話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

プロが教えるお風呂の残り湯利用が洗濯物のイヤな臭いの元になる理由

お風呂の残り湯利用が洗濯物のイヤな臭いの元となってしまう理由洗濯が楽しくできるノウハウを発信している、お洗濯マイスターの山縣義文さんに、前回「部屋干しの洗濯物を早く乾かすにはどうしたらいいのか」を伺った。その結果、風の通りを意識して干せば部屋の中でも早く乾かすことができることが判明した。

だが、干し方に加え洗濯する段階でも注意すれば、部屋干しでもイヤな臭いが残らないのではないか? 太陽の光でカラッと干し上げた洗濯物には及ばないだろうが、快適に洗濯する方法はないのか、洗濯段階で気をつけたいポイントを引き続き山縣さんに伺った。

■ニオイのもとは落としきれなかった汚れ


洗濯物が臭うのは、落としきれなかった皮脂や汗などが化学的に変化したり、汚れをエサに細菌が増殖するからだ。部屋干しした洗濯物が乾かないで湿った状態が長く続くと、菌は増殖しやすいという。ニオイを出さないためには汚れをきちんと落とすのが一番だが、どんな洗剤を選べばよいのか。

「汚れにも菌にも効果的に働き、しっかりと落とすことができる部屋干しに適した洗剤を使用しましょう。また、菌を落とす『除菌力』や、菌が増えるのを防ぐ『抗菌力』が高い漂白剤や柔軟剤を、部屋干しに適した洗剤と併用することで、よりニオイをおさえる効果が高まります」(山縣さん)

部屋干し用洗剤と併用して『除菌力』や『抗菌力』が高い漂白剤や柔軟剤の利用がニオイ対策になることはわかったが、普通の洗剤での洗濯で何か工夫ができないのだろうか。山縣さんに再度問いかけてみた。

■お風呂の残り湯を効果的に使うと汚れ落ちがアップ


「普通の洗剤での工夫は洗濯で使用する“水”でできますね。洗濯時の水温は、高いほど汚れ落ちが向上するので、お風呂の『残り湯』を使うのは良いことです。ただしすすぎにまで使ってしまうと、キレイに洗った洗濯物に残り湯中の菌や汚れがついてしまい、イヤな臭いが発生しやすくなります」(山縣さん)

お風呂の残り湯の利用は節水にもなりエコと思っていたが、使い方次第で逆効果になってしまうことも……! 残り湯は洗いの工程で使い、すすぎには水道水を使う。これが汚れや菌をしっかりと抑えるポイントだ。

洗濯物のイヤ~なニオイにお悩みの皆さんは上記を参考に、洗濯をしてみては?

●専門家プロフィール:山縣 義文(やまがた よしふみ)
お洗濯マイスター。
家庭向けおよび業務用洗浄剤の研究・開発に約30年携わる。 日々の洗濯が楽しく、快適に行えるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすく伝えている。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

280

BAD

NICE

みんなの反応

795

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック