人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

看護研究で術前訪問について行う事になりました。現在、術前訪問は行っているものの効果があるのか、また不安は軽減されているのかいまいちよくわかりません。そこで、患者さんの精神状態を評価するにあったって看護師でも行える方法はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不安が軽減されたか・・・それはとっても難しいと思います。

患者にとって術前訪問が有効であったかどうかを評価するための指標として「不安が軽減されたか、否か」と言う点を評価するのはあまり意味がないのではないでしょうか?
看護研究で術前訪問の有効性を評価するなら、抽象的な問題点ではなく、評価可能な項目を問題点として上げる方が良いと思います。本人の不安について評価することは他の方もおっしゃっているとおり、無理がある(というか看護婦自身が勝手に考えた自己満足な評価にしかならいのでは)と思います。
というのは、術前は病気のことや家族に対すること、仕事や学校のこと、手術が上手くいくかどうか、疾患の今後の経過など多種多様にわたる不安が一気に押し寄せている状態だと言えます。その中にあって、不安によって引き起こされる身体的、精神的な状態の変化からみて、術前訪問一つだけを取って不安が軽減されたかどうか精神状態を評価すると言うことは困難だと思われるからです。

評価をされるなら精神状態と言うよりも、「具体的に術前に患者がどういった不安を持っているのか」ということを把握して、その中から手術についての不安をピックアップしたうえで、その事項について実際に術前訪問を受けたことで改善されたか否かを評価。更に患者が求めていたことと看護婦がしたことに差異がなかったか、他に求めている事はないのか。更に患者家族についても同様に行うと良いと思います。
具体的な問題提起と評価が、一番わかりやすく看護師本意に傾きにくいのではと思います。

患者にとっては、実際の流れのシュミレーション、手術室の見学、当日のスタッフとの面会、患者取り違えを防ぐために行われてる事などを知りたいと言うニーズがあるようです。ただし、実際に手術室を見学するのは怖いという方もいらっしゃるので、どの人にもマニュアル的に術前訪問するのではなく、個人にあわせた対応をできるのがベストだと思います(これが一番大変ですが)。
    • good
    • 1

不安尺度を使っても、結果は出ません。


その人が病気になる前の状態で基本となる尺度をはかっておくことができないからです。以前、同じ研究ではまってしまいましたから・・・。尺度を研究されている先生にもメールで助言を頂いたりしましたが、解決には至りませんでした。
前の方が書かれているように、説明の方法や用紙の工夫で、どれだけ理解出来たのかという研究の方が結果がでると思います。人によって必要としている情報も違いますし、理解度や身体状況(苦痛のある・なし など)でも変わってくると思います。
今では、病気の詳しい説明や麻酔についての説明を加えた冊子をあらかじめ渡している施設もあるようです。

術前訪問よりも効果があったのが、術中の情報提供でした。医師の承諾を得るのにとても苦労しましたが、家族への配慮は、重要ですので、術前訪問での説明に、このシステムができれば、一緒に説明してみて下さい。

何を必要としているのか、というところから入ると道が開けるかもしれません。
    • good
    • 0

不安尺度にはいくつか有りますが尺度は当然調べられましたよね。

だから省きます。

看護師さんは癒しの看護を心がけておらますね。だけど、患者側からしたら、どのように評価されているのかと思っていました。看護師さんの自己満足では?
最近、病院でもIT化が進み、パソコンを持ってきて情報収集されていますね。看護師さんの目はパソコンの画面で、患者の方に視線が行くことは少ない。

私も先日入院手術を受けましたが、不安が軽減した評価より、何が行われるか理解した。です。不安が軽減できるなんてそんな・・・。

不安とは何か、単純に心配事と思わないで、哲学から紐解いてください。現象学からの介入ではいけないような気がします。

研究している人と現場の看護師さんの看護について相当の乖離が有るような気がしました。
    • good
    • 0

直接の回答ではないのですが相対する立場として。



身内が手術を受けたときの経験ですが
やはり、気にかけてくれていると分かるとそれだけで不安は軽減されます。
「どうですか~?」だけではなく
「昨日のような痛みは無くなりました~?」
のように、ちゃんと記憶してくれているとなおの事です。
(たとえ、それが病室に入る前に見た記録からの情報でも)
さらに言えば、相手の性格や年齢に合わせた説明をもらえた時は不安解消にプラスされて前向きになれると思います。

体験談として・・・
========以下はお時間がありましたら読んでください
娘が4歳の時骨折で手術したのですが、大きな病院なのに担当の中堅の先生は頻繁に「顔を見に」来てくれました。
4歳ですから専門的な話は分かりません。手術当日の朝、先生からこんな話がありました。
「今日は、ねむねむの(眠くなる)魔法をかけますよ。先生は絵本の魔法使いと違うから、お薬を使います。
○○ちゃんが寝ている間に折れてしまった骨につっかえ棒をしようと思います。
魔法が解けて目が覚めたら、今度は○○ちゃんが頑張る番ですからね。
病院で出るご飯は骨がしっかりくっつくようにちゃんと食べて、レントゲンで見たあの骨がどんどん繋がっていく様子を考えて楽しみにすごして下さいね。」
まんまと先生の言葉の魔法にかかった娘は、手術後、毎日「どれくらいくっついたかなぁ?」と楽しみにしていました。
 そして退院の前日レントゲンを見て先生は
「すごい!!もう少し居てもらわないとだめだと思ってたけど、○○ちゃんすごいね!もう帰っても大丈夫そうだよ。」と。
さすがに私もここまで来ると「上手いなぁ~」と笑ってしまいましたが。
現在小6の娘はヒジの手術跡を「コレって魔法のしるしなんだよね。」と笑っています。
そして、大きな病院じゃなくて大丈夫な時も未だにあの病院が好きで行きたがります。
==============体験談でした。

患者にとっては、誰か一人でも安心出来るスタッフが居るだけで全然違うんです。
どうぞ、そんな看護士さんで居てください。

そうそう、満足すると聞かれなくても「おかげさまで」と言いたくなります。
きっと、皆さん社交辞令では無いはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談をありがとうございます。患者さんからの声はどういう内容であれ常に大切なものと考えております。インターネットを通してこのような内容のお話がきけてうれしく思います。これからも、よりよい術前訪問が行えるよう検討していきたいとおもいます。

お礼日時:2004/09/12 13:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「不安」「心配」を測る尺度を探しています

「不安」「心配」を測る尺度を探しています。

最近の私の関心ごとのなかの
「試合本番の前に練習試合をすることで、試合に対する不安は軽減されるのか」
「発表会本番の前に本番さながらのリハーサルを行うことで、発表会に対する不安は軽減されるのか」といった内容を
調査したいと考えています。

「今現在の不安度」を測る尺度は見つかるのですが、この尺度を用いて、練習試合やリハーサルの前後に調査をしても、
練習試合やリハーサルに対する不安度を測るだけで、「本番に対する不安度」は測れないのではないかと思います。
事前に行った対策が、本番への不安度にどのように影響したのかを知るための評価尺度や評価方法について
わかるかたがいらっしゃいましたら、御教授願います。

Aベストアンサー

細かい話ですが、「練習やリハの実施後よりも実施前の方が不安度が高い」ではなく、「練習やリハの実施前よりも実施後の方が不安度が低い」ですよ。
「下がる」というのがポイントなのですから。

さて、上記の結果が得られたとして、仮説は支持されたと主張するとしましょう。
それに対して、「実施後ではそれらから解放された安心」のせいで不安度が下がっていると反論されるのはありえそうです。
でしたら、リハと本番の間を数日空けてしまうのはどうでしょう。
そうすれば開放された安心も徐々にさめて、改めて本番への不安が生じてくるでしょう。本番直前に測定してそれをリハ前と比較すれば、開放による一時的な安心という批判は避けられると思います。
要はいかにして測定のタイミングを「リハの実施後」ではなく「本番前」にしてしまうかということです。

前の回答で述べたように、リハ前の測定ではどうしても本番への不安とリハへの不安は混ざってしまうでしょうね。
こればっかりはどうしようもないように思います。
なおかつまずいのは「この日にリハをするから、しっかり練習しておくように!」といった点です。
教示としては一番やってはいけないパターンで、このような強調をすると、ますますリハに対して重点を置くようになり、本番への不安は測りづらいでしょう。
というかリハのはずが、さながら本番になってしまいます。

>実施する目的が「リハの効果の分析のため」ではなく、「不安を軽減するため」であるため、グループ分けするわけにもいきません。

リハによって本番に対する不安が軽減される、すなわち「リハの効果」では?
単に「リハ前後」の差を知りたいわけではないということを仰っているのでしょうか。

むしろグループ分けして、リハ前‐リハ後測定群とリハ前‐本番前測定群をつくり、「リハ前>本番前(不安軽減効果)」かつ「本番前>リハ後(一時的な安心の増大)」になればよいと思いますけど。
教育的な介入のように、本来公平であるべき状況で、どちらか一方に介入しないと決定的にそちらの不利益になるといった倫理上の問題がなければ、グループ分けしても構わないと思うんですが。

細かい話ですが、「練習やリハの実施後よりも実施前の方が不安度が高い」ではなく、「練習やリハの実施前よりも実施後の方が不安度が低い」ですよ。
「下がる」というのがポイントなのですから。

さて、上記の結果が得られたとして、仮説は支持されたと主張するとしましょう。
それに対して、「実施後ではそれらから解放された安心」のせいで不安度が下がっていると反論されるのはありえそうです。
でしたら、リハと本番の間を数日空けてしまうのはどうでしょう。
そうすれば開放された安心も徐々にさめて...続きを読む

Q術前訪問に関する事

看護研究で、術前訪問について行う事になりました。
方向としては、術前訪問を行って効果があるか?という事にしています。
そこで、手術室に入室した患者さんを、客観的に見て、不安があるかどうか調べるためのテスト、スケールなどがないか探しています。
また、『効果があるか?』というのは、いろんな施設で、もう既に行われてると思います。『こういう方向で行けば?』というアドバイスがあれば、お願いします。

Aベストアンサー

患者さんの精神状態を評価するのにBRIEF PSYCHIATRIC RATING SCALE不安を評価するのに、HAMILTON RATING FOR DEPRESSION(BRPS)、が用いられています。これらは比較的簡単に患者さんの精神状態を知るのに有効です。元々精神科で使われている手法ですが、ほかの診療かでも十分応用が効く方だと思います。お近くの精神科医に尋ねると教えてくれるのではないでしょうか。

Q看護研究~術前オリエンテーションの効果について~

今回、看護研究をすることとなったので、文献(本)を探しています。内容としては術前の不安として、麻酔覚醒後の身体状態などで不安を持っていた患者が、術前オリエンテーションを実施し麻酔覚醒後について説明したところ、不安軽減され、術後に「オリエンテーションをしてもらってよかった」と患者の言葉が聞かれました。そこで術前オリの効果を立証したいのですが、それに関連する本で何かいいものありますか?手術を受ける患者の心理のような本は何冊か読んだのですが、いまいちでした。またこの研究をまとめるにあたって考察もなかなかうまく書けず悩んでます。何かアドバイスがありましたら併せてお願いいたします。長文で申し訳ありません。

Aベストアンサー

事例研究は、学生の時も、看護師になってからもしたことがあるので、参考になればいいですが・・
まず、術前オリエンテーションに、なにか資料などを用いてますか?
パンフレット(規定のもの、自作のもの)、ビデオ、術前訓練など。
その際なにか文献を参考にしてると思いますが、もともと期待する結果(この場合は、患者の不安軽減ができた)に結びつく部分があれば、そこからその結果の意味を解釈していきます。
何冊か読んだけどいまいちだったんですよね?
でも、なにか一文でもいいので当てはまるところがなかったですか?
そこから、自分の考えを広げていきます。

・○○は「・・・・」と言っている。このことから私は~~と考える。

みたいなかんじで。
あと有名な看護理論家さん達をだしてくるのも手ですよ。
得られた結果(患者さんの行動、言葉、表現)のなかに、誰かが唱えている理論やモデルに一致する部分はありませんか?例えば、

・このこと(患者さんの言動)はエリクソンの成長発達理論に一致している。
・この状態(患者さんの不安な様子)は○○の危機モデルの~~の段階に当てはまる。

など。
この文献がいいですよとアドバイスしても、もしかしたら自分の考察としっくりこないかもしれませんよね?どんどん本を読みあさってしっくりくるものを見つけて下さい!
私も図書館に通いました。もう事例研究なんてしたくない!と思うほど・・・他の看護大学の図書館にも入り込んで!(一般閲覧者で)
事例研究では、患者さんが抱える問題を、ある方法によって解決し、その過程を記述しただけで立派な事例研究となります。過程のなかで、あなたの評価・アセスメントはどのようになってますか?それが考察にもつながります。
事例研究は研究者の主観にとどまってしまいがちになります。参考文献は考察のなかで2、3出してもいいので、しっかりと関係性を提示し、自分の考えに結び付けて考察していきましょう!
頑張ってくださいね!

事例研究は、学生の時も、看護師になってからもしたことがあるので、参考になればいいですが・・
まず、術前オリエンテーションに、なにか資料などを用いてますか?
パンフレット(規定のもの、自作のもの)、ビデオ、術前訓練など。
その際なにか文献を参考にしてると思いますが、もともと期待する結果(この場合は、患者の不安軽減ができた)に結びつく部分があれば、そこからその結果の意味を解釈していきます。
何冊か読んだけどいまいちだったんですよね?
でも、なにか一文でもいいので当てはまるとこ...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Q看護研究のアンケート作成について

看護研究のアンケート作成について
病棟の看護研究で、研究計画書を作成しながら過去に同様の質問紙(アンケート)がないか文献検索をしていますがなかなかみあたりません。
質問紙(アンケート)は新たに作成すると、比較対象がないのでつくらず探したほうがよいといわれています。
看護研究に取り組むのは個人的に4年ぶりなのですが、アンケートを作成するのはやめたほうがいいのでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

看護系大学で心理学を教えている教員です。

ご質問のように、質問紙調査を実施するとき、通常は、同様の質問紙や、既存の尺度を用います。
それは、過去に報告されたデータがあれば、その結果との比較考察が可能だからです。
とくに、いわゆる「尺度」と呼ばれるものでは、一定の手続きにしたがって作成され、その信頼性や妥当性が確認されていますし、下位尺度ごとに、あるいは、尺度全体について、「得点」が算出できるようになっていますので、ある特性を測定し、比較検討することが可能になっているからです。
このように、たとえば、「不安」を測定する、あるいは、「自尊感情」を測定するということを目的とする場合、それらに適した「尺度」がすでに先行研究から作成されていますので、既存の尺度を用いることが適切と考えられます。
したがって、この例のように、不安、自尊感情などのように、特定の特性を測定したい場合には、新たに尺度を作成するとなりますと、多数例を対象にデータを集め、一定の統計学的な手続きにしたがって、項目を精選したり、信頼性・妥当性を確認したり等の作業を行わなければなりませんので、病棟で実施される看護研究としてはお勧めできないということになります。

ただし、患者さんや、ご家族に関わることがらについて、何らかの実態(たとえば、面会の頻度や、それに影響する要因を調べたい)を明らかにしようとする場合には、独自に項目を設定して、質問紙を実施すること、必要なデータを得ることが可能です。
この場合も、比較対照群を設けて、得られた結果を比較できるようにしておかないと、単なる実態調査報告しかできないことになります。

このように、何を目的に研究を行い、どのようなことがらについて測定(調査)をしたいのかを明らかにされ、検討を進めることをなさってください。

看護系大学で心理学を教えている教員です。

ご質問のように、質問紙調査を実施するとき、通常は、同様の質問紙や、既存の尺度を用います。
それは、過去に報告されたデータがあれば、その結果との比較考察が可能だからです。
とくに、いわゆる「尺度」と呼ばれるものでは、一定の手続きにしたがって作成され、その信頼性や妥当性が確認されていますし、下位尺度ごとに、あるいは、尺度全体について、「得点」が算出できるようになっていますので、ある特性を測定し、比較検討することが可能になっているからです...続きを読む

QLKって何の略語ですか?

いつもわかりやすい回答ありがとうございます。略語について教えていただきたいのですが、LKとは何の疾患のことなのでしょうか??

Aベストアンサー

答えは出ていますが肺癌です。参考サイトなどは参考になりますか?

http://trhome.med.u-tokai.ac.jp/contents/TC/ryakugo.txt

http://www.niji.or.jp/home/pivot/dict.html#A

なのです。詳しくありませんが、この業界(医療)はドイツ語と英語がそれぞれ使われているようです。例えばNSCLCなどですね。非小細胞肺癌:non‐sma
ll‐ cell lung cancerの略です。英語ですね。

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Q手術室の温度

手術室の適温は25度前後とされていますが、なぜですか?是非誰か教えて!

Aベストアンサー

 手術室の空調温度は、一般のオフィスビル等の温度(通常 26~28℃ 程度)よりも やや低めに設定されています。 ご質問のごとく、多くの病院では 手術室の温度を 年中 25℃ 前後 に設定しているようです。

 言うまでもないことですが、手術の際は 医師・看護士の方々は、夏冬とも 長い手術衣を着ています。 この状態で、短時間で手際よく しかもミスは絶対に許されない状況のもとで手術をするのは、彼らにとって 重労働で 汗びっしょりになるそうです。
 更に 手術台の上には、無影灯・白熱灯等の 強力な照明器具が沢山取り付けられていますが、これらはみんな 大きな発熱源となっています。

 これらの理由から 手術室の空調温度は、半袖・ノータイで仕事の出来るオフィスビルなどの一般空調よりも、やや低い温度(25℃ 位)に設定されています。 医師によっては、もう少し低い温度(24℃位)を好む方もあると聞いております。

 なお 手術室の空調は、温度もさることながら 湿度制御が非常に大切です。 静電気の帯電を防止するのが最大の目的で、年間を通して 相対湿度 50~60% にコントロールします。

 手術室の空調温度は、一般のオフィスビル等の温度(通常 26~28℃ 程度)よりも やや低めに設定されています。 ご質問のごとく、多くの病院では 手術室の温度を 年中 25℃ 前後 に設定しているようです。

 言うまでもないことですが、手術の際は 医師・看護士の方々は、夏冬とも 長い手術衣を着ています。 この状態で、短時間で手際よく しかもミスは絶対に許されない状況のもとで手術をするのは、彼らにとって 重労働で 汗びっしょりになるそうです。
 更に 手術台の上には、無影灯・白熱灯等の 強...続きを読む

Qアンテとレトロとは?

カニューレの挿入方法でアンテとレトロがありますが、順行性・逆行性ということは、分かったのですが、それがどういうことなのかがわかりません。分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

アンテとはanteriorのことで、「前方」。
レトロとはretroのことで、「後方」。
「後方」は別にポステ(posterior)ともいいます。

Q手術中、手術後の酸素吸入の意味

麻酔による影響で呼吸状態が低下するからしてるんですか?看護学生してるんですけど、その課題だけ残ってしまって・・・自分なりに調べたのですがわかりませんでした。

Aベストアンサー

ちょっと補足です。

基本に戻って、酸素療法の定義を
「種々な原因による無酸素症・低酸素症の予防または治療の目的で、高濃度の酸素を吸入させること」
だとすれば、予防と治療の2つが出てきます。
術直後に起こる呼吸不全は、疼痛による呼吸抑制・麻酔薬、筋弛緩薬の作用遷延による呼吸抑制・気道閉塞が多いといわれています。

PaO2を低下させるものとして、
肺胞低換気(PaCO2の上昇)
この中には、拘束性(呼吸抑制)1.疼痛 2.麻酔薬・筋弛緩薬の効果遷延 3.胸水貯留と
閉塞性の1.気道閉塞 2.喘息 3.肺気腫があります。
もう一つ、酸素化障害(PaO2の低下または変化なし)では、
1.肺炎 2.肺水腫 3.無気肺 4.ARDS(成人呼吸窮迫症候群)です。

それから、大きな手術になると、出血量が多くなり、ヘモグロビンの量が少なくなります。酸素を運ぶヘモグロビンの量が少なくなれば・・・どうなるか、考えてみて下さい。

もう、学校も始まってしまいますね。
お役に立てればよいのですが・・・。


人気Q&Aランキング