ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

40代50代で離婚した女性に必要となる老後資金はいくら?

40代50代で離婚した女性に必要となる老後資金はいくら?年々40代50代の離婚率は高くなっており、50代で離婚する人の割合はここ10年で急増したとも言われている。新たにシングルでスタートするにあたり、気になるのは離婚後の資金、特に年齢的に老後資金も気になってくる。
「教えて!goo」でも「離婚→老後」というタイトルで、50代半ばの女性から、離婚後の生活の不安が寄せられている。一説には夫婦で必要な老後資金は一億円とも言われているが、シングル女性の場合はどうなのだろうか? 女性とシングルマザーのお金の専門家であり、マイライフエフピー代表の加藤葉子さんに話を聞いた。

■老後に必要なお金は「5600万円」


加藤さんによると、老後資金とは60代以降の資金を指すとのこと。

「平均寿命から考えて、60歳〜90歳の30年間に必要な生活資金を試算してみましょう。総務省による家計調査に寄れば、仕事なしの60歳以上の一人暮らしの人に必要な生活費は、およそ15.6万円と算出されています。そういたしますとおよそ年間で必要な資金は186万円、30年間で必要な金額は5600万円の計算になります」(加藤さん)

求める生活の質などで額の変動はあるとのことだが、一つの指標になる金額だと感じる。

さらに、「お住まいが賃貸住宅などで住居費用がかかる場合はさらに住居費として6万円を上乗せし月21万円で計算するとよいでしょう」とのこと。

■自宅の築年数によってはリフォーム費用も考えましょう


また、加藤さんによると離婚後も持ち家に住み続けたり、あるいは実家に戻るなどして住居費がかからない場合でもリフォーム費用は老後資金に入れておいた方がよいとのこと。

「持ち家も大体20年~30年経つと水回りなどのリフォームが必要になります。もちろん家の大きさや求めるニーズによって値段は変わってきますが、平均としてリフォームには230万円かかります」(加藤さん)

持ち家の人はリフォーム代も老後資金として計算してみるのもよいだろう。

■両親の介護費用も入れておくと安心です


加藤さんによると老後資金の中には両親の介護費用も入れておいた方が良いとのこと。
「高齢化社会で子どもが60代、70代になっても親が健在という方が増えてきております。ご両親自身の介護費用はご両親の年金から捻出できますが、例えば実家の片付けや、お見舞いに度々顔を出す必要がある場合などは交通費がかかる可能性があります。遠方であればさらにまとまった金額の交通費がかかることを見越して準備しておくとよいでしょう」(加藤さん)
介護費用自体は親の年金で賄えるとまでは考えていても、自分が支出する交通費は盲点だった。40代50代での離婚女性は現在の住まいのほか、自分と親の介護などじっくり見直すことから始めてみてはどうだろうか。

●専門家プロフィール:加藤葉子
マイライフエフピー代表。子育て真っ最中のママであり、女性とシングルマザーを応援する独立系ファイナンシャルプランナー。自身の経験をもとにブログ「シングルマザーのお金の話」で情報発信をする中、全国の女性より相談を受けるようになる。ファイナンシャルプランナーとして相談・執筆・講師・女性のためのFP実務講座をインに活動中。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

34

BAD

NICE

みんなの反応

80

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック