これからの季節に親子でハイキング! >>

退職前に2ヶ月間、うつ病により休職していました。
退職するにあたり雇用保険について調べていたのですが、
「失業給付の計算は退職前6ヵ月間の収入を180日で割って行う」と
いうことを知りました。私の場合、退職直前の2ヵ月間は休職しており、
収入はゼロで傷病手当をもらっていたのですが、この場合、
1.退職直前の6ヵ月間(休職期間2ヶ月を除く実質4ヵ月間)
2.退職前の収入があった期間(退職8ヶ月前~6ヶ月間)
のふたつの内、どちらを基にして計算されるのでしょうか?

また、そもそも退職の理由となったうつ病も、過酷な残業が原因なのですが、
この場合、「離職前3ヶ月間にわたり、労働基準法に定める基準を超えた残業をさせられたための離職」
に当てはまり、「失業給付特定受給資格者」となることは不可能でしょうか?

質問が長くなり申し訳ありませんが、ご回答お待ちしております。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

傷病手当金を受給していたのですね?


※傷病手当金は健康保険から給付されるので、「業務上以外の事由による傷病による」と判断される材料になります。
その為「特定受給資格者」とは取り扱われにくくなってしまう側面も持ち合わせていますが、同時に傷病手当金の申請用紙の写しを添付する事によって賃金支払いの基礎となる日数が規定に足りない場合には「被保険者期間」から除く事が可能ですので、計算の基礎とならない可能性はありますよ。

傷病手当金を受給していたという事で、おそらく「特定受給資格者」とは取り扱われないと思いますが、似たような区分で「正当な理由のある自己都合退職」という3ヶ月の給付制限期間のない離職理由と取り扱って貰えるのではないかと考えられます。
離職票が届いてからよく離職理由を確認するのが先ですが、あまり心配しすぎないようにして気を楽にして待つのが良いでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

丁寧に説明してくださり、ありがとう御座います。

傷病手当金申請用紙は全て会社を通じて社会保険事務所に
提出してあり、手元には受給決定書しか残っていないのですが、
決定書では不十分でしょうか?
また、もしも写しが必要になった場合は提出した社会保険事務所に
問い合わせれば送付して頂けるのでしょうか?

来週には離職票が届くと思いますので、離職理由を確認してみます。

ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/02 00:31

 こんにちは。

賃金日額についてのご質問ですね。かつて私が失業したときは、1年以上も病気休職したあとだったのですが、給料が大きく下がったままで計算されました。

 残念ながら、「過去半年においてその収入で生活が成り立っていたはずだ」という前提で考えているのでしょうか、本来の給与の時期までさかのぼってはくれないです。

 もっとも、それだけの計算方法だと悲惨な目にあう人も出てしまいますので、この計算方法で算出が困難または不適切な場合は、厚生労働省の定める別の基準によって金額が設定される場合もあります。たとえば同様の労働者の賃金相場などが参考にされるようです。

 また、最低保障額もあります(記憶が定かではありませんが、一日2千円ぐらいだったか...)。詳しくは必ずハローワークでご確認ください。

 なお、労働基準法に定める労働時間の限度は職種によって異なることがあり、また、裁量労働制などの制度が導入されている場合には、単純計算できないこともあります。これも安定所にご相談ください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
そうですか…せめて180日で割った額の掛け率を80%にして頂けると良いのですが…
ここからはハローワークで実際に相談すべきですね。
離職票がまだ届いていないので、こちらで先に不安を聞いて頂きました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/30 23:07

ぜひハローワークでお尋ねください。


簡単には回答できかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
離職票が届き次第、ハローワークに相談に行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/30 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病による休職期間満了後の「失業手当」給付は?

昨年1月にうつ病を発症し、現在休職扱いによる自宅療養中です。
休職可能期間は私の勤める企業の場合2年間で、現状の精神状態では来年1月を以って退職せざるを得ません。
精神的・肉体的な理由で、少なくとも当分の間は復職・転職はできそうもありません。

ここで質問なのですが、

Q1. このような場合は会社都合による退職と見なされるのでしょうか?失業手当の給付においては自己都合による退職の場合3ヶ月間の待機期間があるとの事ですので、会社都合か自己都合かで大きく状況が変わると思います。

Q2. 給付される金額および給付期間はどれくらいになるのでしょうか?仮に税引き前年収は約1,000万円とします。

Q3. 受給の条件として、
a. 退職前に、雇用保険に通算6ヶ月(パートタイマーは12ヶ月)以上加入している
b. 積極的に働く意志があり、かつ働ける状態にある人
との記述を http://hojyokin.hp.infoseek.co.jp/ho19.html にて発見したのですが、aは問題ないとして、bにおける「働く意志」および「働ける状態にある」という点が引っかかります。
「働く意志」というより何か行動を起こす意欲というものがまったく欠けており、日常生活も満足に送れないのに「働ける状態にある」かといえば、自己診断ではNOといわざるを得ません。やはりうつ病を抱えたままでは失業手当の給付は不可能なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授頂けると幸いです。

昨年1月にうつ病を発症し、現在休職扱いによる自宅療養中です。
休職可能期間は私の勤める企業の場合2年間で、現状の精神状態では来年1月を以って退職せざるを得ません。
精神的・肉体的な理由で、少なくとも当分の間は復職・転職はできそうもありません。

ここで質問なのですが、

Q1. このような場合は会社都合による退職と見なされるのでしょうか?失業手当の給付においては自己都合による退職の場合3ヶ月間の待機期間があるとの事ですので、会社都合か自己都合かで大きく状況が変わると思います。

Q...続きを読む

Aベストアンサー

Q1.会社との話し合い次第ですね。私の場合は即日解雇にしてもらいましたが、
自己都合で離職されても“やむを得ない離職”、この場合疾病により離職ということで給付制限の3ヶ月間は免除されることがありますのでその手続きの際、職安にてご相談ください。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1705931

Q2、年齢、勤続期間によって手当の日数は異なり、収入によって手当の金額は異なってきます。
手当日額の計算は下記HPでも試算が出来ますのでご参考ください。
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/basic.html

Q3、
本来肉体的にも精神的にも就労が不可能なら受給期間の延長手続きをする必要性があります。
これは求職活動が出来無い期間最大3年間を延長し本来の受給期間1年間とあわせて最大4年間の受給期間を有することの出来る制度です。(支給期間が増えるわけでは無いです)

ちなみに健康保険の傷病手当て金を受け取られていないのでしょうか?
健康保険が政府管掌健康保険あるいは組合健康保険、何にせよ国民健康保険以外なら傷病手当て金を受け取ることが出来るかと思われます。

要件は3日間の連続した労働の出来なかった日数を経過した場合、4日目より傷病手当て金として標準報酬日額の6割が支給されます。
離職後も受け取る場合には被保険者期間中に傷病手当て金を受け取る状態にあったものあるいは受け取っていた者でかつ、
被保険者期間が1年以上の者は資格喪失後も変わらず受給が可能。

被保険者期間が1年未満かつ、2ヶ月以上の被保険者期間を有する場合には、
任意継続被保険者となることにより受給が可能。
ただし、任意継続は標準報酬月額の上限が低く設定されており、政府管掌健康保険においては上限額28万とし、
傷病手当て金を受給する場合もその上限にそって支給される。(つまり給与によっては任意継続してしまうと金額が減額されてしまう。1年以上被保険者であったなら任意継続をしない方が無難)

何にせよ無理は身体に良くないので、ゆっくりと療養されることをお勧めします。
また不明点があればお礼欄にでもお書きください。
でわお大事に<(_ _)>

Q1.会社との話し合い次第ですね。私の場合は即日解雇にしてもらいましたが、
自己都合で離職されても“やむを得ない離職”、この場合疾病により離職ということで給付制限の3ヶ月間は免除されることがありますのでその手続きの際、職安にてご相談ください。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1705931

Q2、年齢、勤続期間によって手当の日数は異なり、収入によって手当の金額は異なってきます。
手当日額の計算は下記HPでも試算が出来ますのでご参考ください。
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/basic.ht...続きを読む

Q病気で退職後の失業保険について

身体を壊してしまい、しばらく休職していたんですが、会社に迷惑をかけるので、退職しました。
この場合失業保険は待機期間なしでもらえるんでしょうか?
それとも医師にもうしばらくは働けないという診断書を書いてもらったほうがいいのでしょうか?診断書があれば直ぐに失業保険がもらえると聞いた事があるので…

病気の方はほぼ治りかけなので、医師に働けるか働けないか自分で伝える感じだと思います。
先週はそんな感じで聞かれたので。

全くわからないので、どうか皆様の知識をかしてください。
よろしお願いします。

Aベストアンサー

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしていることになります。

保険は、就職の意欲がある方に対して支給されますので、次の方には、資格があっても、受給できません。
(1)病気や怪我の為に、すぐには就職できない時。(労災保険の休業補償、健康保険の傷病手当金などの支給を受けている場合も含みます)
(2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない時
(3)定年などで退職して、しばらく休養しようと思っている時
(4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができない時
(5)自営をはじめた時。(準備を開始した段階を含む。収入の有無を問いません)
(6)新しい仕事に就いた時(アルバイト、パート、派遣、見習い・試用期間、研修期間を含み、収入の有無を問いません)
(7)会社・団体の役員に就任した時。また、現在役員に就任している場合(事業活動及び収入がない場合(名前貸とか)にはハローワーク窓口で相談)
(8)学業に専念する時
(9)就職することがほとんど困難な職業や労働条件(賃金・勤務時間など)にこだわり続ける時
(10)雇用保険の被保険者とならないような短時間就労のみを希望する時
(11)親族の看病などですぐには就職できない時
このように、再就職に向けて前向きな活動ができない場合には支給してもらえないようになっています。

うつ病などが理由で会社を退職した場合にはどうなるのかというと、やはり支給はありません。
ただし、受給期間の延長を申請することができるので、うつ病が克服できて働けるという状況になった場合には問題なく支給してもらえます。

貴方の場合は、働く意欲があると、判断されれば受給できますが、自己都合退職ですから、手続き終了後、約4か月後に受給開始となります。ハローワーク紹介の事業所に就職されたなら、条件を満たせば、就職祝い金が支給されます。

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしている...続きを読む

Q11ヶ月休職(無給与)のあとに退職し転職する際の雇用保険

去年の9月に留学のため、会社を休職しました。
休職期間(11ヶ月)は無給与で、毎月わたしの銀行口座から以下のものが引き落とされました。健康保険、厚生年金保険、住民税。
ただ、先にも述べましたように無給与ですので、休職期間中は雇用保険料と所得税は支払っていません。(ただ、休職期間中ではありましたが、冬のボーナスの対象にはなっていたので、若干の冬ボーナスを受けとった際に所得税は発生しました)

来月で休職期間を終え、退職しようとおもっています。
この場合、雇用保険を受けとれる権利はありますでしょうか。
一般的に、退職する6ヶ月前の給与を参考に雇用保険料が計算されると聞いています。
そうなると私の場合、退職する前の6ヶ月間は無給与なのですが、どうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険法の法改正が行なわれたので、
平成19年10月1日以降の離職の場合は、
「離職の日以前2年間」に「賃金支払基礎日数11日以上の月」が
通算して「12か月以上あること」 が、
失業給付(雇用保険の「基本手当」)を受けるための大原則となります。

要するに、退職前の過去2年間、
1日の途切れもなく「雇用保険被保険者期間」が続いているとすれば、
そのうち、
賃金(給与)計算の基本となっている各賃金計算基準期間について
各11日以上出勤している月をピックアップしてゆき、
そういう月が12か月以上(12個は飛び飛びで可)あれば良い、
というわけです。

したがって、以上のことから見ると、
基本手当を受給できる権利は持っています。

さて。
基本手当の基礎となる「賃金日額」は、ご承知のように、
原則として、
離職前直近6か月の賃金総額を180で割って算出されます。

ご質問は「この6か月が無給であるので、どうなるのだろうか?」と
いうことですよね?

先述の権利条件を満たしたとき、
たとえば「傷病で休職し、そのまま退職した」という場合ですと、
賃金の支給額がゼロだった月は、
「賃金日額」を算出するための6か月から除かれます。
ですから、このような傷病休職の場合ですと、
休職していた期間は除き、
直近で賃金が支払われた最後の6か月(休職直前の6か月)を見て、
基本手当を支払うときの基準となる「賃金日額」を決めます。

問題は、これが質問者さんのような留学休職でも適用され得るのか、
ということです。
いろいろ調べてみたのですが、前例がないようで、
実はよくわかりませんでした。
休職の理由のいかんを問わないのであれば、
おそらく、傷病休職と同様の処理(=「原則」にこだわらない処理)
がなされるとは思うのですが。

正直申しあげて、ここでお尋ねになるよりも、
ハローワークにお尋ねになったほうがよろしいかと思います。

お力になれなかったようです。
たいへん申し訳ありません。

雇用保険法の法改正が行なわれたので、
平成19年10月1日以降の離職の場合は、
「離職の日以前2年間」に「賃金支払基礎日数11日以上の月」が
通算して「12か月以上あること」 が、
失業給付(雇用保険の「基本手当」)を受けるための大原則となります。

要するに、退職前の過去2年間、
1日の途切れもなく「雇用保険被保険者期間」が続いているとすれば、
そのうち、
賃金(給与)計算の基本となっている各賃金計算基準期間について
各11日以上出勤している月をピックアップしてゆき、
そ...続きを読む

Q傷病手当金 申請から何日後に支払われる?

10月末からうつ病で休職しています。
先月末、会社宛に傷病手当金の申請をしました。
昨日問い合わせしたところ、会社側は
「すでに社労士に渡してある。支払いまでに1~2カ月かかる」
と言われました。
これから1~2カ月かかるのでは、現状でも生活費に四苦八苦している
状況なのに…と思っています。
申請場所によってもまちまちだとは思いますが、
支払いまでこんなに時間がかかるものなのでしょうか?
早く支払われる方法
(担当の社会保険事務所に連絡して早く支払ってくれという等)
もご存じでしたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

会社側じゃなくて、担当の社会保険事務所に直接電話してみるといいですよ。
会社の処理が遅く、まだ受理されていない場合にあまりに遅いと催促をしてくれたりしますから。
問い合わせて受理されていればだいたいいつ頃入金になりますか?って聞けるのでやってみてください。
私はいつもそうしていました

Q休職中の社会保険、雇用保険の支払い

主人が入院中で会社を休職しています。
給与は0円で傷病手当を満額(標準報酬の6割)もらっていますが、休職中の社会保険、雇用保険は全額本人が払わないといけないのでしょうか?
退職したわけではないので1/2は会社で払ってくれるのかと思っていたのですが、会社の人の口ぶりではそうではないようです。
もし上記の通りなら、手続きはどうすれば良いのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>休職中の社会保険、雇用保険は全額本人が払わないといけないのでしょうか?

社会保険は他の皆さんの回答にもあるように標準報酬月額に基づいて保険料が算出され、その保険料(事業主と折半)は健康保険料を喪失するまで事業主と共に支払い義務はあります。
給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。
したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。
支払方法については会社の担当者に従ってください。

しかし、雇用保険は違います。社会保険料と違い、給料の支払いの都度、総支払額に対して保険料率を掛けて保険料が求められます。ご主人に給料の支払いがなければ保険料は発生しません。所得税も同じように発生しません。
給料の支払いがなくても雇用保険を喪失しない限り、雇用保険の被保険者であることには変わりません。
もし会社から雇用保険の保険料の請求があったら、それは誤りですので支払う必要はありません。
そのことを会社へ指摘されると良いです。

社会保険料の他に住民税も支払い義務があります。おそらく会社から徴収できないので、自宅宛てに住民税の支払い通知書(普通徴収)が納付書と共に届くと思われます。

>休職中の社会保険、雇用保険は全額本人が払わないといけないのでしょうか?

社会保険は他の皆さんの回答にもあるように標準報酬月額に基づいて保険料が算出され、その保険料(事業主と折半)は健康保険料を喪失するまで事業主と共に支払い義務はあります。
給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。
したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。
支払方法については会社の担当...続きを読む

Q傷病手当金満了後の失業保険受給の手続き

現在、精神疾患により傷病手当金を受給しています。

会社に在籍中の頃から受給しており、あと数ヶ月で満了します。
会社は「自己都合」という事で昨年退職しました。
(本当は、お局様からのイジメも一因ですが…)
退職後は、労務の指示に従って、
ハローワークに雇用保険受給延長の申請を行っています。
(11年勤務したので、120日支給されます)

体調は浮き沈みもありますが、退職時よりはだいぶ良くなり、
元々ハードワークだったのと、会社の環境に問題があったので、
あと数ヶ月休めば、バイトやパートくらいは大丈夫かと…
(医師ともそのような話をしています)
傷病手当金は満了時まで受給するつもりです。

こういう状況の場合、満了後に失業保険を受給する事になりますが、
ハローワークへ延長を解除しに行けば良いのでしょうか。
医師の診断書などは必要かなとは思っていますが、
経験者の方、お話お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

>ハローワークへ延長を解除しに行けば良いのでしょうか。
そうでっせ!
まっ!生活のこともあると思うんで、傷病手当満了前にハローワークに相談する方がえぇで!
でければ「間が空かず銭が欲しい」のが本音でっしゃろ。

Q傷病手当金はいつ入金されるの?

先日退院をして、会社から傷病手当金支給申請書を頂きました。そこで質問なんですが、この申請書をすべて記入し、郵送してからいつ入金されるのでしょうか?入院していたのでお給料はもちろんゼロ。生活が苦しいので出来れば早くもらいたいのですが…。分かる方教えてください。

Aベストアンサー

申請書は会社に郵送したのですよね?
まず、会社→健康保険協会(組合等)へいつ提出してくれたかです。
会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。

ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。
1/12に書類提出→1/24支給決定→1/27振込でした。
ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので
おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。

なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。

健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。

Q休職後の失業給付金減額について

病気で会社を9ヶ月間休んだ後の退職です。
最初の6ヶ月は満額のお給料がでました。次の3ヶ月は休職扱いということで3割~4割ほど減額になっていました。

会社から来た離職票には一番最近6ヶ月の給与額が記載されていました。3ヶ月分は満額、後の3ヶ月は減額された金額です。ということは失業給付も減額した3ヶ月分と満額の3ヶ月分の平均で計算されるのですよね。過去の質問の回答に、休職で減額された場合は減額された金額は給付金額計算の対象にしないと書いてあったのですが、私の場合は対象になっているようです。「賃金に関する特記事項」の欄にも何も書いてありません。

勝手な希望的推測として人事部の手続き担当者が知らずにそのまま直近6ヶ月の金額を記載した、ということがありえますか?会社に確認してみてもいいのでしょうか?
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

本来、休職をされて賃金が減額支給された場合には備考欄に「休職により賃金○%支給」と記載するよう離職票手続きの一覧はなっています。

休職中に賃金が満額支給→60%支給となっている今回の場合はその減額分を含めた3ヶ月と満額の3ヶ月の6ヶ月分と、「減額3ヶ月分を除いた直近6ヶ月分」を比べて賃金日額を計算することになっています。
(実際調整する場合としない場合はご本人の管轄職安により異なります。)

担当者さんに問い合わせをされるのもよいですし、または実際職安へ失業給付の手続きに行く際、コレまでの賃金明細書(または賃金台帳)をもって、この9ヶ月間の賃金変遷を職安担当者へお話をしてみてください。

どちらにしても一度離職票が発行されている以上、離職票賃金額は「補正」という手続きになりますので今お持ちの離職票1と2を戻す必要があります。
(会社に電話する場合は会社へ、職安で直してもらう場合は職安へ預けます。)

Qうつ状態休職中の退職挨拶について

けじめのため、身辺資料の整理や簡単な引継ぎのため明日出社予定です。
(退職日は今月末です。)
休職中の出社ですので、要件が済み次第、上司に報告して退社して良いのでしょうか?

また、退職理由内容が傷病休職中の依願退職ということで、直属の上司やその上役や特に付き合いのあった同僚のみに状況は報告しております。
ただでさえ久々の出社で今から緊張している状態なので、それ以外の同僚の方々に挨拶をしていく余裕はとても無いです。
最低限、メールだけでも挨拶をすべきでしょうか?また、後日菓子折りを上司経由で配って頂くということも問題ないでしょうか?

どなたかご経験等おありの方、ご連絡お願いします。

Aベストアンサー

私は休職をしていませんので、あれですけど。
退職日まで仕事して、一応挨拶しました。
心身ともにボロボロ状態で辞めましたので、異例だといわれましたが送別会もお断りしました。
(あの人たちと給料もらっていない時間過ごし、心にもない言葉受け止める自信もなかったですので。)
後日制服+菓子折りを持参したのですが。
もう職場を見た瞬間、拒否反応が出てしまい。
翌日仲の良い人に頼んで、返してもらいました。
もう辞める会社なので、無理しなくてもいいと思いましたので。
あの瞬間本当に私、この会社がダメだったんだとわかりました。

菓子折りは明日一緒に持っていって、上司の方にありがとうございました、みなさんでお召し上がりくださいでいいと思います。
挨拶もお世話になりましたと、あった人だけでいいとも思います。
(特別よくしていただいた方には、挨拶しておいた方が無難。)
用件が済み次第、退社してよいのかどうかは。
私では判断できませんので、上司の方と相談してみてください。
ダメだと言われたとしても、具合が悪くなったらその旨伝えて帰らせてもらいましょう。
多分会社も無理強いはしないと思います。

私は休職をしていませんので、あれですけど。
退職日まで仕事して、一応挨拶しました。
心身ともにボロボロ状態で辞めましたので、異例だといわれましたが送別会もお断りしました。
(あの人たちと給料もらっていない時間過ごし、心にもない言葉受け止める自信もなかったですので。)
後日制服+菓子折りを持参したのですが。
もう職場を見た瞬間、拒否反応が出てしまい。
翌日仲の良い人に頼んで、返してもらいました。
もう辞める会社なので、無理しなくてもいいと思いましたので。
あの瞬間本当に私、...続きを読む

Q病気退職の場合の失業保険給付について

教えてください。約10年間、パートで働いてきましたが乳がん治療の為
10日程前に退職しました。病院通いの為に仕事を休むのも申し訳ないような忙しい職場でしたので治療に専念したいと退職させてもらいました。失業保険の給付を受けながら無理のない簡単な仕事を探そうと思うのですが、失業保険の給付は可能でしょうか?手術は終わりましたし、幸い超早期だったので働く事は可能です。職業安定所で正直に話してもいいものか悩んでいます。
それと病気などによるやむをえない理由があった場合は、3ヶ月の待機期間を待たずに失業保険を受けられる、と聞いた事があるのですが本当でしょうか?ご存知の方どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。失業手当の支給要件は大雑把にいうと、(1)原則1年以上、雇用保険料を納めたこと、(2)働く意思と能力があること(軽作業ならできるでも問題なし)、(3)離職票の提出など所定の手続きをし、求職の申込をすることの3点です。

 ご質問を拝読する限り、あとは手続きすれば大丈夫みたいですね。3か月待てるならば病歴についてあえて話す必要もないし、仮に話したとて、それが手当の支給や再就職に差し障ることもないです。

 その3か月ですが、待期期間ではなくて(漢字も待機ではない)、給付制限と言います。一身上の都合で辞めたひとは支給が3か月先延ばしになります(3か月分を削られるのではない)。

 私の場合は、離職票上の離職区分は一身上の都合だったのですが、会社が直前に病気休職をしたことを付記してくれたこと、また、その時の主治医の診断書を持参してハローワークで説明したことにより、やむを得ない自由による自己都合退職ということになって、3か月の給付制限はなくなり、1週間の待期だけで支給が始まりました。

 ある程度は病歴を伝えないと、こういうことにはならないと思います。プライバシーもありますので、ゆっくりお考えになってください。予後もどうぞお大事に。

 こんにちは。失業手当の支給要件は大雑把にいうと、(1)原則1年以上、雇用保険料を納めたこと、(2)働く意思と能力があること(軽作業ならできるでも問題なし)、(3)離職票の提出など所定の手続きをし、求職の申込をすることの3点です。

 ご質問を拝読する限り、あとは手続きすれば大丈夫みたいですね。3か月待てるならば病歴についてあえて話す必要もないし、仮に話したとて、それが手当の支給や再就職に差し障ることもないです。

 その3か月ですが、待期期間ではなくて(漢字も待機ではな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング