[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

英語の語順は概ね重要なことから伝えると思っていたのですが、一方でエンドフォーカスというルールもあります。この2つは矛盾しています。どのように理解すればいいのでしょうか?英文法に詳しい方解説して頂けませんか?よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 時崎久夫という先生がエンドフォーカスの誤解を指摘されているのを発見しました。いくつか論文を出されています。結論は「英文はいつもエンドフォーカスではない」です。なかなか説得力があります。"時崎久夫" "文末焦点"で検索されます。

    No.15の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/03/02 10:43

A 回答 (15件中11~15件)

これは、どのような目的で作成される文書かによります。



政府の委員会などに提出する調査報告書では、まず最初に結論を書かないと叱られます。
いわゆる実務文書では、すべて最初に結論を書くことになります。特許明細書ではアブストラクトが最初に来ますね。

一方、推理小説などで犯人の名前を最初に書いてしまってはお話になりませんね。文藝物はすべて結論を最後まで隠しておかないと短編で終わってしまいます。

要するに色々な文書があるわけなんですよ。文頭と文末のどちらかだけ、なんてことはありません。
    • good
    • 1

いろんな文を実際にご覧になってみると良いです。



例えば、英語には先行の it を立てる方法があります。文頭の it に何の意味もありません。これの中身は後に来ます。

「今日は、晴天です。」というときも「今日は」は主題で、「晴天です」と言わないことには、言い終わりません。

前置を伴う倒置ですら、けっきょく、言いたいことは、後に来ます:
Little did I realized that I would so soon be writing a foreword to a book that is in many respects its sequel.
(Al Gore, then Vice President, Our Stolen Future, 1996)
文頭に出された、Little did I realized that は、強調しますという姿勢を表して聞き手のアテンションを引きますが、そのあとの、こんなにすぐに本の前書きを書くことになろうとは…、ということこそ言いたいことです。
    • good
    • 1

このご質問は、(1)「英語では結論を先に言うべき」というよく耳にする教え方と(2)英語の情報構造で言う「文末焦点の原則」(=旧情報から新情報へ)という2つの事柄に関するものですね? とても面白い質問だと思います。

私は英語を勉強していますけれど、残念ながら、英語学の専攻ではありません。ですが、英語を勉強していて気付いたことを以下に述べさせていただきます。私が考えるのは、(1)や(2)は、ケース・バイ・ケースなのでは、ということです。

(1)「英語では結論を先に言うべき」
例えば、遅刻をして謝るという状況では、
(例①)“Sorry I’m late. There was an accident on the Sobu Line.”というように「結論⇒理由/背景」の順に述べるのが、英語では自然だと思います。
これに対して
(例②)"There was an accident on the Sobu Line, so I had to take a different route. The first train arrived, but it was so crowded I let it go. I took the second train, and that’s why I’m late. I’m sorry."
のように「理由/背景」から説明を始めて最後に「結論」を持ってくるのでは、回りくどいし分かりづらいですね。

(2)情報構造の「文末焦点の原則」
これはおおざっぱに言うと「相手が受け入れやすい情報」(旧情報)を先に述べ、注目させたい重要な情報(新情報)を後に述べる、という原則ですね。こうした情報構造の原則は、長い英文を書いたり、読んだりする際に役立つと思います。
佐々木和彦氏が英語の情報構造について、やさしく解説しておりますので、引用します。「「相手が受け入れやすい情報」とは、前の内容と密接な関係のある情報のことで・・・これを「旧情報」といいます。「旧情報」は●前の情報の置き換え●具体例●対比表現である場合が圧倒的に多くなっています。場合によっては、先に述べられている情報が旧情報ではない場合もありますが、その場合も、「相手が受け入れやすい情報」⇒「注目させたい重要な情報」という情報構造は成立しています。」(佐々木和彦、『佐々木和彦の英語長文が面白いほどにとける本』、p.8)

(3)「英語では結論を先に言うべき」っていうけど・・・
英語のプレゼンテーションのテクニックに「build-ups」というものがあります。これは、キーワードを文末に配置して盛り上げる(Make a stronger impact by saving the best for the end of the sentence.)、というテクニックです。ということは、重要なポイントを一番後に回していることにもなりますよね?
実際に、ネイティヴの解説動画をご覧ください(以下の例文は、ネイティヴが実際に使っていたものです)。

(例)“Pricing is going to be the key to success.”
  ⇒“The key to success is going to be…pricing.”
(例)“We need to focus on cost-cutting.”
  ⇒“One very important thing we need to focus on is cost-cutting.”
情報構造の原則に合致している・・・ようにも見えますが、こうしたテクニックは理屈抜きに理解できるのではないでしょうか?

(4)「旧情報から新情報へ」っていうけど・・・
例えば、What did John read?という質問の答えとしては、
○He [=John] read Shakespeare.(情報の流れは「既知⇒新出」)
△Shakespeare was read by him [=John].(情報の流れは「新出→既知」)
上の答え方のほうが自然ですよね?この場合は「既知⇒新出」という情報構造の流れに合致しています。

では、Who read Shakespeare?という質問の答えはどうでしょう?
△Shakespeare was read by John.
○John read Shakespeare.
この質問に対する答え方としては、どちらが自然ですか?
上の答え方では、情報の流れは「既知⇒新出」という風に「文末焦点の原則」に従っていますが、不自然に聞こえるでしょう。
一方、下の答え方では、情報の流れは「新出⇒既知」という風に「文末焦点の原則」に反していますが、答え方としてはこちらのほうが自然になるでしょう。

以上、長くなりましたが、(1)や(2)はケース・バイ・ケースではないのか・・・というのが、私の考えるところです。

<参考>
情報構造について
https://www.cieej.or.jp/toefl/mailmagazine/mm90/ …
https://ibunka.xsrv.jp/archives/1780
http://d.hatena.ne.jp/sixcolours/20100227/126729 …
佐々木和彦『佐々木和彦の英語長文が面白いほどにとける本』(中経出版)

「英語は結論が先」
http://www.thinkaid.jp/?p=411
https://kiwi-english.net/3998
    • good
    • 1

基本的には「語順は概ね重要なことから伝える」です。

英語でも日本語でも新しいこと、大切なことは早く言いたい、早く言うのが人情です。わざわざ例を上げるまでもありません。

英語教育に関係した人と議論する気はありませんが、彼等の多くは英語では新しい、重要な事を後に言うと主張します。彼等が実際に英語圏で20年とか30年とか長期間英語を話し生活した結果そういう事が言える、と主張しているとは私には思われません。恐らく学校で習った本に書いてあったことのまた又売りでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

エンドフォーカスは日本人ではなく英語ネイティブの書いた本に紹介してあるので混乱してしまいます…。何か使い分けがあるのではないかと思っているのですが、分かりません…。

お礼日時:2019/02/26 10:03

いいえ。

基本的に英語でも日本語でも、語順は、既出のこと、相手が分かることから初めて、新しい情報をあとに言います。新しい情報が通常、一番大事なこととなります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcareful に似たようなスペルで気持ち悪い的な意味を持った単語ってありませんでしたっけ?

careful に似たようなスペルで気持ち悪い的な意味を持った単語ってありませんでしたっけ?

Aベストアンサー

scarefulとか?
https://www.merriam-webster.com/dictionary/scareful

Q意味をおしえてください

Eddie ate dynamite good bye Eddie.

Aベストアンサー

直訳すれば『エディがダイナマイトを食べた、サヨナラエディ』。

これはギターの6弦を調弦する時の語呂合わせで、英語の頭文字は EADGBE となっていて、日本式にはミラレソシミです。

Qsmoothの発音なのですが、thの部分はズの発音記号が付いていますが、発音を聞くとスムーまでしか聞

smoothの発音なのですが、thの部分はズの発音記号が付いていますが、発音を聞くとスムーまでしか聞こえません。どうしてですか?

Aベストアンサー

https://forvo.com/word/smooth/#en
こちらでネイティブの一般人が録音してますが、
上の3人ははっきり聞こえます。最後の人のは聞こえないですね。

聞いてみてください。

ちなみに、vote(投票)はネイティブでないとできないようになっています。最後の人のは登録日時が新しいのかもしれませんけど1票しか入っていません。

Q※カタカナ言葉は英語習得の邪魔?

ここは英語のカテなのに 突然で恐縮ですが、みなさんは ロシア語では
девочка、ポルトガル語では raparigaと呼ばれるもの、そして もう一つ、
ロシア語では яблоко、ポルトガル語では maçãと呼ばれるものが 何なのかご存知でしょうか。 恐らく 9割以上の方は 全く見当が付かないのではないでしょうか? それでは、英語では girlと呼ばれるもの、そして もう一つ、appleと 呼ばれるのものが何なのかは 誰でも知っていると思います。そういった意味では カタカナ言葉は 先程のような英単語も覚えやすく 、半永久的に忘れることもないでしょうから 英語習得にはプラス面もあるかもしれませんが、そんなのは覚えるべき英単語の総数の0.01%にも達しないでしょう。それをもって、カタカナ言葉が 英語習得上、プラスになると言うなら、ロシア語だって マトリョーシカ(Матрёшка)という言葉は知ってるでしょうし、半永久的に忘れないでしょうけど、たかが知れてますし、マイナス面の方が圧倒的に大きいと思います。

確かに英単語と日本の外来語は別物ですし、日本語と英語は違う言語です。
英語にあって日本語にない音もあるでしょう。
日本人はVの発音が下手だという。
アイラブユーはloveではなくrubで「私はあなたを擦ります」ですよ。
確かにカタカナ言葉として日本語の中に入ってくる英語は多いけれど、カタカナになった瞬間にそれは英語ではありません。
言葉は情報伝達の手段なので、意味が通じて初めて意味があります。
アイラブユーのように相手の誤解をまねく引っ掛け問題みたいな言葉を並べても意味はないので、カタカナ言葉の外来語は英語とは切り離して考えた方がいいと思います。

ですから、カタカナ音で片付けるから、英語音声の区別も雑になるのです。
もし、プラスならば、学習システムが 既に確立されているでしょうね。
つまり、現状を見れば カタカナ言葉は英語習得の役に立ってないということです。

ちなみに、英語圏の日本語学習者が一番困るのが外来語だそうです。

そこで質問ですが、みなさんは トータルで考えた場合、カタカナ言葉は 英語習得には メリット、デメリット どちらが大きいと思いますか?

ここは英語のカテなのに 突然で恐縮ですが、みなさんは ロシア語では
девочка、ポルトガル語では raparigaと呼ばれるもの、そして もう一つ、
ロシア語では яблоко、ポルトガル語では maçãと呼ばれるものが 何なのかご存知でしょうか。 恐らく 9割以上の方は 全く見当が付かないのではないでしょうか? それでは、英語では girlと呼ばれるもの、そして もう一つ、appleと 呼ばれるのものが何なのかは 誰でも知っていると思います。そういった意味では カタカナ言葉は 先程のような英単語も覚えやすく 、半永久...続きを読む

Aベストアンサー

》 カタカナ言葉は 英語習得には メリット、デメリット どちらが大きいと思いますか?

メリットのほうがずっと大きい。例えば merit や advantage のような単語だって日本語になっていたからすぐ覚えられました。

一方、ロシア語の単語は覚えるのが大変です。日本語になっている単語が少ないのでいちから覚えなければいけません。

余談ですが、私はこんな工夫をして新しい単語を覚えています。

最近、勉強中のテキストに出てきた単語 обезьяна 。

「アベジヤーナ」→「安倍 爺 イヤな」→「猿」。

Q英表 関係詞 「彼女こそまさに王子が探していた女性だった。」 の英語にすると何になるか教えてください

英表 関係詞

「彼女こそまさに王子が探していた女性だった。」
の英語にすると何になるか教えてください!

私は、She was the very woman that the prince has been looking for.にしましたが、

正解は、She was exactly what she was looking for.でした。

私の英文のどこが間違えているのか・正解では何故whatを使うのか、教えてください!

Aベストアンサー

時制の事は除くとして、She was the very woman that the prince has been looking for.
が、She was exactly what the prince was looking for. より自然な英文であり、(has been
~ 部は、had been ~ が理屈上は better ですが)間違いにされるというのは納得が行きませんね。
先行詞woman を the very で修飾して、関係代名詞を that にしているところなどは見事です。
ただ、この問題の狙いが何であったのか、一般に、 = the thing(s) which として習う関係代名詞の
what には、 = the person / man / woman who の用法もある、ということの確認とすれば、
She was exactly what the prince was was looking for. が問題作成者の求める答えになっても、
それは有り得ることとするしかないように思います、、。
普通この関係代名詞 what = 人(の属性)を先行詞として含む関係代名詞 what は、次のような文で
示されます。He is not what he was / he used to be. = "彼は以前の彼ではない"。彼の属性~
性質や特質、帰属先や仕事などからくる特徴のようなものが、今ではもう失われてしまったことを
意味する中身です。人=what はおかしいようにも思えますが、Who is he? の英文は至極当然として、
What is he? の疑問文も習った記憶がおそらくあるでしょうから、こんな言い方もあるのかという所
までは納得いくかもしれません。He is not what he was. は、
He is not the man / person who he was. に同じです。問題文は、what が目的格になるので、この
ところも、正直、違和感はあります。出来れば、問題作成者に疑問をぶつけてみてはいかがでしょう。





ですが) てぇ

時制の事は除くとして、She was the very woman that the prince has been looking for.
が、She was exactly what the prince was looking for. より自然な英文であり、(has been
~ 部は、had been ~ が理屈上は better ですが)間違いにされるというのは納得が行きませんね。
先行詞woman を the very で修飾して、関係代名詞を that にしているところなどは見事です。
ただ、この問題の狙いが何であったのか、一般に、 = the thing(s) which として習う関係代名詞の
what には、 = the person / man / woman ...続きを読む

Q英語で「血が騒ぐ」という意味の言葉はあるんですか?

英語で「血が騒ぐ」という意味の言葉はあるんですか?

Aベストアンサー

tingle with excitement
興奮でゾクゾクするという意味なので、「血が騒ぐ」に該当すると思います。
あとは
be thrilled も「興奮する」「ワクワクする」という意味なので、同じく「血が騒ぐ」という意味で使える時があります。

Q通訳してください Like same hotel but I can leave if I want

通訳してください

Like same hotel but I can leave if I want but we have same room

Aベストアンサー

かなり想像力を働かせないと、意味不明ですね。
もしかしたら、「同じホテルがいい。同じ部屋でもいいけど、私が帰りたくなったら帰れるの(出たくなったら出れるのが)がいい。」でしょうか?

Q早起きすることによるメリットはありますか?って英語で何といいますか?

早起きすることによるメリットはありますか?って英語で何といいますか?

Aベストアンサー

早起きすることで得られる恩恵や利点と言う意味で使う場合、benefitが適しています。
advantageは、「利点」で、例えば「資格を持っていることの有利な点」や「留学経験の利点」などに使われるので、誰もが出来る「早起き」には適していません。
私たちが普通に使いがちなmeritは「長所・取り柄」です。
また、wake upは「目覚める」です。ベッドや布団から起き出さないとget upになりません。

What are the benefits of getting up early in the morning?


こちらに使い分けが載っています。目を通してみて下さい。
https://www.eigo-love.jp/strength-virtue-advantage-merit/

Q英語で〇〇君と言う時にlittleは使いますか? またそうであれば、意味合いも教えて頂けるとありがた

英語で〇〇君と言う時にlittleは使いますか?
またそうであれば、意味合いも教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

英語で〇〇君と言う時にlittleは使いますか?とありますが、”田中君”という日本語での言い方を
英語に移したら、little Tanaka になるか?ということなら、基本的には無いと言いうしかないで
しょう。little が人と結び着く場合は、”小さな~可愛い”の意味で、我が子を指して、
my little boy / girl と親がいう場合とか、”可愛い赤ちゃん・かわいこちゃん” を親や恋人が、
a pretty little baby / girl / one などと言ったり、呼びかけたりする時が主で、人の姓名と結びつ
くことはあっても、それは○○君と日本語で言う時のニュアンスとは異なります。例えば、
”田中君”、は上司が部下を、先生が生徒を呼ぶ時の言い方で、”君”は呼称ないし尊称(以前は、君は
様と同様に目上の人を指しました)と言うべきものでしょうが、little が John や Mary と結びつい
て、little John や little Mary となった場合は、基本の、”小さな~可愛い”の意味を保ったまま、
名前と合体して、一つのニックネームと考えられます。

英語で〇〇君と言う時にlittleは使いますか?とありますが、”田中君”という日本語での言い方を
英語に移したら、little Tanaka になるか?ということなら、基本的には無いと言いうしかないで
しょう。little が人と結び着く場合は、”小さな~可愛い”の意味で、我が子を指して、
my little boy / girl と親がいう場合とか、”可愛い赤ちゃん・かわいこちゃん” を親や恋人が、
a pretty little baby / girl / one などと言ったり、呼びかけたりする時が主で、人の姓名と結びつ
くことはあっても、それは○○君と日本語...続きを読む

QDo not fall in love. 意味と使う時を教えてください!

Do not fall in love. 意味と使う時を教えてください!

Aベストアンサー

意味は「恋に落ちるな」
使う時は、恋に落ちてはいけない時でしょうね。


おすすめ情報