アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

教えて下さい太陽が昇る方向と沈む方向についておねがいします

A 回答 (2件)

あなたのいる地球は、西から東へ回っている(自転している)のは知ってますね。


ですから、太陽(その他天体上の月やすべての星)は東から昇って、西へ沈むように見えます。
一部北の空には左回りに周回し、沈まない星もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます理解しました(^-^)

お礼日時:2017/03/03 19:58

昇る方向と沈む方向って・・・・・


常識的には、昇るのは東から、
沈むのは西へ為って居るけど?
何故なら、地球は西から東へ向かって回転しているから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロケットと重力と大気の関係について教えてください。

①ロケットを宇宙に向けて発射するとき、テレビなどで見ると、
かなりのスピードで空気の線?が見える程ですが、
なぜあれほどのスピードが必要なのでしょうか?

②大気圏に突入するとき、すごいスピードで
マッハ21.8にもなると、温度も断熱圧縮で1300度?
と、どっかの回答で見かけたのですが、
なぜ、それほどのスピードと温度になってしまうのですか?

飛行機から物を落としても、たかだか数百キロですよね?
空気の薄いとことなら、空気の圧縮もなく…。と思ってしまうのですが。
隕石なんかは、周回軌道もないのに…なぜ、すごいスピードと温度になるのですか?

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

No.2&3です。

>たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

はい、そのとおりです。「徐々に加速」していくと、空気の抵抗で「一定の速さで頭打ち」になります。「終端速度」というようです。
スカイダイビングの場合には、180~200km/h の速さのようです。
http://lumens.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?
>たまたま、地球の自転速度と同じ隕石が、ちょうど良い角度で、ぶつかってきたら、熱は発生しないんでしょうか?

最初から空気中で「徐々に加速」する場合には、上記のように「終端速度」を超えることはありませんが、空気のない宇宙から、地球の引力で加速して大気圏に突入する場合には、大気圏突入時の初速度がかなりの大きさになっています。

例えば、国際宇宙ステーションは、地上からの高度が 400 km です。これが周速度ゼロに減速して自由落下すると、大気圏が高度 100 km として(この高度でも大気はほとんどないようですが)、大気圏突入時の鉛直方向の速度は、単純な自由落下の計算(重力加速度は一定で近似)で
  v ≒ 2.4 km/s
になることが分かります。大気圏突入までに、地球の引力で十分に加速されてしまうということです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

それから、水平方向にしても、赤道上で
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・国際宇宙ステーションの周回速度:27,700 km/h ≒ 7.7 km/s
の速度差があります。

赤道上の静止衛星は、地上 36,000 km とかなり高いところ(地球の半径の 5倍程度)に軌道があるので、「静止して見える」といっても周速度では約6倍、相対速度にすれば
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・静止衛星の周回速度:3.1 km/s
の差で約 2.6 km/s あります。
http://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/sts99/earthkam_01_2.html

つまり、宇宙から地球の大気圏に飛び込むときには、鉛直方向にも、水平方向にも、初速度が大きくなるということです。大気は「だんだんに濃くなる」ので、大気がそこそこ濃くなったあたりで、ちょうどうまく「水平方向にも、鉛直方向にも、速度ゼロ」の状態を作るには、相当にうまく「速度制御」をしてやらなければいけないということです。

No.2&3です。

>たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

はい、そのとおりです。「徐々に加速」していくと、空気の抵抗で「一定の速さで頭打ち」になります。「終端速度」というようです。
スカイダイビングの場合には、180~200km/h の速さのようです。
http://lumens.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?
>たま...続きを読む

QNASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

NASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

Aベストアンサー

太陽系外の惑星は肉眼(望遠鏡を使って)で見ることができません。

太陽系外で望遠鏡で見えるのは、恒星と呼ばれ、太陽のように自ら光を発している天体だけです。

最近は肉眼(光を見る)のではなくて、電波を見たり、磁場を見たりすることで存在を確認できるようになりました。
だから最近まで発見されなかったということでしょう。

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

Q人の住める中性子星はありますか。

人の住める中性子星はありますか。

Aベストアンサー

無いですね。

Q月の欠け方で、日本の季節がわかるか

日本居ると四季があり、すぐに実感できますが、その感覚を封印するとして、

夜の月の
1.欠け方
2.大きさ
3.19時など一定時点の角度
4。方角

に依拠して、いまの季節(何月や上旬か下旬か)は、
複雑な計算なしにわかりますか?

Aベストアンサー

No.1続き
18年毎に動くから、2~3年では変わらないし、地球の公転面とのズレも僅か5°位だから、

冬は低く、夏は高い、で良いと思う。
あくまで比較の問題だケレド。

Q地球の自転が反時計回りというが腑に落ちません

地球の自転は反時計回りと習ったのですが、
腑に落ちません。

反時計回りということは、
外界の環境は、
左から右へ移動しているように見えると思うのですが、
これが太陽が東から昇ることとどう関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

陽時計をご存知ですか?
その影が右回り=時計回りです(北半球では)。
実際には地球が動いているので、地球回転方向は地上影方向の逆になるのは当然です。

貴方の足元を右周り(時計回り)する物体があるとき、
その移動物体を頭上にもっていったら左回り(逆時計回り)になります。
左から右へ移動するとき、その途中が前を通るか後ろを通るかでも、表現は変わります。
つまり、視点によって表現が変わります。

上二つ、どちらの説明に納得されますか?

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Q日周視差、年周視差による天体距離の測定について。

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動いているというから、その移動距離も入れて計算すべきと思います。
半日(約12時間=43200秒)ずれると、太陽の周りを1287360 km動く。これは地球の赤道直径よりもはるかに大きい。
銀河系での動きは半日で、937.44万kmになるから、これらの移動距離をベクトル合成した距離が、
3角形の基線の長さになると思います。
半年ずれるとすごい距離になります。半年間に目標の星も動けば更にややこしくなります。

しかし、WIKI等のInt-Netの「視差、日周視差、年周視差」での説明では、これらの事は一切記載が無く、地球の赤道直径、地球の公転軌道円の直径を基線とする3角形の説明をしてます。

時間差で、日周視差、年周視差を測定する場合、地球のこれらの移動距離を考慮していない記載をしているのはどうしてでしょうか? 本当はこれらの移動も考慮して計算すべきではないのでしょうか?

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動い...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん

http://d.hatena.ne.jp/Lansen/touch/20070920/1190312492
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1987122/1994983/97502282

かな。

近隣の恒星だと、固有運動が千分のー秒/年 以下であることが
多いので無視しても全然構わないけど、そうでない変わり種の星や
遠距離の星は考慮しないとだめですね。

Q【月の運行】 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教

【月の運行】
 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

#2で回答したのですが,考えてみれば最北端で計算する必要はありませんでした。那覇であれば北緯26.2度ですから赤緯0度の高度が63.8度,28.58度を足して92.38度というわけで天頂から北へ2.38度です。もっと南の地点ならさらに真北方向へ「低く」なることがありえます。

また「北の空」という考え方の問題ですが,空全体を東西の線で南北に分けたうちの「北半分の空」という意味では,月はずっと頻繁に通っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報