今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

絵の具の白以外の色で白い色を作れると聞いた事があるのですが、どうやって調合するかがわかりません。
方法がありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

点描」に関するQ&A: 点描画の書き方について

A 回答 (6件)

一般の絵の具でも、点描法を使って加法混色はできます。


この場合は絵の具をパレットの上ではなく、網膜の中で混色することになりますが‥
明度の高い色同士を隣におけばよいのではないでしょうか。
    • good
    • 12

普通の絵の具では無理だけど、


No1さんのいう絵の具ならできる。
ということみたいですね。

でも、普通の絵の具では無理なんで、やっぱり白は絵の具をまとめて買うと太くついてくるもので、白は白として買ってきて使うのがいいと思います。

光のように、すべての色を混ぜると白くなる絵の具は知りませんでした…。
    • good
    • 8

加法混色できる塗料というのは私も聞いた事がありません。



鉛白は油絵の具ならシルバーホワイトとして使われています。
カルシウムやアルミナは体質顔料と言われ、
一般に補助用として使用されます。
カルシウム系は色々ありますが、
ムードンや石膏など下地用の白として使います。
アルミナホワイトは混ぜると半透明になるので
白絵の具としての扱いではないですが。

絵の具の白として使われるのは鉛白や酸化チタン以外に、
ジンクホワイトの亜鉛華や国産ではホルベインだけが出す
セラミックホワイトのチタン酸ストロンチウムとやらがあります。
セラミックホワイトは私も最近知りました。

普通は絵の具を混ぜる事では白はできません。
赤、青、緑の光を壁などの一点に当てた場合、
光が強ければ強いほど見た目が白に近くなります。
加法混色という光を混ぜるような要領で使用できる
特殊な塗料があるならその塗料の場合だけ
白が作れるという事です。
    • good
    • 5

>>#2さん


私の加法混色の絵の具って言い方が悪かったでしょうかね?
加法混色の塗料と言えばいいでしょうか。
とりあえずあることはあるようですよ。
以前テレ東系列の番組で、デザインかなんかのやつで出てました。
    • good
    • 2

白い色を他の色の絵の具で作ることは、絶対に出来ません。

唯一の方法としては、下地の白を生かした透明なニスです。透過光ならば加法混色となりRGBの混色で白になりますが、絵の具のような反射光の色材の場合、減法混色となり限りなく黒に近づきます。
絵の具の白に使用されている酸化チタン(チタンホワイト)以外の材料で白色を作れるか?との御質問であれば、それは可能です。鉛白、アルミナ、カルシウム粉末等の白い粉を使用するだけです。但し、毒性や隠蔽率が悪い等の理由から白顔料としては使用されていません。
    • good
    • 3

絵の具の種類によってはできます。


加法混色の絵の具ですね。加法混色は光の原理と一緒です。
ちなみに、赤、緑、青をたしたらできたはず。
普通の一般的に売られている絵の具ではできないです。
こんな絵の具があるって知ったときは私も驚きました。
あまり売ってないとは思いますけど。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

点描」に関するQ&A: 点描画の書き方について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤と青と黄色の絵の具を混ぜても白になりません何故ですか?

単純に配合が完璧でないというのは分かるんですが、どれくらいの精度でやれば白が作れるんでしょうか?
絵の具等で3色合わせて白を作った事があるという人はいますか?

Aベストアンサー

絵具で作るのは無理です。

三原色
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2


絵具はここでいう減法混色にあたります。(つまり黒になります)

Q濃いピンク色の作り方

水彩用の絵の具を使っています。
基本色12色ほどを混ぜて使っているのですが、濃いピンク色が思ったように鮮やかにでません。
赤と白に青を少し混ぜて見た感じが一番近いようなのですが…つつじや牡丹に良くあるような色です。
金とか蛍光色とかを除き、身近にある色の中で12色の基本色から作れない色ってあるんでしょうか?
濃いピンクを作るこつを教えてください。

Aベストアンサー

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の具ですが、色の鮮やかさという面ではいろいろある画材の中でも最高のものと思います。ピンク、黄色、水色、萌黄や浅黄などはもう顔彩のものです。単品でも売っていますので一度お試し下さい。なお、顔彩の特性として乾くとやや薄くなりますので、それを見込んでやや濃い目に。

 顔彩と普通の水彩絵の具を併用しても、その差は目立ちませんが、花をお描きなら、いっそすべて顔彩でお描きになると、花だけでなく葉や枝などほかの部分もとてもきれいに上がりますよ。

 もうひとつの技法としては、水彩で出来る範囲のピンクを使っておいて、回りの彩度(鮮やかさ)をやや落としてやると、ピンクの部分の鮮やかさが引き立つものです。この技法はよく油彩でも使われます。

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の...続きを読む

Q赤色を作るには・・・?

すみません、今ポスター作成中なんですが、赤の水彩絵の具を切らしてしまいました(゜_゜;)
 今から買いに行くわけにもいかないし、どなたか、水彩絵の具の赤の作り方を(何色と何色を混ぜるかを)ご存じの方いらっしゃいませんか?!

Aベストアンサー

もう不要かもしれませんが、絵の具の中にマゼンタはありますか?(中学生の方の宿題ということなのでないかもしれませんね。)
もしあればそれにイエローを加えていくと赤に近い色ができます。

Q絵の具の原料

絵の具は何でできているのですか?

Aベストアンサー

絵の具には今でもカドミウム、コバルト、鉛などが使われ、
最近までヒ素などが使われていました。
重金属は排泄されにくいものなので、
一度に含むことはなくとも長い間に蓄積され害を及ぼす可能性があります。
もちろん通常の使用や少し手についたくらいでは問題ありませんが、
有害な絵の具がついた手を洗わないままに物を食べたりしないよう注意が必要です。
本来は筆洗器の底に溜まった顔料などの処分方法も注意しなければなりません。
本格的にはできませんので私は下水に流さず袋に入れて燃えないゴミで出すくらいですが。

無機顔料も有機顔料も合成絵の具がありますが、
無害な物はほとんど有機顔料で有害な物は重金属などを使った無機顔料です。
全ての色が無害な顔料で合成できるようになったわけではありませんし、
無害な合成絵の具については、単独での色は同じように作れても
混色などで差が出てくるものがあります。
さらに透明性や耐光性、隠蔽力も違います。
最近では高級な有機顔料もあり堅牢性などは改善されているそうですが、
すべての有機顔料がそうなっているのではありません。
さらに有機顔料は粒子が細かく色が強いため、
経験上混色すると他の色を食いやすいと思います。
ただ色を再現するだけなら多くのものはできますが、
他の特性を考えると合成は決して万能ではありません。
色だけでなく、他の面を重視すると
無機顔料にしかない特性こそが重要だったりするので
有害な絵の具もどうしても必要です。

絵の具には今でもカドミウム、コバルト、鉛などが使われ、
最近までヒ素などが使われていました。
重金属は排泄されにくいものなので、
一度に含むことはなくとも長い間に蓄積され害を及ぼす可能性があります。
もちろん通常の使用や少し手についたくらいでは問題ありませんが、
有害な絵の具がついた手を洗わないままに物を食べたりしないよう注意が必要です。
本来は筆洗器の底に溜まった顔料などの処分方法も注意しなければなりません。
本格的にはできませんので私は下水に流さず袋に入れて燃えないゴ...続きを読む

Qベージュ色はどうすれば作れますか?

壁の補修でベージュ色に塗りたいのですが、市販のベージュ色では、元の色となかなか色が合いません、ベージュ色は何と何を混ぜればいいですか?

Aベストアンサー

私は美術部だったので、絵の具のことしか言えないのですが
アドバイスさせていただきます。

ベージュの基本は白に少量の茶色を足すと作れます^^
茶色はほんの少量ずつ足してください。
予想以上に濃いベージュになってしまうんです。

応用として、黄色系ベージュにしたいなら黄色、
赤みベージュ(ベニヤなど)にしたいなら赤色、
などニュアンスカラーを加えてもよいと思います。
しかしニュアンスカラーは本当にちょっとだけで充分です。

壁の補修にも適応できるアドバイスかわかりませんが
参考にしていただけたら幸いです。

Q絵の具の混色で金色と銀色の作り方を教えてください。

何色と何色を混ぜればこれらの色が作れるのでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされた自動車のバンパー、あるいはヘヤーライン仕上げや梨地仕上げがされたステンレスなど、こうしたものはそれぞれ独特の光沢があるもので、ちょっとしたコツさえ分れば、普通の絵の具などを使ってほんとうに金属光沢のように見せる描き方ができるようになります。

 ひとつの例を挙げれば、クラシックな自動車のクロームメッキされたバンパー、これ、実は元々「銀色」ではありません。
 下半分は地面の色を写し出しますから思い切って濃い茶色や黄土色などが主体になる色、先端の突部には正面の遠くの風景を凸面で写しこんでいますから、ここは鮮やかな黄色やオレンジ色などの線、そしてやや上面になる部分には空の青さを写しこんだ淡い水色などと、こうした色使いでキラッと光ったクロームメッキの面を簡単に描くことが出来ます。
 もっと詳しく知りたいなら、レンブラントの夜警などの絵をよく観察してみるといいと思います。

 

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされ...続きを読む

Q絵の具「ラベンダー色」をつくるには?

いわゆるラベンダー色をつくるには、どの色をどの位の割合で混ぜたらよいでしょうか?
(使用しているのは12色セットの絵の具)
アカ+アオ+シロ でいいんでしょうか?

できれば、このようなことが調べることができるサイトがあれば紹介してください。

Aベストアンサー

色自体は「赤」+「青」+「白」で大丈夫ですが、
まず「赤」と少し多目の「青」を混ぜて「青っぽい紫」を作り、
それを「白」に加えていった方が作りやすいかも知れません。(基本は薄い色に濃い色を加えます)

NO.2さんが言われているように、絵の具によって「青」といってもそれぞれ異なるので、一概にどの比率で混ぜたら必ずこの色になるとはいえませんので、お使いの絵の具で試してみてください。

なお、ダンボールに塗るのであれば、普通の水彩絵の具だと紙の地色までは隠せないと思います。
ポスターカラー(100円ショップにあるものでも十分です)か、ターナー社のターナーカラーが扱いやすくてオススメです。両方乾かないうちは水性ですので、筆も水洗いで大丈夫です。

塗り面が大きいとの事なので、最初にかなり多めに絵の具は調合してくださいね。
途中でラベンダー色が無くなったら、まったく同じ色はなかなか作れませんので・・・。
絵の具の固さは「溶けかかったソフトクリーム」位が適当かと思います。

Q絵の具での深緑色の作り方を教えてください。

絵の具で、濃い深緑色を作りたいのですが何色を混ぜたら良いですか?
知っている人がいたら教えてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

色んなバリエーションがあります。
紺とやまぶき。
紺とだいだい。
紺と黄色。
紺とレモン色。
紺を青や群青に変えてみると更にバリエが増えます。

また、紺にオレンジを少量混ぜると緑褐色になります。

Q水色の作り方

今、アクリル絵の具で絵を描こうと思っているのですが、水色がありません。
「シアン」のような明るい水色で描きたいのですが、手元にある青系は、暗い「マリンブルー」しかありません。
試しに「白」を混ぜてみたのですが、
このURLにあるようなhttp://www.icnet.ne.jp/~take/BlueDictionary.html
「ヒヤシンス」という暗くて薄い水色しか作れません。

どうすればシアンのような明るい水色が作れますか?

Aベストアンサー

シアンは原色ですから他の色と混ぜても作れません。

シアンとご希望の水色との違いがどれくらいか分かりませんが
参考サイトのヒヤシンスは少しマゼンタが入った色ですから
そこにどんな色を混ぜても濁るだけです。明るい水色には近づきません。

シアン、マゼンタ、イエローが三原色ですから
理屈上はこれらを混ぜればどんな色でも出せますが
逆にシアン、マゼンタ、イエローとホワイトだけはどんな色からも作れません。

絵の具を無駄にしないように、ご希望の色を買い足したほうがいいです。

もしそれが出来なければ、先の回答のようにイエローとホワイトを交互に混ぜてみて、
周囲に持ってくる色を同系のマゼンタがかった濃い色にすれば
多少は明るく見えるかもしれません。
色の中の不要な成分を目立たなくさせるには、
周囲に同じ成分の濃い目の色を持ってくるといいです。

混色を作るときは少しの絵の具で試してみてください。

Q色の三原色と黒白

色の三原色と黒白について

高校時代に美術の授業で、
あらゆる色彩は「赤、青、黄」の3色から作ることが出来るが、黒と白は色の三原色では表現できないので、「色彩」では定義されず「明暗」としてあらわす
と習った記憶があるのですが、これは正しい記述でしょうか?

これが正しいとすると、色の三原色で表すことのできるすべての色と黒と白を総称して呼ぶ呼び名はありますか?

Aベストアンサー

こんばんは。色彩理論は非常に難しいのですよ。
まず、色という物質はありません。あくまで光が物体に反射してその波長によって眼が色を感じるものです。ですから絵の具を使っての減法混色の場合、完全に全色域をカバーできません。
なお、色の3原色は「シアン、マゼンタ、黄色」です。赤はマゼンタと黄色の、青はシアンとマゼンタの減法混色によって得られます。

加法混色(光の3原色)は赤、青、緑です。どうもこれが混同されているようですね。

高校の教科書などの曖昧な記述は、しばしば専門家から問題を指摘されており、最近では正しい記述がなされていると思います。

まず、色の要素には、色相、つまり赤か青か緑か・・・、彩度、鮮やかさですね、真っ赤なバラとくすんだレンガ色相は何れも赤ですが彩度が違います。あとは明度、明るさですね。この3要素がいろいろ絡み合って色が表現されますが、白と黒に関しては色ではありまあせん。無彩色と言います。明度のみ存在し、0が黒10が白です。

広義の色は、白も黒も含めたつまり、有彩色も無彩色も含めた物を言いますが、狭義の色は、有彩色のみを言います。ですから場合によって色という言葉の解釈が変わるだけです。

こんばんは。色彩理論は非常に難しいのですよ。
まず、色という物質はありません。あくまで光が物体に反射してその波長によって眼が色を感じるものです。ですから絵の具を使っての減法混色の場合、完全に全色域をカバーできません。
なお、色の3原色は「シアン、マゼンタ、黄色」です。赤はマゼンタと黄色の、青はシアンとマゼンタの減法混色によって得られます。

加法混色(光の3原色)は赤、青、緑です。どうもこれが混同されているようですね。

高校の教科書などの曖昧な記述は、しばしば専門家から問題を指...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング