引越しでおトクなインターネット回線は?>>

【電気の数学】絶縁耐力試験での計算式で「最大使用電圧=公称電圧*1.15/1.1」という公式がありますがなぜ*1.3636と一気に計算したらダメなんですか?

同じ結果になる気がするんですけど。

掛けて割る2段階計算にする意味は何があるんですか?

A 回答 (1件)

1000Vを超える公称電圧は、電圧変動を考慮し、使用電圧の10%アップとなっています。


使用電圧6000Vの公称電圧は6600Vです。
最大使用電圧は、使用電圧の15%アップなので、公称電圧を1.1で割り、使用電圧に戻しているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/05/10 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐圧試験の印加電圧

高圧電路の絶縁耐力試験では、その印加電圧は、交流で行う場合、公称電圧の1.15/1.1倍を最大使用電圧として、その1.5倍で求められますが、この1.15/1.1という乗数の根拠は何ですか? 様々な講習会で先生方に質問しましたが、答えられた方がいません。どうかお願いします。

Aベストアンサー

参考URLの「電気供給約款取扱細則」によれば
公称電圧は
100V,200V:3.3kV,6.6kV:22kV, 33kV, 66kV, 77kV・・・で
低圧がキリの良い数値なのに、高圧以上ではなぜか1.1倍した値になっています。
高圧以上では、電圧降下(10%)を見込んで最長受電端で
キリの良い値になるようにしているようです。
このキリの良い電圧を基準電圧として
基準電圧=公称電圧/1.1
最大使用電圧=基準電圧×1.15倍・・・としたのでしょう。

戦後、電力会社の統合で、さまざまな規格、仕様の送電、配電網を
連結する際の歴史的な関係があるかもしれません。

参考URL:http://www.onyx.dti.ne.jp/~eses/page016.html,http://page.freett.com/tomotaku25/g10-taiatu.htm

Q電気の難し〜〜い話。凡人にはまず答えられないであろう。だから電気の専門家に教えて貰いたい。 日本国内

電気の難し〜〜い話。凡人にはまず答えられないであろう。だから電気の専門家に教えて貰いたい。


日本国内は関東と関西で電気の周波数が違う。

関東は50Hz、関西は60Hzである。

で、蛍光灯には雑音コンデンサが組み込まれている。

コンデンサの周波数は
1
-
2πfL

でコイルの2πfLの逆数である。

よって50Hzの蛍光灯を関西に持ってきて60Hzで動かすと流れる電流は少なくなる。

で発電機のモーターはコイルで動く。2πfLなので50Hzから60Hzになると電流は多く流れる。

で、ここからが問題だが、、、

コイルと抵抗が並列回路であるとする。

-----R-----
-| |-
| |
-----XL----

この並列回路を50Hzのところから60Hzのところに持って行ったら、電流は減少したのだ。

コイルは2πfLで電流は増加すると思ってたのでビックリした。

なんで減少したのか教えてください。

抵抗と電流は逆比なので、抵抗側が減少して、コイル側が増加したってことですか?

なんか質問書いてる間に自分で解けた気がする。この考えで合ってるのか?

電気の難し〜〜い話。凡人にはまず答えられないであろう。だから電気の専門家に教えて貰いたい。


日本国内は関東と関西で電気の周波数が違う。

関東は50Hz、関西は60Hzである。

で、蛍光灯には雑音コンデンサが組み込まれている。

コンデンサの周波数は
1
-
2πfL

でコイルの2πfLの逆数である。

よって50Hzの蛍光灯を関西に持ってきて60Hzで動かすと流れる電流は少なくなる。

で発電機のモーターはコイルで動く。2πfLなので50Hzから60Hzになると電流は多く流れる。

で、ここからが問題だが、、、

コイル...続きを読む

Aベストアンサー

>2πfLなので
何が、が肝心。インピーダンスという抵抗のような成分のこと
なのでfが50Hz→60Hzにアップすれば抵抗成分が増え電流は減ります。
ここがあなたの勘違い。

Q受変電所のGISやVCT等って何でしょうか?

ビルの特高変電所にある
(1)GIS(ジスでよいのでしょうか?)や
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubikiki/gis.html

(2)VCTとかって何で何の役割をしているのでしょうか?

他にも
(3)DS(断路器)
http://denk.pipin.jp/kihon/kaiheiki.html
(4)VCB(真空遮断機)

(5)LBS(高圧交流負荷開閉器)

(6)ZCT

(7)EL(漏電保護リレー)

(8)EB(B種接地線)

があります。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です。

VCTはVT+CTの略号です。
CBは遮断機で家庭のブレーカーと同じ役目のものです。
短絡電流の遮断が出来ます。
似たものに負荷遮断機(LBS)があります。こちらは短絡電流の遮断は出来ません。
Vは真空式の記号です。気中、油中、ガスなどがあります。
遮断機には、動作回数を表示するものもあります。一定の回数になると、点検するようです。
キューピクル内には、進相コンデンサ保護用リアクトル、進相コンデンサ用放電抵抗、
結露防止用スペースヒーター、不足電圧リレー、アレスター、油温計、ガス圧計などもあります。
1年に1度変電設備の定期点検があります。遮断機の動作試験などもありますので、
チャンスがあれば見るとよく分かります。動作時間の測定も行われます。
絶縁抵抗測定は行われますが、絶縁耐力試験までは行わないようです。
定期点検で不具合が見つかった場合は、内容により、急ぐ必要がなければ、
次回の定期点検時に処置となるようです。

変電設備で、特に停電時の操作を行わない方式では、操作電源はVTから
取り出すものがあります。この場合、DSを入れると、パイロットランプが
点灯しますが、これはVTに通電されるためで、メイントランスではありませんので
驚かないでください。

CT取り扱いの注意点は、絶対に2次を解放しないでください。

電力会社の変電所などには、空気遮断機と言った、圧縮空気を使ってアークを切る
方式の遮断機もあります。

変電設備の記号については、CBが52と言った数字で表示してあるものもあります。

補足です。

VCTはVT+CTの略号です。
CBは遮断機で家庭のブレーカーと同じ役目のものです。
短絡電流の遮断が出来ます。
似たものに負荷遮断機(LBS)があります。こちらは短絡電流の遮断は出来ません。
Vは真空式の記号です。気中、油中、ガスなどがあります。
遮断機には、動作回数を表示するものもあります。一定の回数になると、点検するようです。
キューピクル内には、進相コンデンサ保護用リアクトル、進相コンデンサ用放電抵抗、
結露防止用スペースヒーター、不足電圧リレー、アレスター、...続きを読む

Q【電気】電気の「ちょっけん」とは何ですか?

【電気】電気の「ちょっけん」とは何ですか?

Aベストアンサー

直巻:「じかまき」又は「ちょっけん」
 
直流モーターで、電機子巻線と界磁巻線を直列に接続したもの。

電機子巻線:モーター本体側コイルの事
界磁巻線:回転子コイルの事

Q対地電圧について

こんにちは。
対地電圧について
電路と大地間の電位差と記載されております。

対地電圧150V以下の機器とは、150Vで使う機器が設置されていれば
その機器との対地電圧は150Vということになるのでしょうか?


以上 宜しくおねがいたします。

Aベストアンサー

>150Vで使う機器が設置されていれば…

150Vなんて電圧は商用電源にありません。

対地電圧が問題になるのは200V機器で、例えば単相 200Vのエアコンには仕様が対地電圧 150V 以下のものと150V超過のものとがあります。

対地電圧 150V 以下で線間電圧 200V とは、単相三線式電路をいい、主に住宅での使用を前提としたものです。

対地電圧 150V 超過で線間電圧 200V とは、三相三線式電路の 1相に接続しても良いもので、店舗や事務所等での使用を前提としたものです。
もちろん、三相三線式電路の 1相に接続しても良いというのはあくまでも理論上の話で、電力会社との契約種別によってはそのような接続ができないこともあります。

平たくいえば、住宅での使用は危険性を最小限にするため対地電圧を 150V以下に制限し、子供や年寄りが扱う可能性の低い店舗や事務所等では対地電圧 150V 超過を許容しているということです。

Q【電気】変圧器の「鉄損」「銅損」って何ですか? 何が鉄損で何が銅損になるのでしょうか?

【電気】変圧器の「鉄損」「銅損」って何ですか?

何が鉄損で何が銅損になるのでしょうか?

Aベストアンサー

鉄損: コアの物性の為に発生する損失。(鉄芯に由来する損失)
銅損: 巻線の抵抗成分に為に発生する損失。(銅線に由来する損失)
上記の程度の事しか知りません。
下記のサイトが参考になるかも。

http://www.geocities.jp/spwks280/henatukisonsitu.html
http://www.jeea.or.jp/course/contents/05101/

Q変圧器の二次側電流についてですが、 一次側の電圧をV1、電流をI1 二次側の電圧をV2、電流をI2

変圧器の二次側電流についてですが、

一次側の電圧をV1、電流をI1
二次側の電圧をV2、電流をI2
容量を1000VA

とすると1000V/100Vの変圧器の場合二次側電流I2はV1I1=V2I2より10Aとなります

電圧は巻き数比によって固定、電流は(まだ負荷をつけてませんので流れませんが)V1I1=V2I2より固定なのでかわらずですが
ここに100Ωの抵抗をつけた場合電圧100V、抵抗100Ωなのでオームの法則から計算すると1Aなのに皮相容量一定の考えからだと10A流れなければおかしい事になります

これはどう考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
発電所から流れ出る電流は変化する事になります(`・ェ・´ノ)ノ
発電所では、もちろん電磁誘導を利用して電気を起こしていますが、
発電機に電流が流れれば流れるほど、発電機は”重く”なります(◎◎!)
これは、電磁力が発電機の変化(つまり回転)を妨げるように働く事によります(-_-)
ですから、負荷に大きな電流を流すためには、発電機に大きな力を加えて発電させる必要があります。
負荷での消費電力が大きければ、発電機を回すためのエネルギーも大きくなる・・・エネルギー保存則を考えなければ、当然と言えば当然ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q電気の電流の話の続きです。 V I=- R コイル 2πfL コンデンサ 1 - 2πfL コイルは

電気の電流の話の続きです。
V
I=-
R

コイル 2πfL

コンデンサ

1
-
2πfL

コイルは100V、50Ωだと2Aの電流が流れる。

60Ωになると1.6Aで電流が減少する。

コンデンサは2πfLの逆数だから100V*50Ωとなる。

するとコンデンサの電流は500Aになる。

60Hzになると600Aになる。

同じ抵抗値のコイルとコンデンサでコイルは2Aでコンデンサは500Aになるって本当に合ってるんですか?

500Aって凄すぎませんか?

コンデンサだと電流は50Hzから60Hzになると電流は増加するっていうのが答えですか?

でも本にはコンデンサは電流は60Hzになると減少するって書いてて意味が分からない。

結局答えは

コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?

Aベストアンサー

基礎のお勉強(知識)が無いと、お話しは難しいでしょう。

> コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?
直列に接続されていれば、周波数が上がるとそうなります。
コイルLのインピーダンスZLは、ZL=j*2*pi*F*L
コンデンサーCのインピーダンスZCは、ZC=1/(J*2*pi*F*C)になります。

V*I=-R …これは意味不明
V*I は、一般的には電力です。

Q100Ω、100Hzにおけるデバイスがonの時とoffの時のデバイスの抵抗の求め方が分かりません。

100Ω、100Hzにおけるデバイスがonの時とoffの時のデバイスの抵抗の求め方が分かりません。
どなたか教えていただけないでしょうか。

スイッチング素子に使われるデバイスです。

Aベストアンサー

スイッチング阻止の抵抗ですか?
抵抗は100Ωで変わらないぞ。

・・・
もしも回路全体の抵抗という事であれば、インダクタンスやコンダクタンスを含めたインピーダンスを求めるようにする必要がある。
レジスタンスだけをどうのと言われても「変わらない」としか答えようがない。

そもそもエスパーはこのQ&Aサイトにはいないから...。
(エスパーモドキやゲスパーはたくさんいるけどね)

Qリレーシーケンスのインターロック回路を教えてください。 BS1 MC1 BC2 MC2 |_____

リレーシーケンスのインターロック回路を教えてください。

BS1 MC1 BC2 MC2
|______|. |_______|
|. |
MC2. MC1
|. |
MC1. MC2

これはBS1スイッチを押したらMC1がオンになってBS1スイッチを手から離しても電気は流れ続ける。BS2スイッチを押すとMC2が繋がって電気の流れが維持される。

BS2スイッチを押すとMC2に電気が流れる。

これってインターロックと自己保持は同じなのでは?

どこが違うのでしょうか?

自己保持回路もよく分かってません。

BS1. MC
|______ |
BS2. MC. |
|-------|. SL
MC. |

これはBS1ボタンを押してからBS2ボタンを押すとMCがオンになってサインランプがボタンを離しても点き続けるっていう回路でしょうか?

BS1がなんで必要なのか分かりません。

----------

リレーシーケンスの自己保持回路とインターロック回路を分かりやすくどういう動きになるのか解説してください。

リレーシーケンスのインターロック回路を教えてください。

BS1 MC1 BC2 MC2
|______|. |_______|
|. |
MC2. MC1
|. |
MC1. MC2

これはBS1スイッチを押したらMC1がオンになってBS1スイッチを手から離しても電気は流れ続ける。BS2スイッチを押すとMC2が繋がって電気の流れが維持される。

BS2スイッチを押すとMC2に電気が流れる。

これってインターロックと自己保持は同じなのでは?

どこが違うのでしょうか?

自己保持回路もよく分かってま...続きを読む

Aベストアンサー

リレーシーケンスの場合
1.自己保持回路
出力リレー自身の接点を使って自分の回路の変化を維持する回路。

2.インターロック
ある入力条件で出力がONする回路があったとき、特定条件で出力がONしない様に禁止する接点

上段の回路だと、MC1回路もMC2回路も両方ともそれぞれが、自己保持回路です。自己保持回路の中で、OUT_MC1とOUT_MC2が両方ONしない様に、禁止条件(インターロック)として、MC1回路にはIN_MC2のb接点、MC2回路にはIN_MC1のb接点が入れてあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報