最新閲覧日:

富士生命 ガンベストゴールドαのプランについて質問です。2パターンで迷っています。

・主契約の給付金(2年に1度 複数回支払い可)
・初回のみ支給される診断一時金
・上皮内新生物診断給付金(主契約の半額になります)
・先進医療特約

上記4点の組合せで加入予定です。

①主契約100万+診断一時金200万+上皮内新生物50万+先進医療特約

②主契約200万+上皮内新生物100万+先進医療特約


月々の保険料は一緒くらいです。
2回給付金を貰った場合 貰えるタイミングは違えど総額は400万円で変わりません。それならば1回目に300万円を給付してもらう方が良いのではないかと思っています。3度目の給付金を申請した場合は100万円総額支給額に差が出ますが3度申請する確率は低いのではないかと考えています。ただ①の場合上皮内新生物の給付金か50万と低いのでトータルで考えると②の方が安心かな、、、とも思っています。


皆様だったらどうされますか?
参考にさせて頂きたいです。
ちなみに27歳女です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。



上記の候補で言えば➀でしょうね。
富士生命 ガンベストゴールドαは、、ガン診断給付金が主契約ですから
基本的な考えは、仮にガンと診断された場合多くの給付金をもらえることが
保険の役割だからです。

今ご検討中のように、再発したりして複数回の請求をする可能性もありますが
それは、そうなるかわかりません。どこにガンできるか?診断されたときの進行具合によっても
治療方法も変わりますので、複数回支払は安心ですが、1年(2年)に1回と限度がありますので
その時の状態にならないと確定しません。
最初にもらえる分給付金をもらった方が本来のガン保険の主旨かと考えます。

ただ、上皮内ガンなど、3大疾病まで広義の保障を考えるなら、設計などは変わってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます(^^)
やはり一度目に多く貰える①が良いと決心がつきました!色んな状態を想定して考えていましたが保険選びはなかなか難しいですね、、大変参考になりました(^^)ありがとうございます!

お礼日時:2017/01/21 09:42

専門家紹介

ファイナンシャルプランナー末次祐治

職業:ファイナンシャルプランナー

外資系金融機関で個人・法人問わずお客様の数にこだわりアフターフォローを重視した活動で14年間在籍。老若男女、職業問わず幅広い顧客対応を体験。

その後、お客様にとっての購買代理人として経済的幸福度に貢献したいとの思いから、2014年からファイナンシャルプランナー(FP)として独立。

ライフプランを軸に年金・保険・住宅ローン・教育資金のアドバイスを行いアフターフォローまでワンストップで対応。また一生のお付き合いモットーにしています。

~~【専門分野は、保険と確定拠出年金の設計・アドバイス】~~

◆お客様から「相談してよかった」と思っていただける様に知力と経験で あなたの「夢プランの設計」に尽くします。

◆確定拠出年金の導入コンサルやセミナー講師として一人一人にわかりやくお伝えしています。

~確定拠出年金相談ねっと認定FP~
https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/

~マイベストプロ福岡・佐賀専門家サイト~
http://mbp-fukuoka.com/fpsuetsugu/

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-3074-6972

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

27歳の女性でしたら前者が良いでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
やはり皆様①が良いという回答で決心がつきました(^^)保険選び、、かなり迷っていて会社は決まったものの最後の最後でプラン選びに困っておりましたので大変助かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2017/01/21 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報