グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

銀行でよく見るスーパーMMCって何ですか?またその長短所を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


変動金利型定期預金は一般定期預金と違い、毎週適用金利が変動する定期預金です。

例えば100万円を1年間預けたとします。
今週の金利が0.03%であれば100万円×0.03%×7/365で利息が計算されます。
来週の金利が0.02%となれば、100万円×0.02%×7/365で利息計算されます。
この方式で満期日まで毎週毎週金利計算されていくのが変動金利型定期預金です。(7/365は日割り計算の数値です)


一般定期預金であれば預け入れした時の金利が満期まで適用されるので、金利が0.03%だったとすると利息は、
100万円×0.03%=300円(税引前)となります。
尚、利息には20%の税金がかかります。

実際金利はほとんど変動する事はありませんので、変動金利型定期預金のメリットは無いに等しいと言っても良いと思います。

もし銀行に行く事があれば、スーパーMMCと言う言葉は言わなくてもいいですよ。単に「定期預金」と言えば通じますから。

もしかすると若い窓口係ならMMCと言う言葉自体知らないかもしれませんね
(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分は数字アレルギーなので、なんか数字がばばばーっと出ると思考がSTOPしてしまいますが、かみさんはよくわかったとのことです。

非常にためになりました。

お礼日時:2004/10/01 10:51

「市場金利連動型定期預金」です。


簡単に言えば、単なる定期預金です。例えば「100万円を1年間預けておく」といった預金です。

長所:適用金利は毎週月曜日に変更され、契約期間その金利が適用される。よって契約期間預け入れすれば普通預金よりも高い金利となる。又金融機関によって懸賞金抽選権や商品抽選権などのお楽しみがある。

短所:一度預入すると満期まで払い出し出来ない。中途解約する場合は金利は普通預金金利となる。

ところで「スーパーMMC」って久しぶりに聞く名前ですね。まだその名称使っている金融機関ってあったんだと感心しています。
もしかしてあなたが質問なさっているのは「変動金利型定期預金」の事でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

変動金利型定期預金とか、市場金利連動型定期預金というと「なんだなんだ!」という感じですが、なるほどッという感じです。

今はスーパーMMCという言い回しはしないんでしょうかね。でも変動金利型定期預金ってなんですか?金融関係はずぶの素人なのでさっぱりわかりません。

ご教授お願いします。

お礼日時:2004/09/30 02:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QスーパーMMC、覚えていますか!

バブルがはじける直前、金融機関が「お嬢さん、これならあなたにも積める」
というニュアンスで、300万からのスーパーMMCを宣伝しましたよね。
口惜しくて、お金掻き集めたら、2千万の預金が出来ちゃった…
そしたら当時の娘さんたちの意見が週刊誌で“預金五千万程度は小金持ち、
一億円はなくっちゃネ” 私は落ち込みながらも思いました。
(娘さん自分を何様と思ってるんだろ、自分の親だってそんなにあるのか!?)

本当にそんなに持ってるのかなあ?3、40代前後の皆さん、思い出しましたか。
質問より愚痴ですが、《特に当時のお嬢さん》
手厳しいご批判等、心よりお待ちしてます。

Aベストアンサー

「お嬢さん」の条件は今ひとつわからないのですが、どこかのご令嬢だったら預金は沢山持ってるでしょうね、今でも。
バブルのときは金利が5%とかだったから、ちょっと小金があれば大金に化けてたことは確かですね。
都市銀行の行員だったのですが、行員の特別口座っていうのは6%つきましたよ。
銀行員は給料高い上に金利まで優遇され、男性総合職の人たちなんかホクホクでしたよ。
今だって銀行員(都市銀行に限る)はいい思いをしてるに決まってる!
と私はにらんでいます。
なんて、私も愚痴になってますね。


人気Q&Aランキング