ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

日経サイエンスの12月号に掲載されたJ.グリビン著の「人類という奇跡」を興味深く読みました。
その記事によると、人類の人口が非常に減少した時期があったそうです。
1.<1つは15万年少し前で、繁殖ペア数の数にして数千、おそらくは数百に減った。>
2.<そして約7万年前には、全人口が約1000人にまで落ち込んだ。><個体数1000といえば、現在なら絶滅危惧種に指定されるだろう。>
人類の遺伝的多様性の少なさに、関連がありそうですね。
質問は、15年前と7万年前に、一体、何が人類に降りかかったのでしょうか?

A 回答 (7件)

7万年前


 スマトラ島のトバ火山の大噴火で平均気温が下がり植生などの変化が起こったらしい

15万年前
 氷河期などの大規模な気候変動
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
1.<スマトラ島のトバ火山の大噴火> 空中の灰で日光が遮られたのですね。
2.<氷河期などの大規模な気候変動> 大小の氷河期は時々発生するのですね。
我々の先祖は、<絶滅危惧種>からよく回復したものですね。

お礼日時:2018/12/11 19:15

15万年前は中氷河期、7万年前はトバ火山噴火(現在インドネシアトバ湖)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<中氷河期>なのですね。Wikiには、この時期、4万年や7万年の周期で氷河が起きているとそうで、ちょうどそれに該当していたのですね。

お礼日時:2018/12/12 19:40

人類は その時点では 存在していないのか?>についてですが、私はてっきり存在していた、と思っていました」←そうですか・・人類誕生と記されてる書物の殆どが 1万数千年です・・



それ以外に あなたが人類が居た・・と 証明出来るのなら 根本から覆される・・

あなたが正しいか 他の学者が正しいかは 分からないのだから あなた自身が研究 探求してみれば?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
どういう生物を人類として捉えるかにより、人類の存在時期が変わるようですね。

お礼日時:2018/12/12 13:59

はじめまして



まだその本は読んでいませんが、
1.<1つは15万年少し前で、繁殖ペア数の数にして数千、おそらくは数百に減った。>
2.<そして約7万年前には、全人口が約1000人にまで落ち込んだ。><個体数1000といえば、現在なら絶滅危惧種に指定されるだろう。>
という説は、危機があったにせよ、人数については専門家の多くが支持していません。
7万年前には全世界に広がっていましたので、全世界でたった1000個体になれば絶滅します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のごかいとうありがとうございました。
<人数については専門家の多くが支持していません。>なのですね。
<1000個体>については、妄想気味ですが、たまたまある地(アフリカかな)だけは地形に恵まれ、1000個体が生き延び、それが再び世界へ拡散した、こともあるな、と考えています。

お礼日時:2018/12/11 19:47

それは信じられませんね。

全世界に個体数が1000に分散するとなると、男女間のバランスが崩れ確実に絶滅します。一般的な常識ではホモサピエンスがアフリカを出たのが10万年前でそれ以後起きた気候変動はミニ寒冷化だけです。7万年の方を切り抜けたとするとそれはネアンデルタールとの混血です。ネアンデルタールは体格的にも寒冷にも強かったので容易に切り抜けたでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<それは信じられませんね。>
<全世界に個体数が1000に分散すると><確実に絶滅>なのですね。(私には何の証拠も無く、妄想ですが、たまたま、ある地に1000人が集まって残っていた、と考えらますね。)
<アフリカを出た><10万年前>以降は、<ミニ寒冷化だけ>なのですね。
<7万年の方>は、<ネアンデルタールとの混血>に拠るかもしれないのですね。我々乃遺伝子には、<ネアンデルタール>のそれが含まれている、と聞いたことがあります。
詳細に検討して頂きました。

お礼日時:2018/12/11 19:39

15万年前:大きな気候事象が何度か発生したらしい


7万年前:トバ火山(インドネシアのスマトラ島)の大噴火によるものらしい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
1.<大きな気候事象>
2.<トバ火山(インドネシアのスマトラ島)の大噴火>
のせいなのですね。
今の科学でどちらも予知できるのかな、と期待半分、不安半分です。

お礼日時:2018/12/11 19:22

質問は、15年前と7万年前に、一体、何が人類に降りかかったのでしょうか?」←15年前なら平成



そして・・15万年前と7万年前に 何があったのか?よりも 何故 人類は その時点では 存在していないのか?・・を 知る事の方が大切ですよ・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました・
失礼しました、15万年前でした。
<人類は その時点では 存在していないのか?>についてですが、私はてっきり存在していた、と思っていました。

お礼日時:2018/12/11 19:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大隕石の落下のせいで、短期間にバタバタ(大袈裟ですが)と死亡したと思われる恐竜達が、なぜ発見されない

大隕石の落下のせいで、恐竜は短期間に絶滅した(鳥類は別として)という説が有力ですね。
ところで、この惨事のせいでバタバタ(大袈裟ですが)と死亡したと思われる恐竜達が、なぜ発見されないのでしょうか?
(当時の1万年の期間に生息していた恐竜の1頭程度が、現在たまに発掘されるにすぎない、というように、発見確率が低いため、隕石落下を契機に死んだ恐竜達が見つからなくてもおかしくない、ということでしょうか?)

Aベストアンサー

隕石が落下したと言われるユカタン半島の近傍では、衝撃波と熱で恐竜も他の生物も化石として残らないでしょう。
大型の恐竜が発掘されているアメリカ辺りも衝撃波の影響が大きく難しいみたいですね。
世界中のK-Pg(K-T)境界の地層を調べることができれば良いのですが、隕石の衝突とほぼ同時期に地球の反対側ではデカン高原の洪水玄武岩の噴火が起こっていて、
それによっても、化石などの痕跡の発見が難しくなっているようです。

デカン高原の洪水玄武岩の噴火は、隕石衝突が引き金になっているという学者もいます。

Q人類の繁栄について 例えば映画や神話なで男と女ひと組が生き残り、その後村になってる場面などがあります

人類の繁栄について
例えば映画や神話なで男と女ひと組が生き残り、その後村になってる場面などがありますが、どうやっって人が増えるのでしょうか。近親セッ●スしたのならその村全員兄弟になるのですか?
なんか意味不明かもしれないですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧約聖書の場合そういう設定ですね。

「アダムとイブ」もそうですし、「箱舟」の話でも人間と他の動物の雌雄1組だけが洪水を逃れます。
その後、どんどん子孫を増やしていったわけです。

「全村兄弟」というより、「血縁がある」ということです。
そして、さらに世界中がその子孫ということです。
全世界の人間のDNAはほとんど同じだそうです。

神話が本当、というわけではないですが、アフリカに発生した人類が全世界に広がっていったのですから、「血の繋がり」という観点からいえば、「全人類は血が繋がっている」といえるのではないですか?

人とサメはつながってないけど、人類は全部繋がっている、といった言い方はできると思います。

Q人類がアフリカ以外で進化しなかった理由

人類はアフリカで進化し、その後アフリカ以外の地域に広がったとされています。
そして世界中に存在する現生人類は同一種であり、世界各地の人種の違いは種どころか、亜種レベルの違いもないと言われています。

アフリカ大陸は確かに広いですが、ユーラシア大陸をはじめとする他の地域の方が広いわけであり、それらの地域で人類の進化が起きなかったのが不思議でならないのですが、それはどうしてだと考えられるでしょうか。
広さでいうとユーラシア大陸の方が圧倒的に広いのに、なぜそこで人類の進化が起きなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

どうしてか、と言われれば「ヒト科ホモサピエンスと呼ばれる現生人類を含む系統樹の祖先がアフリカで生まれたから」です

いわゆるサルと呼ばれる霊長類に関しては、最も古い化石がアメリカ大陸で見つかっており、亜熱帯から熱帯にかけたアフリカ・ユーラシア・アメリカの各大陸に霊長類の祖先が居たことが分かっています。

しかしのちにホモサピエンスを生むことになる類人猿はアフリカで発生しています。また現在でもヒト科に属するゴリラやチンパンジーなど多くの種類がアフリカだけに生息しています。

もう一つ重要なのは「進化の過程で原初発生地から広く分布するには、環境適応の勝ち組だけである」ということです。
たとえばテナガザルはヒト科でその他のヒト科とは1800万年前ぐらいに分岐し、世界に広く分布しましたが、1800万年前から基本的な形質は変化していません。そのためテナガザルの形質を保持したまま各地の環境に合わせた亜種が存在する、ということになっています。

従って人類も「人類としての形質」を獲得し、それが発生地の環境以外でも生き残れるようになった時点で初めてアフリカを出て世界に分布を開始したわけです。

分布した後「人類としての亜種」は様々生まれ、結局最終的に現生人類ホモサピエンスが勝ち残ったとされています。ただし、最近の研究では絶滅したとされるネアンデルタール人やデニソワ人などのDNAもホモサピエンスの中に残っていると確認されていて、特にネアンデルタール人はアジア人のDNAに多く、ヨーロッパ人に少ない、という特徴があるようです。

ですから本当は人類も「亜種」があるはずなのですが、啓蒙主義からくる平等の考え方と、人類においては「形質」よりも「後天的に教育から取得する技能」のほうが生存に必要な条件であり、亜種があっても「同じ教育を受ければ同じ能力を持ちえる」ので(アメリカではどんな人種もほぼ同じ能力を有している)ホモサピエンスは亜種無しとされている、のです。

どうしてか、と言われれば「ヒト科ホモサピエンスと呼ばれる現生人類を含む系統樹の祖先がアフリカで生まれたから」です

いわゆるサルと呼ばれる霊長類に関しては、最も古い化石がアメリカ大陸で見つかっており、亜熱帯から熱帯にかけたアフリカ・ユーラシア・アメリカの各大陸に霊長類の祖先が居たことが分かっています。

しかしのちにホモサピエンスを生むことになる類人猿はアフリカで発生しています。また現在でもヒト科に属するゴリラやチンパンジーなど多くの種類がアフリカだけに生息しています。

もう...続きを読む

Q日本人は、どこから来たのですか?

日本人は、どこから来たのですか?

Aベストアンサー

たまたまこの島にいたものを日本人と呼ぶ様になった。

全ての人類はアフリカからきたことがわかっています。
残念ながら皆一緒です。

Q西暦前5世紀前後に、乾燥化が進行し、湿地が肥沃な草原に変わっていった、という証拠や遺跡などがあります

多少前後しますが、西暦前5世紀前後に、同時多発的に、いくつかの地域で、現代に続く複数の思想が発生しました。
中国では儒教や老荘思想・インドでは仏教・中東ではキリスト教やイスラムの原型である旧約思想・ギリシャでもソクラテスやプラトン、アリストテレス、と。
このような思想が、同時に発生したについて、以下の説が有力だそうです。
地球環境の大変化があったためだという。乾燥化が進行し、気候が安定してきた。そのため、洪水などの自然災害が減り、湿地が肥沃な草原に変わっていった。
このため、農業生産が拡大したし、人口も増加した。のだそうです。
質問は。多少前後しますが、西暦前5世紀前後に、乾燥化が進行し、湿地が肥沃な草原に変わっていった、という証拠や遺跡などがありますか?

Aベストアンサー

ギリシャ:なし
カルタゴ:なし
シチリア:なし
ローマ:なし
中近東:なし
インド・ネパール:不明
蛮族地域:不明
中国:不明
※なお「なし」としては「証拠なし」のことであり「事実なし」ではありません。

私は人的交流の結果だろうと思います。
「空が落ちてくる」神話が世界中に伝播したのと同じです。
それを受け入れる社会的条件の熟成度というのは考慮しなければいけないところですが。

Q人類は最初から肉を焼いて食べていたのでしょうか?

発掘調査の結果、人類は50~100万年前の原人の頃から火を使っていたことがわかっています。
火は暖を取ると同時に、調理をするために使っていたと考えられており、今の利用方法と大差ありませんでした。
原人というと、それまでの森林で果実を食べる生活だったのが、草原で野生動物を狩るようになった転換期と考えられていることから、人類は森を出て、狩り中心の生活をするようになった頃から肉を焼いて食べていたと考えてよいでしょうか?
日本では生肉を食べる文化がありますが、衛生的な肉を一定の限られた条件で食べる例外的なもので、他の地域では肉は必ず火を通します。生肉には病原菌や寄生虫が潜んでおり生食は危険だと長年の経験でわかっているのでしょう。

Aベストアンサー

生肉を食べるのは日本人だけではありません。 ヨーロッパで広く食べられるタルタルステーキやドイツの生の豚肉料理メットや、イタリア料理のカルパッチョなどは全て生肉料理です。 日本では、タルタルステーキやカルパッチョに魚肉を使ったりしていますが、オリジナルのタルタルステーキは馬肉か牛肉のミンチ肉、カルパッチョは生牛肉ヒレの薄切りと決まっています。 またトルコではチーキョフテ、レバノンではクッペナイエという何れも生肉のミンチにスパイスなどを練りこんだものを、普段から食べています。 エチオピアでも生肉料理は根付いており、一番メジャーなのはキットフォーと呼ばれる料理です。 さらに、北極圏に住むイヌイットなど原住民の多くは、生のトナカイ肉、凍らせたオットセイなど海獣の肉を普通に食べています。 決してメジャーではありませんが、生肉を食べる文化は世界中にあり、一部の人たちは火を発見して以降も生肉を好んで食べ続けていたのでしょう。

Q神が人間を造られたと言うならなぜ恐竜が先にいたんだよ!

最初から人間作るのが理にかなってるでしょ?
恐竜は実験?失敗作?
神はいない?栽培キットで遊んでるなにかがいるわけ?

Aベストアンサー

聖書が書かれた頃には
まだ恐竜は発見されていませんでした

恐竜の発見は
歴史上で言えば
まだ100年も経っていません
ですから
聖書を書かれた頃は
恐竜がいたということは
まだ誰も知りませんでしたから
恐竜のことは書かれていません

ということは・・・

Qもしも、恐竜を絶滅させた隕石と同じサイズの隕石が現代の地球に衝突したら、人類は絶滅しますか?地球のど

もしも、恐竜を絶滅させた隕石と同じサイズの隕石が現代の地球に衝突したら、人類は絶滅しますか?地球のどこにいても、衝突した場所から一番離れた場所に居ようと そこが 地球の中 である限り逃れようがないんでしょうか?

Aベストアンサー

どこに衝突するかにかかわらず
直径1キロの隕石で文明は滅亡
直径2キロの隕石で人類滅亡
と言われています。

Q今の人類の祖先は、エチオピアから出たのではないですか?

今の人類の祖先はアフリカから出て世界中に広がったと言われており、それが大方の見方になっているます。
そしてアフリカでも東部アフリカ、特にエチオピア近辺が起源であると考える研究者が多いようです。
確かに、今のエチオピア人は黒人ではあるもののネグロイド的特徴が少なく、色黒の白人のような感じです。そして、エチオピアはアフリカの中でも唯一植民地化を免れるなど、独自の文明・文化を保ってきました。
アフリカには今でも数多くの人種・民族がいますが、その中で特に優秀だったエチオピア人がアラビア半島経由でユーラシア大陸に入り、そこから世界各地に広がって今の人類の祖先になったと考えてよいでしょうか。

Aベストアンサー

その考えで良いと思いますが、
「特に優秀だった」と言う判断は疑問です。
単に地理的に移動し易かっただけでしょう。

Qなぜ、鯨のように、大型恐竜も行動が楽な海に進出(逃げ込む)しなかったのでしょうか?(俗説っぽい説明に

鯨は、体が大きくなり、陸上ではもてあまし、行動が楽な海に進出(逃げ込む)したという考え(俗説っぽい説明ですが)があるそうです。
なぜ、同じように、大型恐竜も海には逃げ込まなかったのでしょうか?
(俗説っぽい質問には、俗説っぽいご回答でも、かまいません)

Aベストアンサー

クジラの先祖は陸上でその大型恐竜との競争に負けた生物(大型肉食恐竜がいて食べ物がなかった)。大型恐竜のせいで食べる物がないので海に逃げ込み、そのうち体が海に慣れて今のクジラになりました。

一方、大型恐竜は陸の王者ですから現状維持でいいんです。わざわざ何百年もかけて海に適応した姿に体を進化させる必要がない。草食の大型恐竜も肉食恐竜にめったに襲われないので(体が大きいので)逃げる必要はないです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング