「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

確定申告について質問します。

個人事業主に雇われ働いています。
月に28万ほど。年間で336万ほど
お給料があります。手渡しです。
給与明細ありで、雇用保険が毎月
お給料から引かれています。
所得税はひかれていません。
国民年金、住民税、組合健保は
自分で払っています。
今年から収入があがるのですが
雇われ主からは特に年末調整など
源泉徴収票などはもらっていません。

この場合確定申告は自分でしないと
いけないのでしょうか?
無知で何もわからず恥ずかしい話なのですが
周りに聞いてもわからず。。
こちらで質問さしていただきました。

あとから脱税などと言われても困るので
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

>年末調整がない以上は、自分で確定申告をしなければいけません。



これはウソです。所得税法のどこにも、そう言うことは書いてない。


>給与支払者には、源泉徴収票を税務署に提出するとともに受取人へも交付する義務があります・・

336万円の源泉徴収票を税務署に提出する義務はない。
「受取人へも交付する義務がある」これは本当です。


>源泉徴収票がなければ税法上の「給与」とは認められず・・・

大ウソです。


>明日以降になると無申告加算税や延滞税などペナルティが付いてきますのでお急ぎください。

だまされてはなりません。放っておいて構いません。



さて、少し異常な事業主ですが、次のようにすれば大丈夫です。


・雇用保険:

あなたは、雇用保険法上の被保険者です。失業したときにハローワークで失業手当をもらえます。あなたは、雇用保険料を払っているので、払った証拠として、給与明細書は捨てないで全部、保管しておいて下さい。給与明細書に事業主の名前が書いてありますか。書いてある方が良い。
【根拠法令等】労働保険の保険料の徴収等に関する法律第四条、雇用保険法第四条第一項、雇用保険法第五条第一項


・所得税:

事業主には、給与を支払うときに所得税を源泉徴収する義務があります。源泉徴収しないと所得税違反になるのですが、それは事業主の問題であり、あなたの所得税違反ではないので安心して下さい。あなたは合法です。

また、あなたは昨年、一カ所にだけ勤務し、もらった給与が2000万円以下ならば、所得税を確定申告する義務(所得税法上の義務)はないので、放っておいても構いません。確定申告しなくても合法です。間違った回答に惑わされないように。
【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

源泉徴収されなかったあなたは、ラッキーだったのです。こういうことは、世の中で、ときどき起きる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そーなのですか??
あの質問なんですが
この確定申告をしない場合
住民税などの生命保険控除、年金控除、
国保控除申請などは
役所でできますか???
普通は年末調整で控除すると
思うのですが。。。

29年度の住民税に関しては
所得があがってなかったので
自分で役所に行って所得の申請と
控除をしました。
それから、住民税の通知などが
きたのですが。。
今年からは所得があがるので
役所には丸々の所得で計算されるのですか?
質問意味分からなかったらごめんなさい。。

お礼日時:2018/03/15 18:54

>今年の分は所得があがります。


が、控除などは確定申告をしてないので
そーいった場合も役所で控除してくれるのかなと思い質問しました。。

給与収入が336万ほどあります、なんていうと、じゃ源泉徴収票を、ということになり、面倒なことになります。

だから、とりあえず、30年度も、29年度と同じように・・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりました。
すみません。。。
役所に行ってきます‼︎

お礼日時:2018/03/15 20:15

>源泉徴収票が雇い主からもらえないのです。


控除はやはりできないのですかね。。(;_;)


???

29年度の住民税に関しては、源泉徴収票なしで自分で役所へ行ったのではないですか?

だったら、今年も・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そーです!自分でいきました‼︎
去年はなにも所得があがってなかったので
自分で所得を申告して控除も
申告しました‼︎

今年の分は所得があがります。
が、控除などは確定申告をしてないので
そーいった場合も役所で控除してくれるのかなと思い質問しました。。

お礼日時:2018/03/15 20:06

>29年度の住民税に関しては所得があがってなかったので自分で役所に行って所得の申請と控除をしました。



とりあえず30年度も、29年度と同じように所得の申告と控除をしておいてはどうですか。

336万ほどの給料を申告すると、市役所(?)は必ず、「源泉徴収票」を出してくれ、と言います。出せますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

源泉徴収票が雇い主から
もらえないのです。。
控除はやはりできないのですかね。。(;_;)

お礼日時:2018/03/15 19:06

>雇われ主からは特に年末調整など源泉徴収票などはもらっていません…



年末調整がない以上は、自分で確定申告をしなければいけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

給与支払者には、源泉徴収票を税務署に提出するとともに受取人へも交付する義務がありますから、要求してください。
源泉徴収票がなければ税法上の「給与」とは認められず、所得税を計算するうえで不利になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>個人事業主に雇われ働いています…

いつからですか。
去年からなのなら、去年分の申告は今日 3/15 が法定期限です。
明日以降になると無申告加算税や延滞税などペナルティが付いてきますのでお急ぎください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

一昨年以前からなら、5年前まで遡って期限後申告が必要です。
6年以上前の分は時効で良いです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の元で働くのはどんなデメリットがありますか

こんにちは。


30代半ばの独身女性です。


只今就職活動中で、一般企業で派遣や契約で働くべきか(本当は正社員希望ですが)
オファーのあったフリーランスの方のアシスタントの業務をとるべきかで悩んでいます。


本当は企業で大勢の方と働きたいですが、年齢を考えると
今後一般企業で事務の仕事を続けていくのは難しいだろうし、
業務内容的には、フリーランスの方のアシスタントには興味があるのですが、
私を含め3人しかいない個人事業なので、社会保険に加入ができません。
(ちなみに、今後は事業を拡大し従業員が増える予定だそうです。)


(1)一般企業に勤め、社会保険に加入するのと、個人事業で加入できないとのでは、
通常は会社が半額負担してくれるという以外に
どの位従業員の私には負担やデメリットがあるのでしょうか?


(2)また、社会保険以外にも、まだ会社にもなっていない位小さい個人事業の元で働くのは
不安もつきまとうと思いますが、何か今後不利になることや面倒なことなどありますか?
(給料面やその他働く上で、あるいは今後就職する上で)


(3)個人事業主の元で働く際の契約も含め、予め必ず確認しておくべき事など


役所に問い合わせたのですが、支払いや手続きを自分でそれぞれする位しか教えてもらえず、
会社で加入できないデメリットなど教えて頂けませんでした。



どうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。


30代半ばの独身女性です。


只今就職活動中で、一般企業で派遣や契約で働くべきか(本当は正社員希望ですが)
オファーのあったフリーランスの方のアシスタントの業務をとるべきかで悩んでいます。


本当は企業で大勢の方と働きたいですが、年齢を考えると
今後一般企業で事務の仕事を続けていくのは難しいだろうし、
業務内容的には、フリーランスの方のアシスタントには興味があるのですが、
私を含め3人しかいない個人事業なので、社会保険に加入ができません。
(ちなみに、今後は事業を拡大...続きを読む

Aベストアンサー

健康保険・厚生年金:事業主が決断して従業員が賛成すれば3人で加入することは可能です。そうすることはないという前提だと、健康保険はともかく厚生年金と国民年金では給付が雲泥の差になってしまいます。国民年金の給付は多くて月6万6千円程度です。自分で努力して補完する必要があります。

雇用保険・労災保険:個人事業主でも加入しなければならないけれど、それをやっているのかどうか確認する必要があります。とくに、労災保険に入っていないと仕事中や通勤中のケガに保障がなくなってしまいます。
確認すべきは、雇用保険・労災保険に加入しているか。労働条件と給与などの待遇です。

自分の経験で言うと、個人事業主の場合は、事業主とウマが合うかどうかが最大の問題です。社長と直に接するので決断は早いでしょうが、決まったら不満でもそのとおり動かないといけません。食事をおごってくれるかどうかは事業主の性格によるでしょう。トイレ掃除など当たり前ですね。残業はなかったけど始業から終業までがっちり働かされましたね。外出途中に買い物なんてできなかったです。仕事は遊びじゃないというのを思い知らされました。

健康保険・厚生年金:事業主が決断して従業員が賛成すれば3人で加入することは可能です。そうすることはないという前提だと、健康保険はともかく厚生年金と国民年金では給付が雲泥の差になってしまいます。国民年金の給付は多くて月6万6千円程度です。自分で努力して補完する必要があります。

雇用保険・労災保険:個人事業主でも加入しなければならないけれど、それをやっているのかどうか確認する必要があります。とくに、労災保険に入っていないと仕事中や通勤中のケガに保障がなくなってしまいます。
確認す...続きを読む

Q雇われ店長の確定申告について。 手数料を支払う必要がわからないので教えて欲しいです。 雇われ店長をし

雇われ店長の確定申告について。
手数料を支払う必要がわからないので教えて欲しいです。

雇われ店長をしています。オーナーが店舗の確定申告しています。オーナー曰く、本来は店長である私が確定申告やらなければいけないがオーナーが確定申告する。その代わり手数料をいくら払って。
という事になっています。

で、何を確定申告しているかなんですが店舗の確定申告です。私は個人事業主なので、私に必要な確定申告はオーナーと個人事業主(私)です。

a. オーナー ↔︎ 店舗 (現在)
b. オーナー ↔︎ 個人事業主

私に影響がない確定申告になぜ私が手数料を支払う必要があるのかな?という質問です。

Aベストアンサー

どんな契約をしているのかわかりませんが、店舗の運営を委任請負などであなたが経営されているのでしょう。

オーナーは給与に代えて、あなたへ報酬を払っているのでしょうね。
当然オーナーは、店舗の売上から各種経費を引く際に、あなたへ亜払った報酬も経費とするのでしょう。
オーナー自身の確定申告の事務負担や責任は、オーナーが負担すべきものです。

あなたはオーナーからの報酬について、個人事業者として確定申告をしなければなりません。これを代理で行えるのは、あなたが委任した税理士のみです。
税務申告書類の作成や相談、申告の代理などは、税理士の独占業務とされ、有償無償を問わず税理士以外に認められていません。

オーナーからすれば、オーナー自身の申告とあなたの申告に矛盾が生じると困るという考えもあるのかもしれません。あと、まとめて依頼するなどすることで税理士の費用が安くなるのかもしれません。それで一緒に税理士に依頼するからあなたの分を払えと言っているのかもしれません。

あなた自身が確定申告を行わなければならないところを楽したいというのであれば、オーナーとセットで任せた方が矛盾もなく正しい申告になるのかもしれませんよ。
あなたが単独で別の税理士へ依頼するなどとなれば、オーナーが求める金額以上の費用が掛かるかもしれません。

ただ、店舗運営で、請負や委任による実質雇われの店長なんて働き方は、リスクもあれば面倒なことが多いことでしょう。
責任問題も変わりますし、首を切られても失業給付などの社会保障はありませんよ。
仕事中の怪我も、通常雇われている人であれば労災保険亜土で賄ってもらえます。それが受けられないのですからね。
オーナーにとって都合よく働かされているように見えます。
あなたが納得される働き方であれば良いのですが、人間お金の争いになれば、人が変わるものです。分野が違うかもしれませんが、相続で仲の良かった兄弟姉妹が憎しみ合い、裁判などになることも、見えないですが結構多いものなのですよ。身内でもそうなのに、他人同士で信頼関係はリスクでもあるのですからね。

あとそもそも、あなたが打段オーナーからの報酬のみで生活していたとしても、あなたの個人資産の売買その他の収入などがあれば、日々の報酬と合算して申告が必要となります。オーナーがあなたのことを把握しなければ、あなたの知らないところで確定申告なんてするものでもありませんからね。

どんな契約をしているのかわかりませんが、店舗の運営を委任請負などであなたが経営されているのでしょう。

オーナーは給与に代えて、あなたへ報酬を払っているのでしょうね。
当然オーナーは、店舗の売上から各種経費を引く際に、あなたへ亜払った報酬も経費とするのでしょう。
オーナー自身の確定申告の事務負担や責任は、オーナーが負担すべきものです。

あなたはオーナーからの報酬について、個人事業者として確定申告をしなければなりません。これを代理で行えるのは、あなたが委任した税理士のみです。
税...続きを読む

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む

Q自営業の雇われ職人の経費負担について

自営工務店です。
主に専任でうちの仕事をしている職人(60歳台)がいます。

雇用契約は結んでいないのですが、父の代から長年住み込みで職人として働き、主に専任でうちの仕事をしていました。

ガソリン代
高速代
材料代
携帯電話代

車の任意保険(車両保険)

をうちが負担していたのでうすが、その人が昨年結婚して他の県に引っ越したこともあり、経費が膨らむようになってきました。

特にガソリン代は膨大で、以前は、うちに住み込んでいたので、休みの日に社用車で遊びに行くのも多少目をつむっていました。
引っ越してから、今までその人が主に乗っていた社用車が古くなり故障し、車を買い替えることになり、新車でうちの工務店名義で購入し、その人が乗っていますが、ガソリン代や高速代の負担が大きいのです。
その人の仕事内容的に、うちの工場での仕事も多く、その人の自宅から家までのガソリン代、高速代も膨大で、今後の経費負担について、悩んでいます。

ガソリンの領収書を毎月出してもらっていますが、当然、自家用車を持っていないので、その人が私用で出かける際のガソリンも入っていると思います。
携帯代も、本来は自分で出すべきだと思うのですが、長年お父さんが出していたため、いまさら切り替えるのは職人の年齢から言っても厳しそうな状態です。
正直なところ、高速代も材料費も、私用のものを含めて領収書を出してきていそうな感じなので、
正直言って厳しいです。

疑いたくないのですが、厳しい・・というのが本音です。

不正を防ぎ、経費管理もしやすくする良い方法はないでしょうか?

今、考えているのは、
(1)日付・現場・高速代・駐車料・ガソリンを横並びにして、どの現場の時どの高速代や駐車料か?ガ ソリンか?をはっきりさせる。
(2)材料費は領収書ではなく、レシートで出してもらう。 

です。

携帯代は同じ携帯会社同士通話料無料で、基本料1000円くらいなのに5千円~9000円ほど払っています。
うちの社内の人間は同じ携帯会社なので通話料がかからないはずなので、基本料だけ負担して残りは本人に負担してもらおうと思うのですが、切り出し方によっては怒るタイプなので、上手い言い方も教えていただけると幸いです。

一般的に、このような場合、経費はどこまで工務店が負担すべきでしょうか?
材料費が仕方ないと思いますが、ほかのものは、全額工務店が出すのは甘いのではと思います。
良い案はないでしょうか?

自営工務店です。
主に専任でうちの仕事をしている職人(60歳台)がいます。

雇用契約は結んでいないのですが、父の代から長年住み込みで職人として働き、主に専任でうちの仕事をしていました。

ガソリン代
高速代
材料代
携帯電話代

車の任意保険(車両保険)

をうちが負担していたのでうすが、その人が昨年結婚して他の県に引っ越したこともあり、経費が膨らむようになってきました。

特にガソリン代は膨大で、以前は、うちに住み込んでいたので、休みの日に社用車で遊びに行くのも多少目をつむってい...続きを読む

Aベストアンサー

税理士です。

これを税務署が見たら、消費税否認、経費否認、源泉税追徴課税…。
大変なことになります。

順序だてて説明します。

1.この人は雇われ職人ではない!
もっぱら貴社の仕事、経費は貴社持ち。
職人さんに払う外注費ではなく、給料になります。

2.経費の一部は給料!
ガソリン代、携帯通話料のうち相当部分が経費に認められません。
その金額は給料に上乗せです。

3.税金多額発生!
この結果、この職人さんの外注費は全額が給料扱い、2.の部分も給料扱い、となります。
したがって、給料扱い分×5%の消費税が追徴課税、また給料扱い部分に対応する源泉税も追徴課税となります。


ではどうするべきか。

1.まずこの事情を話しましょう。税金の話になると大抵の人は少々のことは納得されます。
2.今後は給料制(出来高払の月給制)とし、その金額から源泉税と車、電話の利用料(定額で可)を差し引いてください。
3.こうしておけば少なくとも車関係、携帯関係は全額経費(含消費税)になります。
4.差し引いた金額は雑収入としておけば、貴社の被害は最小限で食い止められます。

税理士です。

これを税務署が見たら、消費税否認、経費否認、源泉税追徴課税…。
大変なことになります。

順序だてて説明します。

1.この人は雇われ職人ではない!
もっぱら貴社の仕事、経費は貴社持ち。
職人さんに払う外注費ではなく、給料になります。

2.経費の一部は給料!
ガソリン代、携帯通話料のうち相当部分が経費に認められません。
その金額は給料に上乗せです。

3.税金多額発生!
この結果、この職人さんの外注費は全額が給料扱い、2.の部分も給料扱い、となります。
したがって、給料扱...続きを読む

Q大工の夫。確定申告や控除など色々教えてほしいです

10年付き合い去年結婚しました。
色々あり、夫の職業が色々変わってきました。
運送、サラリーマン、解体工、解体工、現在は36歳で工務店で働く大工です。

会社によって社会保険の加入等してくれている事が違って、最初は最低限色々してくれていたのが変わるたびに色々会社でしてくれないところになっていき、現在の会社は給料明細もなく、何もしてくれていないので源泉徴収も無い状態です。(仕事はしっかりあるし、給料はきちんと払ってくれています)

工務店といってもおじさん3~4人+旦那のようなのですが。

この業界、独立して「ひとりおやかた」という方とか、いろいろといるようなのですが、旦那の位置的なものや確定申告の仕方など全然わかりません。
前回初めて確定申告に行かせたのですが、二人とも無知すぎて合っていたのか、それで良いのかもわかりません。取り敢えず申告して税金等払ったので、やらないよりは良かったのですが、一気に税金が来るので、所得がそんな多いものでもないのに結構払ってます(汗)

実際知り合いは本当に独立してひとり親方で、下にも若い衆がいる方がいるのですが、その人と同じ扱いで良いのか・・・?
大工は自営業のようなものだからとかネットで見かけたりして、でもよくわかりません。

前回税務署に相談したらしいけど、会社から源泉徴収貰わないと話にならないから会社で貰ってくるように!となってしまって、社長に聞くと貰った給料を記入して出したらいい みたいな。

どの用紙にどのような形で記入するのが正しいのでしょうか?

また、私は会社員として会社勤めをしていて、一般通り色々会社で源泉徴収してくれてますが、今後保険とか控除するものとして私の方で控除した方がよいのか。旦那がよいのか。
今後子が産まれた時の扶養等は?(今後子供の扶養とかなくなるんでしたっけ?)

給料は私の方が少ないです。

友達に私の方から全部控除等した方がよいといわれたのですが、、、。

何も分からず調べ方もわからず困っています。
もっと色々と勉強したいのですが何を勉強したらよいのでしょうか?

10年付き合い去年結婚しました。
色々あり、夫の職業が色々変わってきました。
運送、サラリーマン、解体工、解体工、現在は36歳で工務店で働く大工です。

会社によって社会保険の加入等してくれている事が違って、最初は最低限色々してくれていたのが変わるたびに色々会社でしてくれないところになっていき、現在の会社は給料明細もなく、何もしてくれていないので源泉徴収も無い状態です。(仕事はしっかりあるし、給料はきちんと払ってくれています)

工務店といってもおじさん3~4人+旦那のようなのですが。...続きを読む

Aベストアンサー

1収入(稼ぎ)と支出(大工仕事に関るもの)の記録を残しましょう。
家計簿とは、ちと違います。
これが出来ると、確定申告時に作成を要求される収支内訳書が作成できます。
もちろんのことですが、ダラダラと記録しても、後で集計が大変ですので、何月何日にいくら支払って、それは何を払った程度は記録します。

これも簿記といいます。だんだん慣れてきたら複式簿記に挑戦しましょう。


税金のことは、ホイホイと身に付くものではありませんので、気長にゆっくりと学習することです。
上記の支払い額のうちでも「これは所得計算上は、経費になりません」というものが存在します。
例えば交通反則金がそれです。
罰金を経費として認めると、税務署が「交通違反をすると節税になるよ」と言うことになるので、経費にできません。
というように、最初は「経費にならない支出はなんじゃ」を覚えることになろうかと思います。

2-1
本屋さんや図書館で「所得税申告の仕方」とか「簡単な所得税」というのがありますから、一冊は読んでみるとよいでしょう。
ただし、税理士と言う専門家がいる世界ですので、理解できなくても、がっかりする必要はありません。
分からないことは税務署で聞けばよいと開き直るぐらいでいいです。

アドバイスとしては「年末調整のすべて」という本を買わないことです。これは税金の本ですが、給与を支払ってる立場で学習することです。仮に読んで身につけても無意味です。


少し高度な段階で「夫は、給与を貰ってるというが、だったら源泉徴収票を盛られないのはなんでか」という制度の学習になります。
事業所得者と給与所得者の違いなどを知って「わが夫は、どっちなのだ」という話に展開するわけです。


実は大工さんの業種では「ひとり親方」という、長い慣習のもので存在する事業形態があります。
親方がいて、その下で働く従業員とはいえ、親方が給与を払ってるのではないという、サラリーマンからみると「なんじゃそれ?」という形態です。
このあたりを初めから理解しようとしても、失礼ながら無理ですので、当分の間は「税務署のいうとおり」にしましょう。
税務署でも、大工業種での「親方と、その下の職人」形態は理解してますので、ただ単純に「源泉徴収票をもらってこい」というのは無理があることは承知してます。


最後に紹介するURLを「さっ」と読んでみてください。
一言でいうと「大工さんが貰う報酬って、色々なものがあるから、税金の計算もいろんな方法があるからね」という意味です。
これ自体を読んで理解できなくても、とりあえず問題ありません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/shinkoku/091217/01.htm

1収入(稼ぎ)と支出(大工仕事に関るもの)の記録を残しましょう。
家計簿とは、ちと違います。
これが出来ると、確定申告時に作成を要求される収支内訳書が作成できます。
もちろんのことですが、ダラダラと記録しても、後で集計が大変ですので、何月何日にいくら支払って、それは何を払った程度は記録します。

これも簿記といいます。だんだん慣れてきたら複式簿記に挑戦しましょう。


税金のことは、ホイホイと身に付くものではありませんので、気長にゆっくりと学習することです。
上記の支払い額のうち...続きを読む


人気Q&Aランキング