなければならないのでしょうか?
  アルバイトに対する見方が甘過ぎる。
  嫌なら辞めれば良い、雇い続けてほしいのなら受け入れるのが常識。
  それに納得いくかいかないかは別問題。

 >なんかギャフンといわせる方法ないでしょうか?
  よっぽどの甲斐性を身に付けて大手会社にでも就職するぐらいでしょう。
  
自分を雇ってくれて当たり前のような思考に問題があると思う。
    • good
    • 5

労基法の規定で、会社都合の休業の場合は、会社は労働者に対して、最低でも6割の賃金補償をしなくてはなりません。

これは正社員であろうが、アルバイトであろうが同じです。

また、民事における「契約」という観点からみても、正社員であろうがアルバイトであろうが、「契約」は守らねばなりません。一方的な勝手は許されません。25%では違法となります。労基署への申告で取り戻して下さい。
NPOの「労働相談センター」に相談してください。
http://www02.so-net.ne.jp/~toburoso/index.htm

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~toburoso/index.htm
    • good
    • 5

以前業界最大手ファーストフード店でシフト作成をしていました。

dongurikorokoroさんのアルバイト先がどんな職種かわかりかねますがやはり閑散期と繁忙期があり月にかけれる人件費も違います。
この事業所の悪い点は予めセールスに基づいた人員の配置ができていなかった為にすでに作成したシフトを提出後に変更してしまったことだとおもいます。
まだ最初からシフトにはいっていなければ気持ちも違っていたはずです。
ただ私の勤務していた会社でもアルバイトの方の「明日休んでください・・」や時間を削ることはあります。できるだけ早く伝えますが・・。
削る側の意見としてはこんな方が対象となってしまいます。
・動きの悪い人間(生産性が低い)
・普段からのシフトの希望状況(お店は土日が忙しいのによく休む)
・他に一人暮しなどで生活がかかっている方(こういう方は基本的にシフトの希望も特になくよく働いてくださる方が多い)がいらっしゃる為
など・・
dongurikorokoroさんが上の条件に当てはまっていなければdongurikorokoroさんを求めている会社は他にたくさんあると思いますので、そんな体制が続くようでしたらお辞めになられて次の職を探されたほうがよろしいかと思います。
思うつぼだなんてアルバイトがよっぽどひどい勤務状況でないかぎりそんなこと事業者側も思いません。そんなことを気にして思い留まるほうが損だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経営者の側に立ってみれば私の人件費が無駄なことは私もよーくわかります(笑)。
ただ、腑に落ちないのが先月採用されたという点です。こんな状況でよくも私を採用したなぁとびっくりです。
初めから忙しくなったときの保険としてとりあえず採用しておこう、暇なら休ませりゃいいや!みたいな考えだったんじゃないかと疑いたくなります。
そこがなんだか悔しいのです。
だったら採用なんかしてくれるな!と言いたいんです。

やっぱり辞めるべきかなー。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/10 22:00

アルバイトに休業補償してくれる職場なんてそうはありませんよ(本当に)。


環境としては恵まれているのではないですか?
経営不振の時にいちばんのネックになるのが、人件費です。会社としても止む終えぬ措置だったのではと思います。
最悪の事態を想定すれば、働いたのに給料が貰えないなんて事だってあり得ます。
それを考えれば、良心的だと云う事も出来ます。
いずれにしても、その程度のことでムカついたり、ギャフンと言わせたいと思ったりするのは、あなたの人生にとって決して得なことではないと思いますよ。
今回の件は取り敢えず快く従って様子を見るのが得策かなと思います。
感情的に行動すると、その時は気持ち良くても、結局後悔することが多いです。
今後、目をかけてくれることだって考えられますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私が今回の件でムカついた原因のひとつが、先月採用されたばかりという点でもあります。
で、早々に休んでくれはないんじゃないのーーー!!
と。
これから忙しくなると雇用主は言ってますが、なんか先の読みが甘いなーーと。
こんな風に不信感をもってる時点で辞めるべきなのでしょうね。
気持ちが落ち着いてきたので感情的にならずに辞めようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/10 21:53

アルバイトの経験が30位ありましたが、


アルバイトはそういう宿命です。

休業補償を支払うなんて良いバイト先ですよ。

パートですと常勤なので、文句を言いたいなら
パート雇用に変えたらいいと思います。

もしもあなたが雇用主をギャフンと言わせたと
して、心から嬉しいですか?

どうしてもギャフンと言わせたいのなら、休業補償
を受け取らないのがスジですね。

まぁ、アルバイトなんてそんなもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アルバイトなんてそんなもんなんですね。。。
まだこのバイトを始めたばかりなのでこの休業補償制度がいつまで続くのか確認しないといけないのですが、これからもたびたびこのようなことがあるのであれば休業補償の額では生活できないので受け取らないつもりでいます。
フリーターはやっぱり厳しいんですね。

お礼日時:2004/08/10 21:48

私も田舎なので、シーズンには来てほしいと言われますが、逆に冬とかは休んでくれと言われます。


時給がすごく安いんです。だから、休みになると非常にキツイものがあります。
面接のときにこのことを言われなかったんですよね?
私は、休みにされない会社をメインにして、田舎のバイトは週1にしました。つまりかけもちです。
あまりいい顔はされなかったんですが、気にせず堂々と働いています。
あまり感情的になると、相手に流されてしまうので、
しばらく様子を見て、もし休みが多いようでしたら、
かけもちも手ですし、もし不満があればバイトなので
別のバイトを探してみたらどうでしょうか。
その職場の居心地がよければ別ですが・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
結構苦労して見つけたバイトなんですが、こちらも生活かかってますし辞めるしかなさそうですね。
皆さんのご意見をお伺いして、冷静さを取り戻しつつあるので(笑)。。。。

お礼日時:2004/08/10 21:43

私も以前にバイトしてた時に同じような事がありました。

小さな店だったし頭にきたけどバイトは楽しかったのでしょうがないな~お思いつつ、、、

別のバイトと2つかけもちして
バイトが休みになるときは事前に(2週間くらい前に)言ってくださいと 頼んでおき、
2つのバイトを両立させていました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かけもちできたらいいのですが、特殊な内容なのであんまり求人がないんですよねー。
世の中、こんなもんなんですね。

お礼日時:2004/08/10 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職場から急に休むように言われた時の対処法

現在、パートで働いています。
雇用契約書上では、週5日勤務となっています。

先日、職場から2,3月は業務が少ないので
週4日勤務にしてください といわれました。

収入が減ってしまうので、なるべく休む努力はしようと思う旨を
伝えましたが、全く聞き入れてもらえませんでした。

具体的に言うと
1ヶ月が4週だと考えると勤務日数が4日減るので
自分的には2,3日は休もうと思うのですが
1,2日は単発のバイトなど見つからない場合は出勤しようと思っています。
でもこの考えは受け入れてもらえず、必ず4日休むように言われました。

あまりに強引だったので労基署に問い合わせたところ
休業手当の存在を教えてもらいましたが
相談員さんはそれを職場にいうことはあまり積極的には薦めていませんでした。

お金のこともそうですが、
職場側が全く譲歩しようとしない態度に憤りを感じます。

どのように対処したらいいのでしょうか?
よい解決法、アドバイスありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

現在、転職を視野に入れ求人を探していますが
すぐに見つかるとも限らないので
なるべく円満に、かつこの憤りをおさめる良い解決策があればと思っています。

現在、パートで働いています。
雇用契約書上では、週5日勤務となっています。

先日、職場から2,3月は業務が少ないので
週4日勤務にしてください といわれました。

収入が減ってしまうので、なるべく休む努力はしようと思う旨を
伝えましたが、全く聞き入れてもらえませんでした。

具体的に言うと
1ヶ月が4週だと考えると勤務日数が4日減るので
自分的には2,3日は休もうと思うのですが
1,2日は単発のバイトなど見つからない場合は出勤しようと思っています。
でもこの考えは受け入れてもらえず、必ず4日休...続きを読む

Aベストアンサー

再再回答です。
なんとなくわかりました。
「派遣では給与半額の所得補償、しかも雇用側からのお願いだった」という先例との比較で落としどころを考えたのなら、合意しないはずです。質問者としては目一杯譲歩したつもりが、会社側には、取りつく島もないと映ったのでしょう。

派遣は派遣会社が間に立ち、専門知識のある担当者が会社対会社の立場で交渉してくれますから、こういう場合の落としどころは直接雇用の場合より労働者寄りになります(力関係や担当者の腕にもよるでしょうが)。

しかし直接雇用の場合、パートタイマーに休業補償を出す雇用主は、余程の大企業でもなければまず考えられません。
そもそもそんな余裕があるうちは、時短を提案などしないでしょう。微妙なニュアンスになりますが、一定の黒字を確保するためではなく、赤字を出さない(増やさない)ために人件費を削るのです。だから、そもそも会社側に譲歩の余地は乏しいのですね。

それでも、持っていき方によっては多少マシな条件になったかもしれません。週4では生活が厳しい旨を切々と訴え、あくまで「お願い」ベースで給与の維持を訴えるなどです。
落としどころとしては、週4では仕事が増えることも併せて訴え、時短中の若干の時給上乗せというところでしょうか。

「契約上の権利を主張しているだけ。お願いする必要はない」と考えるかもしれません。正論です。でも相手も人間ですし、従業員の収入維持イコール会社の利益ダウンなのですから、正論だからといってそれだけでは会社も呑みはしません。
交渉であれば、言い方一つで結果も違ってきます。「2~3日なら休むよう努力する」というのは、真意がどうだったにせよ、まずかったと思います。

再再回答です。
なんとなくわかりました。
「派遣では給与半額の所得補償、しかも雇用側からのお願いだった」という先例との比較で落としどころを考えたのなら、合意しないはずです。質問者としては目一杯譲歩したつもりが、会社側には、取りつく島もないと映ったのでしょう。

派遣は派遣会社が間に立ち、専門知識のある担当者が会社対会社の立場で交渉してくれますから、こういう場合の落としどころは直接雇用の場合より労働者寄りになります(力関係や担当者の腕にもよるでしょうが)。

しかし直接雇用の...続きを読む

Qパート勤務です。当日いきなり休んで良いといわれましたが....

実は先ほど、出勤のため家を出る30分前に、今日は人も少ないし、もともと週3でしたよね?だから休んで良いです、とTELがありました。

もともとは週3の契約でパートをしています。
が、先月は社員が新しくなり、色々教えて欲しいと週4になっていました。
月のシフトは前月の週末に、社員が組みます。
今週は週始めが10月末だったために4回でした。

ただ、それはシフトを組んだ次点で分かっていた事。
私は時間が自由なので、会社のやりやすい様組んでかまわない、と伝えてあります。
今まで急に出て欲しいという依頼はありましたが、突然、こなくていいというのは初めてです。
その新しい社員は30歳ですが社会人経験の無い方で、色々と常識が通らない所があります。

こういう事は許されるのでしょうか?
何か反論はできないでしょうか?

今後、勝手に休んでいいとか言われる可能性がある訳ですよね?

今辞める旨を言いにいくつもりですが....
パートってこんなに立場が弱いんですかね。

Aベストアンサー

厳密に言えば労働基準法第26条による休業手当が請求できる事案でしょう。

「使用者の責に帰すべき休業」をどうとらえるかなんですが、今回のケースの場合は、

1 予めシフトが組まれていて出勤予定になっていた
2 にもかかわらず、当日「人が少ない」という理由で休んでいいと言われた

ということから、使用者責任の部類に属する休業だと思われるからです。

平均賃金の算定は複雑(労働基準法第12条)ですのでちょっと出しづらいんですが、その6割でだいたい通常の賃金の36%~60%くらいというところになります。

あとは対応ですが・・・
これは正直正解が見えません。
労働基準監督署は法違反を指導はしてくれますし、刑事処分も可能ですが、こういった証拠が出にくいものの場合、上手くいかない可能性もあります。
労働組合は確かに団体交渉などは拒否できないので、交渉にはなると思いますが、加入に一定の金銭がかかること、強制権限を持たないこと、などがデメリットといえるでしょう。
両方に共通している点といえば「不利益取扱を受ける可能性がある」ということです。確かに両方とも法的に不利益取扱をすることは禁止していますが、実際には・・・という話です。

大変厳しいかもしれませんが、このような順番でどうでしょうか?
1 労働基準監督署に法的に請求可能か確認
2 可能であれば、会社に請求(この場合社員かもっと上かはケースバイケースですが、賃金支払いの責任者に言うべきかと思われます)
3 それでらちが明かなければ労働基準監督署に訴える
という流れかと思われます。

金銭的に大きくないので組合は得策ではないですね。(加入費などを取られますので実質赤字になる可能性もあります)

厳密に言えば労働基準法第26条による休業手当が請求できる事案でしょう。

「使用者の責に帰すべき休業」をどうとらえるかなんですが、今回のケースの場合は、

1 予めシフトが組まれていて出勤予定になっていた
2 にもかかわらず、当日「人が少ない」という理由で休んでいいと言われた

ということから、使用者責任の部類に属する休業だと思われるからです。

平均賃金の算定は複雑(労働基準法第12条)ですのでちょっと出しづらいんですが、その6割でだいたい通常の賃金の36%~60%くら...続きを読む

Qアルバイトでも労働基準法の休業手当が適用される?

飲食店でアルバイトをしていて、経営者側が、「明日は暇だから休んで」とアルバイトに言った場合でも、労働基準法第26条に基づいて、給料の60%を払わなければならないのでしょうか。もしそうなら、アルバイトって一番儲かる身分なような…。
ちなみにお店とは、契約時に労働時間の保障みたいなことは全くしていないとします。
アルバイトって、会社の仕事の量によってシフトに入ったり入らなかったりだと思いますが、仕事が少ない上に、さらに60%なんて、会社は到底支払えないと思います。
さらに、休業日も会社の都合だと思いますが、この場合でも60%支払わないとダメなんですか?

Aベストアンサー

まず最初に、一般的にアルバイトと会社側の契約では、労働時間に関する取り決めがあります。
内容としては勤務時間帯や休憩、休日についてなどですが、大抵の場合は固定になることは無く
「店舗のシフトに従う」というような条件になることが多いです。

シフトに関しても忙しい場合の延長や暇な場合の休憩・早上がりがあるのは当たり前。
また、事前の変更がある事も然り。

労基法26条の休業とは
「休業とは、労働者が労働契約に従って労働の用意をして、しかも労働の意思を
もっているにもかかわらず、労働を拒否され、又は労働が不可能となったこと」
となっています。

問題は『労働契約に従って』の部分でしょう。
一般的なアルバイトやシフトについては最初に述べていますが、
正社員と同じ様に「月○日勤務、○時~○時まで」というような雇用契約を結んでない限り
一般的なアルバイトと同じ扱いにされるでしょうから、例で挙げたような場合には適用されないでしょう。

Q勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間勤務になってしまいます。
(おそらく来週のシフトから変わりそうです・・・。)

それで週3日とかになると収入が激減して、困ります。

店も店で経営の事とか大変だろうとは思いますが、
常にスタッフは2~3人いないと回りません。

16時までを14時にしたら16時からシフトインしてる人が14時からになってその人たちは2時間多く働くor次のシフトの人も2時間早く出勤になるとか
はっきりとわかりませんが、とにかく店に最低2人の人員が必要なのです。

店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

私は以前、派遣で事務の仕事をしていたのですが
派遣会社と勤務先の手違いで8時間勤務のつもりで行ったら6時間勤務だと言われ
それを派遣会社に話が違う!と言ったら対応してもらったことがあります。

今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

どなたかアドバイスをお願いします。

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間...続きを読む

Aベストアンサー

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して置いてください。
会社、担当者に対して納得出来ない旨伝え、そういう事の記録も残します。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用して下さい。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。


> 今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して...続きを読む

Q会社都合で無理やり休みにされた場合

お世話になります。
現在派遣で入力事務をしています。平日フルタイムです。数人で必死で入力した結果、入力するものがない状態になってしまいました。上司は「どんどんデータが来るから頑張って入力して欲しい」と言われたので必死でした。が今日になって突然上司から「明日入力するものがないから明日は休んで欲しい」と言われました。「会社都合なので給料は出ますか?」と同僚が聞くと「仕事をしていないのだから給与は出ない」と言われました。そして派遣会社からは1ヶ月更新の契約で二日前には「契約更新して延長してほしい」と言われていたのに派遣会社&派遣先共に今日になって全員が「やはり今月末で終わり」とあっさり言われました。こういう時ってもっと前に契約更新はないと言わなければならない、と人から聞いたのですが本当ですか?そして会社都合であっても派遣社員だと給与は出ないものなんでしょうか?派遣元に話すと同じグループ企業で持ちつ持たれつの関係だからか「派遣先の上司と話をしてほしい」と逃げるばかりで話になりません。どうすればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

 使用者の責による休業については、労働基準法第26条により平均賃金の6割以上の支払が義務付けられています。
 その支払については、責任者に請求し、それでも支払が無い場合には、
・労働基準監督署に申告し支払を求める又は処罰を求める方法
・裁判所に提訴し支払を求める方法
・警察署に処罰を求める方法
があります。

Qシフトを減らされた事について

いったん締め切ったのですが、もう少し他の方の回答が欲しくて再投稿させていただきました。

セブンイレブンで働いているものです。(直営店)

シフトを勝手に(今日行ったら減らされてました、何の通告もなしにです。減らされたのは私が原因です。)減らされていました。これってきちんと通達する義務っていうのはありますか?
(多分従業員に文句言う資格はなく、泣き寝入りするしかないと思うのですが、どうでしょうか?)

減らされたので必然的に収入も減るのでやめようと思っていますが、このような感じのやり取りはありだと思いますか?

私 すいません、シフトを回復できる見通しはもうないんでしょうか?

店長 無いね~(多分このように言われるだろう)

私 じゃあ2週間後にやめます。

Aベストアンサー

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件通知書」といい、厚生労働省のモデル様式もあります。会社によっては、雇入通知書や雇用契約書(簡単にいえば、労働条件が書かれた契約書の本人控え)の交付により、上記の書面交付としていることもあるようです。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/saiyou/saiyou06.html(労働条件の通知)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1380/C1380.html(労働条件の通知)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu1-2.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau03.pdf(労働条件の通知)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A6.pdf(労働条件の明示)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa05.html(労働条件の明示)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200205.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau44.pdf(パート・アルバイトの労働条件)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu7-1.html(パート・アルバイトの労働条件)
 
2 シフト減少について
 労働条件は、使用者と労働者が対等の立場で決定されるもので、一度決定された労働条件を労働者にとって不利益に変更することは、労働者の同意なしにはできない、というのが原則です。
 「労働契約では、月64時間契約でした。」ということですので、シフトの減少は、不利益変更に当たる可能性があると思います。
 問題となるのは、1986KAKUTOUGI さんの同意の有無だと思います。新しいシフト表を渡され、異議を申し立てなければ、「黙示の承認をした」と見なされる可能性があります。
「シフトを減らされたのは私が原因です。」とのことですので、店側では、「シフトの減少に同意しないことはないだろう」と考え、「黙示の承認」を得られるから大丈夫と思っていたのではないでしょうか。
 なお、契約更新時ということであれば、あらかじめ新たな労働条件の提示が必要と思います。(労働条件が合わなければ、労働者に契約更新拒否の権利もあるわけですので)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html(労働条件の不利益変更)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syugyo/syugyo04.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-2.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau11.pdf(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A7.pdf(労働条件の不利益変更)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa06.html(労働条件の不利益変更)
http://www.renjyu.net/okirodo/11QA/Q81.html(労働条件の不利益変更)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)

3 シフト変更に同意しない場合
 シフト変更に同意しない場合については、「労働者の同意のない不利益変更は無効」と主張することが可能ではないかと思います。ただし、現実的にはシフトをもとに戻すことは、他のアルバイトのこともあると思いますので難しいと思います。
 この場合は、減少分を使用者の都合による休業として、休業手当(労働基準法26条:として平均賃金の60%(実際の時給の60%という意味ではありません。))の請求が考えられます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1920779(類似質問)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa04.html(休業手当)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_13.html(休業手当)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei04.html(Q3 休業手当)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-3.html(休業手当)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A69.pdf(平均賃金)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q07B1.html(休業手当)

4 退職について
 退職の手続きや時期などは、労働契約の内容により異なります。
期限の定めのない契約の場合、民法627条の規定により、労働契約解除の意思表示後2週間経過に効力が発生します。(退職届の提出等のあと、2週間経てば、許可や承認が不要で、辞めることができます。)
 これに対し、期限の定めのある契約の場合は、原則としてその契約期間中は契約の解除はできません。ただし、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
 期限の定めのない契約(正職員)が、2週間の期間をおかずに退職する場合も、同様に、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
(実際に、会社から損害賠償請求されても、労働者が応じない場合は裁判等が必要となり、労働契約の解除と具体的損害との間の相当因果関係を会社側が立証しなければならず、裁判上認められたものは1例のみと言われており、裁判の費用・時間的負担等もあり、本当に会社が裁判覚悟で請求するかはわかりません。)
 退職の手続きが上記労働条件通知書等に記載されている場合は、それに従うのが原則となります。
 今回は、労働条件の一方的な不利益変更により、明示された労働条件と異なる(労働基準法15条2項)として即時解除もあり得るとは思いますが、「急にいわれても困る」「シフトに穴をあけたら損害賠償請求する」等といわれる可能性もあると思います。ただ、上記のとおり、アルバイトの退職等に伴う損害をどう算定し、請求に応じない場合の裁判の費用・時間等をどう考えるか、賃金を一方的に相殺することが禁じられている中での対応は限られると思いますが・・・。
 なお、退職後は、労働者が請求すれば、使用者(会社)は通常の給料日前であっても、7日以内に賃金を支払わなければならない(労働基準法23条)とされています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2009988(関連質問 退職)

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri03.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/14-Q07B1.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/#03(賃金からの控除)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-8.html(賃金からの控除)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200409.html(賃金からの控除)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q05B1.html(賃金からの控除)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1411/C1411.html(退職後の賃金)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei13.html(Q1 退職後の賃金)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_14.html(賃金支払い拒否)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(民法)

5 その他
 トラブルになった場合は、労働局の総合労働相談コーナーに相談されるとよいと思います。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(総合労働相談コーナー)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
 
※ 会社から指定されたユニフォームへの着替えの時間も労働時間です。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/time/time01.html(労働時間)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1927059(参考)
(長文ですみません)

参考URL:http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件...続きを読む

Q時給制なのに、休めと言われます

社長と二人の勤め先です。私が休暇を3日申請したところ、「前後の二日を休みにしてその週は休みにしましょう」と言われました。自業自得の3日分に加え2日分もお給料が減りました。
8月はそれでなくとも、夏休みを1週間とらされました。都合2週間も休んだのです。
今度は暇なので「○曜日を休みにします」と言われたら、確実にお給料が減るのですが、これって受け入れないといけないのでしょうか。
以前、有給休暇を聞いたら「法人じゃない(個人事業主な)ので有休はありませんよ」と言われるような社長なのです。
働いて7年以上になるのに、こんなことになるとは。入社の面接の時には細かく聞きませんでした。まさか「暇だから休み」なんて想像もできませんでした。
健康保険も国民年金も自分で払ってるのに・・ムリです。

Aベストアンサー

> 前後の二日を休みにしてその週は休みにしましょう」と言われました。
> 8月はそれでなくとも、夏休みを1週間とらされました。
> 今度は暇なので「○曜日を休みにします」と言われたら、確実にお給料が減るのですが、これって受け入れないといけないのでしょうか。

会社都合の休業ですので、通常勤務した場合の6割相当の休業手当を請求して下さい。

労働基準法
| (休業手当)
| 第26条
|  使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。

基本的に、会社が休業する事に関しては制限は無いです。
3ヶ月連続で休業とかなら、失業保険の特定受給資格者の条件になるとかって事はありますが。


しっかり休業の予定を確認し、生活できないからって事で副業の許可を得て、休業手当+副業収入ってのが良いと思いますが。

Q勤務時間を減らされたのですが・・・

1日6時間・週5日パートで働いていましたが、
今日になって突然店長から、
1日4時間週2日勤務にしますと言われました。
また遠まわしに、辞めて次を探してもらった方があなたの為になるかも・・・といわれました。

こんな事を言われ今すぐにでも辞めたいのですが、
それでは店長の思い通りになるようで、腹立たしいです。
せっかく今まで頑張って働いてきて、時給も上がってきたのに・・・
また雇用保険も無い所なので、辞めれば次が見つかるまで収入が0です。

パート社員の場合、勤務日数・時間は雇用主が自由に変更する事ができるのでしょうか?
雇用主に何か申し立てする事はできるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業種、従業員数、勤務期日が分からないのでその範囲で述べます。
 1 基本的に正社員、準社員、パート(短時間)も労働者としての立場は同じです。
 2 本来、雇用保険(条件あり)・労災保険は強制加入です。
質問の勤務条件の変更ですが業績悪化、存続困難の事態になれば「解雇」もできるのです。そうでなければ労基法を盾に申し立てはできます。しかしこの場合、店長(雇用主)との関係が悪化(無視・嫌がらせ)して居づらくなる可能性が大きいです。それを覚悟の上でしたら所轄の労働基準署で相談されるのがいいでしょう。
 >遠まわしに、辞めて次を・・・・・・・・という事でしたら当面の対策と将来は分けて考えられた方がいいとおもいます。

 小企業、店舗などでは大半、雇用主側が労基法の知識もなく知らぬがゆえに堂々と通告してくるのは困ったものです。

Q全然シフトを入れてくれないバイトは辞めた方がいい?

働き始めて一カ月ちょっと経ちました。
カフェのバイトをやっていまして、人気なので新人さんがどんどん入ります。
なので一人一人のシフトの入る回数が少ないです。私のような新人だと特に。
友達には「そんなんならやってないのと一緒じゃん。辞めたほうがいいよ」と言われました。
確かに、とちょっと思いましたが、ここまで教えて貰ったのにもう辞めるのもな…とも思います。

また、オリエンテーションはあったにはあったのですが店の方針などの説明のみ。
初日でいきなりレジをやりました。これが普通なのでしょうか…?
前のバイトでは2日間×8時間できっちりレジのやり方やなにやらを教わりました。
(これは逆に多すぎと言われましたが…^^;)
カフェって教育がしっかりしているイメージがあったので、正直拍子抜けです。

春から専門学生で、今から長期のバイトかけもちってどうなんだろう?と思いました。
専門学校って忙しいとよく聞くので、果たしてかけもちして大丈夫なのでしょうか…?
ちなみに動物系の学校です。かけもちするか、カフェを辞めるか…迷っています。

Aベストアンサー

今すぐ判断せずに、学校が始まってから実際の忙しさを見てから判断するのがいいと思います。
最悪なのは、かけもちしたりバイトを替えてみたものの、
いざ学校が始まったら忙しすぎてダメでしたというパターンです。
今は不満があるかもしれませんが、あまりシフトの入らない現状がもしかしたらベストになるかもしれません。

3月が相当暇なことになってしまい、勿体無いかもしれませんが
そういう期間て人生では滅多にありませんので
暇を楽しむのをお勧めします!
お金が要らないから休みたい時期もきっと来ますのでw

Q閑散期 強制的に休まされるのは合法?

 自分は契約上、週30時間以内しか働けないことになっていますが(1日の実働が7時間なので週4勤務/契約社員扱だが、実質パート・アルバイト)、勿論それでは収入が足りないので、もう一つ季節労働を週2位でやって何とか生きていす。
先月末に今月分のシフトが決定していたのにも関わらず、今日突然、今月後半の2週の休みを各1日増やすように言われました。理由は閑散期なので人件費を減らす為、とのことです。もっと前持って言って貰えれば、もう一つの仕事のシフトを増やせたのに。。。と思っているのですが、これも最底辺労働者としては文句も言えないのでしょうか?取りあえず、合法なら仕方無い、という事で諦めるしかないと思ってはいますが。。。
どなたか法律に詳しい方、教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

休業手当が支払いされるなら、合法って事になります。

労働基準法
| (休業手当)
| 第26条
|  使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。

スケジュールの合う仕事があるなら、生活が厳しいって理由で許諾を得て副業すれば、副業収入+休業手当でむしろラッキーな気もしますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング