今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

お読みいただきありがとうございます。

娘が奨学金を返済中です。残高は200万円以上あります。今年母が亡くなりまとまったお金を相続したのでこの奨学金を全額繰り上げ返済してあげようかと思っています。

①これは贈与になりますか?
②実行した場合、税務署に知られる可能性はありますか?

A 回答 (4件)

奨学金は「子の借金」ですから、本人の借金を親が返済する事になりますので、その返済額について、親が本人に「貸付する」か「贈与するか」で法律関係が変わります。


 親子間では民法によって相互扶養義務がありますので、子の教育費を親が負担することには贈与税はかかりません。何千万円の教育費を親が負担してもです。
 しかし、子が奨学金を借りて、学費に使われても、親が奨学金の返済資金を支払うことは、教育費の負担として贈与税非課税とはなりません。

 子の単独の法律行為によって生じた借金の返済を親が負担した場合において、それを贈与税非課税としたら、本来相続税の補完税として存在する贈与税の目的を失くしてしまうからです(※)。

1 親が子に貸付する(そのお金で子が借金を返済する)。
  金銭消費貸借契約と言います。子が金融機関からお金を借りる代わりに、親から借りるだけです。
 ここで、親子間の金銭消費貸借契約は実質的には贈与行為と疑われるケースが多い事を知っておくべきです。
 利息の設定がない、担保がない、返済期日が曖昧であるなど。あるいは金銭消費貸借契約書の作成がなく口頭契約であるなどです。口頭契約でも契約は有効ですが、他者からみれば「親子間の金の貸し借りなど、贈与そのものだ」と言われるものです。

2 親が子に現金を贈与し、子も「貰った」と意思表示をした場合(子はこれを持って借金を返済する)。
 ご心配の「贈与」です。贈与税の対象になります。
 「親が返済する限り、税法上の贈与ではありません」と言い切ってる方がおられるようですが、私はこれはいかがなものでしょうか。
 奨学金を返済するために、子が金融機関から借金をして返済し、その「金融機関からの借金」を親が肩代わりして返済すれば贈与行為です。
 「いやいや、内容は奨学金だから、教育費用として親が負担するべきものだから贈与税は非課税だ」と言いたいところですが、これを認めていたら、成人した子の借金を親が肩代わりした場合にはすべてが贈与税非課税になってしまいます。
 子が事業を始めて作った借金でも「もともとは、奨学金を返済するために借金が必要だった」と言う理屈が通るとすれば、きりがなくなってしまいます。
 それでは相続税の補完税としての贈与税の存在意義がなくなってしまいます。
 おそらくはですが、税務署長は贈与だと認定するはずです。

3 税務署は知りうるのか。
 税務調査官があなたの家のなかに監視カメラをつけてるわけでもなく、一年中「預貯金の動き」を見つめてるわけでもありません。
 相続で得た現金を子に贈与して「これで奨学金を返済しな」としても、まずわからないでしょう(※2)。

 しかし「税務署にはわからない」という事と「贈与税がかからない」という事とは別物です。
 贈与を受けた者に贈与税の納税義務があり申告義務があるので、親が子に「このようなお金には贈与税がかかるのだ」と納税の義務を教えることも教育ではないでしょうか。



親が金を残して死亡すれば子に相続税が発生します。これを節税するために、親が生前に子に現金を渡してしまえば良いわけです。相続税法では、このような「相続税逃れのための資産減らし」を防止するために、贈与税をもうけて、生きてる間の資産の譲渡に贈与税をかける事になってます。
この辺りは、ご質問者も充分承知のことでしょう。

※2
税務署が発見するのは、贈与者が死亡して相続事案になった場合です。
相続税調査では生前の預金の動きが最低でも5年間は調査され、被相続人の子の預金も同様に調査されます。これをきっかけに生前の贈与行為が発覚し、贈与税の無申告、および死亡3年前の贈与財産の相続財産への加算などが指導されます。
「まだまだ、死ぬ年ではない」というなら、相続税調査とは縁が薄いので、預金そのものの調査により贈与が発覚することは(保証の限りではないですが)、そうそうあるものではないです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。とてもよくわかりました。

>「税務署にはわからない」という事と「贈与税がかからない」という事とは別物です。
とてもいいアドバイスをいただいたと思いました。ご回答者の人柄がしのばれます(^^)

お礼日時:2017/12/21 18:13

とりあえず贈与税のかからない110万円だけ繰上げ返済、翌年に残りを一括返済。

返済手数料はかからないし、利息の方が税金よりも安い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。年内に110万円、来年早々110万円にします。

お礼日時:2017/12/21 18:03

1.へ?



贈与と娘の奨学金は関係のないことです

2.だーかーら、何を??


娘さんのお母さんが亡くなったからと言って、奨学金の返済は変わりませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の意味がわかりません。自分の質問の文章がわかりにくかったかと思いましたが他の回答者の方には正しく伝わっているようです。まともに読んでいらっしゃらないのでは。
それ以前に、友人知人ならともかく見ず知らずの相手に「へ?」とか「だーかーらー」などといった言葉使いをするのはいかがなものでしょうか?お止めになった方がいいですよ。

お礼日時:2017/12/21 18:28

奨学金って、高校や普通の大学までなら、学費を出すのは親の扶養義務のうちです。


親が返済する限り、税法上の贈与ではありません。

--------------------------------------------------------
「贈与税がかからない場合」
2 夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの
ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
--------------------------------------------------------

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。自分もこの解釈が成り立つかもと思ったのですがダメそうです。

お礼日時:2017/12/21 18:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奨学金の一括返済について質問です。 日本学生支援機にて、384万円の奨学金を借りている現在大学4年生

奨学金の一括返済について質問です。

日本学生支援機にて、384万円の奨学金を借りている現在大学4年生です。

祖母が利子で150万程度の上乗せがバカバカしいということで、機構には一括返済をし、自分が祖母に毎月返済していくと話になっています。

この場合の贈与税はどうなるんでしょうか。

税務署に確認したところ384万円の贈与であれば、311600円の税金が発生すると言われました。

年間1500万円までの教育資金贈与信託は適用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

年間1500万円までの教育資金贈与信託ですか。
「信託」という言葉があるように、金融機関を経過しての贈与でないと該当しませんから、祖母から直接孫が贈与を受けたのでは「非該当」です。
また、金銭消費貸借契約をして「借りた」ことにするのも、難しい問題があります。
その金銭消費貸借契約は真に「お金の貸し借りなのか」どうかです。
1 利息を計上すること
2 返済計画があり、それが守られている事。
  ここでは返済が実際にされてるかどうかがポイント。口座に振り込むなど記録が残るように。
3 返済計画の長さ
  具体的には返済計画が「祖母が生存してる間に終了するもの」かどうかです。
  仮に祖母が80歳で20年で返済する計画でしたら、完済までに祖母が死亡してしまう可能性大です。

4 金銭消費貸借契約は贈与行為の隠れ蓑として使用されることが多いので(仮に調査対象になった場合。自分の処は絶対に調査対象になどならない自信があれば、このようなことを考える必要性がない)、上記の点をクリアーしておくべきです。
 要点は「一般に金を人様に貸すときに、このような条件で貸すかどうか」です。
利息なしで貸し付けるなどは「お話になってない」ですし、返済期限の定めがないというのも「どうかしてる」です。
 法人ならともかく、高齢な個人が返済計画中に死亡してしまうような貸付などはしないでしょう。
金額によっては担保をとります。何百万円という大金を貸すのに無担保でお金を貸す金貸しはいません。


ところで、祖母から孫への贈与でしたら相続時精算課税を利用して贈与を受け「とりあえずだが、税金は発生しない」選択をする手があります。
そちらを検討した方が実効性があると感じます。
ただし、相続時精算課税制度は一度選択すると撤回ができません。
「その時の税金を、今から延滞税をつけて払うから、撤回させてくれ」と言ってもできません。

祖母の相続発生時には、相続税納税義務があるようなら相続税の申告をすることになりますが、このとき孫に贈与したお金は「相続財産に加算して相続税の計算をする」ことになります。
 税法に決められた負担をするのはやむを得ない事ですが、それよりも「他の相続人」から「あんたが現金の贈与を受けていたなんて、おれは聞いてなかった」として、遺産分割協議そのものが紛糾してしまうことがあります。
 今回の金額はたいした金額ではないのか、大金なのか個人個人で変わるのですが、「おふくろが残す現金のうちいくらかは私が相続することができるのに、知らない間に孫にやってしまってた。」として、おふくろさんにではなく、貰った孫やその親に「いいがかり」をつけてくる可能性もあるわけです。

そのような人が存在しないというなら、それでいいです。
「もしかしたら、あのおじさんはやばいかも」という人がいたら、一言断っておかないと「あとがめんどくさい」です。

相続時精算課税の選択は「あらら。税金払わなくていいんだ。じゃ、そうしよ」って選んでしまうと、のちのち思いもしない「困ったこと」がおきます。
既述のように「撤回できない」制度ですから、選択する際には、税理士に相談してからにするよう「強く奨め」ます。



なお、贈与税額が贈与を受けた額の10%以内でしたら「いっそ贈与をうけて、贈与税申告して納税してしまったほうが、すっきりする」という意見もあります。
消費税率が8%、所得税も195万円以上の所得には10%(ついでの住民税が10%つく)ことを考えたら、あれだこれだと案を練ってウダウダしてるよりも「贈与を受けました。贈与税払います」の選択はありなのです。

年間1500万円までの教育資金贈与信託ですか。
「信託」という言葉があるように、金融機関を経過しての贈与でないと該当しませんから、祖母から直接孫が贈与を受けたのでは「非該当」です。
また、金銭消費貸借契約をして「借りた」ことにするのも、難しい問題があります。
その金銭消費貸借契約は真に「お金の貸し借りなのか」どうかです。
1 利息を計上すること
2 返済計画があり、それが守られている事。
  ここでは返済が実際にされてるかどうかがポイント。口座に振り込むなど記録が残るように。
3 返...続きを読む

Q奨学金返済の肩代わりは贈与ですか?

学生支援機構の奨学金を中途でやめ、今後返済予定です。

連帯保証人は父親で、
保証人が、祖父です。

祖父が、「私が一括償還で返してあげる」と言うのですが、この場合、贈与等になってしまいますでしょうか?
一括償還の金額は500万円ほどです。

なお、連帯保証の父は、普通の社会人で、返済能力はあります。

祖父は、「相続税を節税したいので、保証人になっている奨学金ぐらい自分が返しても問題なかろう」、と言っているのですが。
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

個人融資審査経験者です。
2級技能士までしか取得していませんが、一応FPの資格も持っています。

お祖父さまがご質問者さまに代わって奨学金を返還した場合も、「保証人による『代位弁済』」となります。
お祖父さまに奨学金の『代位弁済』をしてもらえば、『求償権』が学生支援機構からお祖父さまに移行します。
そして、ご質問者さまがお祖父さまに返済をせず、お祖父さまも「返さなくてもいい」と言えば、お祖父さまは『求償権』を放棄したことになります。
お祖父さまが『求償権』を放棄されますと、ご質問者さまは『債務免除益』という『贈与』を受けたことになります。
(ただし、ご質問者さまが債務超過などで資力が無く、明らかに債務の返済が不能な場合は『例外』となります。)

500万円ですと、贈与税の課税対象になりますね。

保証人になっている云々は、学生支援機構との契約においての話に過ぎませんから、お祖父さまの「節税」とは何ら関係ありません。
それに、お祖父さまに『相続税』がかかる訳ではないので…。
(相続税は「お祖父さまの『相続人』」が払うものですから、その節税を考えるべきは「お祖父さまの『相続人』」になります。)
被相続財産が減るという点では、確かに「『相続税』の節税」にはなりますけれど、被相続財産が減ることが『相続人』に喜ばれるのは、被相続財産がマイナスの時くらいではないかと…。
それに、『相続税』よりも『贈与税』の方がはるかに高いんです。
そして、課税されるのは贈与を受けた『ご質問者さま』ですし…。

その対策については、こちらのサイトのQ6がご質問のケースに近いのではないかと。
http://www.mitsui-hanbai.co.jp/tebiki/mtebiki/03.html
(「親」を「祖父」、「子」を「孫」と読み替えられるとよろしいでしょう。)

> Q6 親が子の借入金を代位弁済する場合の取扱いは?
> A 代位弁済とは、簡単に言いますと「借入金の肩代わり」です。
> 親が子の借入金の代位弁済を行った場合に、子が親に返済しない場合で親が求償権を放棄した場合には、子は債務免除益という贈与を受けたことになります。
> この債務免除の金額が年間110万円を超える場合には、贈与税の対象となります。贈与税を避けるためには、親子間借入れや相続時精算課税制度等を利用する必要があります。

個人融資審査経験者です。
2級技能士までしか取得していませんが、一応FPの資格も持っています。

お祖父さまがご質問者さまに代わって奨学金を返還した場合も、「保証人による『代位弁済』」となります。
お祖父さまに奨学金の『代位弁済』をしてもらえば、『求償権』が学生支援機構からお祖父さまに移行します。
そして、ご質問者さまがお祖父さまに返済をせず、お祖父さまも「返さなくてもいい」と言えば、お祖父さまは『求償権』を放棄したことになります。
お祖父さまが『求償権』を放棄されますと...続きを読む

Q主人の奨学金返済について

結婚1年目の28歳主婦です。
現在、毎月主人の奨学金を13000円払っています。
あと160万円ほどあり、これから先10年以上支払い続けなければなりません。
ですが、最近こちらで質問させていただいた際、一括返済すればいくらか奨励金(?)が戻ってくると教えていただき、問い合わせたところ、現在一括返済すれば5%の8万円ほどが戻ってくるということがわかりました。
今、うちにはちょうど160万円貯金があります。ですが、これを全て奨学金の返済に充ててしまうと、何か急にお金が必要になった際に困ってしまうと思うので、返済にあてようか悩んでいます。
その貯金とは別に、わたしが結婚前から貯めていた自分の貯金が400万円ほどあるのですが、そちらから一時的に160万円返済したら、8万円も戻ってくるし良いのではないかな?と気がつきました。現在その貯金は全く使っていないので、少しずつ家計から返してもらえば問題ありません。ですが、主人に相談したところ、そんなことしなくていいと言われました。
きっと気を使って言ってくれてるのかプライドが許さないのかと思うのですが、わたしとしては、その方が8万円も戻ってくるし、良いのになぁ・・・と悩んでいます。

主人の言うとおり、わたしの貯金からの返済はやめておいたほうがいいのでしょうか?それとももう少し主人と相談して納得してもらうようにした方がいいのでしょうか?
もしくは、今ある夫婦の貯金160万円を全て返済に充ててしまうのが一番いいのでしょうか?
そんなこと夫婦で考えて結論出せと言われそうですが、何でもいいのでご意見いただけたらうれしいです。

結婚1年目の28歳主婦です。
現在、毎月主人の奨学金を13000円払っています。
あと160万円ほどあり、これから先10年以上支払い続けなければなりません。
ですが、最近こちらで質問させていただいた際、一括返済すればいくらか奨励金(?)が戻ってくると教えていただき、問い合わせたところ、現在一括返済すれば5%の8万円ほどが戻ってくるということがわかりました。
今、うちにはちょうど160万円貯金があります。ですが、これを全て奨学金の返済に充ててしまうと、何か急にお金が必要にな...続きを読む

Aベストアンサー

一括で払えばもちろん割引があるので、払えるものなら払ったほうがいいですけども

質問者さんの財産から肩代わりして160万支払うと贈与税が課税されます(言わなきゃわからんといえばそれまでですが。また、質問者さんのお金は生活費に使い、返済は夫の収入からするのであれば贈与税はかかりませんが。。。。税額5万円)

家庭の貯金で返済したほうがいいのではないでしょうか
貯金が0になってしまいますが、いざと言うときの奥様の貯金はのこるわけですし。
(どうしても急に必要になったら、そのときにそれを使えばいいのでは?)

ご主人の借金を奥様の貯金で代わりに払ってあげるのはプライド的にもよろしくないだろうし
難しいところですね


うちはボーナス返済だったんですが、結婚して数年は支払いがあったので
本当は早く返してしまいたかったですけど
夫自身の奨学金なので口は出さなかったです・・・

Q奨学金親が返済はおかしい?

多くの人が、借りた奨学金を子ども自身が働いて返していますね。
自分の通った学校だから、働けるようになったら、自分が返すのが筋なんでしょうね。

でも、そもそも奨学金を借りなければならなかったのは、親が教育資金の準備が不十分だった、親の収入が不安定だったなど、原因は親。
だから、子どもに返済の義務って、それが筋なのかなと疑問に思っています。

今子どもは普通に就職していますが、返済は親がしています。
仕送りの必要がなくなったので、その分返済に充てています。
仕送りに比べたら、返済額は楽です。
それでも、親族から子どもが甘えるようなことをするなと言われます。
子どもは甘えることなく、節約して暮らしています。

でも、これはレアなケースなのでしょうか?
みなさんは親が返済するのはやはりおかしいと思いますか?

Aベストアンサー

子供の学費は親が出すのが本来なので、学費に補充された
奨学金は親が返すのが筋でしょう。

私は、ずいぶん昔ですが高校で特別奨学金をもらっていました。
毎月3000円もらって返済はその半分です。
つまり、私の成績が良かったので毎月1500円もらってきてやっていたと
言えます。
その上、その1500円を私が返すなんてありえないでしょう。
毎月1500円を親に差し上げていたのに、卒業後にさらに一カ月あたり
1500円をあげるなんてありえないでしょう。

結果としては、親が返済してくれました。

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q手渡しで大金を渡せば贈与税はかからない?

質問のとおりです。
善悪でいえばもちろん悪ですが
手渡しだったら
ばれないですよね?
ばれないから税金はかからない?
これが脱税になるんですね。
警察につかまるんですか?

Aベストアンサー

贈与税の基礎控除額は110万円ですので、「大金」の範囲ですが、110万円以上で手渡しできる額として、一般的な市民感覚内?の額・・数百万円から1000万円強くらいと仮定します。

一般的には現金でなくても銀行口座間での異動でも税務署はそこまで調査しません、できません。

通常は家(不動産)を買う、建てる場合に、お尋ね文が来て資金の出所を調査され補足されますが、それ以外では、税務当局に補足されることはありません。

あくまでも一般論です。

Q国民年金保険料を親が払う

贈与税の限度額110万の他、国民年金保険料

を親が払った場合贈与の対象となりますか。

Aベストアンサー

親を世帯主とする世帯にご質問者がいるのであれば贈与になりません。
理由は簡単でその保険料納付義務は世帯主が連帯して負っているからです。

上記ではない場合、そもそも保険料を納めることが出来ないような状態、つまり生活困難な状態にあるときに、親から子供に支払われる金員は民法における扶養義務を果たしただけととれるので、やはりこれは贈与税の対象にはなりません。

Q急に銀行口座の預金が増えたら税務署から調査されますか?

現金を家の金庫で保管していたら、2000万円以上たまってしまいました。
(主人から生活費を現金でもらっていたので)
急に、銀行にこれをあずけると、なにか税務署から問い合わせがきたりしますでしょうか?

Aベストアンサー

注意すべき点がいくつかあります。

(1) あなたが専業主婦、もしくはご主人が配偶者控除を受けられる程度の所得しかないなら、ご主人の名義で貯金すること。

(2) 以前はあなたも所得があったというのなら、その割合に応じて貯金の名義を換えること。

(3) 家計の余りが積もり積もったものであることを証明するため、これまでの家計簿を保存しておくこと。

(4) 将来、土地・建物などの不動産を購入するようなことがあるとしたら、そのとき (3) を税務署に見せること。

以上のことが守られなければ、贈与などと見なされる危険性を否定できません。
銀行に預金しただけでは、税務署にまで知られることは通常ありませんが、高級乗用車や不動産など、登録・登記を伴うものを購入すれば、税務署に知られます。

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。

Q夫の通帳から妻が銀行窓口で振込み出来ますか

夫の通帳から銀行窓口で500万円ほど(リフォームの代金)振り込みしたいのですが、妻の私が窓口に行った場合でも振込は出来るでしょうか。通帳と印鑑はあります。
確か最近本人確認のため免許証とか必要だという話を聞いたことがあるのですが、この場合は私の免許証があればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

奥様でも振込み可能です。

銀行によって違うとは思いますが
奥様の免許証、パスポート、保険証(この中から1点)
旦那様の免許証、パスポート、保険証(この中から1点)
合計2点の本人確認書類が必要なると思います。

金額がとても大きいので行かれる銀行に電話で問い合わせてから行くと
何回も行く手間が省けますよ。
電話番号は通帳の表紙の裏に書いてあります。


人気Q&Aランキング