ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

気象庁のナウキャストで「雨雲の動き」を知ることが出来ます。雨を降らす雲と、降らさない雲はどのようにして判別しているのか疑問に思いました。雨が降っている領域と、雨雲の領域が完全に一致しているわけではないようなので、雨が降っているところの雲が「雨雲」とは言い切れないようです。気象が分かる方、教えてください。

A 回答 (4件)

> どのようにして判別しているのか疑問に思いました


基本は、気象レーダーにあります。

> 気象庁のナウキャスト
は気象レーダーや気象ドップラーレーダーで捕らえられた雨雲、それがどう動いていくのか、それを表したものだからです。

雨を降らせる雲は、内部に大量の水滴等があるので、一般的なレーダーに映ります。
気象レーダーは、その特性をさらに特化させて雨滴等を捉えやすくしたものです。

> 「雨雲」とは言い切れないようです
雨雲を捉えているわけではなく、空中の水滴等を捉えているので、水滴等が大量に有るからと言って降水が有るとは限らないというところから多少の違いが現れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は学がないので半分くらいしか理解できませんが、水滴を捉えているというのは「目から鱗」でした。ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/11 20:23

温度と水分(雲)量



飽和状態を超えて
濃い雲になってくれば雨

薄い雨雲なら正に雲散霧消で
地上に雨が落ちてこない

雨を降らす雲と
降らさない雲は経験則から。
温度と水分量、風により
特徴的な雲形を形成する
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「経験則から」というのは意外でした。ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/11 20:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくださったアドレスにアクセスしてみました。大変勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/11 20:23

>雨を降らす雲と、降らさない雲はどのようにして判別しているのか


含んでいる雨粒の大きさと雲の高度じゃないですかね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2019/03/11 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雨を降らせる雲と降らせない雲

雲はどれも氷や水の粒で出来ているはずです。そうすると、どの種類の雲も、雨を降らせる能力があっていいような気がしますが、実際は雨を降らせる雲と、降らせない雲があるようです。このちがいの原因は何でしょう?教えてください。

Aベストアンサー

雲が雨を降らせるようになるのは、どれだけ水蒸気の粒が大きくなるかによります。雲は、塵や埃などの核に水蒸気がついたものの集まり(雲粒)であり、霧のような存在や小さな氷のような存在です。

では、なぜ雨や雪にならないのかというと、それは粒が小さすぎ、水蒸気飽和度が低いためです。雲から雨が降ってくる条件には、次のような条件が必要です。
上昇気流などによって、湿った空気が地上からどんどん吹き上げてくること。
(この上昇気流が発生する場所を低気圧や気圧の谷と言います。低気圧の下で雨が降りやすいのはそのためです)
そして、雲が大きく成長し水蒸気の固まりがぶつかりあって成長できるだけの湿気が連続して供給されることです。

水蒸気飽和度は小学校高学年ぐらいの理科で習うはずですが、低温であれば1平方センチ辺りの空気がもてる水蒸気の量は少なくなります。高温であれば多くなります。上空の温度は100mで0.6度の温度降下があるため、一定以上の湿度があれば上空では飽和が発生しやすくなり雲ができるのです。
よって、地上が寒い熱いに関わらず湿気を絶えず供給できる環境があれば雨や雪になるのです。

雨や雪を降らすことが出来ない雲は、その供給がなく雨として落下できるほど大きな水の固まりがありませんから、結局雨にはならず空を漂います。そのうち、消えてしまう場合も多くありますし、そこから成長して雨を降らせるものに変化することもあります。

代表例として飛行機雲は誰もが見たことがある雲です。これは、飛行機の排気ガスと水蒸気がくっつくことで発生します。これは、しばらく時間が経つと消えてしまいますよね。雨にならないのは、上昇気流と湿った空気を伴わないためです。

雲が雨を降らせるようになるのは、どれだけ水蒸気の粒が大きくなるかによります。雲は、塵や埃などの核に水蒸気がついたものの集まり(雲粒)であり、霧のような存在や小さな氷のような存在です。

では、なぜ雨や雪にならないのかというと、それは粒が小さすぎ、水蒸気飽和度が低いためです。雲から雨が降ってくる条件には、次のような条件が必要です。
上昇気流などによって、湿った空気が地上からどんどん吹き上げてくること。
(この上昇気流が発生する場所を低気圧や気圧の谷と言います。低気圧の下で雨...続きを読む

Qこの図で水はどちらへ流れますか?

この図で水はどちらへ流れますか?
また、管の出口のエネルギー損失が発生するのはどこですか?
ご回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

水槽1の水が配管のAの高さに水面が下がるまで、水槽Bに流れますね?
厳密には、水槽AとBの口径=水面の面積により誤差も生じますが、見た目では同一、あるいは記載がないのでこの設問では加味しないということでしょう。

「管の出口のエネルギーの損失」は、設問が正しいのか、管の出口で生じるのは文章通りに管の出口でしょう?
国語の問題となってしまってます。

他で生じる損失は、管の出口では生じてはいませんので。

おそらく設問は「水槽1の水の出口からaに向かう配管の傾斜」で重力に逆らい水流が上る際にエネルギーが消失すると答えさせたいのかと思います。
あるいは、配管の中を流れる際の摩擦も加味しろと言うことかも知れませんが、これも「摩擦はないものと想定する」など注釈があるのかないのか?

Q万有引力についての質問です。 全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたので

万有引力についての質問です。

全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたのでしょうか?

自分の考えとしては、地球などの天体だけが引力を持っていても、つじつまは合うんじゃないかと思います。
地球にあるものは、全て地球の中心に向かって引っ張られてるのは、リンゴが木から落ちることでわかりますが、地球が引っ張っているだけでなく、リンゴも地球を引っ張っているのはどういう理由でそうなったんでしょうか?地球がリンゴを引っ張っているだけでもおかしくはないと思います。

例えば、地面にある離れたボールとボールがなにもせず、引力だけでくっつくのを見たことないですし、そういう話も聞いたことがありません。
もしかして、そういう実験をして、もうすでに証明されているんでしょうか?

自分は、数式などがわからないので、言葉だけで中学生に教えるつもりで、説明してくれたら、ありがたいです。詳しい方、是非お願いします。

Aベストアンサー

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ読みで時速60Kmまで加速したとき、途中のメータ読みで、時速20Km、時速40kmのときの速度は、どうして分かるのか。そのときは加速し続けていたので、一定の速度という状態のときはなかった。 加速中は速度は測れないというよりは、例えば、0.5秒間でのタイヤの回転数をカウントできて、タイヤの外周の長さが分かれば、タイヤ外周×0.5秒間での回転数×(2×60×60)で計算したのを、0.5秒間の時速としてもいいだろうと考える方がまともでしょう。 この数式は、0.5秒間での回転数×(2×60×60) で、同じ状態が1時間続いたならばどれだけ回転するかを計算しています。たぶん、小学生でも分かる数式です。

ジェットコースタなどで上から落ちていく場合、長い下り坂を自転車に乗ったままこがずにブレーキもかけずに下る場合、どんどんとスピードがあがります。こういう状態を加速中といいます。速度が上がるのは、下の方向に引力が働き続けるからと言われています。 止まっているモノが動き出す、動いているものの速度が変わる、動いているモノの方向が変わるのは、そのときに力が働いたからだと言われています。 そのような運動に関わる力は、次のように定義されています。
(F =物体にかかる力。m =物体の質量。)としたときに、 F =m×α (ただし、α=物体に働いた加速度)
数式そのものは、単純なかけ算ですから、小学生でも分かります。 ただ、質量に加速度をかけるというイメージがピンとこないことはあるいかもしれません。円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来るようなものと思うのが、とりあえずは良いと思います。 加速度αが一定で変わらない場合、ものの質量も一定ならば、F =m×α ですから、力も一定となります。 そして、時間が経過すると、経過時間をtとすると、 t経過後には、速度は α×t だけ変化します。(単純に言えば、α×t だけ速度が上昇します) 小学生でも分かる数式だと思いますが、この数式も分からないと、この先の説明は難しいです。

《円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来る》という考えは、ビルのような大きなものでも、虫眼鏡でようやく見える小さなものでも同じに適用できるということも示しているのです。 (0.1ミリ未満の物体には体積はない)と考える根拠がないからです。 電子顕微鏡でようやく確認できるような小さなものにも、大きさも、質量もあると考えた方が妥当です。
空を東から西に移動していく太陽や月でも、観測は難しくても、0.1秒間でも移動していると考えた方が妥当です。
鉄球と羽毛を落下させる実験があります。
https://gigazine.net/news/20141105-feather-drop-biggest-vacuum-chamber/
重力加速度を実測する実験もあります。(通常、大気の中で計測しますので、乾電池などの空気抵抗の影響の少ない物体を落下させて測ります)
https://www.3bs.jp/pdf/UE1030300j.pdf
落下させる物体が、重くても、軽くても、羽毛のようなものでも同じように重力加速度が働くのならば、アルミの粉や小麦粉の粉でも、なん十トンもある鉄塊でも、同じ重力加速度が働くと考えるのが妥当です。
しかし、火星や土星付近を飛ぶロケットに働く地球の重力加速度は、とても小さいです。2つの物体間の引力は、2つの物体の質量だけでなく、2つの物体との距離にも関係しています。

ニュートンが提案した万有引力は天体観測結果と数学をつかって導き出した結論だそうです。小学校の計算では出せません。ただ結論は、つぎの数式です。
2つの物体が互いに引き合う力の大きさ(引力)Fは、2つの物体の質量m1とm2の積(m1×m2)に比例し、物体間の距離rの2乗に反比例する。 比例定数をGとすると、 F=G×(m1×m2)÷(r×r) と表される。
Fを表す単位をN(ニュートン)とし、質量m1と質量m2を表す単位をkg(キログラム)とし、距離rを表す単位をm(メートル)とし、比例定数をG(万有引力定数)を表す単位は( m3 kg−1 s−2 :m3はmの3乗・立方メートル、kg−1は(/kg)、s-2は(毎秒・毎秒 /(s×s))で、Gは、0.00000000006674 です。

1000kgの2つの物体の距離が1mの場合、Fを計算すると、66.74ミリNになる。 1Nは、9.80665で割って得た答えの0.102kg重という地球上の重力になるので、66.74ミリNは、地球上の重力に換算すると 6.674mgに相当する。 1m(メートル)の距離にある1トンの2つでさえも6.8mg(ミリグラム)重の力です。アルミの一円玉の1/150程度の力ということです。
地面にある離れたボールとボールやガラス板の上のステンレス球でも、そこに働く引力はとても小さいので、動くのを期待するのは難しいでしょう。 動くのを観察できないから、引力は働かないという考え方は妥当ではないです。

証明というのは、すべてのものについて一つ一つやるものではなくて、簡単に立証できるものについてやって、《「その立証したものと条件が異なる場合には、同じにはならない」というような妥当な推論が可能である》のではなければ、立証できたことを一般化していいのです。 
昨日は確かに男性であると確認できているのならば、今日は確認しなくても男性なのです。 気温や体重が変わっていても、昨日確認できていれば、それでいいのと同じようなものです。 鉄の塊は水に浮かびませんが、形状を船や中が空洞の球にすれば、水に浮くことがあって、そこに浮力の計算方法を発見できて、いくつかの実験でその計算方法で良いことが確認できれば、タンカーでも、深海潜水艇でも、ただの鉄の塊でも、浮力の計算はできるのです。

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ...続きを読む

Q宇宙空間に人間が投げ出された場合

SF映画などで、宇宙船の外部修理していて、
衝撃か何かで綱が外れ、宇宙空間に投げ出され、救出不可能になる場面がありますよね。
酸素が無くなりそのまま息絶えると思いますが、死後の身体的変化はどのようになりますか?
結果的には、ミイラのように骨だけ残るかな?と想像もできますが、
その途中経過では、腐敗するのでしょうか?

例えば、月や火星で、
宇宙服「無し」の酸素マスクだけで1時間ぐらい耐えられますか?
(10~30度で耐えられる適温の場所と時間だとして)
(皮膚呼吸も関係ありそうですが、数時間ぐらい酸素が無くてもほとんど影響無い説もありますよね)
それとも何らかの外気物質や水分消失で、一瞬で皮膚に障害が起こりますか?

鉢植えの植物(サボテンなど)が、どの程度生存できるか、実験してみたいです。

Aベストアンサー

SF小説大好きです。

まず「人間が裸で宇宙に放り出されたらどうなるか」と言う点ですが、1気圧が0気圧になっても人間は爆発しません。皮膚などの張力がかなり強いからで、だからそれなりの服を着ていれば、息を止めて(正確には肺が破裂しないように吐きながら)宇宙空間をさまよっても数分ならなんとかなるだろう、とされています。

宇宙服を着ている場合、生命維持装置が働いている間は問題ないでしょう。しかし、数時間すると酸素が減り、二酸化炭素が増えて酸欠症で人は死にます。

しかし、人が死んでも宇宙服の気密が破れていない限りは、そこそこ長い間空気は宇宙服内にとどまり、少しずつ減っていきます。また基本的に生命維持装置の動力が切れれば、零下というか絶対零度に近い宇宙空間なので死んだ人間の体は凍り、バクテリアや細菌が繁殖する余裕はないと思います。

しかし宇宙服はすこしずつ漏れてしまうので、水分などは徐々に失われていき(地上の零下の場所でもタオルを干せば乾くので、どれほど寒くても水分などは失われます)、中の人間はフリーズドライ状態になるはずです。

もっとも太陽の熱をずっと浴び続けて宇宙服の中が暑くなるなら、バクテリアなどで自然分解されるかもしれません。そして宇宙服から水分などが漏れて、いずれ干からび、どろどろの干からびた物体が宇宙服の中にある、と言うことになるかもしれません。

SF小説大好きです。

まず「人間が裸で宇宙に放り出されたらどうなるか」と言う点ですが、1気圧が0気圧になっても人間は爆発しません。皮膚などの張力がかなり強いからで、だからそれなりの服を着ていれば、息を止めて(正確には肺が破裂しないように吐きながら)宇宙空間をさまよっても数分ならなんとかなるだろう、とされています。

宇宙服を着ている場合、生命維持装置が働いている間は問題ないでしょう。しかし、数時間すると酸素が減り、二酸化炭素が増えて酸欠症で人は死にます。

しかし、人が死んで...続きを読む

Qレジ袋の有料化についてディベートを行います。 私は肯定側反駁です。 自分自身は反対側意見なのでうまく

レジ袋の有料化についてディベートを行います。
私は肯定側反駁です。
自分自身は反対側意見なのでうまくまとめられません。
どなたか、出来るだけ詳しくどのように意見を述べれば良いのか教えてください。

Aベストアンサー

日本人はディベートに慣れていないので、おもしろい議論になるといいですね。
既に回答されている方もいますが、ディベートをご理解されていませんね。

日本だけの事例だけで議論するのは不十分かもしれません。
法律で、有料化を強制するとか、レジ袋使用禁止にするという話は
日本では聞きません。また、企業側も約款で定めているわけでもないし
そもそも有料化の目的も一つではありません。日本に多い「曖昧」な
状態のため、議論が発散しやすいので、ディベートに参加せず、
事例の紹介だけに留めます。

「レジ袋」はペットボトルと並んで、日常語になっている和製英語ですね。
米国では、紙袋が多く、それも、袋に入れてくれる人がいるところも多く、
また、紙バッグかプラスチックショッピングバッグ(これが一般的な米語表現)か
選択するところもあります。また、有料化と言うよりも、課税とするところや
プラスチックバッグを法律で使用禁止するところ、あるいは、再利用をできるように
トートバッグに近い丈夫なものを推奨するところもあります。

6,7年前に、モスクワに滞在したときはすでにレジ袋は有料化され、
皆、バッグを持参していました。

ソウルでは、スーパーでは紙かプラスチックを買うか、持参するかですが、
コンビニではプラスチックバッグに入れてくれます。(全部じゃないかも
しれませんが)

上海でもプラスチック袋は法律で有料化されています。

日本人はディベートに慣れていないので、おもしろい議論になるといいですね。
既に回答されている方もいますが、ディベートをご理解されていませんね。

日本だけの事例だけで議論するのは不十分かもしれません。
法律で、有料化を強制するとか、レジ袋使用禁止にするという話は
日本では聞きません。また、企業側も約款で定めているわけでもないし
そもそも有料化の目的も一つではありません。日本に多い「曖昧」な
状態のため、議論が発散しやすいので、ディベートに参加せず、
事例の紹介だけに留めます。

「...続きを読む

Qコンセントに刺さっていましたが、これはなんなんでしょうか?

コンセントに刺さっていましたが、これはなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

画像検索結果。
Buy Koolatron PR30 PestContro Ultrasonic 500 Pest Repellent online | eBay
https://www.ebay.com/p/Koolatron-PR30-PestContro-Ultrasonic-500-Pest-Repellent/1300700483

説明文を自動翻訳させると、どうも超音波ネズミ撃退機ではないかと・・。違ったらごめんなさい。

Q「湖面の標高」とはどういう事ですか。 「チチカカ湖の湖面の標高はおよそ3800mである。」という文章

「湖面の標高」とはどういう事ですか。
「チチカカ湖の湖面の標高はおよそ3800mである。」という文章があったのですが、どこからどこまでの高さの事を言っているのですか。

Aベストアンサー

海の水面からチチカカ湖の水面までの高さ

Q微分積分

もう年がいっている母なので、分からないところがありました。初歩的かもしれません。教えてください。

Aベストアンサー

以下のように式変形できるからです。
つまり、√(64/3)と(8/3)√3は同じです。

√64=8
√(64/3)=8/√3

分母を有理化(整数化)して、

8/√3=(8×√3)/(√3×√3)
=8√3/3
=(8/3)√3

Q車の免許を持ってないので、高速バスとかにたまに乗るときにしか高速道路を走りません。 高速道路に「東京

車の免許を持ってないので、高速バスとかにたまに乗るときにしか高速道路を走りません。
高速道路に「東京○○キロ」とか「横浜○キロ」と書いてあります。
東京や横浜のどこでしょうか?

Aベストアンサー

話がごっちゃになっていますが、高速道路の看板には
①インターチェンジ(出入り口)までの距離を示す大看板
②一般道と同じ都市までの距離を表すもの
③起点からの距離を示すキロポスト
の二つがあります。

①は運転している人に「目的の出入り口まであと○キロですよ」と言うことを教えるためにあり、たとえば後100キロぐらいなら「じゃあ、1時間かかるから一回休憩しよう」とか「ガソリンが持たないからサービスエリアで給油しないとダメだ」ということを教えるためにあります。
ですので、これは「出口までの距離」でこの看板は大きく「○○IC ×Km」と書いてあります。バスの座席だと見えないかもしれません。

②はその都市の基準点までの距離を表すものです。東京ならほとんどの道路が日本橋で、高速道路も基本的には「国道のバイパス」なので日本橋が起点になっています。横浜を含めた他の年は市役所までの距離になります。

参考 http://blog-imgs-37.fc2.com/r/o/a/roadkawasaki/bl-m407aa.jpg
この写真でいうと、
17・18と番号が振ってあるのが「三ケ日インターチェンジまでの距離」などで入口までの距離
番号がなく「名古屋」と書かれているのが、名古屋市役所までの都市間の距離です。


③は20mごとに何キロかだけ書いてあり、時々「東京 ○Km」などと書いてあります。これはちょうど100kmなどのキリ番がほとんどで、この距離は「その高速道路の始点からの距離」になっています。東名高速だと東京料金所と首都高用賀料金所の中間地点(東名と首都高の管理が分かれるところ)にあります。

この標識は事故や道路補修のときに使われるもので、運転していて事故や障害物などを報告する場合は「上り線○kmポスト付近で故障して止まっています」などと連絡するのに使います。

話がごっちゃになっていますが、高速道路の看板には
①インターチェンジ(出入り口)までの距離を示す大看板
②一般道と同じ都市までの距離を表すもの
③起点からの距離を示すキロポスト
の二つがあります。

①は運転している人に「目的の出入り口まであと○キロですよ」と言うことを教えるためにあり、たとえば後100キロぐらいなら「じゃあ、1時間かかるから一回休憩しよう」とか「ガソリンが持たないからサービスエリアで給油しないとダメだ」ということを教えるためにあります。
ですので、これは「出口までの距離...続きを読む

Q竹の高さの計り方について

タケノコから竹になるまでの成長について調べています。毎日タケノコの伸びを計っていますが、明日以降2mを超えそうで届かなくなりそうです。
今まではメジャーで計っていましたが、今後メジャーでは困難なのでどうやって計ればよいのかを知りたいのです。
地面は段差があったり、ガタガタだったり、小山になっていたりして脚立やはしごは無理です。
出来れば2m10cmとか3m50cmとか数十センチ単位まで(だいたいでよいのですが)わかる計り方を教えていただきたいです。
試しに、すでに大きくなっている竹をスマホのアプリのSmart Measure Proで地面を起点にしてテッペンに焦点を当てると「MAX」と表示され計れません(私の使い方が悪いのかもしれませんが)。
また、suaokiというレーザー距離計を使ってみましたが、昼間はレーザーポイントが見えなくて計れませんでした。
何か良い方法がありましたら、ご教示いただきますと助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

少し離れて、竹先端の仰角を確認すればよいです。
高さ=離れた距離×tan(仰角) で計算できます。

或いは、少し離れたところに棒を立てて、更に離れて、
棒の先と竹の先が重なって見える場所と視点高さから、
丈の高さは計算できます。

現代の、原理不明な最新道具に頼るまでもなく、
昔から用いられた基本技術を考えてみるチャンスでもあるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング