人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

人工衛星について
星の極を通る軌道は極軌道と言いますが
軌道傾斜角0°の軌道に名前はあるのでしょうか?

A 回答 (1件)

赤道軌道、赤道面上の軌道


静止軌道(回転周期が自転周期と等しい場合)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
なるほど赤道軌道と言うのですね!
疑問が解けました、ありがとうございました。

お礼日時:2018/12/13 09:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天文学についての質問です。 赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、 太陽の光を受けやすいので

天文学についての質問です。
赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、
太陽の光を受けやすいので暑くなるのはわかりますがこの図のように夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

合っています。
夏至には「赤道よりも北半球側に寄った地点」の日照が多いので「北半球が夏、南半球が冬」になり、
冬至には「赤道よりも南半球側に寄った地点」の日照が多いので「南半球が夏、北半球が冬」になります。

ただし、「1年を通しての合計」では「赤道付近」の日照が最も多くなります。

Qkg定義改定で、日本は何をしたのですか?

キログラムの定義改定が決まったというニュースを読みました。
ニュースの中で、「日本が総合力で優れているという証しだ」というコメントが紹介されていました。
けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。
日本は何をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに解説されてるよ

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20171024/pr20171024.html

思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した

QM31とも呼ばれる銀河系から最も近い大銀河は何か

M31とも呼ばれる銀河系から最も近い大銀河とは何ですか?誰か天体に詳しい人おしえてください

Aベストアンサー

多分ですが、M81おとめ座銀河団 と、A/M83ケンタウルス座銀河団 です。

Qレーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていまし

レーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていました。なぜですか?

教えていただけるとありがたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

じゃあ、メーカーから製品情報を取り寄せて、レザー発振数のデータを見ましょう

たとえば、こちらの製品
コヒレントジャパン社のOBIS CellXという製品
405nmタイプで、製品誤差はプラスマイナス5nmありますので、400nm~410nmと厳密に言えば、単色ではありませんので、プリズムで分光させれば、光の幅が出来ます
また、プリズムの製品精度にもよりますし

http://www.coherent.co.jp/laser/asscw/multi/obis_cellx/index_2.php

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Q太陽系を出ようとしているボイジャー1号2号の太陽との相対速度が毎年遅れ脱出速度を切るおそれがあるので

太陽系を出ようとしているボイジャー1号2号の太陽との相対速度が毎年遅れ脱出速度を切るおそれがあるのでは?

Aベストアンサー

こちらは主に第二宇宙速度の説明です。
【3分でわかる】第二宇宙速度の意味から求め方まで、徹底解説!
https://reistenza.com/exam-study/dainiutyuusokudo.html
最後の方に「第三宇宙速度」の説明がありますので、参考にしてください。
要約すると、「(最初から第三宇宙速度にすることは困難であるが)第二宇宙速度で地球の引力圏から脱出し、途中スイングバイによって第三宇宙速度で脱出した速度に加速する。」ということです。
もし、この加速に失敗していれば太陽を周回する軌道に乗っていたのでしょう。それでも楕円軌道ですので相対速度が0になることはありません。

Q地学 恒星の年齢

重元素が多いと若いと言いますが、よくその理由が分かりません。理由を問う問題が出てきたのですが解答を見ても腑に落ちませんでした。教えて下さい。

Aベストアンサー

>球状星団の星と比べると若い集まりが散開星団で、その特徴を見ると重元素が多い
そうです。
球状星団は宇宙で星や銀河が誕生している頃から存在している星の集まりで、質量が軽く寿命が長い星が多いです、その為重元素が含まれる割合は少なくなります。
ただ、球状星団によっては重元素の割合が異なることがあり、球状星団の由来や生成場所などで違いがあるのと色々な説が出ていますが決着はついていないです。

一方、散開星団は超新星爆発で宇宙空間に塵の濃密ができ形成されると言われており、その生成過程(超新星爆発の残骸が元になっている)から最初から重元素を含みます。
また、大きな寿命の短い星が形成されることもあります。M42でオリオン座の多くの星が形成されて超巨星の代表格がリゲルだったと記憶しています。

散開星団と球状星団というのは、問題の根幹の部分でこれがないと説明も難しいです。

Q任意特定軌道に、 質量体を、運用する事により、 地球軌道を、コントロールし得るか? お世話になります

任意特定軌道に、
質量体を、運用する事により、
地球軌道を、コントロールし得るか?


お世話になります、

くだんの、通りなのですが、

引力で、維持されるされる、
通常のもの以外を、含み、

ありとあらゆる、複数星間運動を、
考えるならば、

以下に、示す、
例の、呼称に
擬えて、

質量体甲が、最接近する度に、
質量体Aの、軌道に
威力を、与え得るような事は、
ありうるか?

です。


以下は、あくまで、
発想を、手助けする、
其れだけに、留める、

特殊軌道の、一例として、
示します。


質量体A(仮に地球とする)、質量体B、質量体甲が、
存在すると、する時、

質量体Aと、質量体Bが、
謂わば、質量体甲を、
キャッチボールするような状態。


どういう事かというと、

質量体A、B、の、
一方が

質量体甲の、接近に連れ、
此を、引力圏に捉え、
軌道変更を、無し、
放り放つ、

すると、
少し、間を開けて、
他方が、同様に、

質量体甲を、
引力圏、に捉え
軌道を、変更し、
再度、放り放つ、

此等を、
双方で、交互に、
繰り返している場合、

質量体A、B、が、
どの様な、運動中で、
あろうとも、

質量体甲が、最接近する度に、
其の質量体A、B、各々に、

新たに、運動エネルギーを
付与するか?

です。

任意特定軌道に、
質量体を、運用する事により、
地球軌道を、コントロールし得るか?


お世話になります、

くだんの、通りなのですが、

引力で、維持されるされる、
通常のもの以外を、含み、

ありとあらゆる、複数星間運動を、
考えるならば、

以下に、示す、
例の、呼称に
擬えて、

質量体甲が、最接近する度に、
質量体Aの、軌道に
威力を、与え得るような事は、
ありうるか?

です。


以下は、あくまで、
発想を、手助けする、
其れだけに、留める、

特殊軌道の、一例として、
示します。


質量体A...続きを読む

Aベストアンサー

理論上はありうるんですが、存在した場合二重惑星であって互いの引力に囚われ、結果的に時間経過でひとつになってしまうか、惑星ができる前に合成してしまいます。実際月と地球はそんな関係でバランスが取れて均衡している。

Q地球から日食を観察したとき、太陽と月はほぼ同じ大きさに見えた。月の直径は太陽の直径の400分の1倍で

地球から日食を観察したとき、太陽と月はほぼ同じ大きさに見えた。月の直径は太陽の直径の400分の1倍で、地球から太陽までの距離が1億5000万kmのとき、月までの距離は何kmですか?

解き方も教えて欲しいです!

Aベストアンサー

仰角が同じになるから、つまりtanθが同じになる。
太陽の大きさを1とすると、月は1/400。

1億5000万km:月までの距離=1:1/400

月までの距離=1億5000万/400=37万5000km

Q火星での1日間は地球で何日間になりますか?

火星での1日間は地球で何日間になりますか?

Aベストアンサー

こんにちは.。

 火星の1月は、地球の約60日に当たるらしです。
 なので、火星での1日は地球では約半日と言うことになります。

http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/mars/infomation/kiso.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング