プロが教えるわが家の防犯対策術!

じゃないじゃないってどういう意味ですか?

「じゃないじゃないってどういう意味ですか?」の質問画像

A 回答 (7件)

否定語の疑問形?。


言葉や文法の問題ではなく、表現の問題かな?とも。
「ベテランじゃないじゃない」「ベテランじゃないじゃない?」、会話では表現できても、会話の言葉を文字にしただけでは十分表現しきれません。
誰かが、探し物をしている時、「これと違う?」語尾のトーンを上げる、またはアクセントを置く。
違う(否定語)の疑問形→否定語で表現するには疑問がある(ので、判断できるあなたが確認して)、この場合返事は肯定の返事(ああ、それそれ)の期待度が高い。
「これと違う」、この言葉は、探している当人の発する言葉が普通ですが、単純に、これではない、という意味ですね。
ベテラン、の条件?、数多くの場数を踏んでいる。
年の差があまりない=踏んだ場数もベテランとそうでない、と言われるほどの差はないはずの前提の話。
ベテランじゃない(=ただのプロ)、じゃない(=ただのプロを否定=ベテラン?)、ただし「じゃない?」と表記が妥当な疑問形の場合は、ただのプロを否定=ベテラン?、と言ってしまうのは疑問だ、あんたはどう思う・・・確かに疑問だ・・・という返事の期待度が高い。
    • good
    • 0

単なる?二重否定と言ってしまえばそれまで。


金、一銭もないことないだろう→一銭くらいはあるだろう。
ベテランを否定、さらにその否定を否定。
敵の裏をかくのは、ごく普通だからさらにその裏をかいて、結局正攻法と同じ。
文章だけでは、結局ベテランだ、ということになります。
ただし、会話の場合の「ない」は必ずしも否定ではない場合もあります、特に発音がしり上がりの疑問形?、の場合、方言?で「あのね」を「あのない」と言う地方もあります。
「そうじゃない?」、これは「そうでしょう」と同意を求めるときに使われますね。
「そうじゃない」だと、それは間違いだ、と言う意味になりますが。
そうではない、という否定を疑問視した表現、つまり否定できないでしょう、という意味になります。
ベテランを否定することを否定に疑問があるでしょう、→ベテランではない。
    • good
    • 0

「ベテランじゃないんじゃない!?」


ベテランではないのではない!? と同様です。「べてらんではない」ということを相手に同意して欲しい場面です。
    • good
    • 0

【ベテランじゃないじゃない】


「じゃない」は「ではない」の音変化。
「無い」の意味によって2とおりの解釈が可能です。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/162263/meaning/m …

A.上記辞書の
9-㋐形容詞型・形容動詞型活用の語の連用形に付いて、打消しの意を表す。
という用法の場合。
「ベテランじゃない(=新人)じゃない」
「ベテランじゃない」こと、つまり新人であることを打ち消しているので、結果的にベテランだと言っていることになる。

B.上記辞書の
9-㋒(「…ではないか」などの形で)確認したり念を押したりする意を表す。
という用法の場合。
「ベテランじゃないではない(か)」
「ベテランじゃないじゃない(か)」の省略形。
「ベテランじゃない(=新人)」だよね?と確認する意味の表現。

A か B か。
会話の場合はイントネーションが違うのでわかりますが、文章にすると、前後の状況を知らなければどちらとも断定できません。
クリイムの場合は B の意味。
    • good
    • 0

驚いていましたってあるから、


  ベテランじゃない、って書こうとしてじゃないを重ねてしまった。
  書き間違え?
    • good
    • 0

「ベテランと違うでしょ」ってこと

    • good
    • 0

ベテランではないという意味です。


ベテランじゃない、じゃん。みたいな感じです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「じゃない」と「んじゃない」の違いについて

こんにちは。 日本語に関する質問です。日本語の学習者に

Q「じゃない」と「んじゃない」の違いは?

と聞かれたら、どのように説明しますか。 ご回答・ご意見、お待ちしております。

Aベストアンサー

「じゃない」は助詞「では」の転化で、「ではない」そうじゃない=そうではない
いいじゃない=いいではない

「んじゃない」の 「ん」は「の」の転化

いいんじゃない=いいのではない するんじゃない≒するのではない

となります。

動詞には「んじゃない」で接続する方が多いとおもいますが

Aあのみちをまっすぐ行くじゃない。
Bあの道をまっすぐ行くんじゃない

では意味がちがいます。
Aはあのみちをまっすぐいくと
意志 推定の要素が強い

Bはあの道をまっすぐ行くのではないかしら
仮定 推量の要素がつよい。

兎に角例文を沢山作って類推する様にされたらいかがでしょうか。




例えば 笑うじゃない 笑うんじゃない

どちらも推量の意味のだとおもいますっが、んじゃないの方が柔らかい言い回しだと思います。

Q「~んじゃない」の意味

外国人です。「~んじゃない」という言い方に質問があります。

基本的に、「~んじゃない」は「~のではない」の略だと思っています。けれど、「こんな所へ来るんじゃなかった」や「そんなことするんじゃねぇ!」などの場合にはそうではないと分かるつもりです。

考えてみたら、この「~んじゃない」の「ん」は「の」の略ではなく、「べき」の略かもしれません。そうなると、「こんな所へ来るんじゃなかった」は「こんな所へ来るべきではなかった」の略となります。これは一先ず問題ありません。しかし、「そんなことするんじゃねぇ!」は「そんなことするべきではない!」を意味するか否か私にはよく分かりません(その意味はてっきり「そんなことするな!」だと思います)。

この「~んじゃない」は「~べきではない」の略でしょうか。もしそうでなければ、これはどういう意味でしょうか。どうか教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、「~んじゃない」は「~のではない」の意味です。
「略」というより、くだけた表現です。

「来るんじゃなかった」も、基本的に「来るのではなかった」です。
結局、「~である、だ」は断定の意味で、そこから「すべき」の意味が出るのだと思います。

確かに「来るのではなかった」ではそういう響きは薄く、
「来るんじゃなかった」の方がそう感じます。
だからと言って「すべき」の略、ということにはならないと思います。

「そんなことするんじゃねぇ」はもっとくだけていて、
「そんなことするんじゃない!」でも同じです。

これは確かに「そんなことをするな!」の意味です。

そもそも「略」ではなく、どういう意味なのかと解釈するのであり、
断定の「である」に「すべき」的な意味があることから来ており、
「すべきでない」も「するな」も解釈の違いにすぎません。

別の言い方をすれば「そんなことをするな!」となり、
「そんなことをすべきでない」だと弱く感じます。
しかし、これも断定の「である、だ」から来ているとしかいいようがないと思います。

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q「こんばんは」「こんばんわ」どちらが正しいですか

今さら聞きにくいことですが、「こんばんは」の「は」と「こんばんわ」の「わ」のどちらが正しいですか。語源は「今晩は寒いですが如何お過ごしですか」等から来ているため「こんばんは」でも間違いでないと思っていますが如何でしょうか。小学生の教科書ではどちらを使っていますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは です。
わざとこんばんわと書く人も多いみたいですが・・・
ちゃんと書いたほうが日本語として凛としていて綺麗ですよね。
というかいくらなんでも「こんばんは」と書けない大人がいると子どもとして情けなく思います。

語源がわかっていらっしゃるのなら
疑うこともないのでは・・・?

参考URL:http://gogen-allguide.com/ko/konbanwa.html

Qいいじゃないですか いいんじゃないですか いいじゃないんですか いいんじゃないんですか と違いを教え

いいじゃないですか
いいんじゃないですか
いいじゃないんですか
いいんじゃないんですか
と違いを教えてください

Aベストアンサー

あくまでも私の感覚ですが、
「いいじゃないですか」
①相手に同意・・・その意見、いいじゃないですか。賛成しますよ。
②お願い・・・ね、ね、いいじゃないですか、お願いしますよ。
③ほめる・・・その髪型、いいじゃないですか。似合いますよ。
「いいんじゃないですか」
①軽い同意・・・ああ、いいんじゃないんですか、それで。
②面倒、なげやり・・・別にいいんじゃないですか。
「いいじゃないんですか」・・・相手に聞いている?(私は使ったことないです)
「いいんじゃないんですか」・・・相手に聞いている。そうじゃなんですか、ダメなの?

Q~頃と~くらいの違い

~頃と~くらいの違い、又使い分けはあるのでしょうか?
~頃は時間を表すときに使え、~くらいは全体的に使えますが、'今何時くらい’、'今8時くらい’とは言っても
'今8時頃’とはあまり言わないような気がします…。
ただ人によって言い方が違うだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

「頃」は時刻や時点のような座標的なものに,「くらい」は時間や期間のような量的なものに使われます。

質問で扱われている例に関しては,「8時間くらい寝た」とか「今8時頃」とは言いますが,「今8時くらい」という言い方はふつうはしないようです。
「1時ぐらいに寝た」というように,前後の「時間」をさして「くらい」を用いることはあります。その場合,「1時頃に寝た」という表現に比べ,(寝つきが悪いなどで)本当の時点が特定できないというニュアンスを含みます。

ただ,時刻と時間は混同されがちで,厳密な線引きをしない人が多いかも知れません。

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。

Q○○しちゃおう・してしまおう

こんにちわ。
先日、ふと気になったことがあるんです。
「○○してしまおう」
という言葉を言い換える(?)と
「○○しちゃおう」
となりますよね??
どちらも同じ意味ですがどちらがちゃんとした言葉で、
そうでない方はどのようにしてそのように変わったのですか?
くだらない質問ですが、知っている方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

こんな感じですね。

sitesimaou し て し まおう  

sitisimaou し てぃし まおう

sit simaou し  ち  まおう

sit si aou し  ち  あおう
               ……しちゃおう

言うのが楽なように音がだんだん減ってきたらしいです。

Q「別な」と「別の」の違いについて教えてください。

「別の物」「別な物」という両方の言い方があるようですが、「の」と「な」で違いがあるのでしょうか?

同じ人の文章でも「別な」と「別の」が併用されていることもあり、区別はないのかな、と思っていたのですが、もしかして、使い方や場面、後ろにかかる名詞等によって違いがあるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大辞泉の文例を見ると「別な(の)」と書き表してありますので、「別なもの」と「別のもの」は意味的には同じと考えていいのではないかと思います。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=16577800&p=%CA%CC&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1

ちなみに「な」は断定を表す助動詞「だ」の連体形
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=11073100&p=%A4%C0&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1
「の」は性質・状態などの意味を表す格助詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=14371000&p=%A4%CE&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1

ただし、「な」については、上記の「な」の項の補説に
>連体形の「な」は、形式名詞「はず」「もの」などや、
>「の」「ので」「のに」に連なる場合に限って使われる。
と書かれているように、使用範囲が限定されているようです。
参考:形式名詞
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/14keisikimeisi.html

ですから本来は、「別」の項の文例に挙げられている
「―な(の)家を探す」「―な(の)手段を講じる」
の場合は、「の」を使った方が正式なのかもしれません。私も「な」だと若干違和感を感じます。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=11073100&p=%A4%C0&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1

大辞泉の文例を見ると「別な(の)」と書き表してありますので、「別なもの」と「別のもの」は意味的には同じと考えていいのではないかと思います。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=16577800&p=%CA%CC&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1

ちなみに「な」は断定を表す助動詞「だ」の連体形
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=11073100&p=%A4%C0&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1
「の」は性質・状態などの意味を表す格助詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=143710...続きを読む

Q「愛しい」を「かなしい」と読む時の解釈

「愛しい」と書いて「かなしい」と読みますよね。これはどういう時に使われるのでしょうか。
状況や心理を教えて下さい。

他にも素敵な日本語がありましたら教えて下さい。
「きず」の「傷」「瑕」、「いたみ」の「痛み」「悼み」など色々な意味でとれる日本語や、季語に興味があるもので。
是非お願いします。

Aベストアンサー

日本語のもつ「愛」の本来の意味と、現在使われている英語のLOVEの意味が転記されたような「愛」とでは意味が違います。

もともとの意味は「いつくしむこと」「かわいがること」「大切にすること」「このむこと」「おしむこと」なのですが、仏教が入ってきた時点で「強い渇望」という意味が含まれてきたようです。

「いとしい(愛しい)」は「いとおしい」と同じで、こちらは「かわいそうにおもう」「かわいくおもう、大切に思う」という意味です。

また「おしい」とは「愛しい」とも書きます。

つまり「愛」とは本質的に「うしなったらこまる」ということなのですね。
だから「愛しい」と書いて「かなしい」ということが起こるわけです。

確かに、すごくすごく好きで大切で…っていう気持ちは、「かなしい」ときの気持ちとすごく似ているとは思いませんか?

私がステキだなぁ、と思う日本語は、なんといっても「さようなら」と「おやすみ」です。
どちらも、とても思いやりと思いのこもった言葉だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング