ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

大学でマーケティングについて勉強している者です。一般的な流通活動は、メーカー・卸・小売・消費者の順番で行われますが、卸と小売を考えないものとして、メーカーと消費者だけの関係で考えた場合、お互いにどのようなメリットがあるのでしょうか。この場合だと、消費者がメーカーに対してブランド価値をもっていないといけないわけですし、小売店で商品を選べないため、メーカーはどのような方法でマーケティング活動を行うべきなのでしょうか。わかりにくい質問だと思いますが、これに近いことならどんな回答でも結構ですので、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3の回答に若干追加させていただきます。


【消費者側】
<メリット>
-#3の回答どおり
<デメリット>
-小売店などで購入したい商品の確認が出来ない
-商品情報の入手煩雑(小売店店員から商品情報の説明を受けるようにはいかない)
-購入したいその時に商品を入手できない(発注から受取までに時間差がある)
-代金支払も少し面倒
-機械モノなどの商品のアフターサービス面でのリスクがある
【メーカー側】
<メリット>
-#3の回答どおり、ニーズに合わせた商品開発がスピーディーに出来、生産調整もタイムリーに出来ることにより経営面での機会損失を低減出来る
-流通在庫のリスクがない
-納品までの時間に付き顧客との合意が取れ、受注生産型の生産形態が可能であれば、メーカー商品在庫も無くなりキャッシュフロー経営面では有利
<デメリット>
-顧客取引ごとの受注-(生産)-納品-代金回収に係る処理業務と管理のための仕組みと体制が必要となる
-小売業に依存できない部分のマーケティング活動の負担
-顧客まで物を届けるディストリビューション体制の確立(卸売業の機能+α)

【メーカー直販型のマーケティング活動留意点】
顧客の消費行動視点から其々のプロセスについて留意点を述べますと・・・
<認知プロセス>
-顧客への当該企業及び製品の認知度を高めるには告知の量X質の積であるといえる。
-一般的な流通活動においてはメーカーは「ブランド」の確立と「商品のイメージ確立」「商品告知」に力を入れ、小売業はその商圏の顧客に対して「告知量を増やす」役割でマーケティング活動を行っている。メーカー直販型においてはメーカーがこの二つの側面を行うことになる。
-様々なメディアの活用による告知
<興味・関心付けプロセス>
-顧客に当該商品の「価値」を認識させ購買にいたる最初の動機付けのプロセスである。
-当該商品と競合他社商品との価値比較が行われるので、その要求に応えれる商品情報を様々なメディアと告知の方法で「価値認識の促進」を図る。
(テレビショッピングにおける商品のプレゼンテーションなどはその典型的な例)
-購買に到るまでの顧客の不安事項の解消に対する情報の提供。(品質保証の仕方・購入手続きの仕方・など等)
<記憶に留めさせるプロセス>
-当該メーカー及び商品を選択してよかった!と思わせる「顧客満足度」の認識と向上策。
-メーカー及び商品情報を記憶に留めるように頻度多く発信する以外に、既存顧客のコメントとか商品開発情報(技術などの優位性)や「アフターサービス部門で顧客満足度No1」等の第三者による評価情報の発信。
-リピーター顧客化するための顧客視点に立った有益情報の提供(これはメーカー側で全ての顧客情報を把握しているために容易に出来る)。
<購買行動を起こさせるトリガープロセス>
-様々な販売促進企画(期間限定お得なキャンペーンとか)
-顧客個別情報(過去に購入した履歴や顧客の属性など)を活用したOne-to-Oneのプロモーション。
(例えば産直の酒類販売においては顧客のテイスト嗜好に合わせた商品の紹介)

以上一般論として述べましたが、産直農産物とか機械製品とか商品属性により具体的な展開は異なります。
    • good
    • 0

【消費者側のメリット】


流通の中間コストがカットされるので
当然、最終価格が安くなる(はず)

【メーカー側のメリット】
消費者の生のニーズが大量に得られる。
それによりニーズより難しいウォンツの
把握がしやすくなる(はず)

finkさんは
チャネル政策とブランド政策を
もう一度、復習された方が良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、ブランドについての本を少し読んでいるのですが、自分の中で整理しきれていないところがまだあるようです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/16 13:19

う~ん、確かに意図が分かりにくいかも。



>メーカーと消費者だけの関係で考えた場合、
>お互いにどのようなメリットがあるのでしょうか。
これは、マーケティングのメリットを
メーカー側と消費者側のそれぞれから考えよ
ということかしら?

>小売店で商品を選べないため、
>メーカーはどのような方法でマーケティング活動を
>行うべきなのでしょうか
というのは、ダイレクト・マーケティングあたりを
例に考えると単純化できると思いますが
4Pミックスのうち、Placeがないと考えれば
残りの3つが大事だね、ぐらいではダメでしょうか?

ともあれ、ご質問文の中からは、ご質問タイトルの
>メーカー主導のマーケティング
の意図が見えないのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。どう説明すればよいか、もっと考えるべきでしたね。

お礼日時:2004/11/16 13:16

消費者メリットは何と言っても低コスト化です。

製造原価は概ね商品価格の30%が目安ですから、流通経路を省く影響は絶大ですね。一方、メーカーは「それまで卸・小売」が担ってきた役割を負担することが求められます。それは消費者ニーズを汲み取ることです。しかし旧来、特に卸は流通の仲立ちとしての機能しか担っていなかった一面があります(業界によっても異なりますが)ので、メーカーが直販を始めだした今、卸はどこも大慌てなワケです。
ネットの普及および意識変化に伴い、今や消費者は完全な情報武装の上で、消費行動に臨んでいます。ですから余分な情報や手間を省き、本当に消費者の必要な情報やニーズを見つけ出すことが、これからのメーカーの重大な使命となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただきありがとうございます。とても参考になります。

お礼日時:2004/11/16 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいすゞとはなんですか? トラックメーカーのいすゞとかではなく本来の意味を教えてください!

いすゞとはなんですか? トラックメーカーのいすゞとかではなく本来の意味を教えてください!

Aベストアンサー

五十鈴、五十五、五鈴
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%88%B4

Qマーケティング論と流通論の関係??

大学でマケ論・流通論共に学んでいるのですが、いまいち違いが分かりません。まったく違うものではないと思っているのですが、この二つにはどのような関係があるのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

マーケティングの「4P」というのを、マーケティング論の授業で聞いたことはありませんか?
Product(商品戦略)Price(価格戦略)Place(流通戦略)Promotion(プロモーション戦略)のことで、マーケティング戦略を構成する基本4戦略を指しています。
どのような内容の講義かよくわかりませんが、流通論はマケ論の一部という理解でいいのではないかと思いますが・・・。

Q【転勤について】

【転勤について】
こんなことをweb上で聞くのは間違っているとは思いますが、聞いてください。

電機メーカー・重工業メーカーへの就職を考えています。

どこの企業も海外進出を押します。
海外で働けることは嬉しくもありますが、不安もあり。

海外転勤はどのくらいの割合で行くものでしょうか。
企業は「希望しなければ無理には行かせない」とは言いますが、現実はどうなのでしょう。


理系総合職です。

回答お願いします。

Aベストアンサー

ある程度大きな会社であれば基本的にはありと思っておいた方がいいです。
割合は会社によっても部署によっても違います。

私の所属する情報システム部門は基本的に遠隔でかなりサポートできますので、
海外勤務はかなり少ないです。
経理などはローテーションでありますし、製造関連もマネージャー、SVとしての派遣は多いです。

希望はどの程度きいてくれるかですが、これまた会社によって違いがあるかもしれませんが
「家族または本人の大きな病気」あたりは理由になるかもしれません。
単に嫌だとかいうのはマイナスになってしまいますね。
子供の年齢などで行先によっては家族帯同が難しい場所もあります。(日本人学校の関係とか)
無理には行かせないといってもまあ半分は「行け」ですよね。
そんなに自分の都合は聞いてくれません。

20年前の国内工場への転勤とか、出張とかいう感覚で、今は海外への赴任、出張があります。
すごい時代になったものです。


まあ不安もあるでしょうが、やってしまえばそれも仕事なんとかするものです。
ストレスは多いですけどね。

Qマーケティングの勉強方法について

こんにちは。私は現在の仕事で同業者との差別化や販売
促進を図るためにマーケティングを勉強したいと思って
きましたが、本屋さんで本を調べたり、大学のエクステンションなどの講座を調べたりしましたが、マーケティング
とは何ぞやというところがベースで、マーケティングの
概論を学んでいくようなものが多いと思いました。
そこから勉強をしてくのが一番かと思いますが、
そこまでの時間が確保できないので、もっと実用的で
実例に基づいた、すぐに活用できる何かを勉強したいの
ですが、なにか良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

私は「図解!マーケティング戦略」という本が一番わかりやすく、実践で役立ちました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820716506

Qお勧めのディスプイメーカーを教えてください

お勧めのディスプイメーカーを教えてください

Aベストアンサー

価格が高くてもいいのなら、ナナオがお勧めです。

値段は高いですが、目に優しくて、角度がずれてもちゃんと見えます。
また耐久性もいいです。

私が使っているのはもう8年目ですが、これまでトラブルもなく今でもきれいです。

Qマス・マーケティングよりもセグメントマーケティング

マスマーケティングよりもセグメントマーケティングのほうが有効になりつつ理由を教えてください。できれば、企業の例もつけてもらいたいです。

Aベストアンサー

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースから始まり、いまの日本メーカーまで続いて来ました。

この原動力は、市場側ではニーズの多様化であり、生産技術的には、トヨタのカンバン・システムでした。

現在はこの多様化がもっと進みつつあり、One-to-one マーケティング(↓URL第2段落目)が必要だと言われています。問題はどう生産がコストを上げずに対応するかです。ITに熱いまなざしがそそがれていますが。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/crm/crm01/crm02.html

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースか...続きを読む

QPL法と損害賠償要求について

メーカの欠陥隠しをあばいた場合、PL法にかかわるか、そうでないかによって、消費者側の権利はどのように変化するのか、概要を教えていただけますでしょうか
PL法に触れるかどうかの判断基準が、よく理解できません

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

一般的に、製造物(製品)は、メーカーから卸売業者を経て小売店に卸され、それがエンドユーザーである消費者に販売されることになりますが、製造物責任法(以下PL法)は、例えば製造物に欠陥がありエンド・ユーザーが損害を被った場合、エンドユーザーが小売店などを飛び越えて、直接メーカーに対し無過失責任を負わせ、損害賠償責任を追求できるというものです。
(責任を追求できるのは、エンド・ユーザーだけでなく、損害を受ければ第三者でも責任を追及できます。)

しかし、PL法は「欠陥」についての責任です。いくら無過失責任といっても、何ら欠陥がなければ責任を負うことはありません。
PL法にいう「欠陥」とは、第2条第2項に定義されており、「当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていることをいう」とされています。

欠陥には、次の3つの種類があるといわれています。
(1)設計上の欠陥
製造物の設計段階で十分に安全性に配慮しなかったために、製造される製造物全体が安全性に欠ける結果となった場合。
(2)製造上の欠陥
製造物の製造過程で粗悪な材料が混入したり、製造物の組立に誤りがあった等の原因により、製造物が設計・仕様どおりに作られず安全面を欠く場合。
(3)指示・警告上の欠陥
有用性ないし効用との関係で、除去し得ない危険性が存在する製造物について、その危険性の発現による事故を消費者側で防止・回避するに適切な情報を製造者が与えなかった場合。

PL法に基づく責任は、これらの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償するという責任です。
たとえば、買ったテレビに欠陥があって火を噴いた場合、これにより人がヤケドをしたり死亡したという人身損害だけでなく、火を噴いた結果、家が火事で燃えてしまったというような物件損害についても責任を負わされることになります。

次に、PL法では、これに続いて、但書で、「その損害が当該製造物についてのみ生じたときは、この限りでない。」としています。
つまり、欠陥のため燃えてしまったテレビ自体については、PL法による責任を負わないということです。たとえ、テレビが火を噴いても、他に被害が拡大しない限りPL法の対象にはなりません。(もちろん通常の民法の規定による、瑕疵担保責任は追及できますが。)

参考URL:http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/pl-j.html

一般的に、製造物(製品)は、メーカーから卸売業者を経て小売店に卸され、それがエンドユーザーである消費者に販売されることになりますが、製造物責任法(以下PL法)は、例えば製造物に欠陥がありエンド・ユーザーが損害を被った場合、エンドユーザーが小売店などを飛び越えて、直接メーカーに対し無過失責任を負わせ、損害賠償責任を追求できるというものです。
(責任を追求できるのは、エンド・ユーザーだけでなく、損害を受ければ第三者でも責任を追及できます。)

しかし、PL法は「欠陥」についての...続きを読む

Qマーケティングの勉強方法

社会人です。将来、マーケティングに関する職業につきたいと考えています。

独学でマーケティングの勉強をしているのですが、
どのような勉強方法がいいのでしょうか?


本はいろいろ読みました。

研修などで良いものはありますか?



大学は出たのですが、工学部です。

大学院などで勉強するには普通に試験を受ければ入学できるのでしょうか?



質問のポイントが明確でなく申し訳ありませんが、
いろいろアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

>マーケティングに関する職業
といっても、まあ、いろいろありまして
大雑把にいえば
・メーカーなどのマーケティング部門
・広告代理店などのマーケティング・サービス部門
・コンサルティング、シンクタンクなどの専門家
・大学などの教授
が考えられますが、u16さんはどれを志していられるのでしょう?
社会人とのことですが、あなたの勤務している会社には
マーケティング部門はないのですか?
あるのなら、とにかく異動希望を出すことです。
メーカーや代理店を希望の場合は、まず、その会社に入ることです。
大学での専門は、ほとんど問われません。
本人の希望と、会社の判断する適性で決まります。
メーカーや代理店のマーケティング部門への転職を希望される場合
ほとんどは経験者を求めてきますので
とにかく未経験者可の会社に入って経験を積むしかありません。
コンサルティングやシンクタンクを希望の場合は
MBA取得が一番だと思います。
特に、ノースウェスタン大学でマーケティング学のMBAを取得した
という経歴があれば、かなり効くでしょう。
勉強だけなら、インターネットで一部の論文を入手できます。
教授になりたければ、大学院に入ること。
かつては早稲田:小林、慶応:村田が有名でしたが
今はどこだろう?ちょっと分りません。

>どのような勉強方法がいいのでしょうか?
つまりは、マーケティングを学びたいというのと
マーケティング職に就きたいというのでは
ちょっと違う、ということです。
回答として不足があれば、補足して下さい。

>マーケティングに関する職業
といっても、まあ、いろいろありまして
大雑把にいえば
・メーカーなどのマーケティング部門
・広告代理店などのマーケティング・サービス部門
・コンサルティング、シンクタンクなどの専門家
・大学などの教授
が考えられますが、u16さんはどれを志していられるのでしょう?
社会人とのことですが、あなたの勤務している会社には
マーケティング部門はないのですか?
あるのなら、とにかく異動希望を出すことです。
メーカーや代理店を希望の場合は、まず、その会社に入...続きを読む

Qお勧めのメモリとメモリの不具合

今現在、
ノートPCのメモリの交換(増設)を考えている者です。

メモリのメーカーって本当に多いですね。
samsung,elpida,hynix,infineon(qimonda),micron...
u-max,elixir
バルクは避けて、リテール品を
秋葉原のショップで購入しようと思っているのですが、
お勧めのメモリを教えてください。

それと、メモリ交換のときの相性や不具合って聞くのですが、
あれは具体的にどんなことなのでしょうか。
詳しく教えてください。
宜しくお願いします。

搭載予定のPCは2007年製の東芝のノートPC。
マザーボートがインテル製モバイル945GM
対応はPC2-5300 DDR2-667 SO-DIMMです。
当初、qimonda製のメモリが搭載してありました。

Aベストアンサー

> メモリ交換のときの相性や不具合って聞くのですが、
> あれは具体的にどんなことなのでしょうか。

電源は入っても BIOS 画面でストップする。
Windows は起動しても、突然、フリーズや落ちたりする。
それ以外にも、とても様々な症状が起きます。

> 搭載予定のPCは2007年製の東芝のノートPC。

正しい型番を記して下さい。仕様が分かりません。

> 秋葉原のショップで購入しようと思っているのですが、
> お勧めのメモリを教えてください。

メモリー増設を考えているくらいならば、
2GB(1GB×2)にするつもりと勝手に判断すると下記がお勧めです。
日本製のメモリーチップを使用しています。

http://www.ark-pc.co.jp/item/SanMax+DDR2-667+S.O.DIMM+1GB%2A2%CB%E7+CL5+ELPIDA%A1%BFJEDEC+%A1%D82GB+DUALSET%A1%D9/code/11700235

その他、下記もご参考にどうぞ。
ただし、価格が第一条件ならば、他にもっと安価なメモリーはあります。

http://www.ark-pc.co.jp/list/?key=&cat=c19&property_code1=b21020&property_code2=c21150&property_code3=h21220&listype=&dsp=0&order=&limit=&col=

> メモリ交換のときの相性や不具合って聞くのですが、
> あれは具体的にどんなことなのでしょうか。

電源は入っても BIOS 画面でストップする。
Windows は起動しても、突然、フリーズや落ちたりする。
それ以外にも、とても様々な症状が起きます。

> 搭載予定のPCは2007年製の東芝のノートPC。

正しい型番を記して下さい。仕様が分かりません。

> 秋葉原のショップで購入しようと思っているのですが、
> お勧めのメモリを教えてください。

メモリー増設を考えているくらいならば、
2GB(...続きを読む

Qマーケティングマネジメント戦略と戦略的マネジメント

今授業でマーケティングマネジメント戦略と戦略的マネジメントを
学んでいるのですが、よく違いがわかりません。
わかるかた、またそのような説明のHPがあれば
教えてください★

Aベストアンサー

その授業での使われ方がわからないので、素直に「国語」の読み方として解釈しますと・・・。

「マーケティングマネジメント戦略」とは、マーケティング(市場調査)業務をどのような方針、および手法でやっていくのかということに関する「戦略」のこと。

「戦略的マネジメント」とは、経営等の「管理業務」を、戦略(方針を明確にして、それに沿った施策を展開する手法)的に推進すること。

だと思うのですが、授業の内容はどうでしたか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報