ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

現在35歳。会社に勤め約12年間半です。仕事等でうつ病となり今年の3月くらいから、診断書を会社に提出して休職しています。将来的に退職を退職を考えています。当社の場合、傷病による休職は2年間認められています。給与は、徐々に減額され、丸二年目で、6割給付(4割が減額)となります。この場合、失業保険はいつからもらえるか。10割を計算の基準とするのか、6割を計算の基準となるのか、教えてください。ボーナスは考慮の対象になるものでしょうか?また、その他の留意点がありましたら、ご指導ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

失業給付は離職した直近6か月間しか計算対象ではなかった


気がします。
確か退職間際に残業しまくれば、金額が増えるような仕組みだったと。
実際離職票には、直近6ヶ月間の月給が月ごとに書かれていました。

病気等で休職したまま退職の場合は、計算方法が異なるのかも
しれません。
回答が他になければ、ハローワークに電話で確認することを
オススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

ハローワークに電話して聞いてみたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/08/19 07:35

失業手当ては、すぐに就職する意思があることが前提ですので、病気で退職してすぐに就職できない場合は、就職できる状態になってから支給されるのではないかな?


詳しくはわからないですけど…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病で退職の場合失業保険はすぐもらえる?

1月6日に職場の所長による毎日のいじめに耐えるのに限界を感じ、退職を申し出ました。それ以後は職場へ行っていません。先日離職表が送付され、1月下旬で自己都合退職です。失業保険の手続きをしますが、この場合失業保険の受給がすぐ受けられるのでしょうか?職場の所長のひどいいじめに対して、うらみをもっています。労働相談所へ相談すれば、失業保険の給付制限がなくなることは可能でしょうか?今は、うつ病と診断され心療内科に通っています。調べたところ、32条の申請をすると安くなるみたいで、それは今度病院で聞いて見ます。あと、疾病手当金はもう職場を退職して、今の会社の社会保険は返却し、国民健康保険に加入するのでもらえないのでしょうか?
1月31日には手続きを行いに行く予定ですので、お詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

私も鬱病で会社を退職しました。
その後、失業保険を貰うためハローワークに
相談したところ、病気で会社を退職した場合は医師の
診断書があれば直ぐに受給できると言われました。
ただし、診断書の内容についてハローワークの係り
の人から言われたとおりに医師に言ってその内容を
書いて貰いました。
診断名 鬱病
    平成○○年○月より上記症状が増要傾向に
    あり離職月より現在通院加療を要するが、
    軽作業等であれば就労可能を認める。
     
以上のような内容の診断書を貰えれば直ぐに受給
手続きをしてくれます。    

Qうつ病による休職期間満了後の「失業手当」給付は?

昨年1月にうつ病を発症し、現在休職扱いによる自宅療養中です。
休職可能期間は私の勤める企業の場合2年間で、現状の精神状態では来年1月を以って退職せざるを得ません。
精神的・肉体的な理由で、少なくとも当分の間は復職・転職はできそうもありません。

ここで質問なのですが、

Q1. このような場合は会社都合による退職と見なされるのでしょうか?失業手当の給付においては自己都合による退職の場合3ヶ月間の待機期間があるとの事ですので、会社都合か自己都合かで大きく状況が変わると思います。

Q2. 給付される金額および給付期間はどれくらいになるのでしょうか?仮に税引き前年収は約1,000万円とします。

Q3. 受給の条件として、
a. 退職前に、雇用保険に通算6ヶ月(パートタイマーは12ヶ月)以上加入している
b. 積極的に働く意志があり、かつ働ける状態にある人
との記述を http://hojyokin.hp.infoseek.co.jp/ho19.html にて発見したのですが、aは問題ないとして、bにおける「働く意志」および「働ける状態にある」という点が引っかかります。
「働く意志」というより何か行動を起こす意欲というものがまったく欠けており、日常生活も満足に送れないのに「働ける状態にある」かといえば、自己診断ではNOといわざるを得ません。やはりうつ病を抱えたままでは失業手当の給付は不可能なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授頂けると幸いです。

昨年1月にうつ病を発症し、現在休職扱いによる自宅療養中です。
休職可能期間は私の勤める企業の場合2年間で、現状の精神状態では来年1月を以って退職せざるを得ません。
精神的・肉体的な理由で、少なくとも当分の間は復職・転職はできそうもありません。

ここで質問なのですが、

Q1. このような場合は会社都合による退職と見なされるのでしょうか?失業手当の給付においては自己都合による退職の場合3ヶ月間の待機期間があるとの事ですので、会社都合か自己都合かで大きく状況が変わると思います。

Q...続きを読む

Aベストアンサー

Q1.会社との話し合い次第ですね。私の場合は即日解雇にしてもらいましたが、
自己都合で離職されても“やむを得ない離職”、この場合疾病により離職ということで給付制限の3ヶ月間は免除されることがありますのでその手続きの際、職安にてご相談ください。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1705931

Q2、年齢、勤続期間によって手当の日数は異なり、収入によって手当の金額は異なってきます。
手当日額の計算は下記HPでも試算が出来ますのでご参考ください。
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/basic.html

Q3、
本来肉体的にも精神的にも就労が不可能なら受給期間の延長手続きをする必要性があります。
これは求職活動が出来無い期間最大3年間を延長し本来の受給期間1年間とあわせて最大4年間の受給期間を有することの出来る制度です。(支給期間が増えるわけでは無いです)

ちなみに健康保険の傷病手当て金を受け取られていないのでしょうか?
健康保険が政府管掌健康保険あるいは組合健康保険、何にせよ国民健康保険以外なら傷病手当て金を受け取ることが出来るかと思われます。

要件は3日間の連続した労働の出来なかった日数を経過した場合、4日目より傷病手当て金として標準報酬日額の6割が支給されます。
離職後も受け取る場合には被保険者期間中に傷病手当て金を受け取る状態にあったものあるいは受け取っていた者でかつ、
被保険者期間が1年以上の者は資格喪失後も変わらず受給が可能。

被保険者期間が1年未満かつ、2ヶ月以上の被保険者期間を有する場合には、
任意継続被保険者となることにより受給が可能。
ただし、任意継続は標準報酬月額の上限が低く設定されており、政府管掌健康保険においては上限額28万とし、
傷病手当て金を受給する場合もその上限にそって支給される。(つまり給与によっては任意継続してしまうと金額が減額されてしまう。1年以上被保険者であったなら任意継続をしない方が無難)

何にせよ無理は身体に良くないので、ゆっくりと療養されることをお勧めします。
また不明点があればお礼欄にでもお書きください。
でわお大事に<(_ _)>

Q1.会社との話し合い次第ですね。私の場合は即日解雇にしてもらいましたが、
自己都合で離職されても“やむを得ない離職”、この場合疾病により離職ということで給付制限の3ヶ月間は免除されることがありますのでその手続きの際、職安にてご相談ください。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1705931

Q2、年齢、勤続期間によって手当の日数は異なり、収入によって手当の金額は異なってきます。
手当日額の計算は下記HPでも試算が出来ますのでご参考ください。
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/basic.ht...続きを読む

Q11ヶ月休職(無給与)のあとに退職し転職する際の雇用保険

去年の9月に留学のため、会社を休職しました。
休職期間(11ヶ月)は無給与で、毎月わたしの銀行口座から以下のものが引き落とされました。健康保険、厚生年金保険、住民税。
ただ、先にも述べましたように無給与ですので、休職期間中は雇用保険料と所得税は支払っていません。(ただ、休職期間中ではありましたが、冬のボーナスの対象にはなっていたので、若干の冬ボーナスを受けとった際に所得税は発生しました)

来月で休職期間を終え、退職しようとおもっています。
この場合、雇用保険を受けとれる権利はありますでしょうか。
一般的に、退職する6ヶ月前の給与を参考に雇用保険料が計算されると聞いています。
そうなると私の場合、退職する前の6ヶ月間は無給与なのですが、どうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険法の法改正が行なわれたので、
平成19年10月1日以降の離職の場合は、
「離職の日以前2年間」に「賃金支払基礎日数11日以上の月」が
通算して「12か月以上あること」 が、
失業給付(雇用保険の「基本手当」)を受けるための大原則となります。

要するに、退職前の過去2年間、
1日の途切れもなく「雇用保険被保険者期間」が続いているとすれば、
そのうち、
賃金(給与)計算の基本となっている各賃金計算基準期間について
各11日以上出勤している月をピックアップしてゆき、
そういう月が12か月以上(12個は飛び飛びで可)あれば良い、
というわけです。

したがって、以上のことから見ると、
基本手当を受給できる権利は持っています。

さて。
基本手当の基礎となる「賃金日額」は、ご承知のように、
原則として、
離職前直近6か月の賃金総額を180で割って算出されます。

ご質問は「この6か月が無給であるので、どうなるのだろうか?」と
いうことですよね?

先述の権利条件を満たしたとき、
たとえば「傷病で休職し、そのまま退職した」という場合ですと、
賃金の支給額がゼロだった月は、
「賃金日額」を算出するための6か月から除かれます。
ですから、このような傷病休職の場合ですと、
休職していた期間は除き、
直近で賃金が支払われた最後の6か月(休職直前の6か月)を見て、
基本手当を支払うときの基準となる「賃金日額」を決めます。

問題は、これが質問者さんのような留学休職でも適用され得るのか、
ということです。
いろいろ調べてみたのですが、前例がないようで、
実はよくわかりませんでした。
休職の理由のいかんを問わないのであれば、
おそらく、傷病休職と同様の処理(=「原則」にこだわらない処理)
がなされるとは思うのですが。

正直申しあげて、ここでお尋ねになるよりも、
ハローワークにお尋ねになったほうがよろしいかと思います。

お力になれなかったようです。
たいへん申し訳ありません。

雇用保険法の法改正が行なわれたので、
平成19年10月1日以降の離職の場合は、
「離職の日以前2年間」に「賃金支払基礎日数11日以上の月」が
通算して「12か月以上あること」 が、
失業給付(雇用保険の「基本手当」)を受けるための大原則となります。

要するに、退職前の過去2年間、
1日の途切れもなく「雇用保険被保険者期間」が続いているとすれば、
そのうち、
賃金(給与)計算の基本となっている各賃金計算基準期間について
各11日以上出勤している月をピックアップしてゆき、
そ...続きを読む

Q失業保険で就職困難者になるデメリット【うつ病】

宜しくお願いします。

先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。
ハローワークに医師の診断書(週20時間なら働ける旨)を
提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として
給付日数が30日増えるよと言われました。

ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、
聞き返しても早口だし説明が抽象的(?)で、結局よく分からずじまいです。

その人の話から かろうじて汲み取れたのは、
『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、
 ハーローワーク出張所等の障害者用窓口がない所だと窓口が使えない』的な事くらいです。
(求職や検索は、健常者と同じようにやっても良いとの事。)

デメリットは、本当にそれだけでしょうか?
まだ手続きを始めたばかりで、今後の求職活動で
それが どうデメリットに感じてくる事になるのか、いまいちピンと来ません。

うつ病などで就職困難者申請をした人で、
こういう点でデメリットを感じた、という具体例がありましたら是非お聞かせ下さい。

例えば、週あたりの労働日数や時間を限定されたせいでそれが足枷になり、
望む求人に応募できなくてorzな思いをしたとか?

例えば、障害者枠の求人を あっせんされて むげに断れなくて困ったとか?

そういう時は こういうふうに回避したよ、というお話も聞ければ大変助かります。

宜しくお願いします。

先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。
ハローワークに医師の診断書(週20時間なら働ける旨)を
提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として
給付日数が30日増えるよと言われました。

ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、
聞き返しても早口だし説明が抽象的(?)で、結局よく分からずじまいです。

その人の話から かろうじて汲み取れたのは、
『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、
 ...続きを読む

Aベストアンサー

 私はうつ病ではありませんが。

 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。
 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。(もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。試してみる価値はあるとは言えると思います。)

 私も就職困難者に認定されたら、仕事探しは、企業に対して、障害者と説明しての就職活動しか出来ないと聞きました。ただし、それは、増加された失業保険受給期間中のみです。受給期間が切れたら、それをする義務はなくなります。(ハローワークによって違うのかも知れませんが)。増加された失業保険期間中に就職出来る自信がないのであれば、就職困難者として、失業保険を受給しても良いと思います。後、ハローワークを経由しない、就職情報誌等を通じての就職活動についてはこの制約は受けません。
 
 正直言って、「週20時間程度」の仕事を探すのは困難をきわまるので。就職困難者と認定された方が気分的には楽だと思います。「今の仕事がしんどいから、残業なしかほとんどないレベルの仕事に就きたい」ぐらいの人でないと、健常者としての失業保険を受ける利益はないと思います。

 後、精神障害者を雇いたいという企業はめったにないため「障害者枠の求人をあっせんされてむげに断れなくて困った」とかいう心配は、杞憂に近い心配です。むしろあっせんされた方は奇跡に近い幸福なのですが。
大体、精神障害者は仕事に受かる事は出来ても、仕事を続ける事が困難な障害とされているため、ハローワークはよほどの人でないと仕事をあっせんしてくれません。
 

 私はうつ病ではありませんが。

 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。
 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。(もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。試してみる価値はあるとは言えると思います。)

 私も就職困難者に認定され...続きを読む


人気Q&Aランキング