今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は将来、国際機関においてカウンセラーの仕事をしたいと思っています。例えば国際機関職員へのカウンセリングや被援助国現地人へのカウンセリングなどです。最終的にはその中から一つを選びますが、今は情報を集めています。これらに進むためには心理学においてそれぞれ、どのジャンルを学ぶのが望ましいのでしょうか?
またそのジャンルを学ぶのに良い大学や大学院もご存知でしたら教えてください。場所は国内、海外を問いません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おいくつの方か分かりませんので、高校生くらいと仮定してお答えします。


まず、国連で働きたいのですか、それともカウンセラー(日本での資格では、心理療法士ということになります。)になりたいのですか。また、国連の機関(本部の他、UNHCRやUNDP、ユニセフなど)の職員として、紛争当事国などでプロジェクトスタッフとしてカウンセラーの仕事に就きたいのですか。
高い目標を持つことはすばらしいことなのですが、3番目の場合は現実的にはかなり高い能力と一通りの経験、明確な目的意識、強い意志を求められます。
それと国連関係で働くには、最低でも英語が堪能でなければ仕事になりません。様々な国の人たちが一緒に仕事をしますから、英語が日常の言葉になります。それは日本国内の国連施設でも同じだと思います。
国連の一般職員は公募される(UNのHP内のシステムカレッジスクール制度を参照)場合もあるようですが、各機関レベルでは少数精鋭の実践第一ですからたいていは実績のある人が国や団体の推薦や紹介でポストに就くことが多いようです。
一つは大学を出て国家公務員として外務省を目指すことでしょう。その間国連を足場に世界で活躍したいという意志を持ち続ければ、夢が叶う可能性は高いでしょう。
もう一つ、カウンセラーへの道は大学で文学部系の心理学部や臨床心理学の講座のある教育学部で心理療法士資格を目指すことですが、そうしたシステムがある大学なら問題ないのではないでしょうか。学科は各大学の入学案内で分かると思います。
さらにイラクやパレスチナ、アフリカ諸国での国連機関の活動などに関心があるなら、まず誰でも関われる国際協力NGOに参加してみてはどうでしょうか。そこではマスコミなどでは報道されていない現地の様子やそこで活動する人たちの話を直接聞けると思います。その中で国連の現地活動の実態もよく見えるので、より深い理解と判断ができると思います。日本国内ならJVC日本国際ボランティアセンターか、シャプラニールが適当でしょう。いずれも大都市には地方支部もあります。また、あなたが英語のネイティブスピーカーなら、OXFAMを推薦します。イギリスに本部のあるOXFAMは世界でもっとも大きな国際NGOです。また、ユニセフなど国際機関でボランティアを募集していれば実状を知るにはいいかもしれませんが、ただ東京以外では難しいかも。
とにかく国連など国際機関で働きたいのなら、知りたいことがあれば自分から積極的に動いて、調べたり、聞きにいったりすべきです。少なくともそのくらいの行動力がなければ、国際舞台ではとても働けません。一方、人一倍のやる気と根性があれば、立場はどうであれ、どこでも受け入れてくれると思います。国際社会はそういう人を待っていると思います。
(参考URL)
http://www.ngo-jvc.net/
http://www.shaplaneer.org/
http://www.oxfam.org.uk/
http://www.un.org/english/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。積極的に動くという言葉に「はっ」とさせられました。ちなみに僕は26歳で今年の7月まで半年ほどケニアにてボランティアをしていました。年齢的には少し遅いかもしれませんが、あせらずにやっていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/27 11:31

>カウンセリングは被援助国現地人への対応、サイコセラピーは国際機関職員への対応の仕事と区切っていいのでしょうか?



これは少し違うと思います。
カウンセリングは基本的に「対話による援助」です。
(ボディーワークなどを取り入れているカウンセラーもいますが)
したがって,悩みを抱えつつも話が通じて
自ら問題解決を図れるだけの知的水準と健康さを保っている人が対象になります。

一方のサイコセラピーは流派にもよりますが,
より病理水準の高い人や言葉の通じない人をも対象とします。
必ずしも医療の一環というわけではないのですが,
病名がつくレベルの人たちを対象にしていると考えてください。

いずれにせよ
被援助国の人々を対象とするには
その社会に職業的カウンセリングやサイコセラピーが根づいていることが前提になるでしょう
そうでなければ実効性のある援助ができるかどうか疑問です。
伝統的コミュニティの中で特定の地位にある人物が
カウンセラーやサイコセラピスト的役割を果たしている社会も多いですから。

この回答への補足

ありがとうございます。自分なりに調べていくうちに援助する側の職員へのカウンセリングに興味を持ち始めたのですが、やはり日本ではまだまだ認知されていないようですね。国際的には国際機関や欧米のNGOではじょじょに普及し始めているようですが、そんな活動をしている人物、取り上げているHPや書籍などもしご存知でしたらお教えください。よろしくお願いします。

補足日時:2004/12/03 01:23
    • good
    • 0

#2です。


先ほど書き忘れたことを補足します。

御存知かと思いますが,
日本にはカウンセラーやサイコセラピストの公的資格は存在しません。
この手の資格で最も知名度の高い「臨床心理士」は
資格認定協会指定の大学院を修了しなければ受験資格が得られませんが,
これも一民間資格に過ぎません。

臨床心理士がみなカウンセリングの専門家であるというのも誤解です。
臨床心理士は海外のサイコセラピストをモデルとしたもので,
心理査定と心理療法をその主たる業務としています。
心理療法と言いましたが,その中身は
精神分析「的」療法,認知行動療法,来談者中心療法,家族療法,催眠療法・・・
あるいはそれらを折衷的に用いる人など,
理論的立場を異にする臨床家の寄り合いです。
(ちなみに本当の精神分析家やユング派分析家になるための修業は大学院ではできません)

これとは別に「産業カウンセラー」,「教育カウンセラー」など,
カウンセラーと名のつく資格がいくつもありますが,
いずれも特定領域に限定されたもので,すべて民間資格です。

そして何より重要なのは
難関を乗り越えてこのような資格を取得しても,
現状では海外で通用しないということです。
そんなわけで,#2に書いたような結論になるわけです。

この回答への補足

なるほど。国際的に出て行くならやはり海外の大学院の方がいいんですね。その方が語学の面でもプラスになりますもんね。しかし、一つ質問があります。
カウンセリングとサイコセラピーの違いがよくわかりません。自分なりに調べてみたんですが、ものすごく簡単に言えばカウンセリングの目指すのはクライアントの悩みの解決をサポートする、サイコセラピーでは失われた適応力を取り戻すサポートをする。となると国際機関の仕事においてはカウンセリングは被援助国現地人への対応、サイコセラピーは国際機関職員への対応の仕事と区切っていいのでしょうか? こんな認識で合ってますか?

補足日時:2004/11/30 13:05
    • good
    • 0

日本ではカウンセリングという言葉がかなり曖昧に用いられており,


一般に心理学と結び付けて考えられがちですが,
どこの心理学科でもカウンセリングを学べるわけではありません。

心理学科の学部教育は伝統的に実証的研究法の習得に重きが置かれています。
近年増加している臨床とか福祉とか医療とかいった冠つきの心理学科なら
カウンセリングの授業はあると思いますが,
学部レベルでは実践的な技術を磨く機会はないでしょう。
(学部生にクライエントを持たせるなんて危なくてできないので)
大学院レベルでも実習の機会は十分とは言えないのが日本の現状かと思います。

一方,英語圏の国では
カウンセリングとサイコセラピーは区別されており,
カウンセラーの養成は教育学系大学院,
サイコセラピストの養成は臨床心理学系大学院というのが一般的なようです。
いずれも教育カリキュラムは非常に濃密で,
資格取得までに要求される実習経験は日本の比ではありません。

以上のようなことから,
カウンセラーとしての活躍の場を海外に求めるのなら
最初からその文化圏の大学院で学ぶことをお勧めします。
外国語が母語並みにペラペラだとしても,
非言語的な部分での文化差の問題は壁として立ちはだかるとは思いますが。

なお心理学には
個人ではなくコミュニティのレベルでの臨床的介入を目指す
コミュニティ心理学という領域があります。
日本ではあまり流行りませんが,
海外ではそれなりの成果を上げているようです。
私も詳しくないので,関心があるなら御自分で調べてみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカにおける臨床心理学の資格について

私は日本の大学卒業後、数年民間企業で働いている際にストレスについて興味を抱き、心理学の基礎を学ぶため渡米、そしてアメリカの大学へと編入。二年間心理学を学び、卒業。そのまま大学院へ進みたかったが、財政面の問題から、帰国。

帰国後、心理学の勉強を続けたく、臨床心理学系の大学院を受験するも失敗。更には臨床心理士を取得しても、実際に働くのが困難な日本の現状を考えると、アメリカで働くことも選択肢の一つとして考える今日この頃。

例えば、アメリカに日本のように臨床心理学系の大学院を卒業後、臨床心理士のような資格を取得でき、かつ比較的安定して病院などで働ける資格があれば、もう一度お金を貯めて、アメリカの大学院にチャレンジしたいと考えております。

お忙しいところ大変恐縮ですが、アメリカにおける臨床心理学の資格(一般的な心理学の資格も含めて)と現状について、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です.
資料をもとに,もう1度,説明を書きます.

アメリカの臨床心理専門職は,最初に書きましたように,各州法によって規定されていますが,資格認定は関連団体が行っています.
Psychologistは,アメリカ心理学会が認定しますし,School Psychologistはアメリカ学校心理士会が認定します.
Psychologistは,調査・研究,心理療法,心理テスト・心理アセスメント,コンサルテーションを主な職務内容とし,臨床心理学,カウンセリング心理学などの博士号が必須です(この点で,No.2の書いておられるように,Ph.DとPsy.Dの両方の博士号が一度に取れるというのは,疑問です).
School Psychologistは,学校や,個人開業に限定された資格で,修士号が必要です.
心理検査の施行は,PsychologistやSchool Psychologistなど特定の教育訓練を受けたもののみに許可されます.
どちらも,スーパーヴィジョンのもとでの実践訓練,課程修了後の研修が必須ですし,時間数も規定されています.
Psychologistは,Ph.Dでも,Psy.Dでも,学部卒業後6年間の教育・訓練が必要です.
School Psychologistでは,同じく8年間の訓練が必要です.

Psychologistは,産業,開業,医療のいずれの領域でも働けますが,School Psychologistは,教育領域か,開業に制限されます.

詳細は,アメリカ心理学会(http://www.apa.org/ed/G&P052.pdf),アメリカ学校心理士会(http://www.nasponline.org/cerification/FinalStandards.pdf)のHPをご覧下さい.

日本語文献は,
1)金子書房発行の臨床心理学大系第13巻「臨床心理学を学ぶ」
2)東大出版会発行の講座臨床心理学第1巻「臨床心理学とは何か」
がよいでしょう.

No.1です.
資料をもとに,もう1度,説明を書きます.

アメリカの臨床心理専門職は,最初に書きましたように,各州法によって規定されていますが,資格認定は関連団体が行っています.
Psychologistは,アメリカ心理学会が認定しますし,School Psychologistはアメリカ学校心理士会が認定します.
Psychologistは,調査・研究,心理療法,心理テスト・心理アセスメント,コンサルテーションを主な職務内容とし,臨床心理学,カウンセリング心理学などの博士号が必須です(この点で,No.2の書いておられるよ...続きを読む

Q心理士に関係ある職業・心理学を最大限に活かせる職業

 私は心理士になりたいと思っている高校一年生なのですが、
 心理士は非常勤が多く給料も安いと聞きました。

 将来の為にもっと安定した職に就こうと思ったのですが、
 どうしても夢を捨てることができません。

 会社や国・地方公共団体に就職できるような心理職はないんでしょうか?
 また、仕事をする上で心理学を必要とする職業や
 心理士と関係の深い職業を教えてください。

 

Aベストアンサー

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校教員など,
心理学の知識を必要とされる公務員はほかにもありますし,
民間でも心理学の知識を活かせる仕事は結構あるものです。

心理学を専攻した学生がみな心理士やカウンセラーになるわけでありません。
高校一年生では無理からぬこととは思いますが,
心理学というものの一面しか知らないまま進路を限定しすぎているように感じます。
過去のQ&Aの中から心理学という学問の多様な顔と
心理学専攻生の進路を知るのに役立ちそうなものを挙げておきます。
これらの回答からさらにリンクをたどると相当の情報量になると思います。
参考になさってください。

企業における心理学専攻学生の配置職場について
http://okwave.jp/qa2785566.html

心理学を生かす就職
http://okwave.jp/qa2419887.html

心理学の仕事
http://okwave.jp/qa1055980.html

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校...続きを読む

Q国連で働きたいと思っています

中学3年生の女子です。
私は将来国連で働きたいと思っています。
この夢はずいぶん前からの夢なのですが、最近になって友達同士で将来の話をするようになって改めてこの仕事がしたいと実感しました。
国連に入ることがとても大変だということは知っています。
そこで質問なんですが、中学生の私が今から夢に向けてどんな勉強(勉強方法)をしたらいいのかを教えていただきたいのです。
私の学校は中高一貫校なので、高校2年生の先輩方とも一緒に部活動などをしています。
そのため、先輩方が今どれだけ勉強が大変か、中学のうちからちゃんとやっておけばよかった、など教えて下さるのです。
私の学校では高1でだいたいの進路を決め勉強に励むようになります。
でも、その前に今からきちんと勉強をしたいと考えています。
よければアドバイスなど頂きたいです!

そして、もうひとつ。
国連で働くにはどのような大学がいいのか教えて下さい。
学部や、もしよければ学校名など教えていただけると助かります。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

国際関係、国際協力の分野での自分の職業経験(但し、国連及びその下部機関での仕事の経験は無し)からみても、No.4、No.5、No.7、No.8 の方々の書いているのが正しいと思います。

学位(修士・博士号)偏重、学歴偏重であることは有名な話。
日本で大学を出たあと、米の有名な大学院で学位を取って、国連を目指すのが、日本人にとっていちばん典型的なコースでしょうか。

語学専門の大学を考えるのは的外れ、というのも上記の人たちが書いている通りなんですね。留学すれば当然語学は附随して上手くなるでしょうけれど。
とりあえず国連とか国際公務員を考えるなら、語学の話なんか完全に二の次の問題です。

>国際公務員は普通の家系に生まれた人間には、よほどのことがない限り、なれない職業です。

これは少し誇張だと思いますが、大学を出てからも就職せずに外国留学する程度の余裕がないと難しいとは言えそうです。

------------------
これから先は、まったく私の意見ですが、私の見聞してきた限り、国連というのは組織内部に色々な問題もあり、必ずしもそこまで努力して目指す価値がある職場かどうかというと、意見は分かれるかもしれません。
(だって、所詮は学歴偏重で人を採用し昇進させるような職場です。あそこは実力よりも、学歴と要領の良さと政治的コネが横行する面があるわけですね。)
国際協力に貢献する仕事は、各国政府内にも色々あるし、その世界で国連だけが特別価値のあることをしているわけではないです。実際には。

高校段階でも、ご自分の進路は、文科系か理科系かどちらを選ぶか、文科系の場合、社会科学(政治経済etc.)をやってエキスパート、プロフェッショナルを目指すかどうか(国連その他公的な仕事はこっち)、などを考え始める程度でいいと思いますよ。
若い人には、自分の人生に未知の可能性が広がっていて(そのために悩むことも含めて)、それが素晴らしいのです。

国際関係、国際協力の分野での自分の職業経験(但し、国連及びその下部機関での仕事の経験は無し)からみても、No.4、No.5、No.7、No.8 の方々の書いているのが正しいと思います。

学位(修士・博士号)偏重、学歴偏重であることは有名な話。
日本で大学を出たあと、米の有名な大学院で学位を取って、国連を目指すのが、日本人にとっていちばん典型的なコースでしょうか。

語学専門の大学を考えるのは的外れ、というのも上記の人たちが書いている通りなんですね。留学すれば当然語学は附随して上手くなるで...続きを読む

Q困っている子供や人を助ける仕事に就きたい!(長文&本気です)

私は頭が良くないし、趣味も特技もありません。
いじめにあい不登校になって通信制の高校に通っています。

そんな私にも「将来の夢」が出来ました。
それは「貧しい人困っている人を助けること」

テレビを見ていて「ゴミ山で働く子供」や「一生働き続けないといけない子供」「親のいない子供」「寝ることも食べることもままならない子供」などの特集や報道を見ると、自分は最低でゴミのように思えます。
それを見て「かわいそう」と心の中で思うことしかできない。

私にはご飯も寝る場所もあり、親もいる。
…なのにウダウダとグチをこぼしたり、死にたいと思う自分。
汗水たらして働かなくても株で大もうけして、健康食品や健康器具を買って好きなものを食べてダラダラしてる親。
そんな自分や親に腹が立って悔しくて情けなくて耐えられません。

お金持ちでそれなりに裕福な人を助ける仕事ではなく、
国内・海外にこだわらずで親がおらず苦しい生活をしている子供を助ける仕事に就きたいです。

漠然と思っているのは、
(1)孤児院で働く(親代わりになってあげたい・お世話をしてあげたい)
(2)青年海外協力隊(しかし語学が必要になるので難しそう…)

(2)については調べられそうなのですが、(1)については全く分かりません。
しかも通信制なので、そういう職業に就くにはどういう進路をたどれば良いのかを先生に聞くことができず困っています。
また上に書いたように、貧しい人や困っている人をこんな私でも助けることができるのでしょうか?
そうなるとどんな仕事がありますか?

駄文、質問ばかりですみません。
多くの人のアドバイスが欲しいです。
宜しくお願いします。

私は頭が良くないし、趣味も特技もありません。
いじめにあい不登校になって通信制の高校に通っています。

そんな私にも「将来の夢」が出来ました。
それは「貧しい人困っている人を助けること」

テレビを見ていて「ゴミ山で働く子供」や「一生働き続けないといけない子供」「親のいない子供」「寝ることも食べることもままならない子供」などの特集や報道を見ると、自分は最低でゴミのように思えます。
それを見て「かわいそう」と心の中で思うことしかできない。

私にはご飯も寝る場所もあり、親も...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは(^。^)

わたしも海外よりも日本に目を向けられたほうがいいように思います。これからの日本は少子高齢化、地方格差、教育の問題が避けて通れません。
今、どちらにお住まいかわかりませんが、親元を離れて地方で暮らす覚悟はおありですか?
地方によってはお医者さんもいないところがあります。子供を産むにもお医者さんがいません。先般も脳内出血を起こした妊婦さんが、病院を19もたらいまわしにされ、子供を出産してから亡くなりました。
医師にはなれないと思うなら、2番さんが上げられた看護師や助産師の資格を取り、一人でも多くの子供をこの世に生み出すお手伝いをなさるのも良いでしょう。
特にお産の世界に携わりたいのなら、24時間臨戦体制の毎日で休みなどないですが、あなたのような人の力を必要としていますよ。

もしも教育界に興味があるなら、大変ですが、「障害児教育」に目を向けることもあるとおもいます。
最近、小学校の特殊学級に通う子供たちは年々増えています。ですが、実際彼らの担任教諭は障害児教育の資格を持っていないのです。これから健常児と障害児が共に支えあえる社会を作っていくことが求められてくることでしょう。
障害児教育の先駆者に「石井筆子」さんという方がいます。この方の映画があります。(下記サイトです)。主演の常盤貴子さんは脚本をとても気に入り、志願して演じたそうです(ギャラはとても少ないそうです。もともと監督自ら資金に苦労して作り上げた映画ですから)
そして映画に出演している知的障害の子供たちはオーディションで選ばれた子供たちで、また、監督自らも重度の知的障害を持つ娘さんの母なのです。

mocomoco39さんの将来の道への参考になれば嬉しいです^^
その優しい気持ちを忘れないでね。

参考URL:http://www.gendaipro.com/fudeko/

こんにちは(^。^)

わたしも海外よりも日本に目を向けられたほうがいいように思います。これからの日本は少子高齢化、地方格差、教育の問題が避けて通れません。
今、どちらにお住まいかわかりませんが、親元を離れて地方で暮らす覚悟はおありですか?
地方によってはお医者さんもいないところがあります。子供を産むにもお医者さんがいません。先般も脳内出血を起こした妊婦さんが、病院を19もたらいまわしにされ、子供を出産してから亡くなりました。
医師にはなれないと思うなら、2番さんが上げられた...続きを読む

Q心理学の研究職って・・・

私はいま浪人して心理学を学べる国立大学を目指しています。将来は安月給でも大学で研究職に就いて自分の興味のある分野を突き詰めていきたいと考えているのですが、いろいろ調べてみるとかなりの狭き門と分かりました。が、やはり苦労してでもやりたいという気持ちが強いです。文系で大学に残って研究を続けるというのはどれほど大変なのでしょうか(もちろん大学院まで出ようと思ってます。努力は最大限していくつもりです)大学に残ること自体が難しいのですか??出身大学でも残れないんでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんと似たような境遇で心理学の専門職を目指していた者です。関西の某有名私大におりました。今は就職して一般企業に努めています。

結論から言うと 「想像以上に狭き門」 だと思います。また質問に関しては以下のような状況です。

● 試験にさえ通れば修士課程であろうと博士課程であろうと大学にはいることができます。

● 出身大学の方が、修士試験には通りやすい傾向があることは確かです (コネでもなんでもなく出題傾向が当該教授の研究領域をベースにしている→ 内部生なら学部の授業で講義を聴ける→ 講義=試験準備になる、という話です)。

● 学部の時のゼミの先生は某国立大ご出身で院生の頃から、多くの研究論文を発表、賞も多く受賞されていましたが、5年くらい就職がなかったと言われました (5年で見つかれば相当運が良いとも言われましたし、賞を受賞して10年以上就職がない人もざらにいるとのことでした)。

● 院に進みたいと言ったところ、「がんばっても報われる世界ではないこと」、「院に行くなら東大か京大に行かないと話しにならない」 と言われました (後者はそれくらい覚悟を決めろ、という意味と、実際やはり学閥の問題を気にして頂いたのだと思います) 。 

● 要は大学教授という職業が超年功序列社会&ポストが限られているところに少子化の問題もあいまって、その人の能力に関係なく、就職先の絶対数がない、という問題です。院に行くなら現実を知ってから行け、と言われ大学院生やオーバードクターが多数バイトするシンクタンクでのバイトを紹介して頂きましたが、研究者になった人はバイトしていた3年間で皆無でした。またいつの間にか見なくなった人も何人かおりました。 南山大学の浦澤先生のH.Pに書いてあることが、一番現実感があると思います。検索して見て下さい。 学生の頃の友人が結婚して家を買って子供を作って収入も安定しているような状況で、自分は収入もなく、学歴の潰しも効かず (日本の雇用市場では文系の院卒はマイナス評価です) 、へたすりゃニートみたいな条件下を想像してみて、それでも研究をしていたい、と思えるなら迷うことはありません。私はこの段階で一般企業に進みました。 よくよく考えてみると研究をしたい、という気持ちは別のコンプレックスの裏返しであることに気づいたからです。本当に 「研究がしたい」 のですか?よく検討されることをお勧めします。

質問者さんと似たような境遇で心理学の専門職を目指していた者です。関西の某有名私大におりました。今は就職して一般企業に努めています。

結論から言うと 「想像以上に狭き門」 だと思います。また質問に関しては以下のような状況です。

● 試験にさえ通れば修士課程であろうと博士課程であろうと大学にはいることができます。

● 出身大学の方が、修士試験には通りやすい傾向があることは確かです (コネでもなんでもなく出題傾向が当該教授の研究領域をベースにしている→ 内部生なら学部の授業で講義を...続きを読む

Qホテルの部屋で「ダブル」と「セミダブル」の違いって何ですか?

 この前に「ツイン」と「ダブル」の件で質問した者です。
すばやいご回答にとても感謝しています。「セミダブル」については
とくに返答がなかったので、あらためて質問することにしました。
 ちなみに、一つのホテルで、「ダブル」と「セミダブル」を見たわけ
ではありません。あるホテルの空き部屋が、「セミダブル」となっていました。
この際なので、すっきりさせてしまいたいと思いまして、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル」・・・ダブルサイズ以上(不通はクイーン以上)のベッドが一つある部屋
 ツインよりは数が少ない。一つのベッドに2人で寝る

「トリプル」・・・ベッドが3つ、或いはツインに簡易ベッドが一つある部屋
 あまり一般的ではないので、簡易ベッドはソファーベッドの場合が多い。或いは、シングル1+ダブル1の場合もある

「フォース」・・・4人用。滅多にないタイプ。多くの場合、クイーンベッドが2つある感じ。アメリカなど家族旅行の盛んなところで見られる。

「セミスイート」・・・スイートに準じる部屋 ジュニアスイートともいう。

「スイート」・・・ベッドルームとリビングルームが分かれている部屋
 一般的には最上級の部屋。中には数十万~百万前後の部屋もある。中堅クラスのホテルなら数万円で利用できるので、特別な記念日などに利用する人も多い。

□番外編
「ステューディオ」・・・ソファーまたはカウチベッドがついている部屋。シングルまたはダブルベッドと組み合わさっているのが一般的。

「キチネット」・・・簡易キッチン(コンロとシンク、若干の料理器具など)がついている部屋。ホテルの部屋で自由に調理することができるタイプ。都会のシティホテルには少なく、リゾートのコテージや郊外のモーテルなどでよく見られる。


◆ベッドのサイズ
シングル 幅100~120cm 長さ195~205cm
・・・やっぱり一人用。
セミダブル幅120~130cm 長さ 同上
・・・これも一人用。2人ではちょっと狭いかも。その分お互いが密着できるかな?
ダブル  幅140~150cm 長さ 同上
・・・ようやく2人で寝れるサイズです。
クイーン 幅160~170cm 長さ 同上
・・・ダブルルームのベッドはふつうこのサイズです。
キング  幅180~200cm 長さ 同上
・・・真横になって寝ても大丈夫。ベッドの上でプロレスも出来ます。

ついでに・・・
◆日本と外国のホテル料金のシステムの違い
日本では、部屋のタイプに関わらず、一人~~円で料金が設定されています。
ツイン1万円を2人で利用なら、1万×2=2万円が料金です。
海外では、利用する人数に関わらず、一部屋~ドルなどで設定されています。
ツイン100ドルなら、何人で利用しても100ドルです。(もちろん人数の制限はありますが)
日本でも外資系のホテルではこのシステムを導入しているところがあります。

参考URLもどうぞ。

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル...続きを読む

Q社会人在籍のまま臨床心理士を取りたい

45歳会社員で、ヘルスケアとは何の関係もない仕事をしているのですが、臨床心理士の資格を取得したいと考えています。

自分が調べた範囲では、会社を辞めなくても、臨床心理士の試験を受けるために必要な、指定大学院に合格することが必要で、その指定大学院でも卒業後インターン経験の必要な2種と、卒業後資格受験を受けられるのとに分かれるというところまでは分かりました。

そこで、質問ですが、
(1)上記の1種指定大学院ですと、インターン経験が必要ない(?)ので、これなら在籍のまま勉強もできると思うのですが、通学は不可能なため(夜間や土日でもいいならOKですが)、通信教育とかの方法があるのでしょうか?

(2)上記1種ですと、インターンの経験もないまま心理士になるわけですから、採用する側からしたら、2種卒業者に比べるとニーズが落ちると思われるのですが、どれぐらい落ちるものなんでしょうか?或いは、1種には、どういうところへの進路があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)についてお答えします。

現在のところ通信教育で臨床心理士受験資格が取れるコースは
下の2つが存在します。

佛教大学通信教育部 大学院教育学研究科臨床心理学専攻修士課程(1種指定;3年制)
http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

放送大学 大学院文化科学研究科修士課程文化科学専攻臨床心理プログラム(2種指定)
http://www.u-air.ac.jp/hp/

いずれもここ2,3年のうちに開講されたものなので,
臨床心理士資格試験の合格率や就職状況については全くの未知数です。


#1の方も書いておられるとおり
臨床心理士をめぐる状況はけっして楽観できるものではありません。
有資格者はすでに1万人に達するというのに
心理学研究の実績もない大学院が次々に指定校化され,
近い将来の供給過剰と質的低下が懸念されています。

厚生労働省主導による医療・保健分野限定の心理職の国家資格制定については
臨床心理士関連団体の強い反対もあって頓挫しているのが現状です。
いずれにせよ
一民間団体の認定資格である臨床心理士が
そのまま国家資格に移行することはないでしょう。

(1)についてお答えします。

現在のところ通信教育で臨床心理士受験資格が取れるコースは
下の2つが存在します。

佛教大学通信教育部 大学院教育学研究科臨床心理学専攻修士課程(1種指定;3年制)
http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

放送大学 大学院文化科学研究科修士課程文化科学専攻臨床心理プログラム(2種指定)
http://www.u-air.ac.jp/hp/

いずれもここ2,3年のうちに開講されたものなので,
臨床心理士資格試験の合格率や就職状況については全くの未知数です。


#1の方も書い...続きを読む

Q他大学から東大大学院入試の難易度

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍)。数字だけをみると大学受験よりも門は閉ざされているような気がします。
色々と調べてみて(もちろんok web内も)、院の研究室に通って問題傾向を把握することができたら内部生との差も大きく縮まる(もちろんこれは東大院に限らない)ということはわかりました。また東大院は他大学生に対して門戸を開いている大学院である、ということも。
しかしこれだけが難易度が低い理由ではないと(ただの推測ですが)思っています。

私と同じ立場での東大院入学者、またはこれらの数字が示す本当の意味や実際の事情について知っていらっしゃる方がいましたらぜひ教えてください。

参考;http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/e02_01_j.html

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍...続きを読む

Aベストアンサー

東大の院はここ数年でかなりレベルが下がったと聞きます。私もw稲田大ですが、同期の友人が東大の院試を受けて理工研究科に進学しました。彼の話では、大学レベルではやはりかなり差があるものの、院になったら早大との差はほとんどない、むしろ東大の方がレベル低いように感じる、とのこと。

学部や研究科によって違いはあるのでしょうが、以前と比べて東大の院のレベルが落ちてきていることはどうやら間違いなさそうです。

単純な受験倍率だけで見れば上がっているのかもしれませんが、レベルが落ちてきたことで、受験者が増えてきたというだけかもしれませんよ。

Q心理学を学ぶ人の動機

心理学や精神医学を学ぶ人は、どんな動機で始めるんでしょうか?人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわゆる一般の方が「心理」と読んでいるだろうものに対して「心」という表記をします).
また精神的な壁にぶつかったから,要するに自分が困っていた(悩んでいた)からということも理由ではありません.単純な疑問として「みんな脳みそって持ってるけど,コイツは何しているの?」ということがあって,それを知りたいなぁと漠然と思っていたわけです.

私の興味は基礎心理学(知覚心理学)で研究されていることを知ったので,大学時代はその分野を専攻してました.今はヒトの情報処理メカニズムの仕組みとその処理から何を知覚しているのか?どうやって知覚(意識)につながっているのか?にということに興味があります.

ここからやっと質問にお答えします.
>人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

実際にそういうヒトにお会いしたことはないのですが,そういうヒトが「大学院」を志望することが多くなってきた,という話は伺ったことがあります.もともとどのくらいいたのか?どのくらい多くなったのか?ということはわかりません.まあ#1の方も書かれていますが人それぞれだと思いますよ.

最後にちょっと気になったので.
>心理学や精神医学を学ぶ人
とひとくくりにされていますが,心理学と精神医学は別モノです.ある一部に精神医学と関わりがある分野がありますが,あくまでそれは心理学の一分野であり心理学の全てが関わりをもつわけではありません.精神医学はあくまで「医学」です.

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわ...続きを読む

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む


人気Q&Aランキング