話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

水から沸かすVS給湯でお湯張り、節約できてお得なのはどっち?

水から沸かすVS給湯でお湯張り、節約できてお得なのはどっち?疲れたなぁと思ったとき、温かい風呂にゆっくり浸かって疲れを癒すという人も多いと思うが、そんな時、皆さんは給湯でお湯張りをするだろうか。それとも水から沸かすだろうか。どちらが節約になり、お得なのだろう? 気になったので東京ガス株式会社の広報担当に質問してみた。

■水から沸かすVS給湯でお湯張り、お得なのは……


ではまずは一番の疑問、水から沸かすVS給湯でお湯張り、お得なのはどちらかを聞いた。

「お風呂には、給湯器で浴槽にお湯をためる『給湯式』と、浴槽にためた水をお湯に沸かしあげる『風呂釜式』があります。この場合、給湯式の方が1回あたり10.1円もガス代がお得です。年間で3,696円も節約になります(200リットルの浴槽の水を40℃に沸かした場合。以後、同様)」(東京ガス)

追い焚き機能で水から沸かしなおすと火力が余計にかかってしまうため、給湯でお湯張りに軍配が上がる結果になった。しかし、具体的な数値を出されると、節約に対する熱も高まる。何か他にも節約できる工夫はないだろうか。さらに聞いた。

■一度沸かしたお湯を冷まさない工夫が節約につながる


「お風呂を沸かす間や次の人が入るまでの間、ふたは閉めていますか? ふたがあるだけでお湯が冷めにくく追い焚きをするためのガス代が節約できます。1日につき5.2円、年間で1,902円のお得になりますよ」(東京ガス)

ふたはホームセンターで買えば数千円程度、ガス代の節約分を考えると結局は安い買い物ではないか。

「沸かしたお風呂を2時間そのままおいておくと、ふたをしていても1.5℃も下がってしまいます。続けて入浴すれば追い焚きしなくて済みますね。追い焚きを1回すると3.9円のガス代がかかります。毎日1回分の追い焚きをしないで済むと、年間で1,426円の節約になります」(東京ガス)

人数が多い家庭では、風呂に連続して入るようにするとよいだろう。

■シャワーの出しっぱなしは厳禁!


他にもうっかりやっており、損をしていることがあるという。

「シャワーは、出しっぱなしにしがちですよね。特に冬場は寒いからと出しっぱなしの方もいると思いますが、1分シャワーを短縮すると3.8円のガス代の節約になります。家族のうち一人が1分シャワーを短くすると年間で1,383円の節約になります。4人家族全員が1分短くすると、年間5,532円。たった1分ですが驚くほどの節約効果ですよ」(東京ガス)

節約しているつもりでもガス代がなかなか下がらないという場合は、シャワーの出しっぱなしが原因の可能性が高い。

今回教えていただいた節約術をすべて実行すると、年間で合計8,407円の節約になる。ガス代を賢く節約して、この寒い冬を乗り切りたいものである。

なお、「教えて!goo」では「ガス代節約方法ありますか?」と、東北で夫婦2人暮らしをしているというユーザーから節約法がないかとの質問が投稿され、「湯船に目一杯入れずに、1/5ほど水を減らして早めに沸かすようにして節約しています」(azukyu-riさん)、「シャワーはシャンプーの最後の最後のすすぎだけにして、大体はお風呂のお湯で先に洗い流します」(tuyocchi1902さん)など、読者のさまざまな自己流の節約法が寄せられている。気になる方はこちらもチェックしてみては。

●専門家プロフィール:東京ガス 広報部
「ウルトラ省エネブック」と題し、ちょっとした工夫で省エネが実現できるよう、暮らしのコツを記したコンテンツを展開している。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

72

BAD

NICE

みんなの反応

232

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック