あるマンションのセールスポイントのなかに「当マンションは第三紀層と呼ばれる非常に強固な地盤に支持させている為、安全です」みたいなことが書いてあったのですが、私の記憶によると第三紀層は地すべりを起こしやすい地盤ではありませんでしたか?

一体,第三紀層というのは強固なのか地すべりを起こしやすい軟弱土なのか、どっちですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

第三紀層(地質学では第三系というのですが,ここでは便宜上,そのまま第三紀層を使います)とは,文字どおり第三紀(6500万年前~165万年前 ←理科年表による)に堆積・形成された地層ということであって,それ以上の何者でもありません。


「第三紀層というのは強固なのか地すべりを起こしやすい軟弱土なのか」と聞かれたら「どっちもです」というしかありません。

ただ,一般論として第四紀の地層よりは,時間がたっているぶん固結度が高いはずで,また第四紀(第三紀のあと,現在までの時代)に比べるとそれは一般的には言えると思います。
それなら,なぜ第三紀層の地滑りがしばしば問題になるかというと,確率的に「古いわりには地滑りを起こしやすい」ということなのでしょうね。
確かに第三紀にはグリーンタフ変動と呼ばれる,火山活動の盛んな時期があり,そのときに海底に堆積した火山灰を含む地層の一部が粘土鉱物化して滑りやすくなることがあります。
しかし,全ての第三紀層がそうだというわけではありません。
一例を挙げると,関東地方のあちこちに分布している台地(たとえば東京で言えば武蔵野台地)のどまんなかにマンションを立てて,その基盤を第三紀層まで掘り下げたとすれば,これは多くの場合安全性が高いといっていいと思います。
だいたい,真っ平らな台地のどまんなかでは,地滑りを起こしたくても滑るところがありません。現地形である程度の傾斜がなければ,物質が滑りおりていく先がありませんよね。台地の末端なら可能でしょうが。
逆に,より古い(中生代など)時代の地層であっても,現在の地形や,風化の度合,そしてその地層がどういう岩石でできているか等によって,地滑りが起きやすくなったり起きにくくなったりします。
1億年以上前の古生代の地層でも,条件さえ整えば地滑りが起きやすくなります。

要するに,地滑りが起きやすくなるかは,単に第三紀といった時代だけで決めることはできず,他の要因がからんでくるので,そ地域の地質図など,もっと詳しい情報がないと判断できません。
マンション業者の「第三紀層と呼ばれる非常に強固な地盤」という大雑把な言い方には大いに疑問ですが,No.2の回答のような言い方もそれと同じくあまりにも大雑把と言わざるをえません。
大谷石は確かにもろく崩れやすい岩石ですが,これは全国に広く分布している多種多様な第三紀層のone of themに過ぎず,「第三紀層は、火山活動が活発に行われてその噴出した火山灰や溶岩が入り交じって出来た地層です。」などと断言することはできません。
火山噴出物を含まない,堆積岩だけの第三紀層もたくさんあるからです。

もしそのマンションの購入を検討されているなど,どうしても気になるのであれば,その地域の地質図を入手して調べるほうが確実でしょう。
参考URLの1つめに「地質情報センター」のURLをあげておきました。ここで紹介されている地質調査所の5万分の1地質図には,それぞれに詳細な解説書がついていて,各地層の分布や種類などの詳細な情報が分かりますので,地滑りの可能性についても見当がつくと思います。(ただまだ全国をカバーしていません。研究者が歩いて調査するので時間がかかるのです。)
また,最近は各地の自治体などを中心に,地滑りに限らず各種の地盤災害・火山災害・水害などを予想する「ハザードマップ」を作成するところが増えてきました。
例えば火山周辺のハザードマップなら,「火山防災情報サービス」(2つ目のURL)などでご覧になれます。
(あるいは,地質調査コンサルタント会社に聞くなどの方法もありますが,それなりの費用がいるのでちょっと難しいかも。自分が建築物を立てるならともかく…)

大学時代に地質学を専攻していたので,一応経験者とさせていただきました。

参考URL:http://www.gsj.go.jp/cGI/gictop_jp.html,http://2 …
    • good
    • 4

第三紀層は、新生代になってから形成された地層で、非常に強固と呼ぶには一寸無理があります。


私が住む地方もこの第三紀層が多いのですが、ご多分に漏れず地滑りや、崖崩れが多いです。
軟弱土とまでは言わないまでも要注意と言った方がよろしいかと思います。
参考URLをつけておきます。
業者の中にはいい加減な者もいますから、余りまともに信用はしない方が良いかもしれません。

参考URL:http://www2.kanazawa-it.ac.jp/kawamura/land-slid …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
お三方とも、強固ではない、という回答ですね。
大手デベロッパーとスーパーゼネコンの言うことだから信用できると思っていたのですが・・・

お礼日時:2001/07/11 19:52

こんにちは。

おっしゃるように第三紀層は、火山活動が活発に行われてその噴出した火山灰や溶岩が入り交じって出来た地層です。その為崩れやすく、第三紀層地滑りなどとして知られています。

地盤としては強固な岩盤ではなく、壁などに使われた大谷石が第三紀層そのものです。石質が柔らかいので加工しやすく塀などに使われてますね。

この大谷石の産地では、柔らかい大谷石をトンネルで掘り続けた結果、柱として残した部分が崩れてしまい、地面が陥没して大騒ぎになったのは有名です。

このように崩れやすい柔らかい岩ですからこの地盤を「非常に強固な地盤」などというのはとんでもない話だと思います。

マンションの建設やセールスでは、無理やり作るため、あるいは無理やり売る為に、相手は素人だと思って、難しい言葉を並べればだませる的な手口が使われることは日常茶飯です。

ですから、これもその手口そのものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
超大手デベロッパーと超大手ゼネコンの物件なんですけど、やはり誇大広告なのかなぁ。

お礼日時:2001/07/11 19:32

第三紀層と地すべりは、対語と言える関係にあるようです。


少なくとも強固とは言えない地盤のようです。

この回答への補足

レスありがとうございます。
やはりそうですよね。
ということは誇大広告!?

補足日時:2001/07/11 19:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q層別とは英語で何といいますか?

こんにちは、みなさん!!

タイトルの件、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。ここでいう層別とは、ある問題に対して、原因を出しあいそれを【層別】するという場合に使います。グループに分けるという意味です。

例:問題:客が来ない
  原因:店長が悪い、スタッフが悪い、入りやすい店でない。イスがすわりにくい

上記の原因4点を【層別】すると

人の問題:店長が悪い、スタッフが悪い
店の内装:入りやすい店でない、イスがすわりにくい

上記のように使う【層別】の意味を英語では何といいますかぁ?

Aベストアンサー

【層別する】→「層別分析」→「stratified analysis」

又は【カテゴリーに類別する】= categorize

The above 4 (negative) reasons can be stratified into :-
The above 4 negative reasons can be categorized into :-

Human factor (element) :
Store layout :

Q英訳をおねがいします! 1、学生たちは、第2第三言語を学ぶことは難しいとしばしば不平をいいます。 2

英訳をおねがいします!
1、学生たちは、第2第三言語を学ぶことは難しいとしばしば不平をいいます。
2、私たちは、異文化出身の人々とのコミュニケーションは難しいという事実を受け入れなければなりません。
3、もしあなたが試験に合格したければ、あなたはとても一生懸命に勉強するべきである。
4異文化出身の新しい友達を作ることが外国語学習の報いの一つである。

大学受験を控えてます!

Aベストアンサー

いろいろな書き方があると思いますが、

1. Students often complain that it is difficult to learn second/third language.
2. We have to accept the fact that it is difficult to have cross-cultural communication.
3. If you wish to pass the exam, you should study hard.
4. One of the reward of studying foreign language is to make cross-cultural friends.

異文化に関しては、他の言い方もあると思う。 4に関しては、日本語をそのまま英語にしたので、若干違和感がある。 「作ることができるようになる」なのであれば、 ... is that it enables one/us to make... くらいのかんじにできるのですが、、、

Q英語検定の年齢層について

新高校2年生の者です。
今年1月の受験で英語検定準2級を取得しました。

本題です。
母も以前より英検に興味があったらしく、準2級を近々受験する、と聞きました。(仕事には関係なく、あくまで趣味の範囲です)

ただ、自分と同年代の人が受験するものなのか、気になるそうです。
前述の通り、僕は一度だけ受験しました(会場は都会のビルです)が、1人のおじさん以外、学生でした。
偶然だったのか、当たり前なのかよく分かりません。
体験談でも、統計的なデータでも構いません。
英語検定(準2級)の受験年齢層の情報をご提供ください。

Aベストアンサー

公式サイトで受験状況を、学年別、社会人の職業別などで、
絞込み検索できます。
たとえば2008年度第1回の準2級志願者は、
小学生~専修・短大・大学生等の学生が160,769名(うち合格58,211名)。
社会人が18,054(合格6,468名)。
レベル設定が「高校中級」なので、高校生の受験が多いのは
仕方ないでしょう・・・・。

同じ回の、1級から5級までの合計受験者数は、
学生=683,227名。
社会人=100,555名。

準1級になるとぐんと大人が増えます。
でも試験会場は5級から1級まで集まるわけで、
「受付や廊下に制服を着た中高生がたくさん」という風になるのは、
何級受験であれしょうがないです(笑)。
もちろん学生専用の試験でなく、大人も受験しますよ。
気になるでしょうが、気にしないことです・・・。
2007年度の最年長受験者は5級受験の83歳。かっこいいです。
  ↓

参考URL:http://www.eiken.or.jp/situation/index.html

Q地すべり地帯の土工の考え方について

地すべり地帯での水路の設計をしている者です。
水路に付帯施設(道路、排水)を設けるためには、切土・盛土が避けられない状況です。この場合、地すべり地帯という前提で考えたとき、切土をして一定幅を確保するのか盛土をして一定幅を確保するのか、どちらを優先するべきでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地滑り地形はその土質や想定規模をどう考えるかによって計画が難しく、質問内容では判断出来ません。

しかし常識的に考えると、
1.地滑り地の横を通る道路として考えた場合は、切土では地滑りを抑止いるであろうと思われる地山を取り除く可能性があるため、盛土が前提となります。

2.地滑り地内に道路を造るのであれば、分かりやすく言うと円弧滑り等の範囲内であるならば切土の方が望ましい程度(上載過重が軽減されるから)で、この場合も小規模崩壊に配慮した法面勾配が必要となります。しかしながら、地滑りが起きればどんな施設も災害に遭う可能性があるため、盛土であっても結果は同じです。

総合的には、1)前段にて地滑り地帯を避けられないのか? 2)本当に地滑りが懸念されるのか(頻繁に起きているのか)の総合判断により対処すれば、概ねの方針は出るかと思います。計画対コスト、安全性の比較ですから、ベストが必ずしも一番良い計画とは限りません。

Q日本の英語教育のレベル

日本の英語教育は何かと揶揄されますが、会話力こそ弱いものの、英語のレベル自体はそんなに低くないような気がします。
そこで、日本の英語教育は他の非英語圏と比べてレベル的にどうなんでしょうか?

*ネーティブレベルを目標としての達成率や、韓国や中国の知識層と日本の平均層を比較して自虐的な見解を持つ人が多いですが、もっと客観的で広い視点からの理知的な回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

日本での外国語教育の「質」とか教育カリキュラムのレベル(ノウハウなど)が諸外国に比べて高いのかとう視点から見れば、低くはないですし、教科書などの質・教育内容もそれなりに高度です。
これは間違いないと思います。

英語以外の母国語(または公用語)を持つ国で英語の教育を比較する、というのは次の点が難しいと思います。
A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較
B各国における高等教育における英語の重要性の比較
C各国における英語の経済的重要性における差の比較
です。これを勘案しないと「各国における英語教育の質・レベル」の比較は成り立たないでしょう。

A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較について
当然のことながら、英語に近い言語であるヨーロッパ諸語と日本語や中国語などの系統も文字も文化すらまったく違う言語における、英語教育、ではその困難さが全く違うのは当然です。

ここに米国外務省が作成した、英語話者から見た各国言語習得の難易度の一覧があります
http://en.wikibooks.org/wiki/Language_Learning_Difficulty_for_English_Speakers
逆から見れば各国言語から英語を習得する難易度とほぼ同等ですので、これを参考にしてみると600時間程度で習得できる言語に仏語・ドイツ語などのヨーロッパ言語が並んでいて、1100時間程度かかる言語にギリシャ語・ロシア語・タイ語・タガログ語などの言語、日本語・韓国語は2200時間程度かかる、ということになっています。

つまりヨーロッパ言語の4倍程度覚えやすい質の高い教科書を利用して同じ程度ということになるわけですが、言語習得メソッドはどの言語間でも同じ(単語を覚え・文法を覚え・会話して習得)ですから、教育のやり方は英語に限らずどのような言語であっても「同じやり方」であり、そこにレベル(質?)の差は生まれにくいといえます。

たとえば英語が通じにくいフランスなどでも最近は小学生から英語教育を行っています。それでも100%の生徒が英語を話せるようにはならいでしょうから、彼らが小学校・中学・高校・大学と15年程度の学習を継続するなら、日本語話者は4倍の60年または英語の授業時間を4倍で15年程度にしてやっと同等に育成できるという計算になります。
これは不可能なことですから、逆にフランス語などヨーロッパ諸語の英語話者の1/4程度の英語話者が養成できれば、質が同等といえるかもしれません。

となると、現状の日本の英語話者の数を考えれば決して劣っている、とはいえないのではないでしょうか。

B各国における高等教育における英語の重要性の比較
そうは言っても、アジア諸国などに比べて英語話者が少ない、という批判はありますし、それは事実だと思います。

このとき考慮しなければいけないのは「高等教育をどの言語で受けるのか?」ということであり、質の良い高等教育機関が各国にあるのか?という事も考慮する必要があります。
日本であればどのような科学分野でもほぼ日本語で授業を受けられますし、大学院であっても日本語で論文を書くことも不可能ではありません(ただしまともな科学論文は大体英語です)

諸外国にあってこのようなほぼ全てを自国語だけで完結できる、という言語はそれ程多くありませんし、なにより最新の研究結果を自国語に翻訳したものを利用できるほど文献の翻訳レベルやシステムが整っている言語もそれほど多くありません。
つまり諸外国語にあっては、高等教育のどこかの時点で英語(またはロシア語・フランス語・ポルトガル語など)に切り替えざるをえなくなりますし、優秀な人材であれば経済力の低い(つまり予算上最先端の研究が出来ないということ)を自国を離れて、先進国に留学することになります。
このときに英語をツールとして使いこなさなければ、留学目的そのものを達成できませんから「英語は使えて当たり前」という状況があるといえます。

日本語話者の大部分は「英語が話せるようになること」が目的で学習しますが、諸外国(特に途上国)は「学習するために必要なスキルとして英語を習得しておく」ということになり、ここに高等教育における英語の重要性という差がでてくるといえます。

日本語は(中国語・韓国語も日本語を流用しているので同じ)明治から昭和にかけてかなりの技術用語や科学用語を日本語に置き換えましたので、英語で学ぶ必要そのものが低い、といえます。

この点を比較するとどうしても英語習得の重要性が他国(特に途上国)に比べて低いということになり、英語のレベル(ネイティブなみの英語話者が少ないなど)を上げにくい構造が日本にはある、といえるのではないでしょうか。

C各国における英語の経済的重要性における差の比較

これも高等教育と似たような関係性がありますが、日本と諸外国(特に途上国)では明らかに英語が出来ることによる経済的優位性に差があるといえます。

たとえば東南アジアにしてもアフリカ諸国などにしても現地の言葉と英語が話せれば職業選択の幅がぐっと広がります。高等教育をあまり受けていなくても英語ができるだけで外資系企業に採用され、現地で頭角を現せばグローバルに出世する可能性も出てきます。
これは先進国以外の国では先進国の外資会社が圧倒的にな経済力を持っている為、普通におこる事象だといえます。

それに対して日本や韓国では国内の会社がそれなりに経済力を持っている為、英語がそこそこ話せる、という程度では特に有利にはなりません。通訳ができるぐらい(それも専門性のある通訳)とか英語が話せた上で何かができるというレベルでなければ、有利にならないわけです。
となると、英語を頑張って習得するか、それともそれ以外の専門知識を習得するか(専門知識は日本語で習得できることに注意)ということになり、英語を学んで経済的優位に立つというメリットが薄くなります。

このような経済的な優位性がなければ英語を本気で学ぶ人が少なくなり、結果として「英語が話せない人が相対的に多い」という状況につながっていきます。

これらをまとめてみたときに日本は他国に比べて、英語を苦労して学んで得られるメリットが他国に比べて相対的に低く、英語習得の苦労は相対的に高い言語である、ということになります。

ですからどんなに英語教育の質を高めようとしても、そもそものコスト構造としてのハードルが諸外国に比べて高いので「日本人は英語が話せない」ということにつながっていくのです。

だから「レベル的に」見た場合、行っている英語教育のレベルは決して低いとはいえないと思いますが、結果として得られる英語話者の数も質も高くないですし他国と比較した場合「日本人は英語ができない」ということになるのでしょう。

英語のレベルを諸外国の状況と比較するには、英語習得システムの質・言語の社会的必要性・言語差による経済的優位性の差、を比較検討する必要があり、各項目を検討すれば日本の英語教育システムは質は悪くないが、高等教育に英語を利用するという目的で設計されていないし、経済的な優位性も見出せないから学習意欲のドライブもかからない、だから話せる人が多くない、という結論になると思います。

それでも昔(20年ぐらい前)は本当に英語が話せない人ばかりだったのに、最近は都内で英語で道案内している人もよく見かけますし、大学の後輩でも高校で留学してそれなりに話せるという人も珍しくなくなってきています。

ですので、日本もかなり努力をしているような気がするのですが、先ほど日本における英語環境の条件を鑑みると「日本人の英語力が非英語圏で上位に来る」ということは同時に「日本は発展途上国で経済規模の小さな国」に成り下がってしまうということになりかねません。(そうないと本気で英語を使える人は増えないでしょう)

経済力を落とさずに、英語力を上げるのが一番いいのでしょうが、それにはもっとコストがかかるということですね。

英語の必要性は私も痛感していますので、レベルアップは必要です。しかし現状を見た場合の「英語の必要性」は日本においては高くありませんし、英語力が無くても日本の経済力がそれをカバーしてきたといえます。

日本での外国語教育の「質」とか教育カリキュラムのレベル(ノウハウなど)が諸外国に比べて高いのかとう視点から見れば、低くはないですし、教科書などの質・教育内容もそれなりに高度です。
これは間違いないと思います。

英語以外の母国語(または公用語)を持つ国で英語の教育を比較する、というのは次の点が難しいと思います。
A各国語と英語の親和性または解離性の度合いによる差の比較
B各国における高等教育における英語の重要性の比較
C各国における英語の経済的重要性における差の比較
です。これを...続きを読む

Q地すべり、斜面崩壊について教えてください

地下水や、地表水が斜面崩壊の安定に及ぼす影響について知りたいのですが。

Aベストアンサー

自信はありませんが次のことが考えられます。

大雨が降ったとき、
1、地下に大量の水がしみ込むと、その浮力のために地下水位より上の地面が浮く。正確に言うと、上の地盤の圧力が減る。そのため、地下水のある地層で、地盤を構成する土の摩擦力が減り、地盤が滑りやすくなる。

2、地下水が土の間で潤滑油の役割を果たし、地盤が滑りやすくなる。

斜面崩壊に直接関わるのは、地下水のみだと思います。地表水がたくさんあると、そこから地下に流れる水の量も多くなり、地盤を緩くするという事が考えられます。

Q香港の英語の通用度について

香港は英語はどの年齢層にも通用するものなんでしょうか?
また、1997年に英国から中国に返還されたので、その分英語教育は薄まって英語の通用度が落ちたことはないのでしょうか?
ぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

香港は中国とは一線を画していて,様子が全く違います。
香港では英語と広東語が公用語なので英語の通用度は高いです。
広東語と同等です。
また,テレビの影響もあって中国語の標準語も定着してきました。
最近ではホテルやお店でもある程度日本語が通じたり,
レストランでは日本語メニューを置くお店が増えてきました。

Q登記なくても対抗できる第三者について

法律初学者です。民法の物権変動の箇所で疑問なんですが、登記なくても無権利者には対抗できるといろんな教科書には書いてありますが今一つ理解できません。不法行為者や背信的悪意者に登記なしで対抗できるのは分かるのですが。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 登記が無くても「無権利者」に対抗できる理由が、よく理解できなのですね?

 不法行為者に対抗できるのは納得なのですね?


 民法というのは、当事者間の利害調整が基本的な存在理由です(ですから、当事者の合意があれば、民法の規定とは違う取り扱いも可能です)。


 それで関係者間の利害損得を考えた場合、例えば

 他人の土地に駐車して「俺は、この土地に対して何も権利をもっていない」と自ら認める人Aは、Bから「そこに駐車するな」と言って文句をつけられたら、そもそも「駐車する権利がない」のですから、車をどかせばいいだけです。

 仮に文句をつけてきたBが無権利であっても、その無権利者Aは(車を移動させられても)なんの損害も受けませんよね?

 そもそも無断駐車したのが間違っているのですから。間違いを正しただけ。

 利害調整を旨とする民法としては、Aが無権利なのですから、AがBに「文句を言う権利を一々証明しろ」と求める権利さえ認める必要がありません。「黙ってどかせ」でいい。

 しかも、文句を付けてくる人はふつう権利者です。

 どかしてもらえなければ、その権利者Bの権利は侵害されたことになりますから、確実に損害が発生します。

 どうやったって損害が生じうるはずのない人間Aと、損害が発生するかも知れない(その可能性は大)人間Bと、民法としてはドッチを勝たせるべきか?


 無権利者との関係においていは、文句を言うなど、とりあえず権利者らしく振る舞う人を権利者として扱って、登記などを問わず、その権利を認めてあげてよいという結論になります。

 これが、「無権利者に登記なくして対抗できる」ということの意味です。

 
 言い換えれば、無権利者が無権利の不動産を使用する(駐車料不払いなどなんらかの利益を受ける)ということは、必然的に権利者の権利を侵害することになるので、「不法行為」の一類型である、と思ってもよいでしょう。

 ゆえに、権利者は登記なくして無権利者に対抗できる、と考えてもいいでしょう。

 登記が無くても「無権利者」に対抗できる理由が、よく理解できなのですね?

 不法行為者に対抗できるのは納得なのですね?


 民法というのは、当事者間の利害調整が基本的な存在理由です(ですから、当事者の合意があれば、民法の規定とは違う取り扱いも可能です)。


 それで関係者間の利害損得を考えた場合、例えば

 他人の土地に駐車して「俺は、この土地に対して何も権利をもっていない」と自ら認める人Aは、Bから「そこに駐車するな」と言って文句をつけられたら、そもそも「駐車する権利がない...続きを読む

Q2層DVDを1層DVDに圧縮コピーするときの音声圧縮方法

2層DVDを1層DVDに圧縮コピーするときにDVD shrinkだと音声を圧縮(字幕や英語音声を削除するのではなく音声自体を圧縮)することは無理と思うのですが、ほかのソフトとかを使って音声を圧縮する方法はありますか?
どなたか教えてください。お願いします。
あと、このDVDは、個人での使用ですので。

Aベストアンサー

音声圧縮もしてくれますよ。
http://www.intercom.co.jp/zcopy/index.html

Q第2種低層地域内に雑居ビルは建てられますか?

第2種低層地域内に雑居ビルは建てられますか?
そもそも、雑居ビルの建物用途って何になるんでしょうか?
教えてください!

Aベストアンサー

雑居ビルなので「入居テナント」により問題となる可能性はあります。
そういった用途を指定しない、多目的なテナントビルを指したと思います。

「第2種低層住居専用地域」だとするならば、2階建て以下で床面積が
150平方メートル以内の商店、食堂、塾などの利用目的であるなら、
建設は可能なようです。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_estate/w002077.htm

商業地域にあるような飲食店、工場なんかは駄目だったと思います。
これ以上は、他の方からの回答を参照願いします。


人気Q&Aランキング