20代後半のOLです。
生理痛に悩んでいます。

また1年くらい鬱っぽいところがあります。(←別質問しようと思っています)それに合わせて生理時の吐き気・眠気・痛みが増してきました。特にここ1か月鬱っぽさが酷かったのですが、生理痛も酷く、全身の痛みや吐き気が続いています。

PMS・PMDDなどを調べました。素人なので断定をするつもりはありませんが、
原因の一つにプロスタグランジン過剰とセロトニン不足とストレスがあるのではと思っています。

痛みを抑える薬ではなく根本を改善したいと思っています。

プロスタグランジン過剰とセロトニン不足を解消するような方法(食べ物・サプリ・運動など)教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロスタグランジンはわかりませんが、精神を安定化させるセロトニンは大豆やバナナ、豆腐などにを食べると前駆物質となるようです。


あとは日の光をよく浴び、運動をすると増えるらしいので試してみては?
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お昼ごはんは外で食べて日光にあたり、土日も犬とお散歩・日光浴をしています。

大豆などセロトニンの原料を取る様にします。

お礼日時:2017/03/21 21:08

化学屋です。

お調べになったでしょうが、プロスタグランジンは少なくとも8種類あります、珍しいものを含めると20種類以上が知られています。ほとんど全てが不飽和脂肪酸から作られます。問題はこいつらは働きが様々で、アラキドン酸をウサギの耳に注射するとウサギは血流が凝固するプロスタグランジンのため即死します。ですが人間ではそんなことは起きません。専門家つまり医師でも全部は把握していません。セロトニンは神経伝達物質で「快楽物質」などと呼ぶ人が居ますが、そんなアブナイ物質ではなく「安心物質」「リラックス物質」「ポジティブ物質」程度です、もちろん非常に激しく効きます。あなたはプロスタグランジンを抑えたいようですが、上記の様にその働きはプラスもあればマイナスもあるのです。医師の処方で大量のプロスタグランジンやセロトニン前駆物質を服用しても、効き目は人により異なります、ですから食品やサプリメントから取るのは「危険」以前にバカバカしいのです。それはサプリメントで放置されていることでよく分かります、効果があるなら厚労省は厳しい規制をかけるでしょうがそんなものはありません、つまり「バカバカしくてお話にならない」というのが、私の知る範囲です。上記のうち食品・サプリメント以外ほとんどは最高の化学・医学誌からの引用です、莫大な論文を斜め読みし「へー面白いな」と思ったから覚えている内容ですから、どの論文か訊かれてもお答えできませんし、そもそも英文の専門論文なので術語の塊ですので、大学院まで行かないと話が見えないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報