2-メチルー1,3-シクロヘキサンジオンと3ーペンテンー2-オンを塩基性下(OH-)で反応させると何ができるのでしょうか?

最初の反応ですが、次の5つのパターンを考えました。
1.α、βー不飽和カルボニルへの共役付加
2.α、βー不飽和カルボニルへの単純付加
3.α、βー不飽和カルボニルの1位(α位)のH引き抜き
4.2-メチルー1,3-シクロヘキサンジオンの2位(α位)のHの引き抜き
5.2-メチルー1,3-シクロヘキサンジオンの4位(α位)のHの引き抜き

Hの引き抜きやすさは、酸性度の高いHほど引き抜きやすい
んですよね?

やはり、順当に考えて1か2の求核付加が起こり、その後、シクロヘキサンジオンの4位のHを引き抜くのでしょうか?

A 回答 (1件)

2-メチルー1,3-シクロヘキサンジオンと3ーペンテンー2-オンの反応なら、やっぱり酸性度を考えるのが始めですよね。


化合物名が長いのでA、Bとしましょう。

酸性度が一番高いプロトンは、Aのケトンにはさまれたメチル基の付け根のプロトンでしょうね。ですから、ここが、Bを攻撃すると考えるべきでしょう。

最初の反応だけを質問されていますから、これだけでいいのでしょうか?

一応、私の考えを。
Bには、求核攻撃する場所が2ヶ所ありますから、どちらかに付加しますよね。
最終的には、2環状の化合物になると思うのですが。
よくある問題のような気がします。演習問題などを見てみると、良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ありました!
Robinson環化反応ですね。

お礼日時:2001/07/09 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qα,β不飽和カルボニルの還元

α,β不飽和カルボニルを還元するとき、なぜLAHやred-alだと1,2還元で、NaBH4だと1,4還元が起こるのでしょうか。

Aベストアンサー

これを言うと身もふたもないのですが、結果的にはそういうことになります。
HSAB則に関しては、明確な場合もあるのですが、微妙で予測困難な場合もあるように思います。今回の議論に関しても、単にAlかBかというだけではなく、その周囲の原子の影響もあります。たとえば、NaBH4ではなく、BH3であれば1,2還元が優先したように記憶しています。
参考URLに1,2還元法として知られたLuche還元についての説明があります。多少は関係していると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ルーシェ還元

Qα,β-不飽和カルボニル化合物の合成

下記のサイトのα,β-不飽和カルボニル化合物で質問です。
http://d.hatena.ne.jp/ao-1/20090508/1241794017

(1)2段落目のエタノールでの反応で、O-→OH、になっていますが、これは初めにエトキシドのH引き抜きで生じたエタノールでしょうか?



(2)2段落目のエタノール処理後のOHとHの脱離反応はどういった種類の反応でしょうか?

Aベストアンサー

>初めにエトキシドのH引き抜きで生じたエタノール
エトキシドは普通エタノール中で作るので、沢山あるのではないでしょうか。溶媒もエステル交換が起きないようにエタノールを使うべきだし。

>2段落目のエタノール処理後のOHとHの脱離反応
β脱離、あるいは唯の脱水。不飽和結合がエステルのカルボニルと共役するのででき易いです。

Q有機_反応機構の書き方 (α、β不飽和カルボニルへの求核反応)

有機_反応機構の書き方 (α、β不飽和カルボニルへの求核反応)
画像をご覧ください。1から2の部分の反応機構の書き方で質問があります。この場合1の共鳴式の右側のもののいちばん右の炭素上にある1級カルボカチオンに対し-CNが攻撃すると書いてもよいのでしょうか?
これに限らず問題演習でよくこのような、教科書の正解例と違う答えを書いてしまい、間違っているのかどうかわからないことがあります。反応機構って結構正解例がいくつもあるものなのでしょうか?夏の大学院入試に向けて勉強しているので入試で丸がもらえる書き方をしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違ってはいないです。
が、共鳴形は書けるとはいえやはりプロトン化されるのは主にカルボニル酸素であると思います。
そのため、求核攻撃がカチオン性の高い炭素で起こるということが理解できていれば間違いではないですが、望ましい解答ではないと思います。
反応機構に関しては基本的に絶対正しい答えというのはないこともありますが、
やはり参考書の表現に近い方が良いと思います。

Qα型、β型のα,βは何を表しているのでしょうか?

αグルコース、βグルコース、αアミノ酸、εカプロラクタムのα,β,εとは何を表しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ついでにいうと GABA (GammaAminoButyric Acid: γアミノ酪酸) は NH2CH2CH2CH2COOH で, アミノ基はγ(3)位. ε-カプロラクタムもそのもとは NH2(CH2)5COOH だから, アミノ基はε(5)位ですね.
閉環した炭化水素のアノマーを指定するα, β以外は, ほとんど「位置関係」を表すために使われています. α-アミノ酸とか GABA, ε-カプロラクタムはこの例ですし, トルエンのメチル基上の置換を表すαも同じように「フェニル基が付いている炭素からの位置」を表しています.
他に使うのは, ナフタレンのα/β置換とか活性メチレン物質 (例えば Hacac: CH3C(=O)CH2C(=O)CH3 だと中央のメチレンはどちらのカルボニルに対してもα位になるのでその水素の酸性度は大きくなる) などかな?
あ, 天然物由来の慣用名だといっぱい使われています. 「β-カロテン」とかね.

Q「α水素引き抜き」と「付加」について

α水素があるカルボニル化合物の場合、塩基で処理するとα水素が抜かれて、n-BuLiなどでは付加が起こるのでしょうか?


「引き抜き」か「付加」の起こるポイントを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

求核剤としての性質が優位になれば付加になるし、塩基としての性質が優位になればH+が引き抜かれることになります。
まあ、求核剤の性質を考えるにあたってはHard-Softの問題もありますが、そこまで考えるとどうしようもなくややこしくなりますね。

一般論として強塩基は強い求核剤でもありますので、そのどちらの性質が優位になるかは予想しにくい面があります。基本的には経験的に判断することになります。ただ、実験者の意図として、塩基としての性質を優位にしたければ、立体的に求核性が抑制された塩基、たとえばLDAやt-BuOKを用います。その辺りが一つの判断基準になるでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報