『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

実はコンクリートを食べていた!?――知られざるカタツムリの世界

実はコンクリートを食べていた!?――知られざるカタツムリの世界雨の日になるとひょっこりと顔を出す、カタツムリ。その愛嬌のある姿や、童謡「かたつむり」でお馴染みだが、意外とその生態を詳しく知っているという人は少ないのでは?
今日は、そんな不思議な生物・カタツムリの世界にご案内しよう。

「教えて!goo」には「カタツムリって何を食べて生きていますか?」という質問が寄せられ、
「カタツムリは植物の葉などを食べます。しかしアジサイの葉は有毒なので食べません」(dipearlさん)、「植物や菌類あるいは他の種のカタツムリを捕食する肉食もいます。種によって異なります」(MVX250F001さん)、「コケや葉っぱを食べます。コンクリートのカルシウムも食べます」(debukuroさん)などの回答があったが、実際はどうなのだろうか。

カタツムリなどの生態に詳しい愛知県の豊橋市自然史博物館学芸員・西さんにお話を伺った。

「カタツムリは一般的にコンクリート塀や木の幹などを這いながら、その表面に生えている藻類を食べます。そのあとには、ぐねぐね曲がった『食痕(はみ跡)』が残ることがあります。また、貝殻をつくるのに必要なカルシウムを摂取するために、コンクリートを食べるとも言われています」(西さん)

コンクリート塀を這っているのはよく見かける光景だが、まさか食べていたとは! 余談だが、ダンゴムシもカルシウム摂取のためにコンクリートを食べるそうだ。

■カタツムリの殻が外れるとどうなる?


さらに詳しくカタツムリの生態について聞いてみよう。カタツムリはヤドカリと似ているが、何が違うのだろうか?

「ヤドカリと違って、カタツムリは殻を引っ越すことはありません。カタツムリの殻は自前の殻で、成長とともに殻も大きくなります。殻の役割は、乾燥や外敵から身を守るため。殻が外れてしまうと、中身が乾燥して死んでしまいます」(西さん)

乾燥に弱いから、雨の日に多く出没するようだ。カタツムリの命綱ともいえる殻。その殻が、外れてしまうことはないのだろうか。

「殻と体は筋肉でくっついているので、普通は殻が外れることはありません。しかし、飼育していると、まれに殻が外れることがあるようです。他のカタツムリが殻にくっついたときに、重さで外れてしまうことがあるのではないかと考えられます。また、カタツムリがガラスなどを這っているときに、殻を無理やり引っ張ると外れることがあります」(西さん)

カタツムリにも筋肉があったとは驚きだ! それでは殻の中身はどうなっているのかというと、

「殻の中には、内蔵が入っています。具体的には胃や肝臓などの消化器、心臓、生殖器などがあります。サザエの壺焼きをイメージすると分かりやすいのですが、サザエと違いカタツムリの場合は、空気中で呼吸をするために肺があります」(西さん)

とのこと。さらに、中身だけでなく外見にも秘密が。カタツムリの殻は常に清潔で汚れにくいことに研究者が着目し、トイレやタイル作りにも応用されているのだ。

まだまだ、知らないことが多いカタツムリ。道端で見かけたら、じっくり観察してみてはいかがだろうか。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

227

BAD

NICE

みんなの反応

519

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック