アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

勾配ベクトルの成分について





z=f(x,y)で考えると
grad f=(∂f/∂x,∂f/∂y)でベクトルとして定義されていますよね?

∂f/∂x,∂f/∂yは曲面z=f(x,y)上のそれぞれx,y方向の傾きを表しているのですよね?

だとすると、grad fはベクトルで定義されているのだから∂f/∂x,∂f/∂yはそれぞれx成分、y成分を表している。
すなわち、xy平面上のベクトルを表していることになるはずですが、もし傾きを表しているのだったら
∂f/∂x,∂f/∂yは傾いているのだからxy平面上のベクトルは表せないはずなのではと思ったのですが、自分の考えのどこが間違えているか指摘お願いしますm(_ _)m

質問者からの補足コメント

  • ナッキナッキーさんお久しぶりです!


    うーん、僕にはまだ難しいです笑

    gradの向きについても今まで疑問に思っていたのですが、なぜ最大傾斜の方向なんですか❓

    z=f(x,y)が山であることを考えると傾斜って360°方向全てありますよね?

    その中でなんで最大傾斜の方向なんでしょうか❓

    質問の意味がわからないかもしれないですが、なにか情報をいただけると助かりますm(_ _)m

      補足日時:2017/07/11 17:36
  • しつこくてすいませんm(_ _)m

    ナッキナッキーさんが書いてくれたことを書いて追ってみたのですが

    dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt =0

    で=0となる理由がわかりませんでした

    また全微分
    dz= ∂f/∂x・dx+ ∂f/∂y・dy
    はわかるのですが
    dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt
    は初めてみました

    できればこの二つについて説明していただけると助かります

    これでもわからなかったら今回は諦めて先に進もうと思います!

    よろしお願いしますm(_ _)m

      補足日時:2017/07/12 16:25

A 回答 (6件)

No4です(^^)


いえいえ、理系はしつこいくらいが丁度良いです・・・異性には嫌われますが(^^;)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt =0
は z=f(x,y)=c c:定数 を考えているからです(´∀`)
見やすく z=c としておくと、dz/dt=0 ですよね(-_-)
示したかったのは、等高線にあたるz=c とgrad z が直交する事ですから、z=c を考えたんですね(´ω`*)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt ですが、正確な証明は数学の教科書・参考書にゆずりたいとおもいます・・・「偏微分」の所に載ってますよ(^^3)
ここでは、”たとえ話”をしておきますね(・ε・´)
z=(t-1)^3 をt で微分する場合を考えます・・・つまり、dz/dt ですね(~~;)
右辺を展開して微分してもいいですが、これは面倒ですよね・・・そこで、”お決まり”の技を使います・・・そう、置換です(^^@)
x=t-1 とすると、dx/dt=1
また、dz/dx=3x^2
したがって、dz/dt=dz/dx・dx/dt=3(t-1)^2 ですね(((-_- )
さらに、面倒な式を考えて、z=(t-1)^3 + (5t-3)^5 をt で微分してみましょう(*・ε・*)
これは、もちろん (t-1)^3 と(5t-3)^5 を別々にt で微分して、その結果を足したものが dz/dt ですね・・・当たりまですね(^^;)
(t-1)^3 を微分した結果は分かっていますので、(5t-3)^5 を微分しますね(・ー・)
y=5t-3 と置いて、dy/dt=5 ∴d{(5t-3)^5}/dt=d(y^5)/dt=d(y^5)/dy・dy/dt=5y^4・5=25y^4=25(5t-3)^4 ですね(^^A)
まあ、この最後の式はどーでもいいんですけどねΨ(`∀´)Ψ
つまり、z は z=x^3 + y^5 になりますので、
dz/dt=d(x^3)/dx・dx/dt + d(y^5)/dy・dy/dt って書けますね(◎◎!)
偏微分の書き方をすると、
d(x^3)/dx=∂z/∂x d(y^5)/dy=∂z/∂y ですね・・・つまり、 dz/dt=∂z/∂x・dx/dt + ∂z/∂y・dy/dt ですΣ(・ω´・ノ)ノ 

これが”たとえ話”である理由は、じゃあz=x√y だったらどーなんよ!と言われたらおしまいだから”たとえ話”なんですね(・o・)ノ
でも、これで、イメージをつかんでくれたら良いなぁ~(^O^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>いえいえ、理系はしつこいくらいが丁度良いです・・・異性には嫌われますが(^^;)

ということはナッキナッキーさんは女性なんですかね❓笑

というのは冗談にして、完全理解には至らなかったですが、おかげさまでなんとかイメージだけ作れたかなと思うので先に進みたいと思います

また見かけましたら宜しくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2017/07/13 12:43

gradが最大傾斜方向を向くというのは一旦忘れた方がいい。


「ある地点の」gradはx方向のfの傾斜とy方向のfの傾斜をベクトルの形で表したもの。
これ自体は最大傾斜の方向を意図して作られたものでは
無いです。

2方向の傾斜が解れば、「ある地点の」任意方向の傾斜が計算できます。
gradが最大傾斜を向くのは、おまけみたいなものですね。
    • good
    • 0

No3です(^^)


まだ生きてたよぉ~!(^^)ノ”

山のてっぺんなら grad は0になりますね・・・微分の極小・極大の性質を思い出すと分かると思います(´ω`*)

で、何で最大傾斜の方向なのか?ですね(-_-)
地図の等高線を思い出してみて下さいね(´∀`)
でも、等高線をスカスカに描いてしまうと、ハテ?ってなりますので、細かぁ~くびっしりと描かれた等高線を考えてみます(~~;)
この一部を拡大して見ると、等高線が平行に並んでいるように見えると思います(◎◎!)
と言う事は、等高線に垂直な方向が最大傾斜の方向になりますね(・∀・)
ここまで確認しておいて、z=f(x,y)=c c:定数 としておくと等高線に相当する曲線が描けます(・ー・)
位置ベクトルr=xi + yj i,jはx,yの単位ベクトル とします
パラメーターをt として、x=x(t),y=y(t) としましょう・・・ようするに、曲線の長さsをパラメーターとして採ればいいですね・・・(・ε・´)
すると、曲線f(x,y)=c に対するdr/dt は、この曲線の接線方向を向きます(勉強してますよね?)・・・rはベクトルです
dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt =0 となりますが、これを書き直しますね( ̄~ ̄;)
dz/dt=grad z ・dr/dt=(∂f/∂x・i + ∂f/∂y・j)・(dx/dt・i + dy/dt・j)=0 ですね(^^;)
つまり、grad z はf(x,y)=c の接線に直交する・・・したがって、grad z は最大傾斜の方向を向いている・・・って事ですΣ( ̄◇ ̄;)

教科書・参考書では gradΦ=∇=i・∂Φ/∂x + j・∂Φ/∂y + k・∂Φ/∂z で、説明があると思いますので、それを2次元にすれば分かると思いますよ(^^)
    • good
    • 0

grad は「勾配」と呼ばれるので、誤解があるように思えます(^^;)


grad で求まる物は、最も変化が激しい方向とその値なんですねΣ(・ω´・ノ)ノ 
坂道の場合は最大傾斜の方向とその値が求まるわけです・・・その意味では勾配は「傾き」ですね(´∀`)
質問では z=f(x,y) となっていますので、具体例で説明しますね(^^)
z=x+y とします(-_-)
これに等高線を描いてみるか、頭の中で想像してみて下さい(・∀・)
これを描くには x+y=c (c:定数) として、cに色々な値を入れみればいいですね(´ω`*)
すると、y=-x+c となりますので、傾き-1の曲線群(直線群?)が描けるはずです_Φ(^^ )
この曲線群に直交する方向が最大傾斜の方向で、傾斜角θは tanθ=√2 となりますね(*゚ー゚)
(曲線群に直交する方向は、直線y=x の方向ですね)
これを grad で求めてみます(・ー・)
grad z=i +j i,j はそれぞれx,yの単位ベクトル
となり、これの大きさは√2で、先ほどの結果と一致しますね(^O^)
注意して欲しい事は、grad で求まる方向は、坂道の場合では、坂に沿った方向ではなく、どの向きにに登れば傾斜が最大になるかが出てくるって事ですね( ^∀^)

・・・う~ん、ここまで書いておきながら、もしかして質問の意味と違った事を説明しているかも知れません(・・;)
もし違ったらゴメンね<(_ _)>
    • good
    • 0

普通の常微分 dy/dx もy方向のベクトルじゃないよね。



gradはxやy方向のZの傾斜。
    • good
    • 0

z = f(x, y) なら、z が x と y の関数なのではないですか?



∂f/∂x は、ある y を一定として、x の増分に対する f の増分であって、これが、傾きなのではないですか?

立体の地形図のようなものを想像してみて、ある緯度をきめて(y: const)、経度(x)の変化に対する高さ(z)の変化(傾き)はイメージできないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相対性理論とはなんですか? 最近なぜか分かりませんが、相対性理論が流行っていて、話についていけません

相対性理論とはなんですか?
最近なぜか分かりませんが、相対性理論が流行っていて、話についていけません。
僕でも理解できるようにどなたか回答お願い致します。
僕にとって分かりやすかったと思った説明をしてくださった方をVIPに選びますね(^∇^)

Aベストアンサー

私も中学生の頃に読んだ本の知識しかないんだけどね。
ちなみに計算自体は中学生数学でどうにかなる。
だけど、相対性理論で出てくる現象を理解するには、少なくとも高校生レベルの知識が必要になる。
多分君の周りで相対性理論の話題を出している人たちも、現象の半分も理解できていないと思うよ。

さて、じゃあ超簡単にどんなものかと言うと、要するに物理の理論。
細かい事を言い出すとメチャクチャ難解な理論。
で、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の二つに分かれる。
ちなみに難易度は一般相対性理論の方が高い。

んじゃどんな現象のことかっていうと
特殊相対性理論では
1、光より速く動けるものはない
2、光に近い速度で動いているものの長さは縮んで見える
3、光に近い速度で動いているものの時間は遅く流れる
ってこと。
一般相対性理論は特殊相対性理論に重力を加味したもので
1、重力の強い場所ほど時間が遅く流れる
2、重力の強い場所ほど空間が歪む
3、止まっているものでもエネルギーがあって、重いほどエネルギーが大きい
てなとこ。

これらを様々な数式を使って証明して「ほらね、俺の言った通りでしょ?」っていう話。

でもってこれらの理論によって、宇宙の始まりって言われているビッグバンや、ダイソンの掃除機よりも何でも吸い込んでしまうブラックホールも、さっき挙げた6つのことで説明することができる。
どうやってそれを説明するかって話は、難しい話になるから割愛するし、何より私も説明しきれるほど知らない。

かなり簡単にエッセンスだけを抽出してみた。
とりあえず数式を解くだけなら中学生の数学で解けるけど、理解しようとしたら高校生くらいまで待てって話。

私も中学生の頃に読んだ本の知識しかないんだけどね。
ちなみに計算自体は中学生数学でどうにかなる。
だけど、相対性理論で出てくる現象を理解するには、少なくとも高校生レベルの知識が必要になる。
多分君の周りで相対性理論の話題を出している人たちも、現象の半分も理解できていないと思うよ。

さて、じゃあ超簡単にどんなものかと言うと、要するに物理の理論。
細かい事を言い出すとメチャクチャ難解な理論。
で、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の二つに分かれる。
ちなみに難易度は一般相対性理...続きを読む

Q今までたくさんの物理についての質問をし、それに答えていただいたことについて、考えてみました。 考えた

今までたくさんの物理についての質問をし、それに答えていただいたことについて、考えてみました。
考えたことを整理していきますので間違った認識があれば正していただきたいです。
①異なる量間の掛け算について
異なる量間の掛け算というのはそれらの量に比例したり反比例したりする新たな量を作り出すことである。
この新たな量はあらゆる量の数値間の関係を特徴付ける。
②次元と単位、比例定数について
物理量の等式において両辺で必ず等しいものは単位ではなく次元である。
したがって、単位が等しくない等式も存在する。
(例 1m=100cm
次元は合わせるものではなく、物理量間の関係を式で説明していくと合うものである。
次元解析とは両辺の単位が普通に式を変形していったら必ず一致することを利用して、計算ミスを防いだり求めたい量のおおまかな形を予想したりするのに使える。
普通に式変形(足し算や掛け算)していく上で、新たな比例定数を必要とする場面に出会うことは絶対にない。
なので振り子の周期は比例定数k×√L/gとおおまかに予想することが可能となる。
式変形とは既存の物理法則を整理する段階である、これは新たな法則が見つかるような段階ではない。
比例定数が存在する(新たな物理法則が見つかる)場面は実験をし、データをグラフ化し分析した時、複数の量の数値の間に経験的事実からなんらかの関係が見つかった時である。
③高校物理について
高校物理では等式における文字とは数値と次元をセットで含んだものである。?
よって例え加速度の『数値』が質量の数値『m』と一致している場合でも、F=m^2という等式はありえない。
なぜなら文字には単位も含まれるので両辺の次元が一致しないし、比較しようがない。これは既存の式から求めたのだとしたら、計算ミスとしか言いようがない。
高校物理では数値で計算する問題は少ない。
あるとするならば、数値の掛け算は変数は次元を含めた文字を使った式で計算し、変形しきった後、数値を代入すると次元の確認が可能となり計算ミスが防げる。
④数学と物理の違いについて
数学とは数値のみ〔無次元の〕関係であり次元は存在しない。
これは量の比であると捉えても良い。
数学の両辺の等式の等さは比の等しさ、つまり両辺に任意の単位をつけた時、両辺の量が等しくなることと同じである。
これにより色んな図形を表現したりできる。
物理の等式の等さとは物理量の等さである。
つまり両辺の数値、次元がともに一致しているはずである。
科学とは経験の学問であり、量間の加法性や、比例関係などは経験により保証される。
そこに数学を応用したのが科学である。
これによりあらゆる自然の現象が表現できる。

という、感じですか…?
みなさんのおかけで前よりはだいぶ分かることが多くなった気がします。〔わかった気になっているだけかも知れませんが…〕
まだまだ誤解や思い込みが多いかと思いますが、指摘して頂ければまた、考えて質問するかもしれません。お願いします。(^.^)

今までたくさんの物理についての質問をし、それに答えていただいたことについて、考えてみました。
考えたことを整理していきますので間違った認識があれば正していただきたいです。
①異なる量間の掛け算について
異なる量間の掛け算というのはそれらの量に比例したり反比例したりする新たな量を作り出すことである。
この新たな量はあらゆる量の数値間の関係を特徴付ける。
②次元と単位、比例定数について
物理量の等式において両辺で必ず等しいものは単位ではなく次元である。
したがって、単位が等しくない等式...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、無知の知が大切。新しい概念を知るときにやってはならいことは、逆質問です。

物理学の根底を覆すようなことを思いついたのならともかく、物理学を学ぶうえでの、1ページ目に書いてある次元云々の基本的な問題に対し、無知な素人質問を執拗に繰り返しても、何も得られないと思います。質問者の感覚が追いつかないだけで、正答はすでに出ている。回答のほとんどが、表現は違えど、正当です。わかていないのは、質問者だけなのです。まずその前提にたたないといけません。

新しい概念を咀嚼するとき、いろいろ疑問が起こるのはわかります。しかし、物理の次元の問題、数学と物理の関係など、質問者の質問ないようは、長い歴史で培われてきて、検証によって確立されているすでに答えがある内容です。だからまず、質問者自身が謙虚になり、どんな疑問が自身で起きようと、それは、質問者の知識のなさから来ているという前提にたって、回答を聞き、その内容を吸収しなければならないと思います。

つまり、出ているすべての回答に対し、その回答にわからないことに聞き返すのはいい。
一方で、すぐ自己流に解釈して、こういう意味でいいですかね??と聞き返すことは、ナンセンスであり、タブーです。

例えばこの質問なんて、いったいどういう意味でアタナが質問しているのかよくわからいし、そもそも理解していないあなたの整理を聞いても、いいとも、わるいとも言えない。

新しい概念は、なかなか腹に落ちないものです。教科書、先生の言っていること、多数の回答を、まずは正しいとして、わかっていないのは自分だけだ・・・という前提で謙虚になってみてください。そして、ニュアンスがいまいちわからいことは棚上げして、ひたすら、公式や、他人の言った事実に従って、基本的な問題を解きまくってみてください。するとあるとき、次元の話が、きりが晴れたようにすっと、あなたの中で腹落ちする日がくる。新しいことを学ぶとはそういうことの繰り返しです。

わかっていない人が、新しい概念を素人解釈し、分かっている人たちに、「僕の考え、これで合っているよね?間違っていないよね???」って言うのは、少なくとも、科学的な討議態度ではないと感じます。

まあ、無知の知が大切。新しい概念を知るときにやってはならいことは、逆質問です。

物理学の根底を覆すようなことを思いついたのならともかく、物理学を学ぶうえでの、1ページ目に書いてある次元云々の基本的な問題に対し、無知な素人質問を執拗に繰り返しても、何も得られないと思います。質問者の感覚が追いつかないだけで、正答はすでに出ている。回答のほとんどが、表現は違えど、正当です。わかていないのは、質問者だけなのです。まずその前提にたたないといけません。

新しい概念を咀嚼するとき、いろ...続きを読む

Q次元解析について、 例えば振り子の周期について次元解析によって周期が√L/gに比例するとわかるらしい

次元解析について、
例えば振り子の周期について次元解析によって周期が√L/gに比例するとわかるらしいのですが、なぜこうなるとわかるのですか?
比例定数の次元を調整すれば他にもl/g^2に比例する場合とか無限に考えることができると思うのですが、なぜ絞り込めるのですか?
また例えばv=tなんかの式があったとして、tの比例定数1が次元を調整すれば、いくらでも成り立つ場合はあると思うのですが、なぜ試験などで次元が異なるので誤りだと判断できるのですか?
比例定数は明示しなければならないなどのルールがあるのですか?

Aベストアンサー

>また試験で間違いを減らすことができるのは既存の法則で考えた時、
>新たな定数をそのような場面で用いる可能性は薄いからm=aなどといった式は
>排除できる可能性が高いという感じですか?

普通運動方程式を立てたら任意の比例定数なんて持ち込みません。
不要だからです。次元は普通に物理法則に基づいて式をたてれば
勝手に合います。合わなければミスしているのです。

そういう塩梅ですから次元による検算は勘違いやミスの検出に
非常に役に立ちます。普通無意識に式を書きながらやってますね(^^;

Q原子核崩壊でα線やβ、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。

原子核崩壊でα線やβ線、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。放射性物質の半減期は何万年もあるものもあります。原子核が崩壊すればそのエネルギーが放射線となって放出されるのはわかるのですが、それは最初の一回だけ起こって、それが起こればもう起こらないのではないですか? つまり放射線も一回だけ出てもう出ない。それがずっと続いているというのは、ずっと原子核崩壊が続いているということなのでしょうか? 放射線が出続けるメカニズムがわかりません。ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある放射能を持つ核種が、単位時間に崩壊する確率は、置かれている環境に左右されません。その核種、固有値であることが経験的に知られています。
確率なので、1つの粒を見ていれば、

・ いつ崩壊するかは神のみぞ知るということで、だれにもわかりません。
・ もちろん、崩壊してしまえば、その粒からは放射線はでません。

ということになります。

その同じ核種を一定量集め、たくさんの粒を統計的に観察し、半分の粒が放射線を出して崩壊するまでの時間を半減期と呼ぶわけです。
たくさんの粒があるから、放射線が出続ける。別に不思議なことはないですね。

半減期ごとに半分になり、やがてすべて崩壊すると、放射線は出なくなります。

Q電磁波の電界の等電位面

電磁波を構成する電界の電気力線は電荷という電気力線の源を持たない(端のない)ひとつながりの輪が束となって波源から外に向かって広がって進んでいくようなイメージを持っているのですが、このイメージは正しいでしょうか。もし間違っていないとすれば、この広がりながら進んでいく輪ゴムのような電気力線についてのある瞬間の等電位面(または等電位線)はどのように描けばよいのでしょうか? 難しい数学とかはあまり分からないので、できるだけイメージとして分かるように説明してくださると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電位は rotE=0 の電場(渦のない電場)にのみ定義出来るので
電磁波に等電位面はありません。

Qエレベーターが落下したら中の人ってどうなりますか? 自分が考えたのは、人の質量をm、エレベーターの加

エレベーターが落下したら中の人ってどうなりますか?

自分が考えたのは、人の質量をm、エレベーターの加速度をαとすると、

人には鉛直下向きに重力mg、鉛直上向きに慣性力mαがはたらきますよね?

よって、合力Fは鉛直下向きを正とすると、
F=mg-mα
=m(g-α)

ここで、エレベーターとワイヤー間の摩擦などで、おそらく g>α なので、
F=m(g-α)>0

つまり、下向きに力が働くので人は勝手には浮かないと思ったのですが合ってるでしょうか?


また、このとき地面を蹴ってジャンプしたらどうなりますか?

わかる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

質問者の示している条件どおりであればエレベータの中の人にとっては重力がg-aになったことと同じになります。

勝手に浮くことはありません。

ジャンプすればエレベータに対して相対的にg-aの加速度で運動します。
空気抵抗などを無視すればジャンプした際に上昇して一番高い点につくまでの時間と一番高い点から床に下降する時間は等しくなります。
ただ、もしこのエレベータがガラス張りで外が見えるようでしたら違うように感じることになると思います。

Q面積素の求め方について 曲面 S が2つのパラメーターu,vで表されている場合を考えます.すなわち、

面積素の求め方について


曲面 S が2つのパラメーターu,vで表されている場合を考えます.すなわち、r=r(u,v)
ただし、rはベクトルとする。


曲面S上の4点を頂点とし,u曲線とv曲線で囲まれた微小図形 PP1P2P3を考え,その面積をdSとする


このとき、曲面Sでの面積素dSは

dS= |∂r/∂u×∂r/∂v|dudv
となっているのですが、なぜdu,dvが掛けられているのでしょうか?

そもそも、u方向にduだけ進んだ時のrの変化が∂r/∂uなのですから、それにduをかけるという意味がわかりません。
よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

パラメーターuで描かれる曲線の微小部分の長さは
∂r/∂u・du
同様に、パラメーターvで描かれる曲線の微小部分の長さは
∂r/∂v・dv
ですね(^^)
曲面上の微小面積(面積素)は・・・∂r/∂u・du と ∂r/∂v・dv のかけ算・・・ではないですね(^^;)
∂r/∂u・du も ∂r/∂v・dv も接線ベクトルになっていますから、ベクトルの積の一種で面積が出てくるものを使わないといけません(-_-)
・・・そう、外積です・・・ですから
∂r/∂u・du × ∂r/∂v・dv=∂r/∂u × ∂r/∂v ・dudv
でも、外積は正になるとは限りませんので、
dS=|∂r/∂u × ∂r/∂v|dudv
となります(^^v)

Q遠心力はなぜ見せかけの力と呼ばれているのですか?

等速円運動をしている物体は、中心方向にrω^2の加速度を持ち、これに質量mをかけた力Fを向心力といいますが、一方でなぜ遠心力は慣性系で見せかけの力といわれているのでしょうか?個人的には、遠心力は見せかけの力などではなく、向心力との力のつり合いや、向心力の反作用のような気がするのですが。また、遠心力が見せかけの力なのであれば、向心力も見せかけの力であると考えますが、向心力はそういう定義ではありませんよね。遠心力は実際に、水の入ったバケツを振り回した際、水がこぼれなくなる力であり、スクーターなどの遠心クラッチや遠心プーリなどは、この原理を応用して、クチッチや、プーリの開閉をしてギア比の調整をしています。

お教えください。以上です。

Aベストアンサー

例え話、置き換えての説明が理解できないと理解できませんが。
実験、縦横10Cm、20cmの板20cm側に低い壁を作り、板の中央にさいころを置きます。
その状態で板全体を等速で引っ張ります(慣性で等速直線運動の再現?)。
その状態で、板を急に手前(引っ張る方向とは直角方向)に引っ張ります(向心力という加速度?)。
サイコロはどうなるか?、自身の慣性で板上でその場にとどまろうとするが板は手前に移動する結果、向こう側の壁にぶち当たる。
でも、板だけを見るのではなく、周囲の環境も含めて観察すれば、板は引っ張られる方向に動きつつ手前に移動します、つまり斜めに移動、この瞬間が連続すると軌跡が円運動になります。
その結果さいころは向こう側の壁に押し付けられ続けます。
最初のさいころの動き、板の上だけ見ているとサイコロが向こう側に動いたと見えます、でもサイコロには何も力は加わっていません、力が加わり動いたのは板です。
全体を見ると?、透明の板でしたが方眼紙のようなメモリがあると、サイコロは当初から引っ張られている方向には移動していますが、こちら側にに向こう側にも、壁に当たるまでは移動していません。
でも確かに壁に当たり、何等かの力?は当然感じます、これが遠心力。
反対方向に進む電車が同時に停車していて片方が動き出したとき、一瞬はどちらが動いたのかは判断できないのと同じ。
つまり物体自身の慣性により動こうとしないのに相手が動く、相対的に物体自身が動いたよう感じる。
等速直線運動はどちらも同じ条件のため、停止状態と等価、ゆえに、相対的に感じる遠心力は向心力と正反対になる。

例え話、置き換えての説明が理解できないと理解できませんが。
実験、縦横10Cm、20cmの板20cm側に低い壁を作り、板の中央にさいころを置きます。
その状態で板全体を等速で引っ張ります(慣性で等速直線運動の再現?)。
その状態で、板を急に手前(引っ張る方向とは直角方向)に引っ張ります(向心力という加速度?)。
サイコロはどうなるか?、自身の慣性で板上でその場にとどまろうとするが板は手前に移動する結果、向こう側の壁にぶち当たる。
でも、板だけを見るのではなく、周囲の環境も含めて観...続きを読む

Q斜辺を進む光は光速を超える

光速で進む物体から垂直に光を点滅させると、
直角三角形の斜辺が光の進んだ距離になります。
底辺を進む光より長い斜辺を進む光は超光速ですか?

Aベストアンサー

同じです。

>理由は?

時間がゆっくり進むから。

というか、「光速度は不変」という原理の上で論じているから、
それに合わせて「時間」の方を変える。
もしくは「距離が縮む」と考える。

Qこの交流回路の問題の答えは(3)の 1/4π^2LCで、計算も理解できますがこの選択肢の単位はどう考

この交流回路の問題の答えは(3)の
1/4π^2LCで、計算も理解できますがこの選択肢の単位はどう考えればいいのでしょうか

https://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h16/riron/no06.htm

周波数(Hz)×周波数(Hz)でなぜ(3)の形になるのでしょうか

Aベストアンサー

(1)が毎度お馴染み共振回路の共振周波数ですが、答えは
共振周波数の2乗なので(3)です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報