医療関係者の方にお尋ねしたいのですが。
時々、医療機関の窓口で交通事故の治療の際に「健康保険」は、使用できませんと言われるところがあります。また、「労災」に適用になりませんと医療機関の窓口の方が回答されることがあるようです。医療機関によって対応がおおきく異なるのですが、何を根拠に交通事故でのに健康保険や労災が使用できないと患者に言われるのでしょうか。何か法律や関係省庁の通達があるのでか。
できるだけ、法律・通達については、詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「健康保険及び国民健康保険の自動車損害賠償責任保険等に対する求償事務の取り扱いについて」という昭和43年10月12日付保険発第106号各都道府県民生主管部(局)長あて厚生省保険局保険課長国民健康保険課長通知


の通達があります。その内容は以下の通りになっています。

自動車による保険事故の急増に伴い、健康保険法第67条(第69条ノ2において準用する場合を含む)又は国民健康保険法第64条第1項の規定による求償事務が増加している現状にかんがみ、自動車損害賠償保障法の規定に基づく自動車損害賠償責任保険等に対する保険者の求償事務を下記により取扱うこととしたので、今後、この通知によるよう保険者に対し、必要な指導を行われたい。なお、最近、自動車の保険事故については、保険給付が行われないとの誤解が被保険者等の一部にあるようだが、いうまでもなく、自動車による保険事故も一般の保険事故と何ら変わりがなく、保険給付の対象となるものであるので、この点について誤解のないよう住民、医療機関等に周知を図るとともに、保険者が被保険者に対して十分理解させるよう指導されたい。また、健康保険法施行規則第52条又は国民健康保険法施行規則第32条ノ2の規定に基づく被保険者からの第三者の行為による被害の届出を励行させるようあわせて指導されたい。おって、この取扱いについては、運輸省並びに自動車保険料率算定会及び全国共済農業共同組合連合会と協議済みであり、自動車保険料率算定会及び全国共済農業共同組合連合会から、各保険会社及び各査定事務所並びに各都道府県共済農業共同組合連合会に対して通知が行われることになっているので、念のため申し添える。

参考URL:http://www.masmas.net/msd/policy/hospital.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しっかりとした通達が出ているのですね。それも30年も前に、知人の医師と交通事故の健康保険の使用で、旧大蔵省・総務省・自算会と旧厚生省の各通達について言い争いになり、厚生省や医師会から通達は無いようにいっていたので 内容が知りたくて書き込みをしました。

お礼日時:2001/07/26 15:32

 こんにちわ。

同じようなカテゴリーで最近お会いしますね(笑)
 敢えて医療関係者に聞きたい、というのは気持ちがよく分かります。(ちょっとふざけてますよね。)
 とある整形外科に行ったとき、どでかいポスターで、「交通事故には健康保険は使えません。○○医師会」と貼ってありました。メールで旧厚生省に問い合わせしても返答はありませんでしたが、通達違反もいいとこです。そんなこんなで一般消費者には交通事故=健康保険不可という意識が根付いてしまったように思います。
 何を根拠に使用できないと言うか、儲け意外に無いと思います。公的病院でも健康保険の150%、中には知らないことをいいことに400%取ってるところもあります。同じ処置でも高く取れるならその方が良いと思う医療経営者が大多数だと言うことでしょう。
 健保組合は交通事故の場合自賠責に求償しますから、出所は健康保険ではなく結局自賠責です。自賠責の収支も自由診療が横行していなければもっと黒字が出て、消費者に還元(保険料引き下げ)があってしかるべきです。医療機関の利益のために結局は一般消費者にツケが回ってるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般の人や一部の医療機関の人は、健保組合から相手側に健康保険を使っても過失分の請求がなされることを知らない方がおられて、自分が損をするように思われる方があるんですよね。

お礼日時:2001/07/26 15:25

交通事故でも、「健康保険」は使えるはずです。

加害でも、被害でも。
但し、被害の場合は「第三者行為」の届けをしなければなりません。(相手が弁償する事故だよという届け。)
健康保険の組合が被害者に代わって保険会社に求償(「健康保険で支払った分返せ!!」と言う事)するはずです。

たまに、病院がガンとして、健康保険を使わせない場合がありますが、健康保険を使用すると、診療が健康保険の基準内に制限されてしまうからです。

とはいえ、健康保険の基準内でほとんどの治療(かなり特殊でない限り)ができます。

病院は健康保険の基準外の診療(自由診療といいます)にすると、診療報酬を割と自由に設定できるので、健保を使用されるより、実入りがあることになりがちなので、(大体、2倍ほどの診療報酬が請求されている場合が多い)自由診療を喜びます。(どうせ保険会社が払うんだから、いいでしょ。ってな感じで)

法律とかがどうなってるかは詳しく知りません。
ごめんなさい。

この回答への補足

早速の回答ありがどうございます。私は、損害保険関係の仕事をしており、「第三者行為」等の書類作成は、何度も行なっております。医療機関の窓口の方々が、健康保険と自賠責・自動車保険の治療費に負担に関することをどのように考えておられるかが知りたいのです。よろしくお願いします。

補足日時:2001/07/25 18:32
    • good
    • 0

>「健康保険」は、使用できませんと言われるところがあります。


実際には使用できないわけではないのです。ただ健康保険の場合には点数制(1点=10円)で請求額が決まりますが自由診療の場合には保険診療よりも倍額以上請求できるのです。そのため使えないと言うところもあるようです。
労災云々に関しては明るくないのでほかの方にお任せします。ただ労災の適用があるという場合には健康保険の給付は受けられませんのでご注意ください。また病院で労災の適用はありませんというようなことは言うはずがないんですけど、まともな病院ならば...

では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療機関への交通費は医療費控除できますか?

病院への交通費はいつも電車を使っています。
切符は領収書がないのですが交通費も医療費控除できますか?
聞くところによるとメモ帳に日付と切符代を控えておけば控除できると聞きました。
本当にメモだけで控除できるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じところにいった領収書の一番上に鉛筆書きで経路と運賃とその往復であることと
回数を書いて、合計額を書いています。(間違えたり追加があったとき鉛筆は便利です)
初めてのとき、税務署に聞いたら、わかればいいんですよ。それで問題ありません。
との回答だったので、いつもそうしています。
もちろん、エクセルで集計して、集計表はつけていましたが、
e-Taxになるとそれも要らないので、言われた時のためにデータで5年以上保存です。
数年まえ提出を所望されましたので、当分要求はないのかもしれませんが。

Q医療機関から別の医療機関へ問い合わせ

患者の個人情報・診察履歴などについて、
医療機関から別の医療機関へ電話で問い合わせをしたら、
答えてもらえるものでしょうか。

電話をかけた方が医療機関を名乗っても、その電話では証拠もないわけですから、
書面による問い合わせでなければ、答えてもらえないような気もしますが、
どうなんでしょうね。

Aベストアンサー

緊急時以外は答えません。
答える必要がある場合は、折り返しになります。
通常は診療情報手提供所や紹介状などを使います。

Q医療従事者どうしの医療事故告発の機関はあるのか?

世の中には名医も多いでしょうが,問題のある医者も多くおります。
 患者として自分自身や家族が大きな誤診を受けたり,基本的な手術の失敗などを経験することが積み重なってきて,どうしても皆さんに伺いたいことがあります。
 それは,医者同士がミスを告発する機関があって当然なのに,寡聞にしてその存在を知らないのですが,そのような組織はないのでしょうか。ご存知の方,いらっしゃったら教えてください。
 医療従事者でもないのに何故,そのようなことを訊くかと言うと,ほとんどの誤診や手術ミスの原因は,病院を変えたときにはっきりとわかるからです。そして,その時点でわかることは,たいてい,前に診療や治療を受けた医院が,病気の診断や処方に関して,あまりに基本的な知識が不足していたり,信じられないような初歩的なミスを行っていたり,医者としての基本的なモラルが欠けていたりしたのだということです。呆れるような事ばかりなのです。しかし,患者にはなかなかそれが掴めない。
 つまり,医者や医療従事者は,転院前の病院の医師が行った治療の問題をはっきりと認識できるわけです。ならば,医療事故を未然に防ぎ,問題のある医者(社会的通念に照らして,非常識であるというくらいひどい医者)を,例えば,医師会会員の資格剥奪とか,保険医資格の剥奪とか,場合によっては医師免許剥奪のための申請とかが,医師どうしによってできるようにするのが社会的なモラルなのではないかと私は思います。
 このような観点から,「医療従事者どうしの医療事故告発の機関はあるのか?」という質問をさせていただきます。該当する機関がある場合には,URLを教えてください。関連する機関でも結構です。誤診や医療過誤の問題について関心がありますので宜しくお願いします。

世の中には名医も多いでしょうが,問題のある医者も多くおります。
 患者として自分自身や家族が大きな誤診を受けたり,基本的な手術の失敗などを経験することが積み重なってきて,どうしても皆さんに伺いたいことがあります。
 それは,医者同士がミスを告発する機関があって当然なのに,寡聞にしてその存在を知らないのですが,そのような組織はないのでしょうか。ご存知の方,いらっしゃったら教えてください。
 医療従事者でもないのに何故,そのようなことを訊くかと言うと,ほとんどの誤診や手術ミス...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私もこの問題はとても関心があります。

私は以前看護師をしていました。
とある病院に、どうしてもこの医者だけは野放しにしていては危険だ、という医師がいて、同僚と共に患者の家族(亡くなられたので遺族ですが)に裁判を起こしてもらおうか、とか、内部告発でマスコミあたりに訴えようか、などなど話し合ったことが何度もあります。
別の医師ももちろん理解はしてはいましたが、なにせその病院のトップだっただけに、直接口を挟むのにはかなり抵抗がありました。
医療従事者には秘密保持、という原則があります。
これに違反すると密告した者が罰せられることにもなり兼ねません。
それに医療はやはり人間がすることです。
間違いもあります。
私自身、正直申し上げて、以前一人殺しかけたこともありました。
幸い発見が早かったんで、大事には至らなかったんですけどね。

>医師どうしによってできるようにするのが社会的なモラルなのではないかと私は思います。
お互い、明日は我が身、というのもあるのかもしれません。
法改正が進まないのも、何かそのへんに原因があるのかな?とも思ってしまいます。(医師会って自民党支持が多いみたいですし・・・・)

私の元同僚は、別のとある仕事をしない医師の上司(トップは上記の危ない医者だったんで、彼の付属する医局の医長)宛てに、苦情のメールを書いて送ったようです。
早速彼の元に上司からクレームが来て、こっぴどくお灸を据えられたようで、一時期はちゃんと仕事をしていました。
今のところはそれくらいが精々なのかもしれません。
開業医の場合には、そのうち口コミでだんだん人も遠ざかっていくのを待つとか・・・・
こんなじれったいことをしている間にも、犠牲者はたくさん出ているのでしょうね。

>医療従事者どうしの医療事故告発の機関はあるのか?
あったとしても、これは公レベルではないと思います。
医療もビジネスですから、風評被害を恐れるのでしょうか・・・・・
ちゃんとした回答になってなくて申し訳ありませんでした。

こんにちは。
私もこの問題はとても関心があります。

私は以前看護師をしていました。
とある病院に、どうしてもこの医者だけは野放しにしていては危険だ、という医師がいて、同僚と共に患者の家族(亡くなられたので遺族ですが)に裁判を起こしてもらおうか、とか、内部告発でマスコミあたりに訴えようか、などなど話し合ったことが何度もあります。
別の医師ももちろん理解はしてはいましたが、なにせその病院のトップだっただけに、直接口を挟むのにはかなり抵抗がありました。
医療従事者には秘密保持...続きを読む

Q医療におけるヒヤリ・ハットや医療事故を減らすには医療機関はどのような対

医療におけるヒヤリ・ハットや医療事故を減らすには医療機関はどのような対策をとるべきでしょうか?

Aベストアンサー

医療安全委員会は必須ですし、事例報告やモニタリング、職員教育などは当然ですが・・・。
ヒヤリ・ハットと医療事故は別次元の問題です。
もちろんハインリッヒの法則は有りますが、ヒヤリ・ハットはなくす事は出来ません。
減らす事も難しいでしょう。
なぜなら、
・人間がやっている・毎年新人が加わる・医療技術は日々進歩している・社会の要求が増加しているなど
我々が、車を運転している状態を考えも、必ずヒヤリ・ハットは経験します。
でも、事故に成る事は滅多にありません。
ヒヤリ・ハットを経験する事で事故を防いでいる・回避しているとも言えます。
医療事故も同じで、ヒヤリ・ハットを積み重ねる事で、医療事故を防げると考えられます。
無理にヒヤリ・ハットを減らそうとすると(ヒヤリ・ハット報告が多い病院は悪い病院)隠そうとするのが、人の常です。それは逆効果です。大事故を招きかねません。
ヒヤリ・ハット報告は大いに出して貰って、注意を喚起して、医療事故を減らすのが本当でしょう。
回答としては、「医療事故を減らす為に大いにヒヤリ・ハットを活用しよう」でしょう。

Q横浜市で安く健康診断を受けられる医療機関

こんにちは、よろしくお願いします。
タイトルどおりですが、個人の自費で健康診断を受けるのに、安い医療機関を探しています。
場所は横浜市内で、出来れば都筑区、港北区近辺です。
健康診断の内容は下記のとおりで、今のところ見つけた最安値は、一万円です。
これより安く受けられるところ、あるいは値段を一覧できる、価格.comのようなサイトがありましたら、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

身長・体重・視力・聴力・色覚・脊柱形体・胸部X線血圧・血色素量・肝機能・総コレステロール・中性脂肪・尿(蛋白・糖・ウロビリノゲン・潜血)・心電図

Aベストアンサー

ご存知とは思いますが、このQ&Aを参照される方のために記しておきます。

国民健康保険に加入していて、年齢の要件を満たせば、横浜市(健保の窓口となる地方自治体)が実施している健康診断を受診できます。
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/14595.html

健康診断受診は、健康保険が適用されず全額自己負担となりますが、企業の健康保険組合などに加入している場合、健康保険組合が補助してくれる場合があります。この場合も、年齢などの要件を満たしている必要があるかと思いますし、受診施設は健康保険組合との契約があるところに限定されます。

健診費用の比較サイトというのは存じません。
ざっとみたところ相場は1万5千円くらいですね。
これが1万円というのはかなり安いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報