決算で赤字になってまずいことってどんなことがありますか? 以前、大きく利益が出そうで決算対策などやりすぎて今度逆に赤字になってしまったことがあります。銀行から借り入れしずらくなったりするんでしょうか?他困ることを教えてください。経理にくわしくありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

税理士事務所での経験がある会社の経営者です。


ただ零細企業となります。

私は税金対策や数字の取り扱いになれているつもりではありましたが、税金対策しか考えない、税務会計意識しかないなどで決算書の作成等をしていました。

その結果、赤字申告などがほとんどとなりました。

これでどうなったかというと、金融機関に過小評価され、融資申し込みをしても希望通りの条件にならず、融資を満額受けられないということも経験しましたね。
さらに、会社などを評価するような会社で、想定よりはるか下の評価をつけられたり、取引のための与信審査でも悪い評価となったことで、好条件の大きな取引も、決算書のせいでとり逃しましたね。
また、私は経験しませんでしたが、許認可事業などで決算書の数字が条件となり、許認可が受けられずに新規事業や好条件取引を逃された会社もあります。

私の会社はこのことに気づき、金融機関の担当者や会社を評価する会社などの担当者と繰り返し面談を行い、何年も計画的に決算書の見直しを行いましたね。
税金は払いたくありませんが、そのために事業縮小や資金繰りが厳しくなるのでは意味がありません。
私の会社は、過去7年以上黒字となる決算書を作成し、その他の数字もわかりやすく、評価が得られるようなバランスになるようにした結果、金融機関からの信頼が得られるようになり、会社を評価する会社での評価点も跳ね上がり、既存取引先との取引額の増加、新規での大手の取引先の獲得、ハードルの高い許認可の取得での他企業との差別化、既存取引先との取引条件を私の会社にとって好条件なものへ見直し、などとつながりましたね。

事業の種類や経営方針次第ではありますが、ご商売によっては、知らないところで悪い評価がつけられ、希望の条件や希望の取引先との取引ができていないこともあると思います。決算書をあまり重要視しない経営者もいますが、経営力などが秀でていれば、そのzン脈や信頼で成功される可能性もありますが、そこまで秀でていなければ、原因不明の経営悪化に陥ることになるでしょう。

私の知っている会計事務所は、税理士だけでなく、公認会計士や中小企業診断士からのアドバイスを含め、事業運営にプラスになる決算を組むところもあります。
私はそこまで能力があるとは思いませんが、費用負担も厳しいため、独学でいろいろなことを学び、情報収集し、頑張っています。
ただ、私自身税理士事務所の経験から会計上の数字は得意なため、独学でできるという範囲があるのかもしれません。

頑張ってください。
    • good
    • 0

決算対策で赤字になった(or 赤字にした)と言う場合に限定しますと・・。



まず、実際の会社運営には、問題はありませんね。
また、金融機関に対しても、赤字の理由が明確で、容易に対策も可能なので、その旨を説明すれば、基本的には問題ないでしょう。

ただ・・「大きく利益が出そう」から、「決算対策などやりすぎ」の結果、赤字化したと言う場合、最も恐ろしいのは『税務署』です。

税務署の見解は、「節税も、やり過ぎたら脱税」だそうですが、ご質問の状況は、質問者さんにも「やりすぎ」の自覚がある様ですから、この見解に当てはまる可能性が大です。

ありがちな税金対策だと、まず決算を否認されて修正申告を求められ。
最悪は過去に遡って調査されて、追徴課税などを求められる可能性もあり・・。
マジで赤字化してしまう恐れもあります。

また、そう言う意味では、上述の金融機関への説明も、金融機関から「やりすぎでは?」と思われる様な税金対策だと、信用を損なう可能性は、否定できません。
    • good
    • 0

一口に「赤字」といっても、本当にお金が足りない状態の赤字なのか、引当金や減価償却などの操作で表面的に赤字になっているのかによって違ってきます。



「本当の赤字」の場合は、要するに入ってくるお金より出ていくお金が多い訳だから、どこかの段階で資金不足が発生してそれを借金や買入債務、未払い金の増加などの形で補っています。
この状態が続くといずれ資金ショートするので、その時に慌てて調達に走っても間に合わないこともあります。

一方「表面的な赤字」の場合は、直接的な資金の移動を伴わないものが多く、たちまち経営上どうこうなる心配はありません。ただしこの手の赤字は税務上は損金と認められないものがあり節税対策にならないことが多く、また上手く節税できたとしても逆に税務署に目をつけられて後々痛い目に合うこともあります。

一般論ですが、いまどこの銀行も「自己査定」という作業をやっており、企業の信用ランクを数値化しています。赤字会社は基本的には「要注意先」に分類されそれに見合う扱いを受けることになります。
そのあたりをどう説明するか考えておいたほうが良いでしょうね。
    • good
    • 0

基本的には取引先、金融機関関係で赤字はもちろん嫌われます。


ですが数字だけ見て嫌うのではなく、納得できる理由があればいいでしょう。

しかし大きく出た黒字を赤字にするほどの決算対策は適正適法かという意味で、疑いの目を向けたくなりますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算前の借り入れについて

経理事務初心者の2年目を迎える者です。

運転資金のために来月中に資金を借り入れたいと思っています。
今まで借り入れている額を繰り上げ返済して多めに借り入れたいと
考えているのですが決算期前に向けてのこのような
借り入れは良いのでしょうか?それとも残金返済しないで
借り入れのみの方がいいのでしょうか?
あまりにも大雑把な質問で申し訳ありませんがこれでなんとか
おわかりになった方はどうぞ返答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

資金繰りとして必要で、
銀行も快く貸して下さるのでしたら、
決算も何も関係無いと思いますよ。
負債は増えても資産で残りますから、バランス的に同じことです。
また、節税対策としての借り替えの値打ちは貸付金利が下がっているときでしょう。

Q零細企業の赤字決算

社員20名年商約9億 実質役員社長一族3名程の零細企業勤務です。

P/Lをみる機会があったのですが、ここ7年ほど赤字決算(営業利益段階で)になっていました。
B/Sはみたこともありません。零細企業が節税のため赤字で決算をする、という傾向は一応
理解できますが、これだけ累積年度赤字になれば銀行関係とのおつきあいもいい感じになら
ないですよね。

それがウチの場合はそうではないんです。零細企業の割に大手銀行も支店長クラスまでちょい
ちょい来社。買掛の支払いもキレイなので、取引先の信用度も高い。実際仕事は多忙で給料
遅配なんてものもなし。

販管費が高いと感じましたが、上場企業とちがって費目内容別に把握はできません。
情報開示なんてものはありません。
単年度赤字額は売上対比で考えれば、決して小さくはないのです。
上場企業であれば剰余金取り崩し、債務超過も考えられるケースですよね。

零細赤字企業にしてこの余裕、どうゆうことなんでしょう?
零細企業の独特な決算方式ゆえなのか、よほどうまく資金をまわしているのか?
社長の個人資産はそれなりとは思います。

社員としてなんとなくの不信感と経営面からの興味、両面があります。
どなたか、スッキリさせてください。よろしくお願いします。

社員20名年商約9億 実質役員社長一族3名程の零細企業勤務です。

P/Lをみる機会があったのですが、ここ7年ほど赤字決算(営業利益段階で)になっていました。
B/Sはみたこともありません。零細企業が節税のため赤字で決算をする、という傾向は一応
理解できますが、これだけ累積年度赤字になれば銀行関係とのおつきあいもいい感じになら
ないですよね。

それがウチの場合はそうではないんです。零細企業の割に大手銀行も支店長クラスまでちょい
ちょい来社。買掛の支払いもキレイなので、取引先の信用度も高い。実...続きを読む

Aベストアンサー

#1,3です。
他の方の回答のお礼を読みましたが、基本的に質問者さまがスッキリすることはありませんよ。

質問者さまの不審の発端と言えば、営業利益が赤字、それだけのことです。
対して状況証拠は金払いがキッチリしているだけでも(実は当たり前の話ではありますが、それでもこのご時世では)立派なものです。

中小や零細企業は大企業(とりわけ上場企業)とは全く違います。
会社の拡大はもちろんですが、それ以上に存続や継承は非常に頭の痛い問題です。
例えば質問者さまはポケットマネーで今お勤めの会社を買収(要は会社所有の資産をすべて買い取ること)ができますか?
無理ですよね?
継承者にしてみても(相続と言う特例はあれど、相続税の観点から言って)悩ましい問題です。

簿記の教科書や経済や株式投資の本などには、大企業や建前上の論理は書いてあっても、それでは中小や零細の経理はできても経営はできません。
例えば企業関係の保険を扱っている保険会社から送られて来る冊子、調査会社が調査に応じたお礼でくれる冊子などにはそれらのテクニックが載っています。
もちろん現行法では問題がないので、銀行だって赤字の理由が分かればちゃんとお付き合いをしてくれます。
その中で最もポピュラーなのは会社の利益を繰り延べたり、移転したり、赤字化(もちろん単純に赤字にするのではなく、なるべく繰り延べや移転になる形や継承者の給料を上げて個人資産を厚くする)をして小さくする…などがあります。

それらを知るためにはちゃんとした決算書を手に入れる必要があります。
が、ちゃんとした決算書というのは株主(中小や零細の場合経営者やその一族)の株式上での財産まで知られるということです。
質問者さまはむやみに友人知人に自己資産をバラしますか?
質問者さまがスッキリするためには「うちの会社の決算書(あなたの財布の中身)を見せて」と言わないと無理です。

これから中小零細企業の経営姿勢を学んで、さらに調査会社を使って決算書(子会社などもあるようならそれらの連結分も)も手に入れ…までするつもりはないでしょ?
質問者さまより企業経理に詳しく、決算書も手に入れている人たちの顔色を見て判断為された方がよろしいと思います。

給料の遅配は赤に近い黄色…というより黄色に近い赤い信号ですが、その気配もないようなら行く末を案じるに値しないように思いますけどね。

#1,3です。
他の方の回答のお礼を読みましたが、基本的に質問者さまがスッキリすることはありませんよ。

質問者さまの不審の発端と言えば、営業利益が赤字、それだけのことです。
対して状況証拠は金払いがキッチリしているだけでも(実は当たり前の話ではありますが、それでもこのご時世では)立派なものです。

中小や零細企業は大企業(とりわけ上場企業)とは全く違います。
会社の拡大はもちろんですが、それ以上に存続や継承は非常に頭の痛い問題です。
例えば質問者さまはポケットマネーで今お勤めの...続きを読む

Q決算期変更(変更した決算期が1ヵ月決算)ってできますか?

私の勤める会社が、買収され上場会社の子会社となりました。
その親会社(上場会社)が3月決算であるため、決算月を合わせるように要請されています。
私の会社は2月決算なのですが、2月中に臨時株主総会を開催して、決算期を3月に変更(定款一部変更)することはできますか?(変更した期は1ヵ月決算となってしまいますが・・・)
そうすると、18年2月期の定時株主総会と18年3月期の定時株主総会がそれぞれ、5月下旬、6月下旬となり、な~んかおかしい感じがするのですが・・・(18年2月期の貸借対照表・損益計算書・利益処分案承認(それと、配当が決まる前・・・)の前に、18年3月期が終わってるみたいな・・・)
商法上は、できるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

M&Aなどにより、1ヶ月程度の変則決算を行うケースはよくあります。

確かに、2月決算&利益処分が確定する前に翌決算期が終了しているというのは変な感じはしますが、
実際に各々の決算が確定するのは、各々の総会承認決議時点です。この総会決議が5月、6月に行われ
ますので、この順で決まる限りにおいては問題は生じないと考えます。

決算期変更自体は登記事項ではありませんので、変更の総会は2月でも良いとは思いますが、定款を変更
する時点は、3月1日以降となりますので、その点ご留意頂いた方がよろしいかと考えます。

税務当局への届出については、3月中に行えばよいと思います。

Q赤字決算だと将来上場は難しい?

ある人から、過去に赤字決算があると上場は難しくなると
聞きました。
まだ上場を考える段階でもないですが近い将来にはと思っています。
今回は2回目の赤字決算で結構大きな額ではあります。
そういった場合、将来、どんなに事業的に優れていても
上場は難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

株式を上場するには上場する市場の基準を満たす必要があります。
結構きびしい基準ですが、新興市場ならば利益が出ていなくても、他の条件を満たしていれば可能です。

マザーズ上場基準
http://www.tse.or.jp/cash/stock/stlisting_e.html

ヘラクレス上場基準
http://hercules.ose.or.jp/listing/step/pr-st-004.html

セントレックス上場基準
http://www.nomura.co.jp/wholesale/venture/00ib/k-meisho_s.html

この3市場には上場の際の利益に関しては、特に基準はありません。

Q赤字決算時の一括償却資産について

よろしくお願いします!
今回初の決算なのですが、大きく赤字となりました。
よって今回は固定資産、繰延資産について償却しないこととしました。
そこで、質問です。
一括償却資産に計上したものは三年の均等償却になると思いますが
今回の決算で償却しないことは可能なのでしょうか?
ほかの資産と同じで黒字が出てから三年間償却できるのでしょうか?

一括償却資産は償却資産税がかからないとのことなので、10万~20万の資産は一括償却資産に計上してあります。
ちなみにしばらくは赤字決算になりそうです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法人でしょうか?
個人であれば無理ですが法人であれば任意償却ですので可能です。

参考URL:http://www.dab.hi-ho.ne.jp/a-toishiba/tax-e.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報