ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

向上心のない部下や後輩を奮起させる方法を心理学者が伝授!

向上心のない部下や後輩を奮起させる方法を心理学者が伝授!7月も半ば過ぎ、新入社員も仕事に慣れてきたころ。自分の能力や個性を活かし、意欲的に仕事と向き合う人もいることだろう。だが、なかには一向にやる気にならない新人もいるはずだ。では、そんな新入社員を奮起させるにはどうすればいいのだろうか。今回、「教えて!goo」で「やる気のない部下をやる気にさせるには?」ということでみんなにアイデアを募ってみた。

■「やりたいことをやらせる」、「褒める」が王道


まず紹介するのは、「やる気が無いってことはやりたくないってことだから、やりたいことをやらせる」(TanTanさん)など、本人が興味を持っている仕事をやらせてみるという意見。ただし、「その前にやる気がなくても仕事にムラというか悪影響がでないよう作業をこなすことを新人の間に覚えてもらいます」(じぃさん)という前提があるようだ。

また、「褒めてみる。あなたがいて助かるわーなーっつて」(なすのさん)、「良いところは褒める。アドバイスするところはきちんと教える」(マイウエチャンさん)など、定番だが「褒めて育てる」のがコツだと考える人も多い様子。

そして、なかには非常に具体的なこんな声も。

「やる気が無いのは『できないと思い込んでいる』から。自信が無いから何もできないし、やろうとしない。ならば、まずできる範囲を確認して仕事の進め方や考え方をアドバイスする。相手に考えさせながら進めていく。壁に当たったらドアを作ってあげる感じ。何もかも全てを与えると達成感が無くなるから覚えないよ」(Saritoraさん)

実際にやる気のない部下や後輩に悩んでいる人にとっては、参考になりそうなアドバイスである。

■上司や先輩が考えるべきこと


では、部下をやる気にさせる心理学的なアプローチはないものだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

「大前提として、指導する側に問題がないかを確認する必要があるでしょう。何度注意しても部下に改善がみられないのであれば、そもそもできないことを指示していたり、具体的な指示を出していなかったりなど、上司や先輩の方に問題がある可能性もあります」(内藤先生)

部下や後輩がやる気がみられないと、つい相手ばかりを責めてしまいがちだ。だが、まずは自分の指導に問題がないか省みる必要があるということのようだ。

■やる気になる目標設定とは?


では、その前提を踏まえたうえで、部下や後輩をやる気にさせるにはどうしたらいいのだろうか。

「目標設定理論によれば、人間は成功と失敗の可能性が5対5ぐらいのときに、もっともやる気を出すといわれています」(内藤先生)

管理する立場としては、つい高い目標を設定してやる気をうながそうとしてしまいがちだが、これはよくないことらしい。上に立つ人間はこうした微妙なさじ加減を見極める目を持つ必要があるようだ。

「それでも、どうしてもやる気にならない部下がいる場合は、まず成功の可能性の高い目標を設定してあげてもいいでしょう。たとえば、勉強をしない子どもに『一日一時間勉強しなさい』といってもできないと思いますが、『5分でいいから宿題をやろう』だったら成功する可能性は高いですよね」(内藤先生)

つまり、まずはハードルの低い目標をクリアさせ、少しずつ高い目標を与えることで、自信とやる気をうながすということだろう。

やる気のない人間がいると、チーム全体の士気や生産効率にも悪影響が及ぶことがある。こうした部下や後輩に頭を悩ませている人は、今回紹介した方法を一度試してみてはいかがだろうか。

●専門家プロフィール:内藤 誼人(ないとう よしひと)
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「アドラー心理の言葉」(ぱる出版)、「電車のハシに座る人は成功できない」(大和書房)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

50

BAD

NICE

みんなの反応

81

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック