『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

初めまして。ローバーミニのフロントアッパージョイント(ナックル?)ブーツの交換方法を教えてください。
ハイローキットは付いていますが、ラバーコーンコンプレッサーは持っていません。
やはりラバーコーンコンプレッサーが必要でしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

Hi-Loでゴムばねが外せるかどうか?は走行距離によります。



※ゴムばねは、体積や重量に対する荷重吸収量が大きく、そのメリットを狙ってミニに採用されたワケですが、しかし荷重をかけっぱなしだとカンタンに永久歪みが残ってしまいます。
 だからゴムばねはミニ以降あまり普及せず、通常は全く荷重を受けず、大荷重のみを吸収するバンプラバーには現在でも盛んに使われているワケです。

※ミニのラバーコーンは、走行距離で2万km辺りから目に見えて変形し始め、5万kmも走ると全長の10~20%程度が変形して車両姿勢を保てなくなります。(Hi-Loキットとは、元々このゴムばねのヘタリを是正する為に開発された装置で、別にシャコタンにする為に作られたワケではありません。実際’60年代には、ミニはノーマルのゴムばねと車高のままダンパーだけ交換してサーキットやモンテカルロの山中を走り回り、アルファロメオやポルシェ、ランチア、ロータス、MG、トライアンフ等の本格的スポーツカーと戦っていました。要するにミニのサスは、単なるファミリーカーの仕様でレースやラリーでも十分な性能を発揮していたワケで、これは非線形特性の強いゴムばねがあったからこそ、でした。)

・・・っというワケで、ヘタリが大きい古いゴムばねであればHi-Loキットをメ一杯緩めると外せますが、経験的には6~8万kmも走っていてゴムばねがヘタリ切っている場合のみです。
 ばねコンプレッサーナシでやってみて、外れなければばねコンプレッサーを購入するというのも手ですが、ばねコンプレッサーがあれば、Hi-Loを緩めて折角車高が出ている現在のセッティングを崩すこともありませんし、そもそもミニのゴムばねはクラッチやブレーキ同様定期交換部品なので(ヘタって車高が出なくなったゴムばねは硬化しており、ばねとしての機能が低下してミニ本来の優れたロードホールディングが得られません)、今後もミニに長く乗ろうとお考えなら、ばねコンプレッサーは購入しておいてもよいと思います。

 などとゴムばねの話ばかりになりましたが、

>ローバーミニのフロントアッパージョイント(ナックル?)ブーツの交換方法を教えてください。

 ブーツが切れている場合、ガタがなければブーツを交換するだけで済みますが、浸水している可能性大なのでBJ(ボールジョイント)ごとゴッソリ交換した方がベターではあります。
 っというワケでとりあえずBJ交換まで述べますが、そうなるとヤッカイなことにミニでは、BJはアーム側でなくアップライト(=ナックル。独立懸架では正確にはアップライトと言います)側に装着されています。

※アッパーだけなら、理論的にはアッパーリンクを外すだけでもBJを交換出来ないことはないはずですが、後述するドームナットを緩める作業が手強く、アップライトを完全に車両から取り外した方が作業が確実です。

※BJは巨大なドーム型ナットでアップライトに固定されていますが、コイツの対面サイズが38mmだったか・・・とにかく巨大で、そこらで売ってるスパナやメガネではサイズがありません。またかなり固く、自在スパナ(モンキー)やパイプレンチなどでも回すのは困難です。(自在スパナで回そうとすると、工具が壊れそう・・・なほど固いです。)
 ワタシはこのサイズの工具を作ってもらいましたが、専用工具を買ってしまうのが確実です。(ただ専用工具は長さが足りず、ドームナットにかけてからハンドル部分を巨大な銅ハンマーでブッ叩く、という危険な作業を行わなければなりません。叩いた瞬間工具がナットから外れたら・・・おぉ~コワイ。このサイズのソケットが入手出来たら、メチャクチャ長いアームも使えるんですけどね。)
 尚、これだけ固いナットを回すので、アップライト全体は巨大な万力で確実に固定しておく必要があります。

※新品のBJは、ボールのプリロードをドームナットにカマせるシムで調整する必要があります。
 シムを入れ一旦組み立て、スタッド部分をグリグリ回して作動の重さを確認し、軽すぎたり重すぎたりしたらまた分解してシムを入れなおして・・・を繰り返してベターなプリロードを模索します。(作動が軽すぎるとすぐにガタが出て、逆にキツ過ぎると焼き付いてやっぱりガタガタになります。)

※BJのプリロードがいい感じにセッティング出来たら、後は組み立てるだけですが・・・新品のBJだと初期なじみでガタが出るケースがあります。
 組み立てたあとしばらくは作動を確認し、ちょっとでも怪しかったらまた分解してシムを入れ直さなければなりません。
 更にヤッカイなのがアッパ側のBJという点で、こちら側はロワと違いボールにプリロードをかけているばねが入っていないので、初期馴染みでガタが出易い様です。

・・・っとここまで読んで、如何でしょう?ばねコンプレッサーやドームナット工具を買いこみ、万力がなければそれも借りるか購入するかして、更に頻繁な分解~組立のシム調整・・・これらの作業と設備投資を想像したら、結局ミニ屋にマル投げした方が結果的に安く済むし安心だと思いませんか?
 勿論、古い英車を維持するには自分で出来ることを増やした方がよいですし、そういう作業も太古車を所有する楽しみではありますが・・・正直なところ、ワタシは(自分で出来る知識と工具を持っていて、実際にいろいろやって来ましたが)もう面倒くさくてウンザリ、と作業しながらいつも考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。
詳しく教えていただきありがとうございました。
コンプレッサーなしでやってみてダメなら・・・と、考えながらやってみたら、なんとか分解できて作業は完了しました。
以前、別件でミニ屋に相談したら、簡単な作業まで高い工賃を見積もられて、信用できません。
自分でやったらブーツ代1個250円ですみました。

お礼日時:2017/05/24 14:00

参考になるか分かりませんがみんからに出てましたので一度見て下さい。



http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/369313 …

ラバーコーンはハイローキットがあればコンプレッサーは無くても出来るみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。
別のサイトでハイローでできなくてラバコンを使った・・・という記事があって、ちょっと不安です。

お礼日時:2017/05/10 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧車!この車がわかる人いらっしゃいますか?

この車の車種がわかる方いらっしゃいますか???

Aベストアンサー

いわゆる130型とよばれる2代目セドリックの、それも前期型ですね。
ボンネット先端の段付きとオーバーライダーがついたメッキバンパは、1968年のビッグマイナーチェンジ以前の前期型の特徴です。

バッディスタ・ファリーナ(一連のフェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社の創始者)のデザインで有名ですが、機構的にはフェアレディZやスカイラインGTシリーズにも搭載され名機と呼ばれる様になるL20型、直列6気筒OHCエンジンを最初に搭載したセドリックとしても有名です。

このあと、230型からセドリックとグロリアは兄弟車になります。そういう意味では、オリジナルセドリックの最後のモデルとも言えそうです。

個人的には、すごく懐かしいクルマです。当時父親がこの130セドリック前期型を所有していて、一方その弟(叔父)がプリンスのA30グロリア(既にプリンスがブリヂストンから離れて日産に吸収されたあとでしたが、車検証にはプリンスと書かれていました)に乗っていて、よく『どちらがよいクルマか?』と議論していました。
あの頃トヨタは、高級車としては全くお呼びでなかったのですが・・・どこでどう間違ったんでしょう・・・?

いわゆる130型とよばれる2代目セドリックの、それも前期型ですね。
ボンネット先端の段付きとオーバーライダーがついたメッキバンパは、1968年のビッグマイナーチェンジ以前の前期型の特徴です。

バッディスタ・ファリーナ(一連のフェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社の創始者)のデザインで有名ですが、機構的にはフェアレディZやスカイラインGTシリーズにも搭載され名機と呼ばれる様になるL20型、直列6気筒OHCエンジンを最初に搭載したセドリックとしても有名です。

このあと、230型からセドリッ...続きを読む

QTOYOTA2000GTを再現してTOYOTAの3000ccエンジン積んで、新型NSXと同じ価格!皆

TOYOTA2000GTを再現してTOYOTAの3000ccエンジン積んで、新型NSXと同じ価格!皆さんどう思う?退職金持ちオーダーで2年待ち

Aベストアンサー

スタイリングがどうなろうがエンジンがどうであろうが
どうでもいいです、買えないから。

Qフォグランプのイカリングの分類は何になりますか? その他の灯火類? 車幅灯? ヘッドライトのイカリン

フォグランプのイカリングの分類は何になりますか? その他の灯火類? 車幅灯?

ヘッドライトのイカリングは何になりますか?
イカリング付けてる人らは車検の時はどうしているのですか?

Aベストアンサー

ヘッドランプの後付けリングはその他の灯火。
前質問のフォグランプは明るさが300cdを超えるなら前部霧灯、以下ならその他の灯火。
300cdは純正バックランプの明るさ。

Q車のバッテリーの種類について…

色々と自分で調べましたが頭がパンクしそうです…
助けて頂ければ幸いです…。

話の要点ですが、バッテリーの規格でN55なるものがあります。
これはアイドリングストップ車用のバッテリーらしいですが
呼び名がN55になるだけでサイズ等は55B24Lと同じと考えてよろしいのでしょうか?
この単純な疑問が、調べても中々解決しません。

以下この疑問に当たるまでの経緯ですが
当方VEZELのガソリン車(アイドリングストップ装着車)に乗っておりますが
どのサイトを調べてもバッテリーの規格は55B24Lです。
しかし、似たような車種なのに
フィット、グレイス、シャトル(いずれもガソリン車)は規格がN55なのです。
どうしてVEZELだけN55では無いのでしょうか…
こうなると55B24Lでもアイドリングストップ車に対応してると結論付けることが出来るように思います…。

ちなみに55B24Lという馴染みのある規格に関してはそれぞれの数字や記号の意味は把握しております。

Aベストアンサー

バッテリーサイズは、全く同じです。
パナソニックのバッテリー互換表では、N- のバッテリーは使用不可になってます。

古めの車は、B24Lなど、新しめの車は、N-などが採用されていることが多く、
ホンダの場合は、ベゼルの発売時期が切り替わりの時期になっているようです。
設計(開発)期間が、比較された自動車よりも長かったため旧タイプの
バッテリーが採用されていると思われます。

他の方も言われていますが、55B24には、ISS対応品と非対応品が
有りますので、購入時にはご注意を。

Qオイル切れで廃車に

毎日配達で使う会社のトラックをオイル切れが原因で廃車にしてしまいました。
後日、社長から「エンジン載せ替えとレッカー代等合わせて100万かかるから廃車にします。自己責任だから25%負担してください」と言われました。
参考までに、車検から5カ月39万㎞強のトラックです。オイル交換はしないで、オイルが無くなったら足すと入社時に他のドライバーに教わりました。
言い訳として、以前までオイルランプが点灯したら足していましたが、今回ランプが点灯していない常態で停車中にエンジンが焼きついてしまいました。

この場合自己責任という事で、支払わなければならないでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず問題は2点、オイル切れによる廃車と会社の車両の弁償ですね
オイル切れの管理については呆れるしかないですが、一方的に給与天引き、というのは普通ないです。

http://mbp-fukui.com/imairoumu/column/155/

通常は故意もしくはよほどの過失で無いと弁償はないですね(むろん人事考課には反映されちゃって昇進などの妨げにはなるでしょうが)
会社側としてもオイル交換していないという実態は把握できていたはずなんで(請求書を見れば一目瞭然)会社全体での管理がおかしい、というのが故障の主要因です。
自己責任にするのはやりすぎです。(つか自己責任の定義からも外れています→シャッチョさん、日本語大丈夫?)

Q車の小窓はなんのためにあるのですか? フロントガラスとフロントサイドガラスの間の、リアサイドとテール

車の小窓はなんのためにあるのですか?

フロントガラスとフロントサイドガラスの間の、リアサイドとテールゲートの間の

Aベストアンサー

車によっていろいろですが、まず室内を最大限広くしよう、窓やドアを大きくしようとした結果というのが結構な理由になります。
特にタイヤとの位置関係による工夫という点が大きいです。(デザインとしてみればタイヤは大きくて優先順位が高いですから)

添付画像のドアの例ではタイヤの分ドア下端がえぐれています。窓ガラスをきれいに収めるために分割して後ろ側を開かないようにしてあるというわけです。
窓枠のないタイプの後ドアですと窓ガラスは回転するように下がったり、全部下りなかったりと苦労してる例多数(笑)

ミニバンなどではフロントガラスを前方にせり出させています。(エンジンルームがガラスの下に潜り込むような格好になっています。)
室内寸法の確保ではありますが、窓ガラスと乗員のクリアランス確保という意味合いもあります。
こちらもタイヤの関係でドアの形状が制限されます。
ピラー(柱)の強度確保、ガラスの曲率を上げることでの視界の歪み等、を考えるとピラーを増やしたり支柱の様に分けたりしてここに窓を、となるわけです。

Q車のタイヤについて

車のタイヤについて質問をさせて下さい。

私はいつもタイヤの空気を入れる際
デジタル表示式の機械で入れています。

ところがいつも右後ろのタイヤだけ空気圧の減りが
極端です。

走っていて違和感はないのですが
異常があるとしたらどの様な事が考えられますか?

バルブを一度交換して貰おうかと思っています。

また前回タイヤ交換してから
1年半、走行距離にして25,000km走りました。
最近スリップサインが見えて来ました。
スリップサインがタイヤと平行にはなっていませんが…
そろそろ交換した方が良いのでしょうか?

ちなみに次回の車検が今年の12月にあります。
乗っている車はトヨタのヴィッツで型式がKSP-130です。
エコタイヤを使用しています。

タイヤを交換するとしたら安価で販売しているところや
作業してくれる所があればご案内頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

空気圧が減るのは、パンクです。スローパンクチャーなどと呼ばれます。釘などが刺さっていても、刺さったままだと空気の抜けがゆっくりなので、そんな感じになります。バルブ周りも良くあるようです。

空気圧の減ったタイヤで走り続けるとタイヤの溝の減りも早いですし、高速時にバーストの原因になったりもします。

クルマは生物ではないので、ほっといて直るということは絶対にないです。気づいたら早めに対処するのが一番です。

QACCスイッチ入れてスモールランプが点灯?なぜ

ACCスイッチ入れてスモールランプが点灯?なぜ

Aベストアンサー

後付の電装品が悪さしている可能性が高いです。
ACCとイルミがショートしている以外にアース不良で「回り込み」現象を起こしている可能性もあります。

これ以上はカスタム内容について詳細が必要ですね

Q車のブレーキについて!

新車購入してから約半年の軽自動車です。

昨日、洗車をしてからブレーキをかけるとブレーキは効くのですがゴーど音がするのですが、故障でしょうか?

ちなみに青空駐車で、天気は洗車後、昨日の夜から今朝まで本降りの雨でした。

フロント左右のディスクブレーキのローターを見たら錆が出ていました。

何日か乗ってブレーキをかけて錆が取れれば自然に音はしなくなるのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バイクのディスクブレーキを見ると良くわかりますよ。
ディスクは金属なのでパッドとこするとその部分はさびが進行します。
たまにしか乗らないと音がするほど錆ています。
車を走行していると錆が取れて音がしなくなりますが、ディスクの摩耗も早くなります。
用がないのに走行するのは無駄ですが、車のためにはそれなりに使ってやらないと早く
痛みます。

Qライト・ウィンカーが勝手に点灯

ダイハツミラ(L700)に乗っています。数年前から駐車中スモールランプが勝手に点灯してバッテリーがあがる事が度々あって困っています。
昼間、明るい時間しか運転しないので消し忘れということはまずありえません。
これだけでも不思議だったのですが、数ヶ月前夕方走行中天気も悪くて薄暗くなったので久しぶりにヘッドライトを付けたところ何故かハイビームになっていました。
さらに昨日エンジンを始動したところ、右折のウィンカーが作動し始めました。
無意識にライト操作したままエンジン切っているのかとも思いましたが、以前乗っていた車では一度もこのようなことありませんでしたし、今の車も10年以上乗っていますが、以前はこのようなトラブル一度もありませんでした。
これは素人考えなのですが、今の車ドアの立て付けが悪く半ドアになりやすいので、降りるときいつもかなり思い切り強くドアを閉めます。その圧力・振動でライトやウィンカーのスイッチが動いてしまうということはないのでしょうか?
原因わかる方教えてください。

Aベストアンサー

補足拝見しました。
L700って1998〜2002年式ですよね?
だとすると結構年数が経ってますよね。
ライトスイッチを交換すれば解消されるかも。
ディーラーであれ、町工場であれ、部品代と工賃請求されます。
リコールが出てた場合は話が違って来ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング