AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

仏教にでてくる七病七福について調べて、原文は分かったのですが、内容がわかりませんでした。
ぜひ教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

過去の質問に同様なものがあります。


http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1053276

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1053276
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七病七福とは?

言葉の意味を調べましたがわかりませんでした。
ご存知の方ぜひ教えていただきたいと思います

七病
一者、四大安隠 二者、除風病 三者、除湿痺 四者、除寒水 五者、除熱気
六者、除垢穢  七者、身体軽使、眼目精明
七福
一者、四大無病、所生常安、勇武丁健、衆所敬仰
二者、所生清浄、面目端正、塵水不著、人所敬仰
三者、身体常香、衣服潔浄、見者歓喜、莫不恭敬
四者、肌体濡沢、威光得丈、莫不敬嘆、独歩無双
五者、多饒人従、払拭磨垢、自然受福、常識宿命
六者、口歯香好、方白斉平、所説教令、莫不庸用
七者、所生之処、自然衣裳、光飾珍宝、見者悚息

Aベストアンサー

引用は大正蔵16巻、佛説温室洗浴衆僧經(温室経)ですね。
温室というのはインドの蒸し風呂みたいなものです。
からだをきれいにすると七つの病気が除かれて、
七つの福徳を得られるということが説かれるお経です。わかる範囲で訳せば、

体をきれいにするのは、
火、水、洗粉(豆で作った洗剤)薬、灰、楊枝、下着
の七つの道具です。

七病とは、
四大(地水火風・・人間を構成するもの)が安穏となる。
風痺(変化が多く、遊走性の疼痛、多発性の関節炎など。風のように痛みやしびれが移動するタイプ。)がなおる。
湿痺(水の滞りのあるもの。梅雨時期や雨、雪が降ったりして湿度が増すと痛みが激しくなるタイプ。)がなおる。
寒痺(冷えが強く循環が低下した状態。冷えたり、寒くなってくると痛みがますタイプ。)がなおる。
熱がさがる。
あかが除かれる。(きれいになる)
体が軽くなり、目がはっきりする。

七福とは、
1 体に病気が無く、健康であるので人に尊敬される
2 容姿端麗となり、汚れないので、人に尊敬される
3 臭くなくなり、服もきれいであるので、見る者がよろこび、うやまわれる。
4 肌が潤い、立派にみえるので、敬われないことがなく、並ぶ者がなくなる。
5 人を豊にするため(?)、垢がとれて、おのずから福をうけて、常に自分の前世からの運命を知る。
6 歯がきれいになり、口臭もなくなるので、説く教えを用いない人はいない。
7 衣装はおのずからすばらしい宝石をちりばめたようになり、見る者が息をのむ。

自信ないんですが、こんな感じですかね

引用は大正蔵16巻、佛説温室洗浴衆僧經(温室経)ですね。
温室というのはインドの蒸し風呂みたいなものです。
からだをきれいにすると七つの病気が除かれて、
七つの福徳を得られるということが説かれるお経です。わかる範囲で訳せば、

体をきれいにするのは、
火、水、洗粉(豆で作った洗剤)薬、灰、楊枝、下着
の七つの道具です。

七病とは、
四大(地水火風・・人間を構成するもの)が安穏となる。
風痺(変化が多く、遊走性の疼痛、多発性の関節炎など。風のように痛みやしびれが移動するタ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング