グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

私は地方公務員 62歳医師(定年は65歳です)

27歳から働き始め、現在に至ります。昨年の「ねんきん定期便」を見ますと、これまでの保険料納付額(累計額) ①国民年金 ¥0
          ②厚生年金保険(被保険者負担額)一般厚生年金期間 ¥359,446
                        公務員厚生年金期間 ¥18,857,523

                        合計¥19,216,969 支払っていますが、
62歳よりの特別支給老齢厚生年金 ¥1,967,027(1年間受け取り見込み額)
65歳よりの           ¥2,652,777(同上)
約¥1900万支払って65歳からこれだけしかもらえないのかと驚いています・・
こんなもんですか、間違いではないのですか・・現在は当然、特別支給の年金は¥0です・・労使折半ですから実際はこの2倍支払っている事になります。
ネットで年金¥30万/月もらっているという方がいますが、一体いくら支払っていたのか?と思うのですが・・教えて下さい、怒りで興奮して眠れません・・

妻(58歳)も働いて¥800万/年 有ります・・

A 回答 (7件)

>間違いではないのですか・・


間違いないです。

>ネットで年金¥30万/月もらって
>いるという方がいますが
誤解です。

老齢厚生年金は上限が決まっており
年収1000万を超えても年金額は
変わりません。
働き始めた当初から、年収がその
レベル(当時だと800万程度か?)
で、ずっときていたとしても、
年金額は300万ってところです。
そんな人はそうそういません。

それから地方公務員ってことですから、
共済年金の職域加算部分があるはず
です。それが『ねんきん定期便』に
含まれているかどうかは不明です。

さらに公務員の退職給付もあると
思います。

さらに、奥さんがいますので、
加給年金が年39万ほど加算されます。
★奥さんが65歳になるまでの4年程
になります。

ということで、
①共済年金の職域加算部分
②共済年金の退職年金
③加給年金
が、他にあるかないかご確認下さい。

いかがでしょう?

参考
https://www.chikyosai.or.jp/division/long/outlin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納得しました・・

お礼日時:2019/05/04 09:32

27才から65才までの保険料納付であれば、貰い過ぎるぐらいです。


22才大学卒正規入社で65才まで勤務でも、もっと少ない
(大学も地方公務員の医師より、遥かに頭良い旧帝大卒で、一部上場の役員まで昇進)

保険料納付額19,216,969円より多く納付

自分は、医師で特別と思っているの?

欲ボケもいい加減しないと
    • good
    • 3
この回答へのお礼

誰がそんな事言いましたか、ちなみに私は旧帝大医学部卒業です・・

お礼日時:2019/05/04 09:28

皆さん多忙な中、回答しているのに、お礼の投稿もない


貴男は、一般常識すらない
その様な人間が、医療行為して良いか
心配です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そんな事言われる筋合い無いわ・・

お礼日時:2019/05/04 09:29

怒りで興奮して眠れません・・


⇒ ?????

貴男の投稿見ていると、適格な診察出来るのか心配になります。
怒りで興奮等一般常識では考えられません。
他の科の医師に診察受けられることをお薦めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そんな事言われる筋合い無いわ・・ひがむな・・

お礼日時:2019/05/04 09:30

僅か19百万円しか払っていなくて、年2,652千円もの年金貰える等、貰い過ぎと考えるべき


民間保険会社の終身年金で、年2,652千円も貰おうと思えば、どれだけの保険料か試算して貰えば
驚く程、多額の保険料になりよ!

欲ボケも程々に
貴方の様な医師に診察受けたくない!
    • good
    • 2

19,216,969円×2÷2,652,777円/年=14.48年



 つまり、65歳から14.5年間年金を受給すれば、労使折半折半分合わせて支払った額が受給できます。今62歳なら平均余命は22年程あります。つまり貴方と同世代の半数以上が、65歳から18年は受給します。265万/年×18年=4770万円。不養生をせず人並みに生きれば、払った額以上が受給出来ます。

 一体何が不満なのでしょう?。質問文からはもっとよこせ!としか読み取れませんが、一体、どこからそんなお金が出てくると思っているの?。アンタはそんなに払ってないよ。

>怒りで興奮して眠れません
 それは相当イカレた強欲ボケジジイの振る舞いとしか思えません。ちなみに私は60歳です。呆れ果ててこの回答をしました。
    • good
    • 3

ここに質問者さんの現在までの加入状況がわかるわけでもなく、定期便の内容についてなんら、検証することはできません。

間違いありませんとの断定的な答えをするだけのデータは、もちあわせているはずも質問者さんがお示しされてるわけでもありません。
間違いないんでしょうかとの質問にも違和感覚えますし、それは、
間違いありませんとの回答自体無責任なものに思えます
単に常識的に考えて、共済、年金機構が、過去データを基に計算してるのだから、そうなんでしょうとしかいいようありません。

ただし、月30万って誰のことなんでしょう。
違う年代やほかの人の年金額をみたところで、現在には適用されませんよ。ましてや、ネットなら真偽すらわからないですよ。
定期便も今までに何度か発行もされてるでしょうし、みてもおられるでしょう。
今さら、怒りで云々は、おかしいですよ。
怒ったところでどうなるものでもないですし、
現実と言うものをおしりになる必要はあります。
厚生労働省のモデル世帯をご存じでしょうか。
厚生年金を40年かけた夫と専業主婦の世帯で二人会わせての年金が、月22万ほどですよ。
一度厚生労働省hpをお調べください。

また、お示しの支払い総額自体極端に高いものではなく、上場企業の会社員ならそんなものです。
今の年代の年金額なら、それでも多い方ですよ。

さらに、根拠なく加給年金が4年つくなんて、断定されている方がいますけど、それは、わかりません。
つかないことも十分考えられます。
質問内容だけではどちらともだんていはできません。
奥様がお勤めの長い方で厚生年金共済年金合計が20年以上かけてるかたなら、夫の65際いこうで受給となりますので加給はつきません。
また、加給の対象は収入を850万未満の妻が対象ですのでそもそも、対象ではないかもしれません。
いつも思うのですが、確証もなく断定的な回答されるかたもありますので、よく注意なさってください。

とにかく、冷静に判断されることです。
実際内容について疑問あるなら共済組合に問い合わせることですね。共済がほとんどのようですのでね。
医師であれば、冷静かつ論理的に判断されることです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

納得しました・・

お礼日時:2019/05/04 09:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金受給額について

先日父が亡くなりました。
通帳を確認したところ
厚生年金と企業年金合わせて
月に48万円でした。
テレビやネットを見ても
月15万ほどが平均と聞いたり
みたりしていたのでものすごくびっくりしました。
公務員や銀行員の方は年金が多いと聞きます。
父はIT系?のエンジニア?か
何かよくわからないのですが
パソコン関係の技術職でした。
そして小さい頃から貧乏ではなかったですが
特別お金持ちだった記憶もありません。
企業年金は
収入に対しての支払いなのでしょうか?
それとも自分で決めれるもの?
年収がいくらであれば
この額の年金になるのでしょうか?
とても不思議だったので
どなたか教えて下さると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No8です。

もらってる方もたくさんいらっしゃるんですよね?そこが知りたかったのです。
⇒企業年金を含めて月50万円の年金は、大学卒業新卒で大企業に入社し、定年まで勤めた人の大半はそれぐらいの年金になります。
(但し、企業年金の全額又は、一部を一時金で受取った人は、そんなにならない)

貴方は、現在の自分の家庭の年収400万円からして、現役より年金生活者の方が多い事が信じられないのでしょう

尚、厚生年金は比較的若い頃(自分の場合は35歳位)から、標準報酬月額の上限(最高)になってしまいますので、ほぼ皆同じになってしまいます。
厚生年金額受給額からして現役時代の年収推定出来ません。

ただ、ネット・TVは平均を言っているので低いのです(平均のトリックです)

現在40才台以下の人達は、残念乍ら企業年金も相当少なくなっていることでしょう

何度も申し上げる様に、保証期間の無い又は保証期間が5年程度と極めて短い期間の終身年金等考えられませんが?
(他の方も、残りの一時金と言っているのがそれです)

Q残された夫が遺族厚生年金をどのようにもらえるのか質問です。 現在夫61歳 アルバイト 月八万円の収入

残された夫が遺族厚生年金をどのようにもらえるのか質問です。
現在夫61歳 アルバイト 月八万円の収入
妻51歳 公務員 年収900万 子供が16歳と15歳です。
妻が今亡くなったら、末子が18歳まで遺族基礎年金はもらえると思いますが、夫は遺族厚生年金をもらえるかどうか、もらえるとしたらいつからいつまでもらえるか知りたいです。
ちなみに夫の老齢厚生年金【年額75万】より妻が亡くなった場合の遺族厚生年金【年額100万円】の方が多いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

考え方としては、No3さんのご回答どおりです。ただし、支給額の計算方法は以下のようになります。

夫が65歳になるまでの間は、遺族厚生年金の額は100万円で、夫自身の「特別支給の老齢厚生年金」(75万円)の受給権が得られた後も、遺族厚生年金額のほうが多いので、こちらを選択します。

そして、夫が65歳以降のときの支給額の計算は以下のようになります。

> (※)遺族厚生年金の額について
> 遺族厚生年金の受給権者が死亡した方の配偶者である場合、その遺族厚生年金は、
> 1.亡くなられた方の老齢厚生年金額の3/4
> 2.亡くなられた方の老齢厚生年金額の1/2 + ご自身の老齢厚生年金額の1/2
> の2通りの計算方法があり、いずれか多い額が支給されます。

上記注の1よりも、2のほうが多いので、2の計算方法で支給されます。
すなわち、「亡くなられた方の老齢厚生年金額」は、100万円÷3/4≒133.3万円ですから、
 133.3万円×1/2+75万円×1/2≒104.17万円
 104.17万円-75万円=29.17万円
が差額として支給される遺族厚生年金額です。

結果として、自分の老齢厚生年金と合わせて、約104.17万円支給されるということです。
(老齢基礎年金は別に支給されます)

考え方としては、No3さんのご回答どおりです。ただし、支給額の計算方法は以下のようになります。

夫が65歳になるまでの間は、遺族厚生年金の額は100万円で、夫自身の「特別支給の老齢厚生年金」(75万円)の受給権が得られた後も、遺族厚生年金額のほうが多いので、こちらを選択します。

そして、夫が65歳以降のときの支給額の計算は以下のようになります。

> (※)遺族厚生年金の額について
> 遺族厚生年金の受給権者が死亡した方の配偶者である場合、その遺族厚生年金は、
> 1.亡くなられた方の老齢厚生年...続きを読む

Q国に遺贈させることは可能か

法定相続人がいない人が誰かに遺産を残すのは遺贈と呼ばれているようですが、
特定遺贈で価値のある資産をAさんに指定して、その他の価値のない遺産は何も指定しなければ最後は国が引き取ってくれる(実際にはAさんでなければ誰でもいいのだけれど)と考えていいでしょうか。
この場合、Aさんには価値のない資産の管理責任やその他の負担はかからないと思って間違いないでしょうか

Aベストアンサー

相続できるのは相続人だけです。「法定相続人ではないAさんに『相続』させる方法」なんてあるわけないじゃないですか。あなたが質問本文に書いているとおり、『遺贈で承継』させるしかありません。

なんてツッコミはおいといて質問本文の問題について。
被相続人に相続人がいる場合といない場合(質問からは読み取れません)とで結論が異なります(でも主たる目的部分については貴見のとおりです)。

まず、被相続人に相続人がいる場合、「特定遺贈で価値のある資産をAさんに指定して、その他の価値のない遺産は何も指定しなければ最後は国が引き取ってくれる(実際にはAさんでなければ誰でもいいのだけれど)と考えていいでしょうか」は、前者(主たる目的)は合っていますが、国庫帰属の点が誤りです。その他の財産は、その相続人が相続することになります。
その結果、「Aさんには価値のない資産の管理責任やその他の負担はかからないと思って間違いないでしょうか」についてはそのとおりで、管理責任や負担は相続人が負うことになります。

被相続人に相続人がいない場合、「特定遺贈で価値のある資産をAさんに指定して、その他の価値のない遺産は何も指定しなければ最後は国が引き取ってくれる(実際にはAさんでなければ誰でもいいのだけれど)と考えていいでしょうか」は、正確ではありませんがほぼ合っています。
結果、「Aさんには価値のない資産の管理責任やその他の負担はかからないと思って間違いないでしょうか」については、とりあえずそのとおりではあるものの、Aさんにまったく負担がないということにもならないのではないかと思います。

ただ、遺贈による登記(受遺者の第三者対抗要件です。これをしないと、Aさんはその不動産が自分のものだと主張できません)をするには、相続人の全員(遺言執行者がいない場合。1人でも欠けてはダメ)または遺言執行者の協力が必要です(相続のような単独申請ではありません)。
遺贈の登記の利便を考えて、遺言でAさんを遺言執行者に指定しておけばいいのですが、遺言の書きようによっては、Aさんがその他財産の管理義務をも負うことになるかもしれません(民法1014条、1012条)。もしそうなってしまった場合、その責任を免れるには、Aさんは必要な遺言執行をすべて終わらせて、相続人がいる場合は相続人に財産を相続させ、相続人がいない場合にはそれを理由に家庭裁判所に相続財産管理人の選任申立て(民法952条)をして管理を引き継がねばならないことになり、引継ぎまでの間は、Aさんが遺言執行者として管理義務を負うことになってしまうはずです(そのための費用は、相続財産の中から支弁することができますけど)。
遺言執行者が遺言で指定されていない場合には、そのままでは遺贈による登記ができないので、この場合にはAさんが遺言執行者の選任申立てをせざるをえません(そのための手間とか費用は申立人であるAさんの負担になるでしょう)。
遺言の書き方に工夫をしなければ、Aさんにはそれなりの負担を強いることになるということで、Aさんからしてみると、被相続人には誰かしらの相続人がいたほうが楽だということです。

とはいえ、価値ある財産のみを特定遺贈し、そうでない財産のみを残した場合、遺贈の結果が相続人の遺留分を侵害すると、その遺贈は遺留分減殺請求の対象になります(相続人がいなければそういうことにはなりませんが、相続財産管理人が選任されて相続人の捜索を終えない限りは完全な安心は得られませんので、その意味ではAさんが、被相続人の相続財産について相続財産管理人選任の申立てをしたほうがいいということにもなります)。
相続開始時の財産をある程度コントロールできないと難しいということですね。

相続できるのは相続人だけです。「法定相続人ではないAさんに『相続』させる方法」なんてあるわけないじゃないですか。あなたが質問本文に書いているとおり、『遺贈で承継』させるしかありません。

なんてツッコミはおいといて質問本文の問題について。
被相続人に相続人がいる場合といない場合(質問からは読み取れません)とで結論が異なります(でも主たる目的部分については貴見のとおりです)。

まず、被相続人に相続人がいる場合、「特定遺贈で価値のある資産をAさんに指定して、その他の価値のない遺産は...続きを読む

Q遺族年金の支給対象者

後期高齢者の知人(88才) が、37才のバツ1の女性(子一人)を入籍(結婚)すると言っています。
知人の奥様は、2年前他界され、現在一人で賃貸マンション住まいしています。
子二人は、各々結婚し別居しています。

資産は生命保険3,000万円(受取人は子各々1,500万円)のみで、他の預金等は既に子に生前贈与している様です。
子達も、相続で揉めないので、入籍(結婚)を了解しているとの事

入籍(結婚)と言っても、同居するわけでも無く又、夫婦生活(H等)も全く考えておらず、
知人死亡後は、その女性が遺族年金を受取れる様に入籍する様です。
知人の年金は、多く(280万円程)遺族年金も相当の金額になる様です。

年の差51才の遺族年金目当ての結婚でも、その女性に終身 遺族年金を払うのでしょうか?

法的に問題あるのであれば、知人及び子に忠告したいと思っています。
詳し方、お教え下さい。

Aベストアンサー

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます。
生計維持関係が認められるためには、生計同一要件(基本的に「同居」であること)と収入要件(受けようとする者の年収が850万円未満であること)の両方を満たす必要があります。

この認定に係る具体的な運用方法(認定基準)は、平成23年3月23日付の厚生労働省年金局長通知(年発0323第1号)「生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて」で定められています。
最終改正(平成27年9月30日)後の現行の内容(平成27年10月1日~)は、以下のURLのとおり。

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7210&dataType=1
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7209&dataType=1

その他、以下のURLも、非常に参考になると思います(PDFによる講義テキスト)。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/0000088038.pdf

要は、年金目的の年の差婚であろうが、家事・介護抜きの婚姻であろうが、上で記した認定基準を満たすのであれば、そういう「婚姻のかたち」は問われません。年金制度上で定められる認定基準を満たす、というだけで良いわけです。
しっくりこない気持ちなどは多々あるだろうとは思いますが、法令などに基づいて実施・運用される行政や諸制度というものは、いわゆる「感情論」抜きで適用されます。

ほかの方からの指摘にもありますが、回答 No.2や 回答 No.4の内容は誤りで、誤解を招きかねません。
たくさんの回答を付けておられる方のようですが、他での回答(年金額などに関する身勝手な試算など)も含めて、回答内容にはくれぐれも気をくばっていただきたい、と感じました。
(もちろん、私自身にとっても同じことが言えますが…。)

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます...続きを読む

Q納得できません その1

よろしくお願いいたします。
高校時代の怪我で(障害者4級)単純労働、低賃金の義兄が先月60になりました。
私は今月末に63になります。で、先月届いた義兄の年金定期便を見てビックリ。
受給予定金額が私より多い。 私は今まで職を3回変えて、現在4社目21年勤務です。
新卒の方々と比べれば、給料 年金共に少なくても仕方ありませんが、義兄より
少ないとは。
写真を見て、何かご意見頂ければと思います。年金事務所に行くってのも考えましたが
とりあえず失礼します。
一度に写真は一枚しか貼れないようなので、四連投になります。

Aベストアンサー

項目名と金額を入力して投稿すればいいんじゃないでしょうか?
その方がわかりやすいでしょう?

Q妻(年収850万円以上)死亡時の遺族厚生年金の受給資格

社労士の資格を持っていますが、ずいぶん前に取得した為詳しい方教えてください。

条件:
① 夫婦ともに年収850万円をこえている(受給制限にかかる)
② 夫35歳、妻32歳
③ 18歳未満の子3人
遺族基礎年金・遺族厚生年金の支給要件は満たしているとする

<妻が死んだ場合>

□遺族基礎年金
受給資格者は「子のある配偶者」または「子」
子は、18歳未満の為受給資格を保有しているが、
支給停止(生計を同じくする父がいる)の為)、もらえない
夫は、年収制限で受給資格を有しない
→結果、一円ももらえない

□遺族厚生年金
受給資格者は配偶者(夫は55歳以上に限る)または子
夫は55歳未満の為、受給資格を有しない
子は、遺族基礎年金と違い支給停止要件はない為、もらえる
→結果、死亡した妻の報酬比例部分の3/4 を子がもらえる。


上記の理解であっていますでしょうか?
ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

認識されているとおりで結構です。
以下のとおりです。

遺族基礎年金
◯ 親(子から見て「父」)には受給権がありません(年収が生計維持要件を超えている)。
◯ 子は親(同上)に養育(生計同一)されている間、受給権はあっても支給停止となり、受けられません。
◯ したがって、誰も遺族基礎年金を受けることができません。

遺族厚生年金
◯ 親(子から見て「父」)には受給権がありません(年収が生計維持要件を超えている)。
◯ 子は親(同上)に養育(生計同一)されていても、受給権が生じ、支給停止ともならず、受けられます。
◯ ただし、子は、18歳到達年度の3月末日(障害児は20歳到達日前日)を過ぎると、受けられません。

Q現在の年金制度で 今疑問になってるところがあります。今の制度でほ65歳からでないと満額え支給されませ

現在の年金制度で 今疑問になってるところがあります。今の制度でほ65歳からでないと満額え支給されません。
今私は59歳であと6年は仕事頑張らないといけません。

今後のら年金制度は
いったいどうなってしまうのでしょうが?

Aベストアンサー

官僚がやることなど決まっています。

支給開始年齢が遅くなります。
65歳が67歳になり70歳になり、と
段階的に遅くなります。

支給額も、少しずつ減額されるでしょう。

年金など頼りにするのは危険です。

自分で準備しておくべきです。

Q主人の会社は給料が現金支給で、妻の私が管理しています。先日、手渡された給料袋を台所の誰も開けそうに無

主人の会社は給料が現金支給で、妻の私が管理しています。先日、手渡された給料袋を台所の誰も開けそうに無い引き出しに入れておきました。
翌日、買い物に出なかったので給料袋はそのまま一時的にしまったつもりが置きっ放しになり、夜、主人の前で高1の長男が「パパの給料袋があった!」と失笑しながら言い出し、主人が猛烈に私に怒りました。
当然、中身や明細書を見られてしまったというのが怒りの原因ですが…どこにしまっても勝手に開けられてしまうから置き場所に困っている矢先の出来事でした。何も考えずに言ってしまう長男の幼稚さに私は
悲しくなりましたが、主人は自分の月収を知られてしまってブライドが傷つき、ただただ私を非難するばりです。謝罪の言葉も聞こうとしません。

何か良い解決策はないでしょうか?

Aベストアンサー

>給料袋はそのまま一時的にしまったつもりが置きっ放しになり、
曖昧な表現ですが、結果的にしまっておらず置きっぱなし
と言うことですよね


>主人は自分の月収を知られてしまってブライドが傷つき
それもあるかもですが、置きっぱなし=放置されたことのほうがむしろ
俺なら凹むな



>長男の幼稚さに
子どもは育てたように育つもの なので今さら嘆いてもしょうがない
あなた方夫婦の家庭教育の失敗だろう
高1でまだパパ呼びは、確かに幼稚

家族であろうが他人のものであろうがも人のものを
勝手に手に取り中を見てしまうようなことは
これから相当注意しないと、幼稚では済まされなくなるよ


>何か良い解決策はないでしょうか?
もうスルーして日にち薬しかないでしょうな

Q祖父名義の家屋を私でなく息子名義に相続する

祖父名義の家屋があって、本来私が相続して、私が死亡した後には息子が相続するのが普通だと思いますが、相続税対策で、家屋の相続の際私ではなく息子の名義にしてしまうには、何かしら手順を踏まなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

キチンと相続税申告をする、と言う前提でしょう。
なので、相続税対策とするならば先の回答にもあるように息子さんを質問者の父親の養子にする事も一つのやり方ですね。法定相続人が1人増えて、基礎控除額もその分増えます。父親の養子である息子さんは、養父と実父(質問者様)の2回相続が受けられることになります。

仮に、相続に関係するのがこの三人だけだとすると、父親の相続開始時に実子(質問者様)と養子(息子さん)が1/2ずつ権利を得ることになりますが、養子である息子さんが100%相続しても相続税の負担額自体は変わりません。

現在の身分関係のままで名義を移すとなると、贈与税の問題になります。税率から考えると敢えて息子さんに名義を移しておくメリットは無いですね。ただ、贈与の場合の納税義務者は息子さんですから、質問者様はこの問題から逃れられるというメリットはアリマス。

Qこれは何の銭ですか?

これは何の銭ですか?

Aベストアンサー

https://www.auction-world.co/library/item_75952.html

中国絵銭


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング