話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

40代女性の転職を成功させるポイント

40代女性の転職を成功させるポイント先日、「教えて!gooウォッチ」では「40代女性が転職する際、年齢はネックになるのか?」という記事をリリースし、年齢が高くなればなるほど転職に不利と言われるなかで、管理職、専門も持たない場合の40代女性の転職は企業側から見てどうなのかをお伝えした。だが、40代の専門性を特に持っていない女性でも転職を成功させるチャンスは決してゼロではない。今回は引き続きキャリアコンサルタントの安達瑠依子さんに、転職を成功させるポイントを教えていただいた。

■転職成功の鍵はどこにある?


まず大事なのは、第一印象に力を入れることである。

「応募時の写真および面接では特に重要です。年齢の割には若くて元気そう、性格がきつく見えない、年下の人からも歓迎されそうに見た目や印象を整えることが、実は大きな効果があります」(安達さん)

生活感が出た、老けた写真は絶対にNGだという。年齢が採用基準をクリアしていても、履歴書の写真で落ちる人は多くいるそうだ。写真は明るく爽やかで口角が上がったものが必須である。

続いてのポイントは、自分の強みを明確にすることだ。

「アシスタント的な業務や派遣経験が長かったとしても、自分の得意分野、20代や30代との違いなどを明確にして、職務経歴書を作成し、面接での想定問答を準備しておきましょう」(安達さん)

PCスキルなどでは差別化はなかなか出来ないとのこと。間接的であっても顧客を意識して行動するなど、仕事に対する考え方や姿勢を示すことが大事である。

■自分のリーダーシップ力に自信を持つこと


「正社員で雇用する時には、今だけでなく3年後、5年後も働いてもらうことをイメージします。5年後も今と同じではお荷物になりかねません。また、リーダーなどのポジションの変化を期待できるかどうか。もしくは今後、専門性を磨き習得する意欲があるかどうかなど、中長期的でのビジョンを自分なりに見せられるようにしましょう」(安達さん)

いうなれば採用側に“伸びしろ”を感じさせるのである。「頑張ります」では信用されないため、独学でも構わないので今何かを学んでいるという姿を見せることが重要だ。

応募する会社を間違えないことも大事だという。というのも、求人広告を読めば、若い人を求めているとはっきりしているにもかかわらず、無駄な応募をしている人が多いそうだ。

「第二新卒、未経験歓迎、若い社員の集合写真、モデル年収が22歳などを読み取れば、35歳までと書かれていなくても40代は求めていないことがわかります。求人内容はしっかりと読み、無駄な応募を減らしましょう。それが自信喪失や自己嫌悪にならないコツです」(安達さん)

最後はリーダーシップを見せることである。リーダーシップというと管理職に求められるイメージがあるが、縁の下の力持ちも立派なリーダーシップだと安達さんは指摘する。

「チームの中で若い社員の相談役になったり、上司とのパイプ役も、実はチームメンバーのモチベーションを上げたりするためのリーダーシップです。これは自分では気が付いていない人が多いので、自覚と自信を持って欲しいです」(安達さん)

上記はあくまでも事務系の正社員への転職に限った話ではあるが、30代後半からも有効な対策である。

同年齢で転職活動をしようとしている女性がいたなら、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか?「教えて!goo」では「40代の役職がついていない女性の転職をどう思いますか?うまくいくために必要なことは何だと思いますか?」と皆さんの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:キャリアコンサルタント 安達瑠依子
リクルート出身。ITベンチャーやブライダルなどの上場企業で人事責任者として採用や人事制度設計に携わりコンサルタントに転身。地方自治体の面接官も経験。現在は転職希望者や公務員受験者の面接対策の指導に活動を広げている。一般社団法人えるふ転職支援ラボ代表理事。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

37

BAD

NICE

みんなの反応

93

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック