人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

電池と抵抗でできた簡単な回路を作ります。キルヒホッフの法則によれば,電池を繋いだときにショートしないためには電池の起電力分の電位降下が抵抗で起きなければなりません(その電位降下は消費電力が原因?)。よって抵抗には電位差及び電場ができます。電場をつくるのは電荷ですから,このとき抵抗の両端に電荷分布ができているのでしょうか?
何か間違ってる点があれば教えてください。

あと電池を繋いでから回路に流れる電子は抵抗が持っていたものですか?それとも電池が出したものですか?

A 回答 (11件中1~10件)

>電池を繋いだときにショートしないためには電池の起電力分の電位降下が抵抗で起きなければなりません(その電位降下は消費電力が原因?)。

よって抵抗には電位差及び電場ができます。

なんか、因果関係が逆ですね。
電池をつなげば、回路全体に「電場」ができて、電荷が移動し始めます。抵抗がなければ、この電荷は電場によって加速され続けて「無限大」の電荷が流れます。これが「短絡」です。通常は、導線のわずかな抵抗に大量の電流が流れ、消費電力「I^2・R」の発熱で導線が焼き切れます。
抵抗があれば、加速される電荷は「抵抗」(通常は、電荷と抵抗を構成する電子との衝突)によって一定値(電流、電圧、抵抗の平衡状態)以上の電荷は流れず、そのバランスに相当する「電圧=電位差」が維持されます。

>電場をつくるのは電荷ですから,このとき抵抗の両端に電荷分布ができているのでしょうか?

電場を作っているのは「電池」の電位差です。「起電力」ともいうかな。
抵抗の両端に「電荷分布」はできません。「抵抗の構成原子」と衝突しながら進む「電荷の流れ」があるのです。「静的」なものではなく「動的」です。

>あと電池を繋いでから回路に流れる電子は抵抗が持っていたものですか?それとも電池が出したものですか?

電池、導線、抵抗の中にある電子が、「電場」によって「ところてん」のように押し出されているような感じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど,段々分かってきた気がします。質問なのですが,回路問題では基本的に何も書いてない部分の導線は等電位になっているとして扱われますよね?これは抵抗値R=0と理想化して導線自体が電池の延長のようなものになっているのでしょうか。それで結局抵抗にだけ電池の電位差がつくる電場が現れる?

お礼日時:2019/03/28 13:15

>オームの法則はドルーデモデルの簡単版みたいなので


>導出したことはあるんですが,それとはまた違うのですか?

いえ、ドルーデで良いです。
ドルーデは平均散乱時間が一定であることが理論の要ですが、
平均散乱時間はフェルミ速度で決まります。
もし、フェルミ速度とドリフト速度が近いと、平均散乱時間が
ドリフト速度の影響を受ける筈ですが、実際には全然桁違いなので
無視できます。

よく、高校生向きに、ドリフトだけでドルーデを説明する
なんちゃってドルーデが参考書に載っていたりしますが
フェルミ速度を含めて理解しないとドルーデとは言えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなのですね,分かりました。その話,十分意識しておこうと思います。ありがとうございました^ ^

お礼日時:2019/03/29 18:02

>電流としての電子の移動は個々の電子のランダムな速度よりずっと遅く,


>また電流自身と比べても値の桁が違うとは聞いたことがあります

正しいですね。前者はフェルミ速度といって光速の0.5%くらい。
後者はドリフト速度といって、実生活では 数10cm/s 以下。
金属は1立方ミリメートルあたり、10 Cくらい(1 mLでー万 C)の
巨大な電荷を持っているので、ドリフト速度は遅いです。

蛇足ですが、この2つの速度比が巨大であることが
オームの法則を成立させています。本当。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>この2つの速度比が巨大であることがオームの法則を成立させています。本当。

なんと,それは知りませんでした。オームの法則はドルーデモデルの簡単版みたいなので導出したことはあるんですが,それとはまた違うのですか?(ちなみに導出後,金属の自由電子数密度〜10^28/m³などの数値を代入してドリフト速度がかなり遅いことを確かめました。)
何度もすみません

お礼日時:2019/03/29 13:11

No.1です。

「お礼」に書かれたことについて。

>なるほど,段々分かってきた気がします。

はい、よかったです。

>質問なのですが,回路問題では基本的に何も書いてない部分の導線は等電位になっているとして扱われますよね?これは抵抗値R=0と理想化して導線自体が電池の延長のようなものになっているのでしょうか。それで結局抵抗にだけ電池の電位差がつくる電場が現れる?

「抵抗値R=0と理想化して導線自体が電池の延長のようなものになっている」ということです。導体の中に電場があれば、自由電子が「ささっ」と移動して電場を打ち消しますから、導体の中は「同電位」で電場が存在しないのです。ということで、電池の電位がそのまま「延長」されていることになります。

「それで結局抵抗にだけ電池の電位差がつくる電場が現れる?」

まあ、そのような感じです。導体と違って、電子が「ささっと」は動けず、引っ掛かりぶつかりながら移動するので「上流側」で電子がせき止められてたまり、その電荷の偏りが電場を作るというイメージかな。


全体として、池からポンプで水をくみ上げ、その水を「太い配管」や「細い配管」、「フィルター」を通してまた池に戻す「水路」のようなものでイメージしてみてはどうでしょうか。
流れている水は、別に「ポンプが生み出した」わけではなく、池からくみ上げて「圧力を高めたもの」です。水は非圧縮性なので、分岐・合流がない限り「同じものが池からくみ上げられて、最終的にまた池に戻る」ということを繰り返しているだけです。ポンプは「圧力を上げる」という「エネルギーを付与する」ことをしています。電池も基本的に同じ。
流路抵抗のほとんどない「太い配管」は、抵抗のほとんどない「導線」に相当します。細い配管は、水の粘性や管壁との摩擦でちょっと流れにくいので圧損が大きく、管の入り口と出口とでは「圧力差」が生じます。入り口で、水が流れにくくて滞留して圧力が高くなっている。
「フィルター」はもっと水が流れにくく、大きな「圧損」を生じて出入り口の圧力差は非常に大きい。電気回路の「抵抗」に相当。
こんな感じかな。
「水の流れ」は「圧力差」によって起こります。その「圧力差」を作り出しているのがポンプです。電気回路でいえば「電池」。
そして「フィルター」の圧損・圧力差は「水の流れ」によって生じます。論理は逆ですが、フィルターの中に水が流れるのは「出入り口に圧力差があるから」です。鶏と卵で、どちらを「原因」どちらを「結果」と考えるかは、「全体を見るか、局所を見るか」などによって変わります。

「電圧があるから抵抗に電流が流れる」のも「電流が流れるから抵抗に電圧が生じる」のも、何を原因として、何を結果とするかの「見方の違い」なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大分理解が深まってきました,ありがとうございます。やはり水流との対比はイメージがつきやすいですね。丁寧で分かりやすかったです。

お礼日時:2019/03/29 12:32

>仰るように最終的には電源での供給量が重要になってくるのでしょうか


確かにそういう結論になるかもしれません。
でも、電子と電流をあまり意識しすぎないように、と言ったように。
電気はエネルギー、電子は電気エネルギーを帯びた粒子、まったく別ものと考えたほうが。
>電源での供給量
電子の供給量ではなく、電気エネルギーの供給量です。
考え方の参考例?。
2本のレールを平行に並べます、1本には鉄球10個ピッタリくっつけて並んでいます。
2本のレールの端から、10個の鉄球と同じ鉄球を、同時に同じ速さで転がします、10個の鉄球の後端にぶつかった瞬間、先頭の鉄球が飛び出します。
比較のための、レールだけを転がる鉄球が10個の先端に行くより早くです、エネルギーは瞬間に伝わるからですね。
次に先頭の鉄球が飛び出ないように止めて、エネルギーが伝わると、音が出る装置をつけると、伝わったエネルギーが音のエネルギーに変換されます。
鉄球の動きを電子に例えると?、動く必要ありませんね、それでもエネルギーは伝わり音は出ます。
ただし半導体では、事情がことなるようです、電子や正孔の動きが直接エネルギー(情報)の伝達に影響あるらしい、半導体内では伝達速度が落ちる?。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど,いわゆるところてん方式の説明とはそういうことだったのですね。確かにエネルギーや情報伝達の流れとしての電流なら電子の運動よりずっと速いのも納得がいきます。…と思って調べてみると,現代では更にそのところてん方式の発想をこえて,電気エネルギーは電磁波により空間を通って光速で伝えられるとか…。ここまで来ると専門の知識が必要そうでどうにもできません、、、
でも電流を,ただ回路をぐるぐる巡る電子の動きというよりむしろ一瞬で伝わるエネルギーの流れのように捉える視点が得られて見方が広がりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/03/29 12:23

No.2です。



> 抵抗では…電荷の移動が…電位降下が生じるだけという解釈でしょうか。
そうです。

> 電池には電荷分布による電場があると言えますかね?
電子と電荷の関連付けにもよるのでしょうが、
電荷分布によって電位差が生じている、という事です。

なお、一般的に電場というのは、電界差がある空間(絶縁媒体も同じ)を言います。
なんとなく、電気回路と電場を結び付けることにこだわっているようですが、
そんな必要はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど分かりました。
すみません,初学者なので
電荷が湧き出しや吸い込みの電場をつくる
→電荷が電場によって力を受ける
→単位電荷あたりの電気力(電場)による位置エネルギーが電位として定義される
くらいのことしか知らず(あと電流の定義とか),全部この組み立てで理解しようとしてました、、、
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/03/28 16:35

抵抗に流れ出して電界が発生するなら導線でも同じです。

抵抗に電界が発生するのはオームの法則、
電流と電圧がある場合です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああ,すいません。流れ出す電子が電場をつくるみたいな書き方になってましたね。抵抗では電流に比例した電位差とそれに伴う電場が生じ,そもそもその原因となったのが電池で作られた電位差(起電力)(つまり外部電場)ということですね?

お礼日時:2019/03/28 15:42

電子は電池から・・・とは限りません、回路全体にあった自由電子が移動・・・・・、最終的には電池から供給?。


※電子の移動と電流の向きは逆、これを強く結び付けすぎると間違いのもと。
電流はほぼ瞬時に伝達します、これに比べ電子の移動速度ははるかに遅いらしいです。
電子の発見があとだったから・・・・は無関係と思ったほうが、電流はエネルギー、電子はエネルギーを持った物体?、当然光並みの速度で移動は不可。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

電流としての電子の移動は個々の電子のランダムな速度よりずっと遅く,また電流自身と比べても値の桁が違うとは聞いたことがあります(電流としては電子の個数や分布が問題になる?)
どうやら流れる電子は回路全体から出ているようですね。でも電池と大きな電源とではショートしたときの熱量が全然違うようですから,仰るように最終的には電源での供給量が重要になってくるのでしょうか。

お礼日時:2019/03/28 13:57

特に間違っていないと思います。



導線(導体)内の電場はほぼゼロ。
電源の電位差はほぼそのまま抵抗にかかるので
抵抗器内には電場が存在します。

導線と抵抗器の境界領域にマックスウェルの方程式の1つ
divD=ρ
を適用すると、境界の電場が急激に変化する部分に
#導体と抵抗器の接合部に
電荷が存在しなければならないことがわかります。
これは電流の有無とは無関係に成立するはずです。

見方を変えると、電源から供給される電荷で、抵抗器の
両端に電荷が蓄えられ、そこから抵抗内に流れでる分を電線から
補っているという構図かな。

またこの電荷が電線内の電場を打ち消しているのでしょうね。
勿論電線の表面電荷も手伝っていると思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

導線内の電場がほぼ0は抵抗部分以外は(繋がっているところは)等電位とみなせるということですね。少しずつイメージが湧いてきました,ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/28 13:41

1.


あまり細かいことを言ってもしょうがないのですが(多分難しい問題なので私には無理)、
電池の起電力は電荷を分離させる力です(分離したことによって発生した電界に逆らって
分離するが、ある電圧で釣り合って安定する)。

したがって、電池の+と-の極には文字通り電荷があり、その電荷によって、電池の内外に
電界を発生させています。

近くにある抵抗にもその電界が侵入しています。ただし、抵抗は導体でもあるので、その
電界を打ち消すように電荷が分離して抵抗内部には(電流が流れない限り)電界はありま
せん(瞬間とか超高周波とか難しいことは無し)。

抵抗をその両端に接続すると電流が流れ、抵抗には電界が発生して、

  「抵抗の両端にも電池と同じ符号の電荷があります(接触直前までは反対符号
   の電荷がある)」。

物理が示すのは物理量の関係(方程式)だけなのですが、それを解釈するのは人間の都合
(理解の助け、導き)です。役に立つこともあれば、「ちょっとぉ?」ということが出た
りします。

オームの法則も「電流を流したから電圧が発生した」のか、「電圧をかけたから電流が流
れるのか」は、普通は突き詰めてもあまり意味が無いように思います。オームの法則は現
在ある電流と電圧の関係を表すだけなのですから。

なお、「その電位降下は消費電力が原因?」には答えられませんが、普通はこのような言
い方は無く、しても「電圧がかかるか電流が流れて電力が消費される」と思います。物理

の示すのは「電圧と電流の積の正負によって、電力が消費されるか供給される」という関
係だけです。

2.
回路に流れる電子は、回路全体にある電子が数珠つなぎになって、ぐるっと回る(亀のよ
うに鈍い速度と言われている)イメージですから、「何処が出したか?」という問いは漠
然としています。

以上
    • good
    • 1
この回答へのお礼

電池のつくる外部電場により,静電誘導としてそれを打ち消すように移動していた電子達が導線を繋ぐことで流れ出し,抵抗内には外部電場と同じ電場ができるということですかね?
物理法則が関係性を述べただけだという話はとても分かりやすかったです。確かにオームの法則についても,結局は卵が先か鶏が先かみたいなことになってしまいそうですね。

お礼日時:2019/03/28 13:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか? だとしたら、m

F=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか?
だとしたら、mghなどの位置エネルギーは高さにより異なりますが、力は一定なのでしょうか?
だとしたら、エネルギーと力って比例しないのですか?

Aベストアンサー

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので、速度変化は、地球上の人には感じられない。

また、なぜ時間では力積になり、距離では仕事量などのエネルギーになるのでしょうか?
違いはなんとなくわかりますが、力積とエネルギーで求める式が違う理由はよくわかりません。>
運動量(=力積)と距離は両方とも必要な量です。時間と空間(=距離)は宇宙の構成要素です。力×時間は運動量、力×距離は距離となる。相対論の4次元運動量では、空間成分は
運動量,時間成分はエネルギーとなっている。
なぜという理由はない。現実の世界はそうなっている、というのが今できる答えだろう。
なぜ、世界には時間と空間があるのですかという疑問に近い。なぜという疑問はやめて、
運動量やエネルギーがどうなっているかをよく調べるのが、世界をよりよく解明する道であろう。

下向きの力はFで、下向きの衝撃はFtなのでしょうか?>
この質問は正しいです。そのとおりです。
F=mg,Ft=M=mgt=m√(2gh)

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので...続きを読む

Qなぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか? ちなみに、仕事量と運

なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?
ちなみに、仕事量と運動エネルギーは同じものですか?
また、力積を速度に関して積分すると運動エネルギーの式になるのは偶然ですか?
正直速度に関して積分するイメージがつかないためたまたま運動エネルギーの式になったのかなと思いました。

Aベストアンサー

>なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?

導けません。そもそもカ積はベクトル量。それを時間積分しても
ベクトル量です。絶対にエネルギーにはなりません。

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q物理基礎の水圧の公式はなぜ丸暗記ではいけないのですか? もちろん他の公式もこの公式も、何故そうなるの

物理基礎の水圧の公式はなぜ丸暗記ではいけないのですか?
もちろん他の公式もこの公式も、何故そうなるのかを考えながらしっかり勉強しています。
しかし、私が今やっている参考書も、物理の先生も、この公式は自分でしっかりと導き出せるようになれと言います。
何故この公式に限ってそんなことが書かれているのですか?

Aベストアンサー

あまり気にする事は無いですよ(^^)
水圧の公式の導出過程に物理を勉強する上でのエッセンス的なものが含まれているわけではありませんから・・・(^^;)
多分、水圧に対する生徒の理解が低いと、参考書の執筆者や先生が感じているから、そういう風に言っているのだと思います。
公式の出てくる理由どころか、公式さえも憶えていない生徒が多いって事ではないでしょうか?

Qオーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

オーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

Aベストアンサー

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います、でも どう考えても違いあるとは思えず私と同様に誰も
同意しませんでした そんな事ある訳ないと~ 私も含め「聴き比べ」した事ありませんが。

それから2,3年後 旧帝大の音響学の教授が半導体アンプと真空管アンプには音に違いがあると言っていたと別の知り合い
から聞いて本当に違いあるのかも知れないと思いながら今に至ってます。
真空管アンプを使う人は違い解かる人と考えて良いかも知れません 真空管マニアとも呼ばれます。
最近は見掛けませんが真空管アンプを手作りし販売している人も居りました 一台一台手作りですから大変高価でした。
今でもネットオークションに時々出る事あります。

その後レコードの時代からカセットの時代になり持って歩けるようになって何処でも簡単に音楽聞けるようになりました。
私もカセットテープで聞くようになり毎日聞いておりましたが聞いている内に満足出来なくなり もっと良い音 聞きたいと
エスカレートしていきました 車のラジオで聞く音楽はFMだけになってしまい こういうものなのだと思います。

真空管マニアによると電源入れてから1時間後とか経ってから音楽を聴くとか こうでないと良い音しないそうです。
感覚というものは訓練すればするほどに研ぎ澄まされるようで違いは測定器で測れるものではないようです。
尚 歪はアンプよりもスピーカーで決まります 40年前でしょうかスピーカーの歪率仕様 調べ比較した事ありますが1%以下 
保障されたものはありませんでした 多分現在もないでしょう 、スピーカーの歪率はパワーで変わりますが10倍にすると
歪率は3倍でした 半導体アンプの歪は当時も大変小さく0,01%程度でしたので歪の違いではありません 。
何なのでしょう 私も知りたいです 最近は音楽 全く聴きません。

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います...続きを読む

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。

Q電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

Aベストアンサー

昔は電子のことは知られていませんでした。

磁力の場合N極を出発してS極に収斂するように磁力線を描くという暗黙の了解がありますが、その方が人間の感覚に合っているからです。

同じく電流も「何かが流れている」という認識でした。
それにはマイナスからプラスに流れるよりプラスからマイナスに流れると考えた方が人間の感覚に合っています。
なので電流の向きは「プラスからマイナスへ」と決まりました。

その後電子が発見され実は電子の運動(の伝播)だということがわかりますが、それはすでに電流の向きが歴史的に定着した後でした。
さまざまな法則や技術の中に電流の向きは広汎に取り入れられてしまっており、もはや変更は不可能でした。

読めばわかるとおり、電流の向きには電子のような実質はありません。

Q運動エネルギー

運動エネルギーは(mv^2)/2ですが
なぜ運動量mvをvについて積分した式なのでしょうか
個人的には運動量のほうが運動エネルギーに思えます

Aベストアンサー

加えた仕事が、エネルギーの変化分です。
エネルギーの初期値をゼロにすれば、加えた仕事はエネルギーそのもの。

加えた仕事は、「力」を変位で積分したものです。(高校物理では、「力」を一定にするので「力の距離の掛け算」)
つまり
 W = ∫Fdx = ∫(ma)dx = m∫(dv/dt)dx = m∫(dx/dt)dv = m∫vdv = (1/2)mv^2

初期値をゼロにするのでなければ、積分を「定積分」にしてください。そうすれば「変化分」になります。

Q大学範囲の物理の問題です。 初めて見る問題で、どのように考えれば良いのか分かりません。 ご教示お願い

大学範囲の物理の問題です。

初めて見る問題で、どのように考えれば良いのか分かりません。
ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

これは回転座標系で考えないと難しいでしょう。
管が止まって見える回転座標系では、球に遠心力とコリオリの力が働く。
この内、球の動ける方向の力は遠心カだけなので、球の運動方程式は
'は時間微分を表すとして

mr''=mrω^2 (r'' は rの2階時間微分 つまり加速度 (^-^; )

定数係数の2階線形微分方程式の解き方は
教科書を見ていただくとして、答えは天下りですが(^-^;

r=c1・e^ωt+c2・e^(-ωt)
r'=dr/dt=ν=c1ω・e^ωt-c2ω・e^(-ωt)

初期条件
r(0)=r0
r'(0)=v(0)=0
から
c1+c2=r0
c1-c2=0
→ c1=c2=r0/2
→r=r0・coshωt
→r'=v=r0・ω・sinhωt


管と球の接触方向は球の運動方向と垂直。
つまり、管と球の接触力は球にかかるコリオリの力と釣り合うはずなので

N=2mων

オンラインで解いたので、間違ってるかも(^-^;

考察

回転しない座標系でみると、球の移動方向と、球と管との間の接触力は
垂直では無くなるので、球は管との接触力で加速する。
これを回転座標系でみると、接触力は加速に関与せず、仮想の遠心カ
が加速を行っているように見える。
でも、結果は同じ筈。

これは回転座標系で考えないと難しいでしょう。
管が止まって見える回転座標系では、球に遠心力とコリオリの力が働く。
この内、球の動ける方向の力は遠心カだけなので、球の運動方程式は
'は時間微分を表すとして

mr''=mrω^2 (r'' は rの2階時間微分 つまり加速度 (^-^; )

定数係数の2階線形微分方程式の解き方は
教科書を見ていただくとして、答えは天下りですが(^-^;

r=c1・e^ωt+c2・e^(-ωt)
r'=dr/dt=ν=c1ω・e^ωt-c2ω・e^(-ωt)

初期条件
r(0)=r0
r'(0)=v(0)=0
から
c1+c2=r0
c1-c2=0
→ c1=c2=r0/2
→r=r0・...続きを読む

Qsinθ×cosθは何になるんですか? 角度θの時の斜辺に対しての高さの比×角度θの時の斜辺に対して

sinθ×cosθは何になるんですか?
角度θの時の斜辺に対しての高さの比×角度θの時の斜辺に対しての底辺の比=?

Aベストアンサー

↓ こういうことをお求めなのかな?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング