ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

簿記論(税理士試験)の計算用紙について
簿記論(税理士試験)の本試験で配布される計算用紙はA3が2枚と聞いています。
それぞれ裏面にT勘定がたくさん記載されているとのことですが
具体的に何個記載されているのでしょうか。
また紙面上でのT勘定の配置はどのようになっているのでしょうか(紙面にびっしりor左右に一列・・・?)。

私は2010年8月の簿記論合格を目指して勉強中の者です。
個別論点は一通り終えたので、本試験の形式に慣れるように、本試験と同じ計算用紙を自分で作って普段から使いたいと思っております。

簿記論受験経験者の方、どうかお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

縦4×横3だったか、


縦5×横4だったか、
そんなもんです。

しかし、あんな不便なT勘定を使って解く人なんて居るんですかねぇ。

私は白紙の面しか使わないですし、

「きれいに書こう」とか、
「せっかく書いてあるんだから」とか、
そんな余分なこと考えてたら受かるワケ無いですから。
    • good
    • 0

T勘定が書いてあった記憶がありません・・・



今は書いてあるのかもしれませんけど、あまり気にする必要はないんじゃないかと思います。
精算表なんかも数字を出したら解答用紙に書き込んでいって追加があれば二重線で訂正するようにしていかないと試験時間がいくらあってもたりません。問題といているとこの勘定は結構仕訳が入るとかパターンが見えてきます。計算用紙はメモ書きレベルの仕訳がかければいいだけですから。

ちなみに僕はほとんど試験問題の端に書き込んでいましたね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士試験の答案作成について

幼稚な質問ですみません。

今夏、税理士試験を初めて受験する予定なのですが、実際の税理士試験では答案作成がボールペンだと聞いています。

そこで質問なのですが、実際に税理士試験を受けられた方は、別紙に計算をメモする時にもボールペンを使ってらっしゃるんですか?
一切鉛筆を使っていないのでしょうか?
個人的には計算過程を別紙で整理する時に、何度か消しゴムで消して書き直したい場面があるのですが、それも許されないのでしょうか?

また、答案にボールペンで答えを書くときにも、字を間違えたり書き直したりしたくなった時は、皆さん具体的にはどうやって訂正してらっしゃるんでしょう?
二重線とか矢印で欄外に書いたりしてるのでしょうか?

答案作成の初歩的な質問ですが、そこの所が不安です。
多くの方の情報をお待ちしています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

回収するのは、答案用紙だけですので、要するに、答案用紙にさえ、ボールペン等で書いておけば良いだけですので、計算用紙については、鉛筆でも可能ですし、私自身も鉛筆でやってましたし、殆どの受験者はそうだと思いますので、全然気にされなくて大丈夫ですよ。
計算用紙や問題に、鉛筆書きしても、消しゴムで消しても、全く問題ありませんし、試験官に何か言われることもありませんので、計算用紙等については、堂々と鉛筆で書かれたら良いと思います。

答案の訂正に関しては、修正液等の使用は認められていませんので、基本的には二本線で消せば良いと思いますし、要するに、採点者がわかるようにしておけば、そこまで神経質にならなくても良いとは思います。

大変ですけど、頑張って下さい!!

Q税理士試験 簿記論・財務諸表論 初学者の一発同時合格は現実的ですか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾度かあたっていると到底500時間ではこなせませんでした。
専門学校のパンフレットでは簿記論・財務諸表論は各450時間の学習時間で合格レベルにまで持っていけるとのことでしたが、私には1級より難度の高い簿記論・財務諸表論がその程度の時間でどうにかなるなど信じられません。
実際に受験された経験者の方にお尋ねします。パンフレットに書いてあるように、働きながら一日3時間の学習量で簿財一発同時合格は現実的なものなのでしょうか?
簿記論一本に絞って徹底的に練習を積み重ねて一科目ずつ合格を狙うのが現実的なのでしょうか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキープするのは大変な努力が必要です。
参考に簿財両方の勉強時間は同時受講なら×1.5くらいでしょう。

最後にアドバイスとして今から税理士の勉強をしませんか?
通う学校から今発売されている簿財の問題集を購入して独学で勉強するのです。
9月からは、その問題集が無駄になりますが初学者よりも早く準備をします。
理由は9月からでも1回以上の受験経験者がいるからです。

問題集は応用は購入せずに基礎編のみでいいです。
簿記論の計算と財務諸表の理論を覚えます。
簿記論は簿記検定で習っていない項目を飛ばします。
財務諸表の理論は授業で3回位まわりますが今から記憶の定着のために覚えます。
それも例題で企業会計原則の7番と言われれば、何も見ずに答えられる様にして下さい。

たぶん全部は無理でしょうが出来る限り頑張って下さい。
今から勉強を始めると9月から簿財両方か簿記論のみか自分でも判断がつくかもしれませんし、ここで相談してもいいです。
誰かが答えてくれるでしょう。
ただ無理のしすぎで疲れないで下さい。
税理士試験は長期戦ですから。

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキー...続きを読む

Q税理士簿財って企業の経理事務に重宝されますか?

最近日商1級取得した28歳専業主婦ですが、このまま税理士の簿財の2科目を挑戦しようか悩んでいます。
税理士になりたいわけではなく、一生どこかの企業の経理事務の仕事がしたいんですが、税理士の2科目だけの取得って意味ありますか?
独学は無理だし、お金もないので資料会員でも1科目8万もするので、やるなら合格したいのですが、大手予備校のパンフを見てるといくつか科目取得しただけでも履歴書に書けるし有利なようなことが書いてありましたが、実際どうですか?
教えてください。

Aベストアンサー

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級あれば充分就職はできます。
ちなみに私は税理士もっています(現在)
就職活動中は4科目、あと社会保険労務士、日商1級
在職中に建設業経理事務士の1級も請われて取得しました。
現在は転職を半年前にしたばかりで、派遣なのですが正社員にと
声がかかっています。
新入社員に資格をとるまで育てるより、資格と実務を持った人を
中途採用することを考える企業だったからです。
どういう企業でどういう仕事をしたいかが取得した方がいいかどうかの
決め手になるでしょう。
取得して損にはならないと思いますが、費用や時間も確かにかかりますしね。
がんばってください。

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級...続きを読む

Q税理士資格の取得条件の「実務経験2年」とは??

 こんにちは。今、税理士を目指して頑張っているところなのですが、試験が終わったら、まだ途中段階ですが就職しようと思っています。そこで、ふと初歩的な事が疑問になったのです。税理士の取得条件の「実務経験」とはどういうことなのだろう?
 普通の会社の経理担当であればいいのか。または会計事務所や税理士事務所に勤めなければならないのか??いまいちわかりません。ご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実務経験とは、租税に関する事務又は会計に関する事務で政令で定めたものとの規定があります。
特に、税務官公署や税理士事務所での経験とは規定されていません、一般の会社でも、その実務経験の内容が規定されたものなら大丈夫です。
なお、実務経験に該当するかどうかは、登録申請書及び在職証明書等を提出した後、税理士会の調査段階で個別に判断されます。

詳細は、参考URLをご覧ください。

試験、頑張ってください。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/07shiken/touroku.htm

Q先入先出法を採用している場合に返品が発生したら?

簿記2級 工業 107回 4の疑問ですが
先入先出法を採用している場合に
返品が発生したら
先に入れたものを先に返品するのか
後に入れたもの先に返品するのか
どちらなのでしょうか?
この問題の回答を見てもどっちなのかわかりません。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先入先出法なのですから、先に仕入れたものから先に使われるという原則に変わりはありません。先に仕入れたものは返還されずに使用され、返還されるのは後に仕入れたものです。
製造指図書No.7で結局使われたのは155-15=140個です。最初からこの140個のみが出庫され、返還なく使われたらどうでしょう?
先に仕入れたもので残っている部品55個@13,000と残りの85個@12,000(後に仕入れた部品の価額)になるはずです。
一方、返還分も含む6/12の出庫は、55個@13,000と100個@12,000です。比較してみましょう。15個@12,000が差額になっていませんか?これが返還分です。後に仕入れた部品の価額になりましたね。

Qリコース義務、買戻権、回収サービス業務資産とは?

金銭債権の譲渡における売却損益において
登場してくる以下の勘定科目について
今、読んでいますテキストであまりにさらっとした
説明なのでまったく意味不明です。

それぞれについて質問いたします。
理解不十分なところはなにとぞご容赦くださいまして
よろしくご教授ください。

●回収サービス業務資産(残余部分)
まず金銭債権を譲渡する、というのは単純な売却とは異なるのでしょうか。
金銭債権の譲渡に、この「回収サービス業務資産」というのは
必ず発生するものなのでしょうか。
そしてなぜ資産なのか、なぜ金銭債権の残余部分とされるのでしょうか。

●リコース義務(新たな負債)
受取手形を裏書、割引した際、譲渡先に対して遡及義務が生じるのと
同じと思いますが、すべからく金銭債権の譲渡(?)には
必ず遡及義務=つまりここでいうリコース義務が生じるのでしょうか。
そしてその負債額(時価)はどの数値をもとに算出するのでしょうか。

●買戻権(新たな資産)
これはどんな条件下で生じるのでしょうか。
それとも金銭債権の譲渡では
必ず発生するものでしょうか。
また権利を行使すれば、譲渡先は必ず応じなければならないものですか。

金銭債権の譲渡における売却損益において
登場してくる以下の勘定科目について
今、読んでいますテキストであまりにさらっとした
説明なのでまったく意味不明です。

それぞれについて質問いたします。
理解不十分なところはなにとぞご容赦くださいまして
よろしくご教授ください。

●回収サービス業務資産(残余部分)
まず金銭債権を譲渡する、というのは単純な売却とは異なるのでしょうか。
金銭債権の譲渡に、この「回収サービス業務資産」というのは
必ず発生するものなのでしょうか。
そしてなぜ資産なのか、...続きを読む

Aベストアンサー

なつかしいな~。20年ほど前になりますか、私が学生時代にSFAS125号Accounting for Financial Instrumentsを勉強していたときに、こんな勘定科目がありましたね。

最近の金融商品会計の解説書には、昔から同じような設例が使われていますが、本当に意味を理解しておられる方は少ないでしょうね。

●回収サービス業務資産(残余部分)
譲渡した債権について、債務者から現金で回収する業務を代行するという契約になっていて、回収業務に係る受取手数料を現在価値に割り引いて測定し、資産として認識したものです。金銭債権の元本の一部を構成していたであろうと考えるのでしょうね。これが財務構成要素アプローチです。
回収したときの手数料ですが、
(借)現金(貸)受取手数料
とはせずに、
(借)現金(貸)回収サービス業務資産
として処理します。

●リコース義務(新たな負債)
契約によって異なりますが、この場合は遡及義務があることになっているので、負債として認識されてたのでしょう。評価額は、将来に債権が回収不能になって譲渡相手から求償権を行使され、訴求義務を履行する場合を想定し、その場合に見込まれる支払額を現在価値に割り引いて測定します。回収不能になる確率は高くないですから、期待値として計算された評価額は小さいものでしょうね。

●買戻権(新たな資産)
これはコール・オプション(買う権利)です。契約によって異なりますが、権利行使すれば当然に譲渡相手は売り渡さなければなりません。その場合にプラスの現金収入が発生すると見込まれているから資産として認識されているのでしょう。期待値と現在価値によって測定します。


簡単なコメントですみません。

実務上、どうやって会計処理するかというと、(1)市場性がない金融資産および負債については、その評価が困難なので評価しない、(2)重要性が乏しいので評価しない、このいずれかの対応ではないでしょうか。市場性のある金融商品ならばともかく、市場性のない債権・債務に対して財務構成要素アプローチを適用している事例なんて見たことはありません。私は机上の空論だと思っています。実際に会計処理を行ったことのある公認会計士がいたら紹介してほしいですね。

なつかしいな~。20年ほど前になりますか、私が学生時代にSFAS125号Accounting for Financial Instrumentsを勉強していたときに、こんな勘定科目がありましたね。

最近の金融商品会計の解説書には、昔から同じような設例が使われていますが、本当に意味を理解しておられる方は少ないでしょうね。

●回収サービス業務資産(残余部分)
譲渡した債権について、債務者から現金で回収する業務を代行するという契約になっていて、回収業務に係る受取手数料を現在価値に割り引いて測定し、資産として認識したものです。金...続きを読む

Q減価償却で定率法のみ残存価格考慮されないのはなぜ?

簿記で減価償却計算の際定額法と生産高比例法は残存価格が考慮されるのに定率法では考慮されないのはなぜですか?理屈で教えてください。

Aベストアンサー

固定資産の耐用期間中、毎期の期首未償却残高に年償却率を乗じた計算方法が「定率法」です。
よって、定率法の公式は以下の通りになります。

■減価償却費=期首帳簿価額(A)×年償却率(B)

(A)期首帳簿価額=「取得原価-前期末時点の減価償却累計額」

(B)年償却率=1-n√(残存価額÷取得原価)   <※n:耐用年数>

簿記の財務諸表論等の設問で、減価償却の理論について問われることも多いですが、「正規の減価償却の計算方法においては以下の3つの要素が必須である」という点は必ず押さえておく必要があります。
ちなみに「正規の減価償却の計算方法」とは「定額法」「定率法」「級数法」「生産高比例法」のことです。

1.償却基礎価額
2.残存価額
3.償却基準(耐用年数あるいは利用度)

「残存価額」について理屈を説明しますと、残存価額とは「固定資産が使用できなくなった時の処分価格」、つまり、「売却可能価格」「利用価格」を指し、それは見積もりによって決定されます。
固定資産の解体・撤去・処分などのために費用が発生することが予測される場合、その見積額が差し引かれた額が「残存価額」となります。
簿記の設問上、残存価額が「取得価額×10%」とされやすいのは、実務上においても、税法基準の影響から、残存価額を「取得価額×10%」と設定する場合が多いためです。

固定資産の耐用期間中、毎期の期首未償却残高に年償却率を乗じた計算方法が「定率法」です。
よって、定率法の公式は以下の通りになります。

■減価償却費=期首帳簿価額(A)×年償却率(B)

(A)期首帳簿価額=「取得原価-前期末時点の減価償却累計額」

(B)年償却率=1-n√(残存価額÷取得原価)   <※n:耐用年数>

簿記の財務諸表論等の設問で、減価償却の理論について問われることも多いですが、「正規の減価償却の計算方法においては以下の3つの要素が必須である」という点は必ず押さえておく必要があり...続きを読む

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q略称→A/Cは勘定科目の意味だと思いますが、何の略ですか?

こんにちは、みなさん!!

A/Cとよく、書いている会計の専門家
の方を見受けますが、これは勘定科目
の事であると思います。

では、この正式な名所は何でしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろし
くお願いします。

Aベストアンサー

Account です。

会計・経営略語辞典
http://homepage3.nifty.com/nkuri/abbr.html

参考URL:http://homepage3.nifty.com/nkuri/abbr.html

Qカンマの書き方について

今の職場に入社してからずっと気になっているので思い切って質問します。
以前私は事務の仕事をしていました。
その時に職場の先輩から数字の区切りのカンマは「,」と左下に向けてはねるように。「、」だと小数点になってしまうからと注意を受けました。それ以来「,」と書いています。
現在は販売の仕事をしているのですが、私以外の同僚は皆、金額を書く時「、」と右下に向けてはねています。経理事務の人も「、」と書いています。これって特に細かい決まりはないんでしょうか?私が細かいことにこだわりすぎなのかなとも思うのですが・・・。
私は簿記などの専門知識がないので詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元銀行員です。
決まりはあるはずです。英数字ですから、カンマとピリオドしかありません。「、」は和文の点です。小数点にもなりません。誤認はさせますが。
文字は、第三者に正確に物事を伝えるためなので、ある一定のルールに沿って扱われないといけません。トラブルのもとです。

ただ、このカンマの置き方については、私の経験上、日本では圧倒的に知らない人の方が多いです。多分学校で教えていないのでしょう。

数字を扱う場合に、ケタの正確かつ迅速な確認のために必要なものです。日本ではまずつけない人が多いです。
質問者様の会社ではつけるだけまだ良い方と、まずは捉えてください。

次に、「、」になってしまった理由の解明が先です。
業界慣行であったり、社長の癖を真似ているとか、誰か影響力のある人の影響であることが多いです。実は、いろいろな間違えが会社で統一的に行われていることって良くあるのですが、だいたいの原因がこれらです。例えば役職の後ろに様をつけるとか…。
その場合、もしかしたら、他の社員は実は質問者様のことをおかしいと感じているかもしれないんです。
何もこだわりがなかったらよいですけど。

その確認の上、徐々に修正してあげてください。早急過ぎるとうまくいきませんよ。特にその影響力のある方を落とさないとね。
気がついたら自分が染まっていたりしますけど…。

元銀行員です。
決まりはあるはずです。英数字ですから、カンマとピリオドしかありません。「、」は和文の点です。小数点にもなりません。誤認はさせますが。
文字は、第三者に正確に物事を伝えるためなので、ある一定のルールに沿って扱われないといけません。トラブルのもとです。

ただ、このカンマの置き方については、私の経験上、日本では圧倒的に知らない人の方が多いです。多分学校で教えていないのでしょう。

数字を扱う場合に、ケタの正確かつ迅速な確認のために必要なものです。日本ではまずつ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報