この回路の端子abの電位差を求めるのに画像のように考えたのですが間違えていました。
考え方のどこを間違えているのでしょうか。
1番を電位0としてそこから辿り10Ωの電圧降下を差引いた電位とa点の電位を差引き、電位差を求めようと考えました。

また、b点についてですが1番から辿っていくと10Ωの電圧降下の先に2Vの電圧が掛かっていますがこの電源の電圧についてどう考えればいいのでしょうか。
2V~10Ωに繋がる導線には2Vの電圧が掛かっているのでしょうか。
それならばb点の電位は
0-(10Ωの電圧降下)-2V
と考えなければいけないのでしょうか

「この回路の端子abの電位差を求めるのに画」の質問画像

A 回答 (2件)

aの電位の求め方は正しいです(^^)


問題は10[Ω]の部分の扱いですね。
10[Ω]には右から左に電流が流れますので、
右側が高電位、左側が定電位です。
その電位差は、計算の通りに(7/12)×10[Ω]ですね。
ですから、10[Ω]の右側の方が電位が上がって、bの電位は(7/12)×10=35/6 となります(^^)

また、①からbにたどる場合は2[V]の電源は関係ありません。
それは、2[V]の電源は、電源の両端で2[V]の電位差を生じさせるものであるので、
回路に流れる電流を計算したところで、すでに考慮済みということになります(^^)
ただし、① → 10[Ω] → 2[V] → 2[Ω] → a とたどるときは、2[V]を気にして下さいね(-_-)
このときは、
35/6 + (-2[v]) + 2[Ω]×7/12= 60/12 =5[V]
となり、矛盾はありません(^^)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!よくわかりました
>電源の両端で発生する
この説明とても知りたかった事です!(常識なのでしょうが)とても勉強になりました‼ありがとうございました

お礼日時:2017/04/21 18:06

赤字が①でしょうか。


電流Iと矢印を用いれば、このループ電圧は、
①からスタートすれば、
5-2I+2-10I=0
∴ I=7/12 [A]
①=0Vとすれば、
a=5[V]
b=IR=7/12*10[V]
Vab=5-35/6[V]=(30-35)/5=-5/6[V]

10ΩにIがその方向に流れれば、電圧は、
①<b になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
よくわかりました!

お礼日時:2017/04/21 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路に、100Vの電圧

 抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路に、100Vの電圧を加えたときの皮相電力〔VA〕は?

Aベストアンサー

>抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路
●合成インピーダンスは10Ωとなります。

>100Vの電圧を加えたときの皮相電力〔VA〕
●流れる電流は10A、したがって皮相電力は1,000VA

Qこの回路の真ん中を定電圧源に変換すると下の回路図のように10Vと2Ωの直列になるようですがどのように

この回路の真ん中を定電圧源に変換すると下の回路図のように10Vと2Ωの直列になるようですがどのように考えればこうなるのでしょうか

図1で2Ωと5Aの定電流源だけを見た時に5Aを送る為に必要なのは10Vなので10Vの電源が付くのは分かるのですが

1、その時にI3を考慮しなくていいのか
2、10Vの電源の向きはなぜ上向きになるのか

が分かりません。
1の質問に関しては定電流源と2Ωだけを考えるのでI3は関係ない(この部分をひとかたまりとして、そこにI3が入ってくるのは前後同じ)という考え方で合ってますでしょうか。

2に関しては5Aの電流は2Ωの上から下に向かって流れるのだから2Ωの上に10の電源が下向きに付くのではないかと思いました

Aベストアンサー

No.4です。「お礼」に書かれたことについて。

>あと、I1はマイナス値になりますがこれはI1の電流の流れる向きが実際には設定と逆で、
a点に流れ込むのではなくa点から左へ向かって流れていた、という事でいいでしょうか

そういうことです。ある方向に電流を仮定して、計算の結果「マイナス」になったら仮定した方のと逆方向に電流が流れるということです。

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16V

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16Vを加えたときの回路に流れる電流Iとその大きさおよび位相角を求める詳しい途中式教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のサイトに解説記事がありますので参考にして下さい。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC3.htm
新人のための電気の基礎知識(交流回路)

5.2.ベクトル・複素数:数学の基礎1A-(1.9.複素数・ベクトル参照)
5.3.RLC回路 (瞬時値・位相の関係は5.4.位相参照)

1.9.複素数・ベクトル
公式・(a+jb)/(c+jd)=(ac+bd)/(c2+d2)+j((bc-ad)/(c2+d2))

求める電流は次のようになります。
I = V/Z = V/(R+jXL) = (12+j16)/(5+j3)
後は複素数の割り算ですので直ぐに求まると思います。
電流の絶対値は3.43Aです。

Q8Ω,0.25Wのスピーカーに5Vの電圧をかけると、流れる電流地はどの

8Ω,0.25Wのスピーカーに5Vの電圧をかけると、流れる電流地はどのくらいにでしょうか。
この場合、
8Ωからみると、5Vかけるので、5/8で、0.6A位(600mA)になります。
0.25Wからみると、0.25/5で、0.05A(50mA)になります。
おそらく後者が正しいとおもうのですが、
8Ωなのに、0.05Aしか流れないとすると、何が、
電流を妨げるのでしょうか。
(本来0.6A流れるはずだと思います)。
抵抗値を調べて、電流値を計算し、実際測ると、
電流値が低いものには、他に、直流電球なども
ありますが、理由が分かりません。
何かアドバイスできる人がいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>8Ω,0.25Wのスピーカー
8Ωというのはインピーダンスである、抵抗値ではない。
0.25Wというのは許容入力電圧である、消費電力ではない。
>5Vの電圧
スピーカーは直流に対してはただのコイルであるから抵抗値はほぼゼロである。
だから電源をショートしたことになって電圧はかからない。

Q電圧と電位、電位差

今、技術レポートみたいなものを書いているのですが、途中で混乱してきてしまったので質問させてください。

電圧という言葉は、電位差と同義語だとずっと思っていたのですが、実は、電位と同義語なのでしょうか?電圧差なんていう言葉も使われてるみたいですし。
もしくは、電圧は、電位とも電位差とも違う別の概念なのでしょうか?

口語ではなくて、きちんとした技術文書中での、電圧と、電位・電位差の使い分けについて教えて欲しいです。


たとえば、「オペアンプの出力電圧」とは言いますが、「出力電位」とか、「出力電位差」とは言わない気がします。また、この「出力電圧」というのは、正式にはGNDと出力ノードとの電位差のことですか?それともGNDを基準にした出力ノードの電位のことですか?

「ノードAとノードBの電圧が同じになるように制御する」と言うよりも、「ノードAとノードBの電位が同じになるように制御する」のほうが正式な文書では正しい気がするのですが、この感覚は正しいですか?
それとも、この2つの文は違うことを言っていますか?

Aベストアンサー

再び登場。

>>>文書中では、電位・電位差という言葉は使わずに、全て電圧で統一するということなのでしょうか?

はい。回路については、そうです。
少なくとも私の経験の範囲内では。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報