「読点」の意味を辞書で引いたら下のようにでていたのですが、今ひとつよく意味が解りません。英語のカンマとはどう違うのか説明してほしいんですが。


味の切れ目を示すため、文中に施す「、」の符号。→句点

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「味の切れ目」→「意味の切れ目」ですね。

(^^)

で,既に出ている回答とも重なりますが,日本語でも横書きの場合はカンマを使うことがあります。特に数字やアルファベットのあとに読点が来ると何となく間が抜けてみえるので,数字や欧文を多用する理工系の図書や雑誌などに多く見られます。
この文章もそのスタイルで書いています。なので,farsideさんの前の質問(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=98303)の回答で「今も使っていません。」と断言されてしまうと,私が書いているのは一体何なの?と,ちょっと困ってしまいます。
あ,よく見ると「正式な日本語の文章にカンマはありません。」でしたね。正式じゃないからいいのか。でも,それなら正式な日本語って何? 理工系の図書や雑誌は大多数が正式じゃないってこと? 「公用文の書き方」(という政府の内部規定)が正式? じゃ民間の文章はみんな正式じゃないのか? よくわからなくなってきました。

話を戻しますと,横書きの日本語でカンマを使うか読点を使うかは,単にその図書なり雑誌なりの出版社が編集方針として決めているだけのことで,機能的には従来からの読点と何ら変わりがありません(数値の区切りとかは別)。
では,その日本語本来の読点と,英文のカンマはどう違うかというと…基本的には,文(センテンス)の中に打って,意味上の切れ目を示すわけですから,似たようなものといってよいでしょう。
ただ,細かく見ていくと,そもそも英文法と日本語文法が違いますので,比較のしようがなくなってくると思います。たとえば,英語では関係節と主節を区切る時に使いますが,日本語ではそもそも関係代名詞がありませんね。

英語のカンマの打ち方は,文章のルールブックというのがいろいろとあって,それを見ると出ています。代表的なものとして,Chicago Manualの中から該当のページを参考URLに載せておきました。カンマの打ち方だけで,全部で27項目あります。

ちなみに,中国語では読点(、)は並列を表し(日本の中黒「・」のような使い方),それ以外はすべてカンマです。横書きでも縦書きでも一緒です。
日本語で書くとこんなふうになるでしょうか。「私は,彼女と一緒に,京都、奈良、大阪、神戸を旅して回った。」

参考URL:http://www.publicbookshelf.com/public_html/Manua …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様どうもご回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/07/23 05:03

日本語に本来「,」はありません。

しかし,横書きの学術雑誌では,欧文の記述スタイルの影響を受けたり,読点では字間が間延びした印象を受けるため,次第に「,」を使うケースが増え,半分くらいは「,」になっています。岩波『科学』など伝統的な科学者向け雑誌もそうでしょう。その場合は,句点ではなく「.」を使います。いずれにせよ,和洋折衷の一例でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様どうもご回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/07/23 05:03

日本語の表記で、とくに印刷する場合、縦組みのときは「、」を使いますが、横組みのときは「,」を使うことが多いです。

編集者やデザイナーの好みの問題もあります。縦組みのときにカンマをつかうと変ですが、横組みのときは、違和感を感じないと思います。
数値の表記の場合、横組みでは区切りはカンマですね。金額を3桁ずつ区切る場合もカンマでないとおかしいです。また、ピリオドだと小数点に読みとれてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様どうもご回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/07/23 05:04

別に新たに質問しなくてもよかったと思いますが…(^^;



英語には単語と単語の間にスペースをあけるということをしますが、日本語にはありません。
だから、その代わりが読点(、)だと思います。
英語のスペース全部が全部ではないですが。
日本語文法的に言えば、「句」の区切りにつけます。
句とは、「文の中で、ある一つの意味を示す単語のまとまり」のことです。
「副詞句」なんていうのがありますが、
これはその文の中で、副詞のような働きをしている単語の集まりです。

英語のカンマはよく分かりませんが、
たぶん、ピリオドの弱い版(いい表現じゃないなぁ)じゃないかな?
いったん文の終わりのような感じなんだけど、まだ続きますよ、みたいな。
別の使い方がありましたね。
名詞の羅列の時です。andの代わりみたいな使い方。これは日本語も一緒ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様どうもご回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/07/23 05:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語のカンマと日本語のカンマ

英語の文章に出てくるカンマのつけかたと、日本語の文章に出てくるカンマのつけかたとどう違うのかその文法的な差を教えてください。

お願いします。
また、外国人に日本語を教えた経験のある方、どういう風に教えているのか知りたいです。
また、日本の書にカンマを使うようになったのはいつ頃ですか?

お願いします。

Aベストアンサー

正式な日本語の文章にカンマはありません。
あるのは読点(。)句点(、)だけです。
だから「いつ頃から?」と言っても、今も使っていません。

本来、日本語は縦書きなので、カンマは使えないと思いますが。
使って良いとしたら、
横書きの時の、数字の三桁ごとの区切りだけじゃないですかね。

Q英語英語 黄線underの品詞を教えて下さい。 また文中でどのような意味を成しているのか教えて下さい

英語英語

黄線underの品詞を教えて下さい。
また文中でどのような意味を成しているのか教えて下さい。

センター2017 外国語

Aベストアンサー

under は前置詞しかありませんし、実際、ここでも前置詞です。

The video clip should be entered under the X category.

そのビデオクリップは X カテゴリに(←もとで)記録されるべきだ。

この X を尋ねる疑問文を作ると、
Under which category となって文頭に出て、疑問文の語順となります。

which という疑問詞で、category がどのカテゴリかを質問するわけですが、あくまでも、which は category を修飾するだけです。

そして、文の中で、under ... category というのは、修飾部分にすぎません。

そこに疑問詞を使うことも可能なわけです。

In which country were you born?

Qこの文中の important の意味

友人が下記のような文章を送ってきたのですが、
彼女は上司に不満があるらしく、
こんな感じの文章でした。

My boss is pretty crazy.
My boss can be anyone who is more important than you !

この important は、どういう意味でしょうか。
後半の文章だけ見ると
彼女は私を馬鹿にしているようにも思えるのですが、
今までの付き合いから考えて
それは考えにくいと思っていますが、
ここに important を使うということは
ネイティブならではの解釈があるのからなのでしょうか。。。

Aベストアンサー

ネイティブじゃないですが。
important はVIP(Very Important Parson)のIでしょう。
ボスに対する愚痴をこぼしているんだと思います。

My boss is pretty crazy.
私のボスはとんでもないキチガイよ。
My boss can be anyone who is more important than you !
どんな人より重要だと思っているんだから。

My boss can be anyone(私のボスは誰にでもなれる)
who is more important than you (その誰と言うのはyouより重要である)
ここのyouは、具体的な誰かを示すのではなく、一般的な総称としての“人”を示していると思われます。
「人間というものは誰でも~をするものさ。」と言う場合に使います。

Qこの文中に使用されているvolumeの意味は?

御世話になります。
専門用語の嵐?で現在翻訳中の文書を一部理解できずにおります。
今回は下記文中に使用されているvolumeの捉え方がわかりません...。

【英文】
Maximizing efficiency and creating the most volume possible inevitably entails sacrificing frequency response.

【自分で考えてみた訳文】
能率性を最大限まで活かし、可能な限り最大の「量?」を創造することは、必然的に犠牲的な周波数特性を伴う??

ご参考までに前文と:
In designing sound systems, audio engineers continually have
to make trade-offs between efficiency and frequency respone.
Maximizing efficiency...

efficiency=能率性
frequency respone=周波数特性、もしくは周波数応答?

後に続く文を掲載します:
...sacrificing frequency response.Try to capture the full
spectrum of sonic frequency, and efficiency will automatically
decline.

以上、おわかりになる方、アドバイスお願い致します。

御世話になります。
専門用語の嵐?で現在翻訳中の文書を一部理解できずにおります。
今回は下記文中に使用されているvolumeの捉え方がわかりません...。

【英文】
Maximizing efficiency and creating the most volume possible inevitably entails sacrificing frequency response.

【自分で考えてみた訳文】
能率性を最大限まで活かし、可能な限り最大の「量?」を創造することは、必然的に犠牲的な周波数特性を伴う??

ご参考までに前文と:
In designing sound systems, audio engineers c...続きを読む

Aベストアンサー

 音量ですね。音響機器の出力音圧レベルに関する説明ではないかと思います。ここでいう能率とは入力に対する出力の比です。能率を最大限に高めて最大の音量を得る場合、必然的に周波数特性を犠牲にすることになる。質と量がトレードオフになっているという趣旨かと存じます。

Q「have a + 動作を示す名詞」で「~をする」という意味になります。

NHKライジオ英会話講座より
Let's have a look. 見てみよう!

(質問)
(1)テキストには題記のごとく記載されています。辞書には、give,make,takeもhaveと同様の扱いが出来るように書いてありますが、[give a look],[make a look],[take a look]も全て同じ意味になりますか?違うのであれば、夫々の使い方をご説明いただけませんか?参考例文を併記いただければ大助かりです。よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

こういうことに疑問を抱かれるのは、とてもいいセンスをされている証拠だと思います。
つい、なんでも暗記だと思ってしまいがちですが、広く使われている表現には、ほぼ確実にその裏づけとなる感覚があります。

以下で使う用例はすべてスペースアルクの英辞郎からのものです。

>give,make,takeもhaveと同様の扱いが出来るように書いてありますが、[give a look],[make a look],[take a look]も全て同じ意味になりますか?

a look については、同じ意味にはなりません。

まず、表現を見て気づかれると思いますが、共通点として、aが付くと言うことがあります。つまり、aが付くような表現と言う意味で共通の扱いが出来ます。aがつくというのは、この場合は、比較的簡単な、何度も繰り返すことが出来る動作と言う意味です。ですから、たとえば、make a journey などの言い方は普通はあまり使いません。なぜなら、journeyは〔目的地への長距離の旅行で「長期にわたり骨の折れるもの」という含みがある〕 語だからです。make a trip なら、tripは短い、日常的なという感覚なので、よく使います。

次に、make,give,take,haveですが、それぞれ異なった意味を持っているわけですから、当然、ことなった目的語を取ります。

make:「作る」ということから、「創造する」と言うニュアンスがあり、それまでにない新しいものとか、良いことか悪いことを、やると言う意味になります。
make a beautiful dive見事な飛び込みをする
make a big mistake 大きな過ち[ミス・失敗{しっぱい}・間違い]を犯す[する]、大きく道を誤る

give:「与える」ということですから、自分の持っているものを使って、何かをするという意味になります。つまり、「開催する」と言うような意味です。
または、誰か相手がいて、その人に与えると言う意味です。
give a barkほえる
give a back answer口答えする
give a ball舞踏会を開く[催す]

take:これは選択肢がある中から積極的に選ぶと言う意味です。よって、事前に他の選択肢が用意されていて、その中からあるものを選ぶと言うニュアンスがあります。なお、既に選択肢が用意されていると言う感覚から、相手というか、そういう選択肢を用意するものが大きいと言う、脅威を感じると言う感覚もあると思います。
take a backseat車の後ろの席を取る、目立たない[重要{じゅうよう}でない]立場{たちば}を取る、
take a bath 風呂{ふろ}に入る
take a boat 船に乗る、乗船{じょうせん}する
take a bashingひどい敗北を喫する、酷評を受ける
take a close look近くで見る、つぶさに見る[監視{かんし}する]、もっとよく見る

have:これは、既にあるものでないと持てないと言う感覚があります。つまり、新しく作り出すと言う感覚はないと言うことです。また、haveするためには、一定期間持続するものである必要があります。つまり、すぐに終わるものでないと言うことです。更に、haveは、自分から積極的に取り組むと言う感覚ではなく、一種の受身のような感覚がここにあげた他の語と比べてあります。そのため、何か災難をこうむるという意味を持つこともあります。
have a bad breath 息が臭い、口が臭い、口臭がある
have a bad coldひどい風邪をひいている
have a break休憩する
have a chance チャンスがある
have a discussion話し合う

こういうことに疑問を抱かれるのは、とてもいいセンスをされている証拠だと思います。
つい、なんでも暗記だと思ってしまいがちですが、広く使われている表現には、ほぼ確実にその裏づけとなる感覚があります。

以下で使う用例はすべてスペースアルクの英辞郎からのものです。

>give,make,takeもhaveと同様の扱いが出来るように書いてありますが、[give a look],[make a look],[take a look]も全て同じ意味になりますか?

a look については、同じ意味にはなりません。

まず、表現を見て気づかれる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報