AI天使がイケメン天使に変身!>>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

コンタクトレンズのUVカットだけじゃ眼を守れない! 専門医がアドバイス

コンタクトレンズのUVカットだけじゃ眼を守れない! 専門医がアドバイス梅雨が明ければ夏らしい焼けるような陽射しが続く。紫外線の影響が気になるところだが、対策が必要なのはお肌だけじゃない。実は眼にも深刻なダメージを与えている可能性がある。「教えて!goo」でも「目の紫外線対策について」との質問が寄せられていた。眼科医に詳しく聞いた。

前出の質問者は「紫外線で目が充血してしまいます。車や電車などに乗ってるだけでも焼けてしまうのか、すぐ充血してしまいます」と訴えている。

眼に与える紫外線の影響について、みさき眼科クリニック(東京・代々木上原)の石岡みさき院長は「白内障の原因のひとつに紫外線が挙げられていますが、意外と知られていないのが黄斑変性症です」と話す。

■白内障、黄斑変性症の一因に


物が歪んで見える黄斑変性症は、日本人には少ない症状のひとつだったが近年になって増えてきたという。主に食生活の変化が増加の原因に指摘されているそうだが、温暖化の影響で真夏日が増えたことや、ファッションの一環で極端に日焼けする男女が増えたことも一因かもしれない。

前出の質問者はUV(紫外線)カット機能の付いたコンタクトレンズの購入を検討していた。しかし、石岡院長によると「市販のコンタクトレンズはすべて入っています」とのことだった。そして、それで安心かというとそうではない。「コンタクトレンズは黒目よりもひとまわり大きいぐらいなので、白目部分は守れない」と続ける。

■コンタクトレンズでは白目部分は守れない


白目部分が紫外線にさらされることによる症状は軽いものではない。「白目部分も紫外線が原因のひとつとされる瞼裂斑(けんれつはん)という症状があります」(石岡院長)。視力低下に直ちにつながるものではないが、白目部分が盛り上がり、黄ばんだりホクロができ、見た目が気になってくる。眼のシミとも呼ばれている。

瞼裂斑からさらに症状が悪化すると、黒目部分に膜がかかってしまう翼状片(よくじょうへん)になってしまう。眼の表面に凹凸ができることで、乱視や視力低下につながっていくという。

紫外線から眼をきちんと保護しようと思ったらコンタクトレンズだけでは不十分ということだ。石岡院長も「やはり目の中に入れるわけですから負荷があります。必要のない人がUVカットの目的でコンタクトレンズを入れる必要はないと思います。サングラスの方が手っ取り早いですしね」とアドバイスする。

前出の質問者は眼の充血を訴えていたが、恐らく白目部分に対する紫外線の影響と考えられそうだ。サングラスをお勧めしたい。

石岡先生によると、「ティーンエイジャーの頃にほぼ一生分の紫外線を浴びると言われています」とのことだ。紫外線対策をするならお早めに。

専門家プロフィール:石岡みさき
眼科医。みさき眼科クリニック 院長。ハーバード大学に留学して眼の免疫を研究。帰国後、東京歯科大学市川総合病院で角膜・前眼部疾患について学ぶ。平成20年、東京・渋谷で同クリニック開業。

(武藤章宏)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

7

BAD

NICE

みんなの反応

37

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック