沈没船とか財宝とか海底に落ちている?物って拾った場合どうなるんでしょうか? 遺失物法ってありますけど、これらって適用範囲内なんですか? 年月が経っていれば元所有者が判らないこともありえますし、そういった時、拾ったものはどうなるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

とりあえず、日本の公海内として…。



この場合、遺失物法ではなく商法の「海難救助」が適用さ
れます。保管・公告は届け出がされた先の市町村長(以下
「首長」と略)がします。
そして、財宝がむき出しの場合は半年以内、沈没船の中に
あった場合は1年以内に所有者が現れなければ、まるごと
発見者のものになります。

所有者が現れた場合、引き取る際には保管・公告料を所有
者が負担し、物件の1/3相当額を首長に支払い、首長はそれ
を発見者に支給します。
つまり、発見者は最低でも1/3の額を受け取れる事になる
のです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/yaeno/sub9.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
たとえ所有者が現れてもいくらかは手に入ると言うことですね。
商法のほうも一度調べてみます。

お礼日時:2001/07/02 15:49

海賊船の場合、所有者といっても、海賊自体が犯罪行為なので、所有権は主張できませんね。

海賊に盗られたものは、元の所有者があるはずですが、最初の盗難から時効になっているかもしれません。保険会社が保険金を支払っていたら、保険会社にも請求権は出てきますね。

海も、領海内と公海では、扱いがちがうでしょうが、タイタニック号みたいな有名な事件だと、どこに沈んで、誰が乗っていたかわかっているから、ネコババは難しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
盗難品だとそういったケースもありえますよね。
保険のことなんて全然考えて無かったです。

お礼日時:2001/07/02 15:56

 文化的に価値があるものですと、文化財保護法が適用される場合もあります。

詳しくは、下のHPを見てください。なお、わが国以外ですと、全部、国庫に帰属することもありますし、保険金を支払った保険会社に所有権がある場合があります。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/yaeno/sub9.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
早速見に行ってきました。
文化財保護法が適用されてもいくらかは手に入るようで。見つけ損にはならないようですね。

お礼日時:2001/07/02 15:56

もちろん適用されます。



元の所有者がわからない時は、半年経ったら拾った人のものですね。

元の所有者が死亡していた場合は、相続人に所有権が行きます。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/M32/087.HTM#top
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
埋蔵金とかは遺失物法が適用されるそうですね。

お礼日時:2001/07/02 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂浜を個人所有できる?

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣りをしていたようで、忠告を受けたようです。そのときは、特に何も考えず、「すいません。すぐ立ち去ります!」と言って、即立ち去りました。もちろん魚も海に返しました。

しかし、家に帰って父親と話しているうち、どうも納得いきませんでした。一般的に砂浜は公共の場であるし、個人で所有することはできないのではないか、ということです。地域の公園を独占するということと何ら変わらないのではないでしょうか。さらに、なぜ私たちは釣った魚を返さなくてはならなかったのか・・・。お金はそこまでの権限を有することができるのでしょうか。また、法的には砂浜を個人所有することは可能なのでしょうか?長文となってしまいましたが、ご存知のお方はどうか教えていただけないでしょうか。

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣り...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします
砂浜といっても単純ではありません
「領海に関する国際条約」で陸地に属する部分は私有できます。
陸地の部分とは「略最高高潮面上に露出する自然に形成された陸地の部分」となっています。
春秋の大潮時の海面より低い部分はたとえ水面上にあっても最高高潮面より下になるので私有できない場所です。
魚も法律や条令で特別の定めがある場合を除き竿釣りは自由です。
海に戻す必要はありません。
港則法が施行されている港では原則として漁労は禁止です。
また漁協が許可を得て放流養殖をしている水産物を取ってはいけません。
室蘭の帆立貝など、

ホテルなどがプライベートビーチと銘打って客を集めていますが海から砂浜までは行くことが出来ます


人気Q&Aランキング