見守り電球またはGPS端末が特価中!

数A 確率の問です。
『白玉6個、赤玉2個が入った袋から玉を1個取り出し、色を調べてもとに戻すことを3回行う。白、赤、白の順に出る確率を求めよ。』
白玉が出る確率は6/8、赤玉が出る確率は2/8で、同じ試行を行なっているから、3回のうち赤玉がでる1回を選んで3C1。
6/8 × 2/8 × 6/8 ×3C1 ←と考えました。
しかし解答は 3C1 がなく、6/8 × 2/8 × 6/8 でした。
どこが間違っているのか詳しく教えて頂きたいです。

A 回答 (6件)

「白、赤、白の順に」と考えると


3C1は不要
3C1は、
赤、白、白
白、赤、白
白、白、赤
をけいさんしているだけ。
    • good
    • 0

3C1って、どういう意味ですか!たとえば、


3回の内1回だけどちらかの色がでる確率ですが、
この場合は、白…赤…白と順番がきまっているから、回答の通りです。
ですから、
3C1を掛ける場合は、赤…白…白 および
白…白…赤 の場合もふくまれるからです。

回答をきちんと理解しましょう、
    • good
    • 0

白玉6個、赤玉2個が入った袋から玉を1個取り出し、色を調べてもとに戻すことを3回行う。

白、赤、白と出る確率は6/8 × 2/8 × 6/8 ×3C1 。
白玉6個、赤玉2個が入った袋から玉を1個取り出し、色を調べてもとに戻すことを3回行う。白、赤、白の順に出る確率は6/8 × 2/8 × 6/8 。
白玉6個、赤玉2個が入った袋から玉を1個取り出し、色を調べてもとに戻すことを3回行う。赤、白、白の順に出る確率は2/8 × 6/8 × 6/8 。
白玉6個、赤玉2個が入った袋から玉を1個取り出し、色を調べてもとに戻すことを3回行う。白、白、赤の順に出る確率は6/8 × 6/8 × 2/8 。
    • good
    • 0

ここで3C1の意味は


赤白白
白赤白
白白赤
の3パターンってことですよね。
でも問題は、白赤白の確率を求めると書いて有ります。
つまり、3C1を掛けてはいけない。
    • good
    • 0

白、赤、白の順に出る確率を求めるから。




6/8 × 2/8 × 6/8 ×3C1 は
3回のうち1回赤玉が出る確率だから

白、赤、白の順に出る 以外にも

白、白、赤の順に出る
赤、白、白の順に出る

場合も含まれている。
    • good
    • 0

発想が意味不明で答え様が無い。



1個のサイコロを2回振って、2⇒5の順に目が出る確率は1/6 × 1/6=1/36。
2回だから、これに2C1を掛けて、1/6 × 1/6 × 2C1???何で???
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって答え31個何ですけどわかりやすい解説教えてください。動画の解説じゃ全然分かりませんでした。

これって答え31個何ですけどわかりやすい解説教えてください。動画の解説じゃ全然分かりませんでした。

Aベストアンサー

ありがとうございます>#2

数を素因数分解し、各素数の次数をa、b、c・・・とすると、
1と自身を含めた正の約数の数は
(a+1)(b+1)(c+1)・・・・
これが奇数になるのは、全ての次数が偶数の時、
即ち平方数。

わかってしまえば簡単でしたね(^-^;

Qベクトルについて。

各辺の長さが1で底面ABCDが正方形である四角錐O-ABCDがある。辺OBの中点をP、辺ODをt:(1-t) (0<t<1)に内分する点をQとし、平面APQと辺OCの交点 をRとする。 (1)↑ARを↑AP、↑AQ、tを用いて表せ。
(2)四角形APRQの面積をtで表せ。
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

(1)
基準点と3つの基本ベクトルを適切に定める(解答者任意)
定める例
点OとOA↑,OB↑,OD↑
点AとAO↑,AB↑,AD↑
四角形ABCDの中心(点Hと呼ぶ)とHA↑,HB↑,HO↑

AP↑、AQ↑を上で定めた基本ベクトルで表す

AR↑を(解答者任意に定める文字3つを使って)2つの方法で基本ベクトルで表す
表し方1:文字1つ:点RはOC上の点
表し方2:文字2つ:点Rは3つの点A,P,Qで定まる平面上にある

同じベクトルの基本ベクトルによる表し方は同じ基本ベクトルの係数が同じになるから
連立方程式(3つの方程式)ができるので、解答者が定めた3つの文字が t で表せる

表し方2を t で書いて終了

(2) うまいやり方が思いつかなかったので地道に

一般論 △ABCの面積は、AB↑,AC↑の大きさと内積が計算できれば求められます
(計算が面倒)

この問題 (1)で考えた基本ベクトルの和で各点は表せるのでベクトルの大きさと内積は計算できます

解き方1(面倒な計算が2回)
四角形を2つの三角形に分解して面積を合計

解き方2(面倒な計算が1回)
(1)の結果よりAP'↑=2*AP↑ となる点P'を考えると
四角形APRQの面積は△AP'Q の面積から△PP'Rの面積を引けば求められて
△AP'Qと△PP'Rの面積比が t を使った比で表せることから△AP'Qの面積を求めて比を使って四角形の面積を計算

(1)
基準点と3つの基本ベクトルを適切に定める(解答者任意)
定める例
点OとOA↑,OB↑,OD↑
点AとAO↑,AB↑,AD↑
四角形ABCDの中心(点Hと呼ぶ)とHA↑,HB↑,HO↑

AP↑、AQ↑を上で定めた基本ベクトルで表す

AR↑を(解答者任意に定める文字3つを使って)2つの方法で基本ベクトルで表す
表し方1:文字1つ:点RはOC上の点
表し方2:文字2つ:点Rは3つの点A,P,Qで定まる平面上にある

同じベクトルの基本ベクトルによる表し方は同じ基本ベクトルの係数が同じになるから
連立方程式(3つの方程式)ができるので、解答者が定め...続きを読む

Q赤玉と白玉の確率

「袋の中に白玉4個と赤玉2個が入っている。まず、この袋から無作為に玉を1個取り出し、次に赤玉と白玉を1個ずつ袋に入れる。そして、もう一度この袋から無作為に玉を1個取り出したとき、それが赤玉である確率を求めよ。」

こちらの問題の答えは「8/21」と記されているのですが、解き方が分かりません。「一度一個取り出してから、赤白の玉を入れる」という操作があるので、どう式を立てればよいか分からなくなりました。「C」の公式を使えばよいのでしょうか。

どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

1回目に取り出した玉が赤であるか白であるかで場合分けを考えてみましょう
起こりうる場合は
(1)1回目に赤を取り出し2回目も赤である場合
または
(2)1回目に白を取り出し2回目に赤を取り出す場合
で互いに排反する

(1)のとき1回目に赤を取り出す確率は2/6
残っている玉は(赤、白)=(4,1)
新しく玉が入って(赤、白)=(5,2)となるので2回目に赤を取り出す確率は2/7
このときの確率は(2/6)*(2/7)

(2)のとき1回目に白を取り出すのは4/6
残っている玉は(赤、白)=(3,2)
新しく玉が入って(赤、白)=(4,3)となるので2回目に赤を取り出す確率は3/7
このときの確率は(4/6)*(3/7)

よって求める確率は(2/6)*(2/7)+(4/6)*(3/7)となります。

Q(1)から(4)で略図をかけって言われたんですが、1問だけでもいいので書き方を教えてください。

(1)から(4)で略図をかけって言われたんですが、1問だけでもいいので書き方を教えてください。

Aベストアンサー

(1)y=x²-3x+2について
  1.この放物線はx²の係数が正なので上に開いた形をしています。
  2.変数のない項は2でこれは放物線がy軸とy=2の点を通ります。(切片)
  3.y=x²-3x+2=(x-1)(x-2)からy=0のときx軸の1と2の2点を通ります。
  4.平方完成すると、y=(x-3/2)²-(3/2)²+2=(x-3/2)²-1/4から
    軸はx=3/2、頂点は(3/2、-1/4)です。
後は、上に開いて放物線で2.、3.、4.の4点を通過するように書けばよい。略図なので多少歪んだ
曲線でOK。

Q(3)の解き方を教えてください。 答えは30郡の9番目です。

(3)の解き方を教えてください。
答えは30郡の9番目です。

Aベストアンサー

第n群に何個あるか考える :n個
第1群から第n群に何個あるか考える :1+2+....+n = n(n+1)/2
888は何番目か考える :444番目

888が第k群にあるとすると
(k-1)k/2 < 444 ≦ k(k+1)/2
(k-1)k < 888 ≦ k(k+1)

888はほぼ900=30^2だからk=30を試してみるとOK
870/2 < 444 ≦ 930/2

444-435=9 だから 第30群の9番目

Q確率について。

次の問題がわかりません。教えていただけると幸いです。大変恐縮ですが。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=dslender&dd=07&re=60499

Aベストアンサー

2個だけ同じ
4つの目が、組合せで、aabc のパターン a≠b, a≠c, b≠c

組合せの数は、
aの選び方が6, それぞれにbcの選び方が 5C2=10 だから 6*10=60 通り

別の考え方で a < b < c として、abcの選び方が 6C3=20 通りで
aabc, abbc, abcc の3パターンあるので 3*20=60 通り

aabc の場合
 中央値=平均値となる条件は a+b = a+c、b < c より中央値=平均値とはならない
abcc の場合も同様に、中央値=平均値とならない

abbcの場合、a+c=2b で中央値=平均値となる

20パターンの書き出しとチェックはご自分で

Q高校数学の問題です。どういう考え方をすればいいのでしょうか。円順列の考え方を使って、4面の塗り分けだ

高校数学の問題です。どういう考え方をすればいいのでしょうか。円順列の考え方を使って、4面の塗り分けだから(4-1)!=3!=6通りが答えでしょうか?

(問題文)
立方体の2面を黒で塗り、残りの4面を赤、黄、緑、青の4色すべてを使って塗り分けます。この時、次の問いに答えなさい。ただし、立方体を回転させた時、面の色が一致する塗り方は同じであるとみなします。

(問)
隣り合う2面を黒で塗った時、残り4面の色の塗り方は何通りありますか?

Aベストアンサー

解りやすいようにサイコロの面で考えます。
隣り合う黒い2面を側面 とすると、残り の面をどう塗り分けるかという問いであると考えられます。これらの面は不可換なので通常の順列
4!=24 (通り)
となります。但し、上の面と 底の面 はひっくり返せるので答えはその半分の
24/2=12 (通り)
です。

Q中三の数学問題(多分)

この下の三つの問題がわからないらしいです。

Aベストアンサー

(1)
点P,Q,R,S の座標を計算
直線PRと直線QSの傾きが等しいことを示す

(2)
(1)より四角形PQSRは台形
台形の面積を二等分する直線(台形の上底と下底に交わるという条件付きで)は
上底(PR)の中点と下底(QS)の中点との中点を通る
つまり
(1)で求めた各点の座標をP(Px,Py),Q(Qx,Qy),R(Rx,Ry),S(Sx,Sy)とすると
点((Px+Qx+Rx+Sx)/4,(Py+Qy+Ry+Sy)/4)と点A(1,0)を通る直線が求める直線

(3)
直線TUは直線PR,直線QSと平行

台形の面積は (△OQSの面積)-(△OPRの面積)で求められる

TU,PR,QSが平行なので
△OTU,△OPR,△OQS は相似となる

面積の比で考えて、△OPRの面積を[1]とすると△OQSの面積は[4]
台形の面積が[3]なので
TUが台形の面積を二等分するならば△OTUの面積は[5/2]

点Tの座標が ((√10)/2,(√10)/2)となるので a=(√10)/5 と求められる

Q数A 確率の問なのですが、解答の式ではA地点からC地点までしか考えられていないように思います。C地点

数A 確率の問なのですが、解答の式ではA地点からC地点までしか考えられていないように思います。C地点からB地点はなぜ考えられていないのですか?

Aベストアンサー

ただし、最短距離を選ぶものとし、2通りの選び方のある交差点では、どちらを選ぶかは1/2の確率である。
この文章の意味は、
A→Cから上のコースでBに行った確率は、A→Cの確率・1/2
A→Cから下のコースでBに行った確率は、A→Cの確率・1/2
よって、合計して
A→CからでBに行った確率は、A→Cの確率・(1/2+1/2)=A→Cの確率でよい!

Qn=3の倍数ならば、n=6の倍数である。 という命題は、偽で反例をn=3と書いたのですが、解答にはn

n=3の倍数ならば、n=6の倍数である。

という命題は、偽で反例をn=3と書いたのですが、解答にはn=9とありました。

3も3の倍数なのに何故反例n=9となるのですか?

Aベストアンサー

(´・ω・`)
9は6の倍数じゃないだろ。

…ってこと。
ついでに15も21も6の倍数じゃない。

・・・
6を素因数分解したとき
 3×2
になる。
すなわち、6の倍数を素因数分解すると必ず。
 ”3×2”
の要素が無ければならない。
しかし3の倍数はこのうちの
 ”×2”
の要素を含まないものがある。
従って3の奇数倍は6の倍数にはならない。

ということを示さないとダメなんだ。

3だけじゃなくて9と15と21と27を併記しておけば正解としてくれたはず。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング