私は今来年一年間留学すべきかどうか迷っています。将来、翻訳家や通訳の仕事につきたいと思って参考書などを片手に勉強をしているのですが、いまいちリスニングや自分の気持ちを即座に表現する力がつきません。英語に囲まれて生活していれば自然と英語のリズムが体に入ってきてそのうち勝手に英語が出てくるようになるそうですが、日本では、当たり前ですが周りは日本語があふれていて、英語に囲まれた生活環境を作るのは困難な気がします。しかしだからと言って一年留学するだけではたいして英語が身に付かないでしょうか?教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。

8年カナダにいた留学カウンセラーです。

1年間留学すればある程度の語学力がつくのではないか、という期待は、たくさんの人が持っているし、実際に10ヶ月の間に結構な実力を付けて帰国する人もいます。
でも、一般的には#2さんがおっしゃっている通り、1年で流暢になるのは難しいでしょう。

>英語に囲まれて生活していれば自然と英語のリズムが体に入ってきてそのうち勝手に英語が出てくるように

上記は必ずしもそうとはいえません。
本人が努力をしなければ勝手に英語がでる事はまずないでしょう。英語に囲まれている環境だって、結局自分で聞く努力をしなければ全く耳に入るわけではないし、英語に囲まれる事で、理解できない事にもどかしさを感じてしまって、英語が上達する前にめげてしまうケースも多々あります。

逆に、海外経験ゼロでも話せるようになっている人はたくさんいます。日本では環境が作れない、と思っていたら、海外に出ても同じです。ようは、どこまで自分を鍛えることができるかなのです。

リスニングもスピーキングも即座に身につくものではありません。練習を重ねて上達するものです。

赤ちゃんが言葉を発するようになるのは、生まれてから1年以上経ったあとです。それまでの間、赤ちゃんは周りの人が話しかけてきた事を繰り返し聞いて、少しずつ理解をし、自分の口から発する事ができるようになるわけです。

大人が英語を習うのも一緒ですよ。
ただ、大人の場合は最初から言葉を発する事ができるし、知識もあるので、赤ちゃんとは条件が違いますが、言葉を覚えるプロセスは一緒です。コツコツと地道に練習すれば実力に変わります。

まずは今できることから始めてもいいのではないでしょうか? それこそ、家の中では英語の環境(テレビは副音声の番組を英語で見る、英語ONLYのラジオを聞く等・・・)にし、英語を話せる友達を見つけて、英語だけで話してみる、など、それだけでもかなり違います。#1さんがおっしゃっている英会話もひとつの手段です。

ある程度実力がついたところで、留学してもっと英語力を伸ばし、帰国した後も継続するのが一番大切です。

結局1年程度の留学だと、帰国した後使わなければあっという間に忘れてしまうくらい頭に残らないのです。

頑張ってくださいね。
また何かわからない事があったら、おっしゃってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。確かにおっしゃるとおりだと思います。少し、耳が痛いです。

お礼日時:2004/09/28 18:36

こんにちわ、現在イギリスに留学中の者です。


英語を話す国に1年留学するというのは絶対大きな違いです。私は18才でまだまだひよっこなのであまり大した事言えないのですが、私は高校で英語の成績は良かった方だったんですが初めて海外に来た時はただただ漠然としてほとんど英語話せませんでした、まったくに近いほど話せませんでした。
現在イギリスに留学して6ヶ月話すが楽になり普通に話せるようになってます(なんとか)。
フランスではイギリスの会社に働きにいく前にインターナショナル学校に1ヶ月生かせるシステムがあるそうなんですが、その理由はいきなり英語を話すのは難しいから少しでも話す事聞く事に慣れる為だそうです。なので一年留学絶対大きな変化現れます。私自身今になって「今まで学校の英語授業何習ったんだろう・・」なんて考えるときもあるぐらいです。お金多少かかりますが英語を身につけたいなら英語を話す国に行くのが一番です!でもできるだけ日本人のいない国、町を選ぶように注意してください。
ごちゃごちゃでまとまってない意見すみません。

頑張ってくださいね!!!応援してます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。18歳で・・・たくましいですね。感心しています。私にもできるかどうか?No.2,3の方のご意見も頷けます。

お礼日時:2004/09/28 18:34

アメリカ在住のコニーです。



英語力といっても、どれ位の英語力を求めているかでまた違ってきます。

流暢に英語が聞ける、しゃべれるようになるには、1年間では残念ながら難しいです。また留学するといって、語学学校に入っても、クラスメイトはアメリカ人ではないです。

ただ、1年間のうちに、アメリカの文化に直接触れることが出来たり、それから、ある程度のリスニング力がついたり、それからスピーキングの力もある程度はあがります。

ですので、1年間、英語に触れたからといって、いきなりネイティブのようにしゃべれるようになるというのは、なかなか現実的ではないです。一応、基本的にアメリカ人とコミュニケーションをとるのに支障がでてこなくなるような英語力を身につけるためには、3~5年(基本的な会話力です)。また、学校の授業についていくために、無理なく教科書をよめるようになったり、クラスメイトと議論をしたり、論文や作文を書けるようになったりするには5~7年、又は7~10年かかるというひともいますので、とにかく1年以上はかかります。

ただ、1年間留学した後に、日本で、外人と英語をしゃべったりする機会を作ることはできると思いますし、それから、海外のドラマなどをみながら、英語を勉強することも出来ます。ですので、アメリカで自分の気持ちを辞書なしでしゃべる練習をしてみて、日本に帰ってから、さらにそれを練習するようになれば、どんどん英会話力はつくようになります。

がんばって下さいね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2004/09/28 18:51

私は英会話をお勧めします。


昔は自分では勉強してたつもりだったんですが、つい口を開くと止まっちゃったり、ブロークンな文法で話してしまったり、theなどを抜かしてしまう癖がありましたが、今は日常会話などは話し・聞きができるようになりました。
最近は安くなってますし、1回どこかに体験に行かれてはどうですか?多分mkmmkmさんのように熱心な方はすぐ上達すると思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。考えてみます。

お礼日時:2004/09/28 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語圏への留学費用…英語圏の国に1カ月ほど短期留学したいと思っています。大学のプログラムでは

英語圏への留学費用…


英語圏の国に1カ月ほど短期留学したいと思っています。
大学のプログラムでは1カ月の語学留学で約50〜60万だったのですが、
インターネットのサイトのプログラムでは約30万程度でした。

飛行機代や食費も含めて、相場はどのくらいなのでしょうか?
また英語が話されている国ならどこでもいいと考えているので、費用が安く抑えられる国があれば教えてください。

Aベストアンサー

英語のみの留学で安いと言えば、今はフィジーだと思います。
フィリピン、シンガポールも他の英語圏に比べればまだ安いです。
昔安かったNZやオーストラリアはかなり高額になりました。
値段は学校によってまちまちだと思いますが、1か月くらいなら安いところだとホームステイ含めて10万前後で行けるのではないでしょうか?
飛行機代は時期によって値段がかなり変わります。航空券含めて安いところと考えるとシンガポールやフィリピンの方がトータル的に安くなるかと思います。
費用をとにかく抑えたいのであれば、ご自身で行く国を決めて学校を探し、直接ご自分で申し込まれた方が安くなりますよ。または現地にあるエージェント経由の方が安く申し込めます。
単位も取りたいなら大学のプログラムから申し込まないとダメなはずです。
安く留学できるといいですね、頑張ってください。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q30代英語大嫌いの私が1ヶ月の英語留学

英語留学で検索して他の方の回答なども拝見しましたが最新情報?なども知りたく・・・あえて質問させてください。

英語大嫌いの私ですがやはり簡単な英会話などができるようになりたくて1ヶ月とういう本当に短い期間ですが留学したいと考えています。
この留学をきっかけに英語大嫌いが少しでも克服できたらいいなぁと思っています。

昔は?映画やドラマなどを少し観たりしていましたが今は全く観ていません。音楽は昔から全く聴きません。。。

本題ですができれば

学費(1対1)など費用が安い
物価が安い
治安が良い
30代以上の人も多少いるところ
(できれば多いところ?^^;)

上記のような条件のところはありますか?

やはりどこか留学斡旋会社をとおさないと不可能でしょうか?
参考になるHPやオススメの斡旋会社などありましたら教えてください。

来年3月の1ヶ月に行きたいと考えています。
ちなみに3月は大学の春休みでやはり大学生が多いのでしょうか?

みなさんの経験談や聞いた話などぜひ参考にしたいです。
宜しくお願い致します。

ちなみに私のように英語大嫌いを克服された方いらっしゃいますか?
もしいらっしゃいましたら・・・克服された方法などもお願い致します。

英語留学で検索して他の方の回答なども拝見しましたが最新情報?なども知りたく・・・あえて質問させてください。

英語大嫌いの私ですがやはり簡単な英会話などができるようになりたくて1ヶ月とういう本当に短い期間ですが留学したいと考えています。
この留学をきっかけに英語大嫌いが少しでも克服できたらいいなぁと思っています。

昔は?映画やドラマなどを少し観たりしていましたが今は全く観ていません。音楽は昔から全く聴きません。。。

本題ですができれば

学費(1対1)など費用が安い
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、現役海外駐在員です。
>英語大嫌いの私ですがやはり簡単な英会話などができるようになりたくて1ヶ月とういう本当に短い期間ですが留学したいと考えています。
との事ですが、あなたの目的意識はどのようなものですか?
自発的にこうしたいと考え留学したいのか、または仕事等何か必要に迫って目的を達成する為の手段で留学を考えているのか。
留学という具体策を始めに考える前に、問題点として「英語が大嫌い」というものが大前提にありますので、それを取り除いてあげなければならないと思います。
少々話が反れますが、私は中学、高校の時は恥ずかしながら英語の成績は五段階評価のうち、「1」か「2」で、「2」以上はありませんでした。
ものすごく苦手意識が強く家庭教師さえ付けても一向に改善しませんでしたが、私が社会人になり海外旅行に行った時、声を掛けてくる外人に対してコミュニケーションどころか片言も話せない事に、ペラペラになれば日本人以外の慣れ親しんだ話以外に、未知の世界が楽しいだろうなという些細な気持ちが動機になり、私はあなたと同じくらい?もしくは、それ以上嫌いという意識は強かったと自負しておりますが(笑)嫌いという第一関門を取り払う為に、興味を持ち始める事から始めました。
具体的には、英語でもイギリス英語、アメリカ英語の違いは何だろう?
どの程度違うのか?あと英語の訛りは何だろう?、世界中各国どの国が公用語なのか?…思いつく全ての事を、ネットなどで拾い読みや、本で調べるなどから始まり、当初の「嫌い=不安、先入観、」というネガティブ思考から「興味=達成意欲、好奇心」というポジティブ思考へ徐々に変わることが出来ました。2002年から独学で始め、とにかくデスクで勉強というスタイルでなく、英語で物事考えたり意識するという方法やヒヤリング、リスニングや国際交流会というのを利用し、メール交換、外国人の友達作りなどして、約2年の歳月でこんな私でもTOEIC750点に達し前職を辞め、今に至るです。なのでやる気の意識を持ってやれば必ず出来ます。
多少でも覚えたいという気持ちがあれば、いきなり嫌々半面の意識で留学して思う様に中々身に付かないより、せっかく勉強するなら好奇心やプラス意識の状態で留学された方が、自然体の勉強スタイルになる為、英会話の身に付く量がはるかに違います。
留学することが目的になってしまっては意味がありません。
目的は英会話が出来るようになる、ですから。
「英語を好きになる」から始めた方が効率いいです。
ですから、嫌いという壁を捨てる為の壁をまず崩壊しましょう。
以上内容が「英会話が出来る」という目標到達の為の最初の処方箋です。

こんばんは、現役海外駐在員です。
>英語大嫌いの私ですがやはり簡単な英会話などができるようになりたくて1ヶ月とういう本当に短い期間ですが留学したいと考えています。
との事ですが、あなたの目的意識はどのようなものですか?
自発的にこうしたいと考え留学したいのか、または仕事等何か必要に迫って目的を達成する為の手段で留学を考えているのか。
留学という具体策を始めに考える前に、問題点として「英語が大嫌い」というものが大前提にありますので、それを取り除いてあげなければならないと思い...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

Aベストアンサー

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学:
英語等の外国語学校や大学付属の外国語学校やコース等へ留学する事で、期間は数週間から数年間と希望と実力によって決まります。
授業料等は、留学先の学校や留学期間よって決まります。

・推薦留学:
例えば、大学が指定のした外国の大学の付属外国語研修機関等へ学生を留学させますが、成績優秀で留学して効果を上げそうな学生を推薦するという事でしょう。
交換留学と比べると、語学に限っていたりするので、自由度が高いのかも知れません。
授業料は、留学先の授業料が適用されるのではないでしょうか。

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報