あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

入学はやっぱり春がいい?

入学はやっぱり春がいい?東大の話なんて自分には関係ないや…というワケにもいかないらしい。東大が入学時期を秋にするという構想を打ち出し、全国の大学もそれにならって次々に秋入学を検討すると言い出した。

ちょうど受験シーズン真っただ中。入試の当日に大雪で交通が混乱したり、風邪をひきながら高熱を押して出かける受験生がいたりという現実を見るにつけ、真冬に受験って酷だよなーといつも思う。もっとも東大を動かしたのはそういうことではなく、「国際性を備えたタフな人材の育成」「世界の有力大学、それらの学生たちと日々切磋琢磨し合うような環境の強化」が目標だとか。

これに対して「メリットは海外留学だけって、総合的に考えたら大損ではないでしょうか?」という疑問の声が、教えて!gooに寄せられていた。

東大の秋入学ってどうなの?

質問者のnishikasaiさんは、「東大の秋入学で日本のなが〜い間守られてきた4月から始まり3月で終わる制度ががたがたになるんじゃないでしょうか」と心配する。回答者も、合格から入学までに空白期間ができることや、就職活動の時期がずれることをデメリットとして挙げている。

■秋までどうするの?


「そもそも、春に合否を決めて、じゃあ、秋まで何をするのでしょう?(中略)…その半年は、向学心に燃える学生を放置しておくので勉学の意欲をそぎます。ニュースでは、ボランティアとか言ってましたが、これまた馬鹿げた発想です」(councellorさん)

「半年間、卒業が遅れるということは、そのサイクルで採用をしている企業に就職することができなくなります。大手の企業などは、春、秋と2回のサイクルで採用を、ということができるかもしれませんが、中小企業でそれは不可能でしょう。そうすると、就職の幅がかなり狭くならないでしょうか?」(gohara_goharaさん)

■海外との交流のメリット


一方で、海外との交流のメリットを説く声も多かった。企業は国際化を迫られて外国人留学生などの積極採用に乗り出しているのが現実。大学や学生も、国内だけを相手にしていれば済むような悠長な時代ではなくなったのかもしれない。

「9月入学制度は,導入当初こそ違和感があると思いますが,国際的な視点を持った人材の育成という観点からは必要なものだと思いますよ。メリットは海外留学だけといいますが,海外留学等の効果を軽視してはいけません」(kuroneko3さん)

「さすが東大!よくやった!という感じ。日本の若者と海外の若者が、大学と言う場で国際交流しやすくするためには不可欠だったのです。(中略)…日本の企業、人が次々と海外を視野に入れれば、日本経済は必ず伸びていきます。大損ではありません。長い目で見て必ず成功します」(1amburritomanさん)

東大の秋入学はまだ本決まりになったわけではなく、学内で意見を募っている段階。それでも日本全体で動き出した流れは止められないのかもしれない。「入学って桜の花が咲くころというのが日本人の通念です。秋風が吹いてきたころ入学ってなんか変ですね」(質問者のnishikasaiさん)と複雑な思いを抱く人が多いとしても。


鈴木聖子 (Suzuki Seiko)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

1

BAD

NICE

みんなの反応

2

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック