本日、第23回QC検定3級の試験を受けましたが
正解率70%確保出来たか心配です。
誰か答えが分かる方いますでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 出来れば今日か明日に分かればと思い投稿しました。
    特に問9の51~58が・・・わかる方いますかね。

      補足日時:2017/03/19 21:54

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

火曜日の朝9時に基準回答が発表されます。



QC検定基準回答で検索出来ると思います
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。m(_ _ )m
3/21(火)そうですよね。

お礼日時:2017/03/19 21:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○年○月○日にある「検定試験一覧」の掲載サイトを探しています

このカテゴリで良いのか、とても迷ったのですが・・・。

私は「資格取得」にとても興味があって、今後も様々な資格試験にチャレンジしたいと思っています。
タイトル通りなのですが、検定試験日が一覧表になっているサイトを探しています。
例えば、平成14年11月10日には「秘書技能検定」が行われますが、
この検定に関しては、準1級まで取得しており、今年は面接対策の不足から、
1級のチャレンジを来年に譲り、この日は別の検定試験に向かいたいのです。
「考え方がおかしい。自分が取得したい検定に向けて全力を尽くせ。」と叱咤されるかもしれませんが、同日にはどんな資格試験が行われているのだろう・・・と、そんな感じで調べたいときがあるのです。
このような掲載サイトをご存知ないでしょうか。
分野別(ex.環境・法律・会計などで区切ってあるもの)ではなく、
日付別(ex. ○年○月○日にはA資格・B検定・C検定などの掲載のもの)を探しています。
資格も国家から民間まで広く掲載されているものだったら「◎」で、
さらに、願書の締切日や主催団体へのリンクが貼ってあったら、文句なしです。
ご存知の方は、是非、URLを教えてください。
よろしくお願い致します。

このカテゴリで良いのか、とても迷ったのですが・・・。

私は「資格取得」にとても興味があって、今後も様々な資格試験にチャレンジしたいと思っています。
タイトル通りなのですが、検定試験日が一覧表になっているサイトを探しています。
例えば、平成14年11月10日には「秘書技能検定」が行われますが、
この検定に関しては、準1級まで取得しており、今年は面接対策の不足から、
1級のチャレンジを来年に譲り、この日は別の検定試験に向かいたいのです。
「考え方がおかしい。自分が取得したい検定に...続きを読む

Aベストアンサー

http://plaza11.mbn.or.jp/~katsumi_t/
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/lulu/
http://www.rokko.or.jp/users/licence/all_lic.html
http://www.tokyo-kasei.ac.jp/~sotsuken/98/matsuki/10/index.html
http://www.planet.pref.kanagawa.jp/shikaku.html
http://www.cin.or.jp/examrefer/kensakutop.asp

ご要望に沿うサイトか分かりませんが、参考にして下さい。

Q第124回3級の第2問 これも正解!?

第124回日商簿記3級の2問目ですが、回答速報を見ると

10月 5日 小口現金40,000 当座預金40,000
   10日 交通費5,900  小口現金28,200
       通信費12,400
       消耗品費3,700
       雑費6,200
  13日 小口現金28,200 当座預金28,200

となっています。5社くらい見ましたがどこも上記と同じでした。
お恥ずかしながら私の回答は、

10月 5日 小口現金40,000 現金40,000
   10日 交通費5,900  小口現金28,200
       通信費13,100
       消耗品費7,200
       雑費2,000
  13日 小口現金28,200 現金28,200

としてしまいましたので、普通に考えれば0点だと思います。
しかし昨日結果が送られてきたのですが、なんと6点だったんです。

ということは、配点から推察すると5日と13日の仕訳が正解だったと
思うのですが、これはなぜ正解なのでしょうか?
当座預金と現金はやはり違うものですよね?

正解にしてもらえてありがたいのですが、不思議です…。
スッキリしないのでどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

第124回日商簿記3級の2問目ですが、回答速報を見ると

10月 5日 小口現金40,000 当座預金40,000
   10日 交通費5,900  小口現金28,200
       通信費12,400
       消耗品費3,700
       雑費6,200
  13日 小口現金28,200 当座預金28,200

となっています。5社くらい見ましたがどこも上記と同じでした。
お恥ずかしながら私の回答は、

10月 5日 小口現金40,000 現金40,000
   10日 交通費5,900  小口現金28,200
       通信費13,100
       消耗品費...続きを読む

Aベストアンサー

>問題に掲載されている表には「摘要 小切手」と書いてあります。

あ、本当ですね!
私も見落としていました。それなら当座預金を使用するのが正答ですね。
ただ、小口現金なので小切手をすぐに換金する必要がありますから、現金でも正答にされているのかも知れません。
その辺の事情は良く分かりません。
あとは、拡大解釈として他人から振り出された40,000円の小切手を渡した場合ですね。これなら受け取り時に現金勘定で扱われていますから、現金勘定を使用することになります。


>配点を教えるのは商工会議所の好意なんですか!?

総得点は教えてもらえますが、問題ごとの配点は私のところでは教えてもらえませんでした。

Q中国語の検定・韓国語の検定、日本であるもの全種類

中国語の検定・韓国語の検定、日本であるもの全種
類知りたいのですが、どこか一覧のあるHPや
個人のブログ、でもそういった条件で検索できる
サイトでもなんでもいいのですが、ないでしょうか?
ご存知の方いましたらぜひぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「中国語 検定」や「ハングル 検定」で検索すると幾つかヒットしますが・・・

【中国語】
 ◎中国語検定案内
  http://www.chinese1.jp/sub/test.asp

 ◎資格試験に関する情報です [中国語]
  http://allabout.co.jp/study/chinese/subject/msub_siken.htm

【韓国語】
 ◎ハングル(韓国語,朝鮮語)の検定試験一覧
  http://korean.fc2web.com/kentei.html

 ◎韓国語の検定試験Q&A
  http://www.alc.co.jp/korea/study/qa/index.html

参考URL:http://www.chinese1.jp/sub/test.asp, http://korean.fc2web.com/kentei.html

Q日商簿記検定3級過去問第103回第5問について教えてください

6月8日の日商簿記検定3級を受験するので、過去問を解くにあたってどうしてもわからない事があります。第103回第5問の(9)の決算整理仕訳問題について教えてください。問題集の解説を読んでもよくわかりません。試験まで一週間もなくとても困っています。
問題の冒頭は、会計期間は、平成14年1月1日から12月31日までの1年とする。との事で第5問(9)支払利息は、平成14年5月1日に、期間1年、利率年5%、利払日年2回(10月末日および4月末日)の条件で借り入れた借入金\90,000から生じたものである。決算にあたり、未払分を見越し計上する。
という問題なんです。
答えは、(支払利息)750 (未払利息)750となっています。
90,000円の5%で1年につき4,500円は支払利息で一ヶ月に月375円の支払利息で、11,12月分の2ヵ月が次期に繰り越される為、750円の計算になるのはわかるのですが、私がわからないのは、なぜ未払になるかという事なんです。私がこの問題を読み仕訳をしたのは、10月に利払い日になっているのであれば、10月に平成14年11月~平成15年4月まで払っている文章になるから平成15年1月~4月が前払いになり、
(前払利息)1,500 (支払利息)1,500になるんじゃないかと思うのですが。。。
それとも問題文に未払分を見越し計上するとなっているから10月分の利払いは払っていないと考えないといけないのでしょうか。。。それならなぜ、利払い日とすると文章に書いているのかよくわからないんです。検定の日付も近づいてきているというのに、とても困っています。よろしくお願いします。

6月8日の日商簿記検定3級を受験するので、過去問を解くにあたってどうしてもわからない事があります。第103回第5問の(9)の決算整理仕訳問題について教えてください。問題集の解説を読んでもよくわかりません。試験まで一週間もなくとても困っています。
問題の冒頭は、会計期間は、平成14年1月1日から12月31日までの1年とする。との事で第5問(9)支払利息は、平成14年5月1日に、期間1年、利率年5%、利払日年2回(10月末日および4月末日)の条件で借り入れた借入金\90,000から生じたものである。決算にあたり...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、税理士をしています。

経過勘定項目に苦労してますね。
まず問題をよく見て下さい。

>未払分を見越し計上する

この文章で利息は(10月末日および4月末日)に後払いと分かります。
10月末日に10月末日までの利息6ヶ月分2250を支払いました。
決算日は12月なので2ヶ月分支払ってない事になります。

費用は当期の分は当期に計上しなければなりません。
借方=当期の支払利息
貸方=まだ払ってない利息(負債)
支払日が来ても支払ってないので負債に計上します。
これを経過勘定項目を言います。

未払利息は次期にどうなるか?
答え。最振替仕分でなくなります。
参考に次期の仕訳を書いておきます。

最振替仕訳

未払利息750/支払利息750

4月末日

支払利息2250/現金2250

支払利息を合計すると4か月分1500になります。

分からないことは補足に書いて下さい。
試験頑張って下さい。

Qビジネス系ではなく、雑学系の資格一覧が載った本を探しています。

ビジネス系ではなく、雑学系の資格一覧が載った本を探しています。

よくある「資格オールガイド」などの本は司法書士や弁護士等、直接ビジネスに直結した資格を多く紹介してると
思いますが、そうではなく「趣味、実用」に絞った資格の紹介をしてる本はありますか?
(数学検定とか、珈琲コーディネイター、パンコンシェルジュ検定とか民間がやってるもので十分です)

検索してもビジネス系をメインに紹介してる本ばかりだったので、もしご存じの方がいらっしゃれば
教えてください。できればネットより本でじっくり見たいので本の紹介の方が助かります。

Aベストアンサー

それならば、少し古い(2~3年前程です)ですが、
「ポプラ社」の「ニッポンの検定100選」という
本に多く載っています。ただ、「時刻表検定」など、
中止されてしまったものもありますので、参考ですね。

Q第125回日商簿記検定試験(3級)の第1問の1の問題文中の約束手形は、

第125回日商簿記検定試験(3級)の第1問の1の問題文中の約束手形は、当店がすでに旭川商店から裏書譲渡されていたものなのでしょうか?それを今回の山口商店からの仕入の支払いのために再度裏書譲渡した、という理解でいいのでしょうか。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お待たせして、すみません!!質問者様からの補足内容を読ませて頂いたのが今日のことでした。
再回答が遅くなったこと、そして、こちらの思い違いにより、質問者様にはお手間を取らせてしまったこと、申し訳ございません。
それから、わざわざ問題文をご提示頂き、こちらこそありがとうございます。
(実は、No.1回答前に問題文の公開資料を探したのですが見つけられず、困っていました。助かりました。)

あらためて、問題文を読み直してみましたが、考えられるパターンは二通りあるようです。

ひとつは、質問者様がご質問でお書きになった「当店はすでに旭川商店から、旭川商店所有の約束手形を裏書譲渡されており、その裏書手形を山口商店からの仕入の支払いのために(山口商店へ)裏書譲渡した」という認識です。
勘定科目上の「受取手形」は、手形振出人から受け取る約束手形以外に、得意先から裏書譲渡されることにより所有する約束手形も含まれる場合があります。
一般の手形と区分して、「裏書手形」という勘定科目で仕訳処理される場合もあります。

いったん裏書譲渡された約束手形を、その受取人が別の業者へ更に裏書譲渡することは可能です。
私も職務上、約束手形を振り出すことがありますが、手形の受取人の中には、初めから、他の取引業者へその手形を裏書譲渡することを予定して、「\500,000と残りの額とに分割して、手形を切ってほしい」といった風に、依頼してくる担当者もいます。
実際、約束手形の用紙の裏面には、被裏書人を記載する欄が複数行設けられています。
No.1回答で「支払期日まで金庫に保管」と表現しましたが、受け取った手形は本来、その支払期日を問わず、速やかに銀行窓口へ取立(換金のこと)依頼を出し、手元には置かないことが理想です。
が、業者間で裏書譲渡を繰り返すことも法的には問題ないので、今回の試験の出題要素に採用されても不思議はありません。
被裏書人が複数最後に裏書譲渡を受けた業者が、手形の支払期日までに銀行窓口で手形の取立依頼をすることになります。

こうした裏書手形の廻し合い以外に、もうひとつ可能性として考えられるのは、問題文の構成が、「当店=A商店」であるという設定です。
A商店の立場から今回の仕訳が計上されたと仮定し、模範解答を検証してみましたが、為替手形\150,000の処理も含め、この考え方でも辻褄は合うようです。

問題文冒頭の「仕入先Y商店から」の前に、ひとつ主語が欲しいところですね。

合格者発表後、日本商工会議所のHPにアップされる『第125回簿記検定試験問題の出題の意図・講評』の中で、質問文の状況設定について、説明があるかも知れません。
参考URLの欄に、リンク先のあるページのURLを添付しておきます。

No.1回答については、訂正削除をしたいのが山々なのですが、このサイトでは、誤答を理由とした管理人への削除依頼は受け付けられません。
お手数ですが、No.1回答のお礼欄に、簡単な文章をご記入・ご投稿頂けませんか?
でないと、私がよけいな回答を付けたばかりに、質問者様のプロフィール欄で集計される「お礼率」が、このままでは減少することになります。

受験でお疲れのところ、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

参考URL:http://www.kentei.ne.jp/news.php

お待たせして、すみません!!質問者様からの補足内容を読ませて頂いたのが今日のことでした。
再回答が遅くなったこと、そして、こちらの思い違いにより、質問者様にはお手間を取らせてしまったこと、申し訳ございません。
それから、わざわざ問題文をご提示頂き、こちらこそありがとうございます。
(実は、No.1回答前に問題文の公開資料を探したのですが見つけられず、困っていました。助かりました。)

あらためて、問題文を読み直してみましたが、考えられるパターンは二通りあるようです。

ひとつは、質問者...続きを読む

Q資格取得までの勉強時間一覧(税理士2500時間など)

7月16日の日経新聞に資格取得までの勉強時間の一覧が載っていました。

 公認会計士   3600時間
 税理士      2500時間
 不動産鑑定士  1500時間
 司法書士     1000時間
 中小企業診断士 1000時間
 日商簿記検定1級 800時間
 社会保険労務士  700時間

このような資格取得に関する目安となる一覧情報のわかるサイトなどないですか。
平均勉強時間、平均年収(これは難しいか…)、難易度などなど。
よろしくお願いいたします。


(個人差あるので平均など意味がない等の議論は別にしてください。)

Aベストアンサー

こちらを参考にしてみてください。
Newton(TLTソフト)調べです。

資格の「難易度」
http://www.biwa.ne.jp/~newton-8/newpage32.htm

また、そのページの下方にある分野別」のリンクから平均勉強時間、平均年収の目安も見ることができます。
例えば、司法・労務関係なら
http://www.biwa.ne.jp/~newton-8/newpage80.htm

不動産関係なら
http://www.biwa.ne.jp/~newton-8/newpage81.htm

といった具合です。 
 
  

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~newton-8/index.htm

Q前回(第29回、通算第147回)全経1級の問題

こんにちは。
前回、(第29回、通算第147回)の全経の1級の工業簿記の(過去)問題を友人からパソコンで調べてきてほしいと頼まれたのですが、GOOGLEで探し当てられず困っています。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

全経のHPでみれますよ~。
URL示しますね。

参考URL:http://www.zenkei.or.jp/download/mohankaito/bkp147/Boki147_1_KogyoBoki.pdf

Q検定統計量について

検定統計量と検定について(http://www.aoni.waseda.jp/abek/document/t-test.html)

1.
検定の方法は,T検定,F検定,J検定などの手法をみかけるのですが,違いがいまいち
分かりません.これらの違いは,考える確率分布が違うということなのでしょうか?

2.
各検定法(T検定,F検定,J検定など)と検定統計量のかかわりがよくわからないのですが,
たとえば,T検定をする場合の平均の検定統計量とF検定をする場合の平均の検定統計量
は同じなのでしょうか?
 
3.
検定についてまだよく分かっていないので,検定の仕方を正しく認識しているか怪しいですが,
検定は,仮説に応じて検定統計量を定義してから,その検定統計量を計算し,
P値を求めることで仮説が有意か否か判定するのですよね?
なので,最終的にどの検定(T,F,J検定)もP値を求めて有意か否か判定するので,
検定統計量さえ正しく定義できれば,T検定,F検定,J検定など,どの検定法
を使おうとひとつの検定の方法でどんな仮説の検定もできると考えてよいのでしょうか?
それとも用途に応じて検定法を使い分ける必要があるのでしょうか?


回答よろしくお願いします。

検定統計量と検定について(http://www.aoni.waseda.jp/abek/document/t-test.html)

1.
検定の方法は,T検定,F検定,J検定などの手法をみかけるのですが,違いがいまいち
分かりません.これらの違いは,考える確率分布が違うということなのでしょうか?

2.
各検定法(T検定,F検定,J検定など)と検定統計量のかかわりがよくわからないのですが,
たとえば,T検定をする場合の平均の検定統計量とF検定をする場合の平均の検定統計量
は同じなのでしょうか?
 
3.
検定についてまだよく分か...続きを読む

Aベストアンサー

ええと……難しい質問ですねえ。
参考サイトも見せてもらったんですが、極論、「本買って読んで勉強してみる」ってのが一番確実な気がします。一旦ある程度の「壁」を越えると「何だ、そう言う意味か」って氷解する可能性があるから、なんです。
こればっかりはWeb検索でどうこうしよう、としない方が良いです。
それでですね……冗談か、と思うかもしれませんが、今まで色々な統計関係の本見てきましたが、その「最初の壁を越える」には次の本が最適です。

マンガでわかる統計学:
http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-274-06570-7

この一冊で「統計学のすべてが分かる」とは言いませんが、最初の壁を「壊す」には最適です。ウソ!って思うかもしれませんが本当ですよ。
立ち読みで良いんで試してみてください。

>検定の方法は,T検定,F検定,J検定などの手法をみかけるのですが,違いがいまいち分かりません.これらの違いは,考える確率分布が違うということなのでしょうか?

考える確率分布が違う、のではなくて「利用する確率分布が違う」と言うのが本当のところです。何故なら検定「したい」対象が違うから、ですよね。
(ただし、J検定、ってのは僕は聞いた事ありません。ひょっとしたらあるのかもしれませんが。)

>各検定法(T検定,F検定,J検定など)と検定統計量のかかわりがよくわからないのですが,たとえば,T検定をする場合の平均の検定統計量とF検定をする場合の平均の検定統計量は同じなのでしょうか?

F検定は「分散の比」を検定統計量として用いるので全然違いますね。F検定は今のとこ「分散の差(実際は比を使ってますが)」を検出する為の技法だ、と思っててください。この場合、平均は関係無いです。

>用途に応じて検定法を使い分ける必要があるのでしょうか?

その通りです。用途によって検定法は変わってきます。
P値、ってのはあくまで(理論上の)確率の事なんで、「確率を用いて仮説が有意か否か」判定するから、と言って、それが「全て使うべき分布が同じだ」と言う事にはなりません。

ええと……難しい質問ですねえ。
参考サイトも見せてもらったんですが、極論、「本買って読んで勉強してみる」ってのが一番確実な気がします。一旦ある程度の「壁」を越えると「何だ、そう言う意味か」って氷解する可能性があるから、なんです。
こればっかりはWeb検索でどうこうしよう、としない方が良いです。
それでですね……冗談か、と思うかもしれませんが、今まで色々な統計関係の本見てきましたが、その「最初の壁を越える」には次の本が最適です。

マンガでわかる統計学:
http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi...続きを読む

Q第134回 日商簿記2級検定 問5の<資料>

第134回 日商簿記2級検定の問題で、問5の問題・答え・解説されているサイトはいくつか知っているのですが、問5の<資料>の内容が書かれたサイトがどこにもないので困っています。

誰か、問5の<資料>の内容が書かれているサイトを知っている方がいたら教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

問題にも著作権があるので許可を取らないと公開できません。
動画解説に偶然映っているのがあるかもしれないので探してみては。

タックか大原の解答速報から請求すれば手に入ります。
または最新の過去問題集を立ち読み・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング